看護師 ボーナス コロナ。 東京女子医大が危機的状況、看護師ボーナスゼロで400人が退職意志…理事室移転に6億円

コロナにより国立病院機構の看護師ボーナス・給料削減は絶対に避けたい【医療崩壊の始まり】|あらうんど30

看護師 ボーナス コロナ

東京女子医科大学労働組合HPより 東京都を中心に新型コロナの新規感染者数が増加するなか、ネット上ではある医療機関の対応に注目が集まっている。 東京女子医大で夏のボーナス(夏季一時金)を支給しないと労組に回答し、看護師約400人が退職を希望していると言われている問題だ。 400人という数は全職員の2割を超えるとんでもない数字だ。 しかし、東京女子医大組合連合が発行する「組合だより」(2020/6/29)によると、それでも病院側には危機感はなく「深刻だとは思うが、足りなければ補充するしかない」「今後の患者数の推移を見ながら、足りなければ補充すれば良いこと」「このままの財政状況が続けば、冬の賞与も出せない」と回答しているという。 この「足りなければ補充すればいい」という東京女子医大側の言い草に対し、SNS上では〈しょせん看護師は金で雇えば良いと思ってる ディスポ(使い捨て)みたいな扱いだよ〉〈コロナで普段よりも忙しいうえに、院内感染が起れば世間から袋叩き そのうえ、ボーナスカットって言われたら、続ける方が難しい〉と批判が巻き起こっているのだ。 さらに、新型コロナに対応してきた看護師がボーナスカットされるという事態に対しては、政府の責任を問う声もあがり、多くの賛同が寄せられている。 〈逮捕された国会議員にボーナスが支給されて、コロナで頑張った看護師さんのボーナスが全額カットされるってどういうことですか?〉 〈バカげたGoToキャンペーンに出す1. 7兆円があったら、医療機関に回せ。 〉 東京女子医大の場合は大学当局側の対応にも問題があるが、しかし、医療機関が経営的に切迫しているという問題は東京女子医大にかぎったものではない。 新型コロナの患者を受け入れた病院も、そうではない病院も、いま多くの医療機関が深刻な経営悪化の状態に追い込まれているからだ。 というのも、新型コロナの拡大を受けて感染を恐れて外来・入院患者が減った上、病院にとって大きな収入源となっている手術も減少。 実際、日本病院会と全日本病院協会、日本医療法人協会が6月5日に発表した「新型コロナウイルス感染拡大による病院経営状況緊急調査(追加報告)」によると、今年4月のコロナ患者を受け入れた病院の医業利益の赤字割合は78. 2%、受け入れなしの病院で62. 4%にものぼっている。 このような赤字がつづけば、ボーナスカットはもちろんのこと、廃業に追い込まれる病院が出てくることは必至。 政府はコロナ患者受け入れに対して診療報酬を増やしたり、確保した空き病床の補償などをおこなっているが、コロナ患者を受け入れていない病院も打撃を受けている上、現状の支援策だけでは足りないという声が医療現場からもあがっている。 たとえば、東京女子医大の問題を取り上げた『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)でも、岡田晴恵・白鴎大学教授は医療機関の現状に対し、「赤字の損失補填を4月にさかのぼってやらないと、国民の病床を確保できないというふうに私は思います。 現場の声もそうでございます」とコメントしていた。 一方、西村康稔・コロナ担当相は現在の感染拡大に対して「数字が基準以上に増えたとしても、医療体制に余裕があれば心配ない」(神戸新聞8日付)などと述べて緊急事態宣言の再指定は必要ないという姿勢をとっているが、このままでは経営悪化によってその医療体制が崩れかねないのだ。 しかし、この東京女子医大の問題をはじめ医療機関が経営的に切迫している問題をぶつけられても、政府はいまだに対応をとろうとはしていない。

