シーサー の 向き。 シーサーの置き方や飾り方は?おすすめの場所や風水の効果も紹介

シーサーの正しい置き方。どっちがオスorメス?左右並び順や飾る場所を解説

シーサー の 向き

シーサーは漆喰や焼き物で出来た狛犬のような獣の像で、沖縄では古くから悪霊を払ってくれるという魔除けの守り神として親しまれてきました。 現在は家屋の屋根の上の両端に一匹ずつ、対となって設置されていることが多いですね。 シーサーという呼び名は、中国の獅子(シシ)から沖縄語に変化したと言われています。 沖縄は琉球王国の時代は海外との貿易が盛んでした。 そうした中で、中国から風水の考え方も渡ってきたのです。 その後沖縄で発展した風水は、「沖縄風水」と呼ばれ、風水師やユタと呼ばれる沖縄のシャーマンが、風水を用いて部屋の配置や家具の置き方、お墓の向き等を決めていたのです。 最も古いシーサーは沖縄県八重瀬町にあるものですが、これが作られたきっかけは、当時地元で火事が頻繁に起こっていたのを困り果てた村人が風水師に相談したところ、風水師がシーサーを作るように指示したことが始まりでした。 火事や災いは悪霊の仕業だと信じられていたため、それ以来シーサーは魔除けの像となったのです。 沖縄土産の定番・飾りにもぴったり よく見ると対となっているシーサーの片方が口を大きく開けていますね。 口を開けているのがオスで、口を閉じているのがメスだと言われています。 日本の神社に狛犬が阿吽の表情で対の並びで設置されていますが、シーサーも同じです。 シーサーの左右並びの置き方は、向かって右にオス、左にメスを置きます。 この置き方にも意味があります。 オスのシーサーは口を大きく開ける事で福を招き入れ、メスのシーサーは口を堅く閉ざすことで厄災を家に入れない、さらに招き入れた福を逃さないという意味がある置き方なのです。 そのため二体並びのセットになっているのですね。 阿吽とはもともとはサンスクリット語で仏教の呪文です。 日本の神社の狛犬や、仁王像などの宗教モチーフに取り入られています。 阿吽の間柄という表現があるように、呼吸までも息がぴったりな様子のシーサーは家内安全のお守りにもなります。 そのため、2匹のシーサーがくっついていては魔除けの効果がありません。 よくお土産用に売られているシーサーはくっついている場合が多く見られますが、そのままでは魔除けにならない置き方です。 そのため、シーサーの正しい飾り方は二体を離す事ですので、自宅に持ち帰ったらシーサーのオスとメスは離して置きます。 そうすることで、シーサー間に結界が出来るのです。 インテリアとして置くだけならくっついていても良いですが、せっかくなので置き方を確認して、本来の厄除けの力も発揮して欲しいですよね。 そこで玄関に置く場合はシーサーの顔を玄関の外の向きになるように置きます。 顔と体が同じ方向を向いているデザインのシーサーはそのまま外向きに置きます。 いわば玄関のガードマンのような役割ですね。 横顔のシーサーの場合は、顔が外に向くような位置で置きます。 この時、口を開けたオスは右、口を閉じたメスは左という左右阿吽の位置を間違えないようにしましょう。 もし配置を間違えると、風水的に考えると逆に悪い環境となってしまいます。 横を向いたシーサーは、オスとメスがお尻を向き合うような置き方になります。 見た目があまり格好よくないので、魔除けの意味でシーサーを置く場合は顔と体が同じ方向を向いているシーサーの方が綺麗ですね。 玄関先の門柱に置く場合は道路に向ける 最近では沖縄県内の伝統的な赤瓦の民家が減ってきて、コンクリートで建てられた建物も多くなってきています。 台風の多い沖縄ですから、コンクリートの方が丈夫だし、瓦が飛んだり割れたりする心配もないですよね。 そのような赤瓦のない家にシーサーを置きたいときは、玄関先の門柱に置きます。 門柱の左右にシーサーをそれぞれ置いて、顔の向きは道路に向けます。 これは災いや悪霊が門柱の間を通って家の中に入ってくる事を防ぐためです。 悪霊や災いは、人が通る場所を通ると信じられてきました。 そのため、人がたくさん通る道路も、悪霊が通りやすいということで魔除けのシーサーが必要なのです。 シーサーは置き方や左右の向きが大切 沖縄の守り神であるシーサーは、沖縄に行けばあちこちで見ることが出来る可愛い置物ですね。 なんとなくお土産として購入したり人にあげたりしていたと思いますが、実は魔除けや福を招くすごいものだったのです。 そんな意味も込めて、プレゼントすればとても喜ばれるでしょう。 左右の置き方やシーサーの向きや置く場所の位置など、実は数多くのルールが存在しました。 少し意識して風水の効果が発揮出来るような置き方をして、より一層シーサーの能力で災いを払い、幸運を招きいれたいですね。 シーサーの設置場所は綺麗に掃除することも忘れないでください。 汚れが溜まっている場所には邪気も溜まってしまいます。 もし自宅にシーサーがあったら、ぜひ一度置き方や位置について見直してみてくださいね。

