そふとおんでまんど無料。 筆柿そふと

ソフト・オン・デマンド

そふとおんでまんど無料

A ベストアンサー Yahooファイナンスの情報は上場会社と日経平均などの指数しかありませんから 会社名を正しく入力して表示されないなら上場されていません。 上場されていなくても証券会社で売買されているものも 数は少ないですがある様です。 その様な会社は上場を目指しているので将来買える様になる可能性があります。 上場していない会社は有名企業でも沢山あります。 身近なものではサントリーは上場していません。 サントリーを買うことが出来るかと言えば先ず無理だと思います。 株主は創業者一族?程度しか持っていないでしょうから 株を売って身内以外のものが株主になる事を嫌っている とも言えます。 買える可能性は、その会社の株主を捜して売ってくれるか、 直接の交渉する程度でしか方法はないです。 Q 最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう? ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。 ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。 だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。 また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。 A ベストアンサー 単純に、冷静に考えれば分かる事です。 例えば、 日銀が、10パーセント紙幣を増刷の発表をしたとします。 バブル景気のピークであれば更に買いが集中します。 通常であれば警戒感が高まります。 不景気であればヤバイと直感する方が多いでしょう。 では、10割増やしましょう。 需要と供給のバランスは崩れ、 帝国は足元から崩壊します。 つまり、増刷出来る時期、量は決まっているのです。 景気が良いならば、 人気株であれば、新株は何円で買えるのだろうと考え、その後の相場に注目が集まります。 不景気であれば、私の株は大丈夫なの? と、不安を抱きます。 (量によっては逃げ出します) また、株式の分割とは違う事も認識すべきです。 業績好調ならば、資本をわざわざいじる必要も無く、 もっと、新製品、マーケット獲得の方に頭を回せないのか? この業績で満足しているのか? この新たな資本をどう使うのか? これでどのぐらいの増益を見込んでいるのか? これが株主の本音だと思います。 >一般的に考えて買い、ですか? ケースバイケースです。 これは企業によります。 株主の資金で仕入れて儲けるならば株主も納得するでしょうが、 これで店舗をいくつもこさえられたら困ります。 ^_^; 新たな資金の使い方にもよります。 単純に、冷静に考えれば分かる事です。 例えば、 日銀が、10パーセント紙幣を増刷の発表をしたとします。 バブル景気のピークであれば更に買いが集中します。 通常であれば警戒感が高まります。 不景気であればヤバイと直感する方が多いでしょう。 では、10割増やしましょう。 需要と供給のバランスは崩れ、 帝国は足元から崩壊します。 つまり、増刷出来る時期、量は決まっているのです。 景気が良いならば、 人気株であれば、新株は何円で買えるのだろうと考え、その後の相場に注目が... A ベストアンサー 民事再生法。 簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので いくらかはチャラにしてください。 という法律です。 従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を 継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。 もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、 いくらが条件があります。 一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。 借金さえなければいい会社なのに。 そういう感じです。 今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、 活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。 そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで 会社、事業の存続と借金の減免が行われます。 当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、 従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など を求めてきます。 もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、 いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて しまうので、それらには自ずと限度はあります。 民事再生の成功の可否は、事業の健全性 合法で世情にあっていてきっちり儲けられること と 経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに かかってきます。 事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、 従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。 簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。 民事再生法。 簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので いくらかはチャラにしてください。 という法律です。 従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を 継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。 もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、 いくらが条件があります。 一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。 借金さえなければいい会社なのに。 そういう感じ... A ベストアンサー 株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。 上場していない企業には株価が存在しませんので。 買収した企業をどうするかによって違ってきます。 子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。 親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。 上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。 もし完全子会社化(株式を100%持つ)されれば上場は廃止されます。 その前にTOB(株式公開買い付け)が行われて、市場に出回っている株を回収します。 TOBに応募する人を増やす目的で、市場価格より高い価格で買い付けるのが一般的です。 もしこれに応募しないで株を持ち続けても、臨時株主総会で定款を変更し株に全部取得条項を付して、すべての株を強制的に買い取ることになります。 この場合、交換比率によっては株価が大きく動きます。 元の企業1株につき、新しい企業の株が何株割り当てられるかによるのです。 投資家に不利益が出ないようにはなっています。 しかし高い価格で買ってしまって、仕方なく塩漬け状態となっている株を安くで買い取られたり、違う企業の株と交換となってしまって投資家が損をするのは良く有りますね。 株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。 上場していない企業には株価が存在しませんので。 買収した企業をどうするかによって違ってきます。 子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。 親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。 上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。 もし完全子会社化...