次の

「給料、低すぎ!!」コロナで年収が減った看護師へ、意外に給料が高いオススメな転職先病院|あらうんど30

看護師 ボーナス コロナ

東京女子医科大学公式サイトより 新型コロナウイルス感染症の拡大に対する対応や、世間の心ない中傷などで疲弊する医療現場。 そんななか、 東京女子医科大学(東京都新宿区)で 看護師職などの夏季賞与がゼロとなったことが波紋を広げている。 その結果、同医科大の関連病院の看護師職の約400人が退職意志を示しているというのだ。 400人辞めても「補充すれば良い」 東京女子医科大理事会は経営赤字を理由に、教職員の今年度の夏季一時金をゼロとすることを同大労働組合に通達した。 25日、組合は理事会の代理人弁護士と団体交渉を行った。 6月29日に発行された同労組の「組合だより」には、この団交での容赦のない経営陣の主張が赤裸々に綴られていた。 以下、引用する。 「組合 女子医大より減収額が多い大学でも一時金は出ている。 うちは約30億の赤字だ。 その大学はどの程度の赤字ですか? 黒字かもしれないでしょ。 組合 中小病院も赤字で苦しんでいる。 それでも職員のことを考えて借りてでも何とか一時金を支給している病院もある。 そんな不健全な経営は間違っているし、やるつもりもない。 現在はベッド稼働率が落ちているので、仮に400名が辞めても何とか回るのでは、最終的にベッド数に見合った看護師を補充すれば良いこと。 申し訳ないが、これは完全に経営の問題であり、組合に心配してもらうことではない。 組合員の労働条件の問題ではないので交渉の議題ではない。 この『組合だより』を読んだ東京女子医大の現役医師は憤る。 「正直、『組合だより』を見て驚愕しました。 まったく、現場のことがわかっていない発言です。 看護学校を出たばかりのナースが、正規のチームの一員になるまでいったいどれくらいの時間がかかっていると思っているんでしょう。 個人の職務経験だけではなく、各医局での人間関係やチームワーク、信頼関係なども含まれるのです。 医療現場は工場ではなく、ただ人を補充すれば回るわけではありません。 理事会の理事はほぼ本学の医師出身です。 ある程度、現場の苦労はわかっていると思うのですが……。 どうしてこのような発言をする方に代理人を任せているのか甚だ疑問です」.

