お盆 帰省ラッシュ 2020。 【お盆】帰省ラッシュに巻き込まれず車で帰るには?混雑回避方法を解説!|中古車なら【グーネット】

緊急事態宣言で夏休み(お盆)の帰省はどうなる?飛行機や新幹線の混雑は?|mori’s life blog

お盆 帰省ラッシュ 2020

2019年お盆高速道路帰省ラッシュピーク予想!渋滞しやすい日をチェック! 2019年のお盆は 8月10日~12日に 下りが混み、上りでは 14日~15日に 渋滞が予想されています。 一方の2018年は、 渋滞のピークは下りが 8月11日、 上りが 14日でした。 この事から大体高速道路の 帰省ラッシュによる渋滞は、 大体同じ時期になると 考えられます。 高速道路の渋滞情報に関して、 更に詳しく見て行きましょう! お盆高速道路帰省ラッシュピーク予想!2019年は渋滞するのはいつ? 2019年で高速道路が渋滞するのは、 下り: 8月10日~12日 上り: 8月14日~15日 と予想されています。 2018年と比較すると、 10km以上の渋滞が 増加傾向になり、 30km以上の渋滞は 減少傾向にあると 言えます。 しかし、 東北自動車道の上り線では、 上河内サービスエリアにおいて、 45kmの渋滞が発生する事が、 予想されています。 出来る事なら、 下りは 13日~14日の移動、 上りは 16日~17日の移動が 良いと言えるでしょう。 更に首都高や東北高速道路では、 2020年の オリンピックに向けた 交通規制試行が行われますが、 渋滞のピークとなる日にちは 取組期間が避けられている為に、 支障はあまりないと考えられます。 やはり渋滞は避けられないので、 出来るだけピークの時間と 被らないようにしたり、 時間はかかる可能性は大ですが、 混雑時には一般道を使った方が、 スイスイ進めると考えられますね。 関連記事: スポンサード・リンク 過去データ2018年のお盆帰省ラッシュによる高速道路渋滞ピークは? 2019年の予想を見た所で、 2018年のお盆帰省ラッシュによる 高速道路渋滞はどうだったのかを 見て行きましょう。 現時点では、 どの道路がどう混んでいたのが、 詳細は分かりませんが、 2018年の状況を見れば、 更に詳しい2019年の予想が つく可能性は高いと言えます。 2018年お盆帰省ラッシュによる高速道路渋滞の各地域のピーク! 2018年の各地域のお盆帰省ラッシュの 高速道路渋滞ピークは以下の様に なっています。 この理由は 事故などによって、 渋滞が引き起こされた事が背景に あります。 2018年の渋滞のピークを見ると、 2019年も同様に事故による渋滞が 引き起こされる可能性は高いと 言えます。 安全運転を心がけ、 疲れを感じたらパーキングエリアでの 休息をしっかり取った方が良いと 考えられますね。

次の

「お盆の帰省に関する調査(2017年)」ソニー損保調べ

お盆 帰省ラッシュ 2020

毎年8月中旬になると、ニュースなどで話題になる「お盆の帰省ラッシュ」。 でも、ふと疑問に思いませんか? 「お盆」って、いつからいつまで? 「お盆」には、親戚がたくさん集まってご飯食べたりするけど、何のための行事? 今回は、「お盆」について、調べてみましょう。 「お盆」の由来や意味とは?何のための行事? 「お盆」とは、 仏教の行事で、古く奈良時代から行われおり、仏教用語では 「盂蘭盆会 うらぼんえ 」とか 「盂蘭盆 うらぼん 」とも言われています。 その由来は、「お釈迦様の弟子の一人で、何もかも見通すことができる神通力を持っていた人物が、亡き母親の姿をみたところ、母親が地獄で餓鬼道に落ちていて苦しんでいたため、お釈迦様の言葉に従ってその母親を救うために、多くの僧を招いて一心に供養したところ、たちどころに救われた」ということが盂蘭盆経という経典の中に書かれています。 そのため、 亡くなった先祖が地獄に落ちたりしないよう、もし落ちていたら救われるように、始まったのが「お盆」という行事です。 日本では「この時期に、先祖の魂が里帰りをしてくる」とも言われています。 そのため、 家族や親族が集まって、先祖の魂と一緒にお寺や自宅でお坊さんにお経をあげてもらい、先祖への感謝の念と現世の人々の安寧を祈る行事として、定着しているのです。 ただ、最近では簡素化されてきていて、お坊さんを呼ばずに、お墓参りだけで済ませる家庭も増えてきています。 2020年の「お盆」の期間はいつからいつまで? 現在、日本で全国的に行われている行事の多くは、その地方によって旧暦で行われたり、新暦で行われたりしていますが、「お盆」もその例にもれません。 これは明治時代の改暦の際、旧暦と新暦の間で1ヶ月ほどのずれのため、お盆を「いつ行うか」ということで、その判断が地域によって異なったためです。 主に東京など一部地域では旧暦の日付をそのまま新暦に引き継ぎ7月15日としており、現在、毎年7月15日がお盆になっています。 その他の8月がお盆の地域は、旧暦と新暦の季節のずれを考慮し、ちょうど1ヶ月遅らせた8月15日がお盆になっています。 ということで 「お盆」は毎年全国的に8月13日~8月16日、東京など関東圏の一部では7月13日~7月16日です。 いずれにせよ、帰ってきた御先祖様を招き入れ、一緒に過ごし、見送るという趣旨は変わりません。 その地方で決まっているもののありますが、故人が好きだった物などを供えても大丈夫です。 多くの古いものは捨てられて、どんどん新しいものに変わっていく現代。 その中でも「お盆」がしっかりと根付いている日本は、ずばらしい国だと思います。 御先祖様だけでなく、何事にも感謝することは、とても大切な事ですね。 関連: 関連: - , ,.