次の

CR豊丸とソフトオンデマンドの最新作99V

そふとおんでまんど無料

Yahoo! 知恵袋 夢があった方が楽しいのかもしれませんが・・・ SODの社員、役員シリーズはあくまでそういうシチュエーションで作られている「作品」です。 ですのでシリーズ全体の出演者も本物の社員ではなくあくまで作品を作るにあたってオファーを受けている女優さんたちです。 雰囲気をしっかり出すために名義は伏せられているんですね。 社員役としての名前も、その女優さんの本来の女優名を少しもじっているものが多いですね。 なかなか有名な女優さんも混じって出演していますよ。 例えばですが、宣伝部の桜井愛は桜庭彩さん、総務部の佐川 河野 未樹は倖田李梨さん、人事部の仲村有紀は雪見紗弥さん、総務部の渡邊恵美は成瀬心美さん、秘書課の月野理紗は月野りささん、商品部の岩下真紀子は妃悠愛さん、営業部の辻明子は辻さきさん、宣伝部の椎名和恵は椎名りくさん、研修生の大石恵は大石もえさん、経理部の白瀬麻衣は村上里沙さんなど 部署は作品により違う場合あり 、かなり有名な女優さんもなにげに出ています。 残念ながら本物ではありません。 現実問題として、会社として成り立つわけがありませんからね。 社員は社員のする仕事しかしません。 したがってAVに出演している女子社員は「企画女優」です。 SODはAV作ってますが以外とマジメな会社で、入社時に親の承諾が必要です 菅原ちえ談。 春之介のコメント ネームプレートを下げていると、それらしく見えるのがイリュージョンだね。 優しく誤解しているうちが、いいね。 sod. html <以下参考> 2003年4月時点 従業員数 177名(男139名、女38名) 平均年齢29. 81歳 ・ USTREAM 録画 (外部リンク).

