キロ 楽天。 西武平良が日本人6人目の160キロ記録 大谷、千賀ら過去の大台到達者は?(フルカウント)西武の平良は19日の楽天戦で自己最速を更新…|dメニューニュース(NTTドコモ)

【楽天市場】ユニリーバ・ジャパン AXE(アックス) フレグランスボディスプレー キロ(60g)

キロ 楽天

プロ初勝利を挙げた小野 意外にも救世主となるかもしれない。 ロッテに新加入した小野郁投手(23)の評価が急上昇している。 小野は昨オフ、楽天にFA移籍した鈴木大地内野手(30)の人的補償でロッテに移籍。 今年2月の春季キャンプ当初は「正直(移籍が)突然のことだったので今もまだ気持ちが複雑で。 新天地で活躍する思いは強いですが、当然不安もあります」と語っていた。 だが、6月に入って練習試合が始まると持ち前の150キロ近い直球を武器に好投を連発。 あれよあれよという間に、開幕一軍を手中に収めた。 ロッテの「投手移籍組」といえば、同じく楽天からFA加入した美馬学(33)に注目が集まりがちだが、小野を知る楽天関係者は「正直なところ、チームとしては美馬がロッテに移籍したことより、小野を失ったことの方が痛いという声が意外に多いんです」とこう耳打ちする。 「小野は昨季まで2年連続でイースタン・リーグのセーブ王に輝いたように、潜在能力はもともとあった。 ただ、制球の精度が甘く伸び悩んでいた感があった。 それでも直球の威力は抜群ですし、メンタルも強いので『数年内に抑えを任せられるかも』と言われていた。 怖い存在です」 その小野は26日のオリックス戦(ZOZOマリン)でプロ初勝利を挙げた。 今やチーム7試合のうち4試合に登板して防御率1・93と首位快走の立役者だ。 人的補償選手の新天地での巻き返しに注目が集まっている。

次の

【楽天市場】エクステリアのキロ楽天市場支店 [会社概要]

キロ 楽天

自動走行ロボットのUGV 今回のサービスでは、自動走行ロボット「UGV(=Unmanned Ground Vehicle)」を活用。 自動運転かつ無人運転で、公園内に設置された6つの受け取り場所を1日4回、周回する。 ユーザーは専用のアプリから受け取り場所を指定し、商品を注文。 商品はうみかぜ公園に隣接する西友リヴィンよこすか店から発送される。 肉や飲み物、救急用具などを中心に400品目が用意されている。 注文した後、楽天が提供するペイメントサービス「楽天ペイ」を使って決済すると、予約した時間に合わせてUGVが配送する流れだ。 予約が完了した後、西友の店員が商品をピックアップしUGVに搭載。 後は自動的に公園内を走行する。 最高時速は20キロほどだが、デモンストレーションでは5〜6キロほどで走行した。 走行ルートはあらかじめUGVにマッピングされており、管理センターなども必要としない。 また、進路に障害物があったり、人がいたりした場合には自動で避けながら進む。 アプリ上から現在のUGVの位置をリアルタイムで確認できる。 UGVが受け取り場所に到着したら、アプリに通知がされる。 ユーザーがアプリに届いた暗証番号をUGVに入力すると、荷物ボックスが開き、商品を受け取ることができる。 なお、注文した商品とは別に300円(税込、以下同)が配送料として必要。 アプリ上の画面。 画面中央のアイコンがUGVの現在位置 楽天の担当者によると、物流業界では今、配送コストの増大により「配送クライシス」が起こっているという。 EC市場が活況を帯びる中、人手不足が深刻化している状況だ。 公益社団法人全日本トラック協会の調査「トラック運送業界の景況感(2019年4月〜6月期)」では、「労働力の不足感」という項目でおよそ7割が「不足」「やや不足」と回答している。 UGVの展開で、こうした「ラストワンマイル」の人手不足を解決したい考えだ。 また、子どもが熱を出したり、自分が急病になったりと「買い物に行きたいのに行けない」といったニーズも見込む。 現状では公園内のみでのサービスだが、数年以内には公道を走らせ、一般家庭への配送を目指すという。 一般配送については、UGVを複数台展開。 現状の宅配のように一度に何件も配送するのではなく、小規模な荷物を各配送先ごとに届けるビジョンを描いている。 関連記事• 楽天がファッション事業の新構想を発表。 TOKYO Fashion Weekのスポンサー契約を結ぶなどファッションを強化中の楽天。 ZOZOの買収を発表し、PayPayモールの起爆剤として追いかけたいヤフーだが、まだまだ差は大きそうだ。 ヤフーがZOZOに対しTOB(株式公開買い付け)を行うと発表。 ZOZO株の50. 1%を取得見込み。 ZOZOの前澤氏は9月12日付で代表取締役を辞任する。 小田急電鉄などが手掛ける自動運転バスの2回目の実証実験が行われた。 1年前の前回はがっかりしたが、今回は課題に対する現実的な解決策を提示してくれた。 大きなポイントは3つ。 「道路設備との連携」「遠隔操作」「車掌乗務」だ。 KDDIが9月12日、10月からの新料金プランを発表。 SNSのデータ消費がなくなるプランなどが登場。 端末の半額サポートも維持する。 ポイントプログラムへ新たにステージ制を導入。 「通信と端末の分離」で進みそうなユーザー離れに歯止めを掛ける狙い。 楽天の参入が遅れている件については「そこまで意識していない」としている。 ワークマンが9月5日に秋冬商品の発表会を開催。 50度、45度、40度の3段階に温度調節でき、バッテリー付属。 最大17時間持続する。 昨年売り切れ店舗もあった「アルティメット」もリニューアルして登場。

次の

お庭の商品なら何でも取扱い激安プライスの外構エクステリア通販【キロ本店】

キロ 楽天

プロ初勝利を挙げた小野 意外にも救世主となるかもしれない。 ロッテに新加入した小野郁投手(23)の評価が急上昇している。 小野は昨オフ、楽天にFA移籍した鈴木大地内野手(30)の人的補償でロッテに移籍。 今年2月の春季キャンプ当初は「正直(移籍が)突然のことだったので今もまだ気持ちが複雑で。 新天地で活躍する思いは強いですが、当然不安もあります」と語っていた。 だが、6月に入って練習試合が始まると持ち前の150キロ近い直球を武器に好投を連発。 あれよあれよという間に、開幕一軍を手中に収めた。 ロッテの「投手移籍組」といえば、同じく楽天からFA加入した美馬学(33)に注目が集まりがちだが、小野を知る楽天関係者は「正直なところ、チームとしては美馬がロッテに移籍したことより、小野を失ったことの方が痛いという声が意外に多いんです」とこう耳打ちする。 「小野は昨季まで2年連続でイースタン・リーグのセーブ王に輝いたように、潜在能力はもともとあった。 ただ、制球の精度が甘く伸び悩んでいた感があった。 それでも直球の威力は抜群ですし、メンタルも強いので『数年内に抑えを任せられるかも』と言われていた。 怖い存在です」 その小野は26日のオリックス戦(ZOZOマリン)でプロ初勝利を挙げた。 今やチーム7試合のうち4試合に登板して防御率1・93と首位快走の立役者だ。 人的補償選手の新天地での巻き返しに注目が集まっている。

次の