次の

お盆っていつ?お盆休み2020年の期間はいつからいつまで?時期日にち

お盆 帰省ラッシュ 2020

2020年のお盆休みはいつからいつまでなのか• 公共交通機関、高速道路の混雑予想• 混雑や渋滞を回避する方法 お盆休みを存分に満喫するために、本記事をチェックして、早めに計画を立てておきましょう! お盆休み2020はいつからいつまで?渋滞ピークもチェック 盆入りの8月13日にご先祖様をお迎えする迎え火をたき、8月16日に送り火をたくという風習が今でも日本に残っています。 だいたいお盆休みは、この迎え火と送り火の風習にあわせて設定しているため、 8月13日から16日の4日間というのが一般的(地域によっては13日から15日の3日間)です。 この4日間に上手く土日が組み合わさると、5連休もしくは6連休となり大型の連休となりますが、さらに2016年から新たな祝日(山の日)が加わりました。 7月の「海の日」、8月に「山の日」と、海と山が出そろった感じですね。 また、お盆休みは夏の電力需要も考えて、お盆前後を休みにする会社や、福利厚生の一環で年休を推進している会社もあり、土曜日もしくは山の日スタートで、日曜日終わりの9〜11連休にすることも多いですね。 その結果、1年の休みの中でも最も長い休みとなる方も多く、海外旅行に行ったり、ゆっくり故郷で過ごすこともできます。 なので、お盆休み期間中は観光地やレジャースポット等どこに行っても人であふれていますし、高速道路や公共交通機関は激混みなんですよね。 では、2020年のお盆休みのカレンダーをみていきましょう。 2020年のお盆休みの特徴は? 8月11日の山の日、13日から16日のお盆に、土日がどう組み合わさるかで連休の長さが決まります。 早速2020年の8月カレンダーを見ていきましょう! 2020年のお盆休み お盆休みは一般的には8月13日から16日で、そこに土日がどう絡むかです。 2020年の8月のカレンダーを見てみると、10日の山の日が月曜日、お盆期間の13〜16日のうち2日間が土日とかぶってしまいました。 2020年に限ってですが、オリンピックの閉会式の翌日を祝日にするため「山の日」を11日から10日に移動することになっています。 通常期は祝日が日曜日と重なった場合のみの措置ですので注意してくださいね。 国民の祝日に関する法律 第3条2項 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。 これらを考えると2020年のお盆休みは… 8月8日(土)から10日(月)の3連休 8月13日(木)から16日(日)の4連休 分散型となるのが一般的でしょう。 会社によっては11,12日を年休取得推進日にして 9連休! という人もいると思いますが。 ちなみに観光庁からGo To Travelキャンペーンの詳細も発表されました。 7月22日以降の旅行が対象になるとのことで、こちらも気になりますね。 で詳細を紹介しているので参考にしてください。 2020年のお盆休みカレンダーをチェックしたところで、渋滞、混雑ピークをみていきましょう。 絶対に混むとわかっていても、出掛けざるえない事情もありますよね。 そんな時に、 帰省ラッシュやUターンラッシュのピークを知っていれば、スムーズに移動できて混雑を避けることができます。 ぜひお盆休み前にチェックしておきましょう! 2020年お盆休みの混雑と渋滞ピークをチェック! 2020年お盆休み期間の高速道路や公共交通機関の渋滞・混雑のピークは、分散型になるでしょう。 ただし、分散後半の休み初日8月13日に関しては、例年よりひどい混雑と渋滞が予想されます。 オリンピックの閉会式が8月9日(日)というのもあり、分散前半の高速道路は例年と比較すると空いているでしょう。 