次の

%page_title%

シーサー の 向き

シーサーは基本2体セットで玄関に置きます。 マンションのベランダに置くのも正しい置き方のひとつです。 家の戸、門、窓の両端に置いて、結界を張るという考え方です。 2体を横に並べて近くに置くと、玄関ドアや窓に結界を張れないため効果が薄れます。 2体のシーサーの向きの正しい置き方は? シーサーは外から入ってくる邪気から家を守ってくれます。 玄関の外に置くとして、シーサーの顔が外、道路側を向くよう置きましょう。 道路に向かって垂直に置くよりも、少しハの字になるよう斜めを向かせるとなお良いです。 2体のシーサーの顔の角度は離れますが、外の道路の端から端までシーサーの効果を広めることができます。 顔と体が真正面を向いているシーサーは置き方がわかりやすいのですが、体と顔が横向きになっている2体は最適な向きを見つけにくいです。 原則は外の通りに顔を向かせ、家屋敷に背を向けるように置くとよいのではないでしょうか。 シーサーのオスとメスはどっち? シーサーは2体で一対となっていて、口の開け・閉じでオスメスの見分けができます。 オスは口が開いていて、メスは口が閉じています。 風水では外界すなわち道路から邪気が入ってくると考えられ、家の守り神としてシーサーを置くようになりました。 玄関ドアに向かって口の開いているオスが右、口を閉じているメスが左になるように置きます。 ただし顔の向きが上手く道路に向けられないときには、オスとメスの左右を逆にするという考え方もあるようです。 家の中に置いてもいいの? シーサーは玄関の外、門に置かれることが多いですが、家の中に置いてもかまいません。 出窓の両脇に置くのも、窓から入る邪気から守っていることになります。 またシーサーを守り神として置くほか、気軽な置物として家の中や庭に飾るのもおすすめです。 自分の家にシーサーを置きたくなる場所があるということは、そこに何か守っておきたいものを自然と感じているのだと思われます。 住んでいる人にしかわからない、シーサーの正しい置き場もあるのではと思います。 ちなみに沖縄では屋根の上にシーサーがよくいます。 屋外用コンクリートで取れないようしっかり貼り付けられているようです。 片方が壊れてしまったら? シーサーは陶器、しっくいなど割れ物からできていることが多いです。 大切に扱っていても、片方だけ壊れてしまうこともあります。 その時の対応方法をあげてみます。 ・壊れた方を神社のお炊き上げに出す ・感謝して塩で清めて新聞紙にくるんで不燃物ゴミに出す ・片方だけ置物として飾る ・2体一対なので壊れていない方のシーサーと一緒に処分する ・オス、メスに気をつけてもう1体買い足してペアにする ・土に帰る素材のときは感謝して土に埋める シーサーは遠くシルクロードから中国へ伝わり、沖縄までやってきました。 その間いろいろな変化があり、沖縄でもシーサーはこうすべきというがんじがらめの決まりがあるわけではないようです。 片方が壊れてしまった時、持っていたい人が持っていたいような形で持ち続けたり処分したらよいと考えています。 どれが正解というものはないようです。 風水でシーサーの正しい置き方は?のまとめ 風水ではシーサーを玄関、門、ベランダなどの入口に2体一対として置いています。 正しい置き方は次の3点を守ってください。 ・口の開いているオスは玄関ドア向かって右、メスは左に置きます。 ・邪気のある道路や外に2体のシーサーの顔が向くように置きます。 ・ドアや門、ベランダの両端に1体ずつ結界を張るように置くと効果が高まります。 シーサーの多くは陶器などワレモノでできていて、1体だけ壊してしまうこともあります。 オスメスがそろうよう買い足す、2体とも塩で清めて処分する、残った片方だけを置物として飾る方法があります。 家の守り神となるシーサーは風水効果も抜群なので、ぜひ家の玄関に一組置いてみてください。

次の

シーサーの置き方と設置方法

シーサー の 向き

スポンサーリンク <風水と玄関の関係> 玄関に飾るシーサーの置物の前にまずは風水と玄関についての関係を押さえておきましょう。 玄関は運気の入り口とされています。 そのため、 玄関の状態で家の運気が左右されると言っても過言ではありません。 風水は占いやスピリチュアルという印象が強いかもしれませんが 「環境学」という学問の一種になります。 環境を整えることで気の巡りを良くし、家の中の状態・運気を良い状態にするという立派な学問のひとつです。 良い気を迎え入れられる玄関の条件は、キレイで整理整頓されていることが重要になりますので、まずは玄関をキレイにするところから始めてみましょう。 玄関を整えたらいよいよ置物を置く準備が完了です。 スポンサーリンク スポンサーリンク <シーサーの置く場所や置く位置の注意点> シーサーの置物を置く場所は、通常は玄関の外や玄関の中、鬼門方位(北東)に置くことが一般的です。 玄関は気の入り口となっていますので、シーサーを置く場合は玄関がオススメです。 置く位置についてですが、一軒家の場合は玄関の外でも配置可能ですが、マンションやアパートなどでは、外に置くことは難しいと思いますので、玄関に置きましょう。 顔が胴体と同じ向きのもの(正面を向いているシーサー)であれば家の内側から見て、左にオス(口が開いている方)、右にメス(口が閉じている方)で配置します。 ここでひとつ注意点があります。 それはシーサーの顔が横向きになっているものです。 このように顔が横に向いているシーサーはなるべく選ばないほうが賢明でしょう。 顔が横に向いているシーサーを置く場合は顔を外に向けて置くようにします。 顔が横を向いているシーサーを先ほどのように左右に置いてしまうと、 お尻の向きがお互い外向きになってしまうので結界としての効果が極端に低くなってしまいます。 お尻の向きは家の中に向くように、場合によってはメス・オスの配置を逆にすることも頭に入れておきましょう。 正面を向いているシーサーを手に入れることが一番のオススメになります。 また、 龍の置物とは一緒に置かないようにしましょう。 龍はプライドが高いため、他の動物の置物と一緒にされるのを嫌います。 <まとめ> いかがだったでしょうか。 シーサーは結界、守り神のような働きをしてくれるものと分かると愛着も湧くのではないでしょうか。 ただ、シーサーの顔の向きにはくれぐれもご注意下さい。 結界を作って家の中を良い状態を作っていきましょう!! スポンサーリンク.

次の