次の

コロナにより国立病院機構の看護師ボーナス・給料削減は絶対に避けたい【医療崩壊の始まり】|あらうんど30

看護師 ボーナス コロナ

参考 データはボーナスを含む賞与などを、厚生労働省がまとめたものです。 ボーナスの支給は夏と冬の年2回が一般的ですので、単純計算で1回あたりの平均は41万円ほどになります。 しかし、これはあくまでも平均の値ですので、ボーナスは年収により変動します。 一般に看護師の年間ボーナスは、1ヶ月分の給料の2. 5倍が相場とされているので、ご自分の収入に当てはめてみるのも良いでしょう。 ただし、准看護師や看護師補助者は、給料が看護師よりも少ないためにボーナス額も少なくなります。 夏と冬の各ボーナスで、准看護師は33万円ほど、看護師補助者は24万円ほどです。 看護師の年齢別ボーナス平均 年齢によっても、ボーナスの平均額が異なります。 下の表では、年齢を5歳ごとに区切り、ボーナス平均額をまとめました。 女性看護師のボーナス平均額 男性看護師のボーナス平均額 20~24歳 約46万円 20~24歳 約39万円 25~29歳 約79万円 25~29歳 約79万円 30~34歳 約81万円 30~34歳 約84万円 35~39歳 約84万円 35~39歳 約88万円 40~44歳 約90万円 40~44歳 約91万円 45~49歳 約95万円 45~49歳 約102万円 50~54歳 約98万円 50~54歳 約106万円 55~59歳 約97万円 55~59歳 約112万円 60~64歳 約71万円 60~64歳 約73万円 65~69歳 約46万円 65~69歳 約144万円 70歳~ 約37万円 70歳~ 参考 20~24歳の場合は看護師としての経験が浅いため、ボーナスは少額です。 しかし、25~29歳になると急激に増額。 その後は徐々にボーナス額がアップし、40代~50代にかけて90万円を超えるようになります。 なお、男性看護師は40代~50代にかけて100万円を超えることもあります。 65~69歳の年齢層でボーナス額が急増している理由としては、役職についている方が多いことが考えられるでしょう。 経験年数別ボーナス平均 専門学校を卒業してすぐに看護師になった方と大学院を卒業してから看護師になった方では、同じ年齢でも看護師としての経験年数が異なります。 以下の表では、看護師としての経験年数ごとのボーナス平均額をまとめました。 女性看護師のボーナス平均額 男性看護師のボーナス平均額 初年度 約5万円 初年度 約8万円 1~4年 約72万円 1~4年 約73万円 5~9年 約80万円 5~9年 約82万円 10~14年 約87万円 10~14年 約97万円 参考 看護師は経験年数によってボーナス額が顕著に上昇することがわかります。 初年度は男女ともに1桁ですが、次年度からは平均70万円以上のボーナスを受け取れています。 長く続けてスキルアップすれば、さらにボーナスに反映されることもあります。 都道府県別、看護師ボーナスランキングTOP5 ボーナス額が経験年数に左右されることがわかりました。 では、地域によって差は生まれるのでしょうか?以下の表をご覧ください。 都道府県別のボーナス額上位5地域をランキング形式でご紹介します。 看護師のボーナス平均額が高い都道府県 TOP5 1位 東京都 約84万円 2位 三重県 約82万2000円 3位 静岡県 約82万400円 4位 神奈川県 約79万円 5位 宮城県 約78万円 参考 東京都は、2位以下を2万円ほど離してボーナス平均額のトップに立っています。 2位以降の県には太平洋側にあるという共通項がありますが、特定の地域に偏っているというわけではありません。 看護師のボーナスに地域差が色濃くは出ないと見ることができるでしょう。 看護師の年齢別ボーナスをモデルケースでご紹介 現職の看護師が具体的にどの程度ボーナスをもらっているのか、現役看護師に調査しました。 その中で、モデルケースを勤続年数ごとにご紹介します。 それぞれのモデルケースと、ご自身のボーナスを比較してみましょう。 このように状況によって大きく変わるボーナス。 全国の平均額が実際の状況に即していないことは多々あります。 他の看護師のボーナス額を比較検討したい場合、平均額だけでなく、実際の例や求人を見てみましょう。 関連ページ 看護師のボーナス査定の基準 一般企業に勤めるのと異なり、看護師の業績は数字で評価することが難しいです。 そのため、基本的にボーナス査定は行われません。 ベースは基本給から算出されることが多く、基本給が同じなら、ボーナス額もほぼ同じになる傾向があります。 しかし、病院やクリニックではなく企業看護師の場合は、他業種の社員と同じようにボーナス査定を受けることもあります。 では、看護師のボーナス査定の基準について詳しく見ていきましょう。 年次 年次が上がると、その分ボーナスも上がります。 看護師の場合は一律で給料が上がっていきますので、職場を頻繁に変えるのではなく、1つの場所で働き続けることが特に重要です。 勤怠 看護師の業績は、一般企業勤めの営業業績などとは異なり、数字で表しにくい面があります。 そのため、勤怠が重要な査定基準です。 日々のタイムカードにも気を配り、就業時間に遅れないように、また、退勤時間前に職場を離れないようにしましょう。 役職 役職がつくことでボーナスが上がることもあります。 もし現状の額が不満なら昇格を目指すのも1つの手です。 なお、基本給も役職がつくことで上がりますが、役職についている場合は残業代が出ない職場もあります。 必ずしも昇格したからといって手取りが増えるわけではないので、求人をしっかりと確認しておきましょう。 ボーナスが高い職場を狙うなら?転職するために知っておくべきこと 転職をするなら今よりもっと高額のボーナスが欲しいという方も、多いのではないでしょうか。 ボーナスを重視して転職するなら知っておきたい3つのことをご紹介します。 最適な転職時期 転職をするタイミングとしては、春か秋をおすすめします。 3月を区切りに退職する看護師は多く、春は空いている枠を埋めるために各機関で好条件を提示しています。 また、新年度に事業拡大をする病院もあり、看護師の定員を埋めるために高額ボーナスを提示するケースもあります。 一方で秋は決算を出し、経営方針も変わる時期です。 そのため春同様に好条件の募集案件が増えることがあります。 高額ボーナスを目指すなら、春と秋はとりわけ念入りにチェックしておきましょう。 ボーナスが高水準の病院は 国立病院はボーナスが保証されているだけでなく、水準も高くなる傾向にあります。 また、従業員数が1000人以上の大規模病院でも、安定して高額のボーナスがもらえることが多いです。 ボーナスに着目して転職活動をするなら、国立病院と大規模病院もチェックしてみましょう。 資格の有無でも賞与が変わる 認定看護師や専門看護師などの専門資格を持っていると、毎月資格手当を受け取れることがあるだけでなく、昇進にも影響することがあります。 昇格するとボーナスの金額も高くなりやすいですので、結果として高額ボーナスを実現できます。

次の