ピークの日や時間帯はしっかりチェックしておき、混雑期間や時間帯を避けるように計画を立てましょう。 といいつつ、今年はコロナの影響もあり予想が立てづらい…。 高速道路の渋滞ピーク 毎年毎年、いやになるぐらいお盆休みの高速道路は大渋滞です。 ラジオから聞こえてくる「どこどこを先頭に数十キロの渋滞です」を聞いていると、気分が滅入ってしまいます。 帰省ラッシュの渋滞ピーク 帰省ラッシュのピークは… 8月13日(木)の7:00以降 帰省ラッシュ予想 東名道 : 伊勢原バス停付近 37km 東北道 : 西那須野塩原IC 48km 中央道 : 相模湖IC 39km 関越道 : 花園IC 43km 下りのピークはお盆休み初日の13日午前中にピークを迎えるでしょう。 13日は終日混雑が予想されますが、特に 朝の7:00頃は最も混む時間帯です。 なので、もし可能であれば会社が終わってからの12日(水)の深夜3:00頃に出発した方が混雑は避けられます。 早朝5:00頃家を出ても、時すでに遅しで渋滞につかまってしまいます。 仮眠をとったり、運転者を交代するなど安全運転に十分配慮しながら、渋滞を回避しましょう! 一方でUターンラッシュはどうでしょうか。 Uターンラッシュのピーク Uターンラッシュは… 8月15日(土)17:00頃 8月16日(日)17:00頃 Uターンラッシュ予想 東名道 : 大和トンネル付近 35km 東北道 : 上河内SA付近 45km 関越道 : 高坂SA付近 40km 休みが終わる1日前の夕方と、最終日の夕方は高速道路が一番混む時間帯ですので、 15日の夕方は渋滞のピークとなるでしょう。 混雑を避けるには、午前中の早い時間帯に出発するか、やはり深夜に出発するのがおすすめです。 せっかくの休みに車中で何時間も過ごすのはもったいない。 時間帯をしっかりチェックして計画を立てましょうね。 次に公共交通機関の混雑ピークをみていきましょう。 2020年お盆休みの公共交通機関 お盆休み期間中の飛行機や新幹線などの公共交通機関は激混みです。 帰省ラッシュのピーク 帰省ラッシュの混雑ピークは、 8月13日(土)午前中 午前中の早い時間帯に帰って、帰省先でゆっくりしたいという方が多いので、どうしても ピークは連休初日の午前となります。 混雑を避けたいのであれば、夕方から夜遅い便がおすすめです。 公共交通機関の場合は、夜に移動したいという方は少ないので、夕方から夜の時間帯は狙い目ですよ。 Uターンラッシュのピーク Uターンラッシュの混雑ピークは… 8月16日(日)午前中 公共交通機関の場合は、連休の最終日16日午前中がピークになります。 車の移動と違い、運転する疲れもないことから、ギリギリまで休みを満喫したいという方が多いのでしょう。 最終日16日の午前中は避けた方が無難です。 駅や空港は大混雑なので、注意しましょうね。 また、休みの計画が決まったら、とりあえず公共交通機関のチケットはおさえておきましょうね。 まとめ 2020年のお盆休みは土日の組み合わせもいいので、3連休と4連休の分散型休みです。 2020年のお盆休みは… 8月8日(土)から10日(月)の3連休 8月13日(木)から16日(日)の4連休 盆休み前半はオリンピック開催期間中なので、高速道路や公共交通機関は、例年に比べると渋滞・混雑は緩和されるでしょう。 帰省ラッシュ下りのピークは… 高速道路:8月13日の7:00頃 公共交通:8月13日の午前中 Uターンラッシュ上りのピークは… 高速道路:8月15日、16日の17:00頃 公共交通:8月16日の午前中 休みを満喫するコツは、早め早めに計画を立てておくことです! お盆休みの計画をしっかり立てて、思う存分休みを楽しみましょうね!.

次の