次の

SOD、AV約200本を無料視聴できるキャンペーン。新型コロナ受け「自宅待機を応援」

そふとおんでまんど無料

A ベストアンサー Yahooファイナンスの情報は上場会社と日経平均などの指数しかありませんから 会社名を正しく入力して表示されないなら上場されていません。 上場されていなくても証券会社で売買されているものも 数は少ないですがある様です。 その様な会社は上場を目指しているので将来買える様になる可能性があります。 上場していない会社は有名企業でも沢山あります。 身近なものではサントリーは上場していません。 サントリーを買うことが出来るかと言えば先ず無理だと思います。 株主は創業者一族?程度しか持っていないでしょうから 株を売って身内以外のものが株主になる事を嫌っている とも言えます。 買える可能性は、その会社の株主を捜して売ってくれるか、 直接の交渉する程度でしか方法はないです。 Q 最近、株で儲ける系の本とか雑誌が氾濫し、株式市場が賑わっているようですが、実際のところファンダメンタルズだのテクニカル分析など学んで儲けている人ってどれだけいるんでしょう? ファンダメンタル的な指標は、あくまで過去のデータの蓄積にすぎないし、テクニカル分析は現実の株価の動きに適合しずらい気がします。 ボクはこういった本全般は、ただひとえに証券会社が儲ける為の大規模な宣伝活動でしかなく、また、一部の株で運よく儲けた人達の思い込みで構成された、印税目当ての出版にすぎない気がするのです。 だれか、ファンダメンタルズ、もしくはテクニカル分析を駆使して本当に儲けている人がいれば、教えて下さい。 また、逆にそれらを使っても全くダメでした、こんなに存しちゃいましたという人にも体験談をいただければと思います。 A ベストアンサー 単純に、冷静に考えれば分かる事です。 例えば、 日銀が、10パーセント紙幣を増刷の発表をしたとします。 バブル景気のピークであれば更に買いが集中します。 通常であれば警戒感が高まります。 不景気であればヤバイと直感する方が多いでしょう。 では、10割増やしましょう。 需要と供給のバランスは崩れ、 帝国は足元から崩壊します。 つまり、増刷出来る時期、量は決まっているのです。 景気が良いならば、 人気株であれば、新株は何円で買えるのだろうと考え、その後の相場に注目が集まります。 不景気であれば、私の株は大丈夫なの? と、不安を抱きます。 (量によっては逃げ出します) また、株式の分割とは違う事も認識すべきです。 業績好調ならば、資本をわざわざいじる必要も無く、 もっと、新製品、マーケット獲得の方に頭を回せないのか? この業績で満足しているのか? この新たな資本をどう使うのか? これでどのぐらいの増益を見込んでいるのか? これが株主の本音だと思います。 >一般的に考えて買い、ですか? ケースバイケースです。 これは企業によります。 株主の資金で仕入れて儲けるならば株主も納得するでしょうが、 これで店舗をいくつもこさえられたら困ります。 ^_^; 新たな資金の使い方にもよります。 単純に、冷静に考えれば分かる事です。 例えば、 日銀が、10パーセント紙幣を増刷の発表をしたとします。 バブル景気のピークであれば更に買いが集中します。 通常であれば警戒感が高まります。 不景気であればヤバイと直感する方が多いでしょう。 では、10割増やしましょう。 需要と供給のバランスは崩れ、 帝国は足元から崩壊します。 つまり、増刷出来る時期、量は決まっているのです。 景気が良いならば、 人気株であれば、新株は何円で買えるのだろうと考え、その後の相場に注目が... A ベストアンサー 民事再生法。 簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので いくらかはチャラにしてください。 という法律です。 従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を 継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。 もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、 いくらが条件があります。 一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。 借金さえなければいい会社なのに。 そういう感じです。 今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、 活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。 そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで 会社、事業の存続と借金の減免が行われます。 当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、 従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など を求めてきます。 もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、 いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて しまうので、それらには自ずと限度はあります。 民事再生の成功の可否は、事業の健全性 合法で世情にあっていてきっちり儲けられること と 経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに かかってきます。 事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、 従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。 簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。 民事再生法。 簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので いくらかはチャラにしてください。 という法律です。 従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を 継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。 もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、 いくらが条件があります。 一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。 借金さえなければいい会社なのに。 そういう感じ... A ベストアンサー 株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。 上場していない企業には株価が存在しませんので。 買収した企業をどうするかによって違ってきます。 子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。 親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。 上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。 もし完全子会社化(株式を100%持つ)されれば上場は廃止されます。 その前にTOB(株式公開買い付け)が行われて、市場に出回っている株を回収します。 TOBに応募する人を増やす目的で、市場価格より高い価格で買い付けるのが一般的です。 もしこれに応募しないで株を持ち続けても、臨時株主総会で定款を変更し株に全部取得条項を付して、すべての株を強制的に買い取ることになります。 この場合、交換比率によっては株価が大きく動きます。 元の企業1株につき、新しい企業の株が何株割り当てられるかによるのです。 投資家に不利益が出ないようにはなっています。 しかし高い価格で買ってしまって、仕方なく塩漬け状態となっている株を安くで買い取られたり、違う企業の株と交換となってしまって投資家が損をするのは良く有りますね。 株価と言うことなので、上場している企業を買収すると言う前提ですね。 上場していない企業には株価が存在しませんので。 買収した企業をどうするかによって違ってきます。 子会社化(株式を50%以上持つか、取締役を多く送り込んで実質支配している)するのであれば、上場は維持される場合がほとんどです。 親会社となる企業がきちんとしていれば、売り上げアップが見込めて株価は上昇する可能性が高いです。 上場廃止となっても倒産とは違いますので、株価は下がらない可能性が高いですね。 もし完全子会社化...

次の