ガンダムベース東京 アクセス。 ガンダムベース福岡の限定グッズと通販!場所やアクセスも紹介!

【ガンダムベース東京】アクセスや営業時間・どんな場所か紹介します|oayublog

ガンダムベース東京 アクセス

この記事の目次• お台場ユニコーンガンダムのアクセスと場所 場所は、新橋からゆりかもめに乗って「台場」か、りんかい線の「東京テレポート駅」のどちらかで下車します。 お台場ガンダムユニコーンの変形タイムスケジュール タイムスケジュールはガンダムユニコーン像の前に書いてあります。 でも確認できます。 公式はちょっと分かりづらいので、まとめてみます。 昼の部と夜の部が分かれています。 夜の部はユニコーンガンダムの名シーンの動画が背景に表示されて、その映像のユニコーンガンダムの動きに併せて変形する、ちょっとしたショーになっています。 昼の部 何時でもやっているわけではないので注意しましょう。 11:00• 13:00• 15:00• 17:00 夜の部 夜の部は壁面に映像が表示するのでお得ですが、真っ暗なので写真には不向きです。 写真映りを気にするなら、昼の部も見ておきたいところです。 19:30 RE:MIX0096• 20:00 SPECIAL MOVIE "Cage"• 20:30 翔べ!ガンダム• 21:00 RE:MIX0096• 21:30 SPECIAL MOVIE "Cage" ガンダムユニコーン立像 台場からダイバシティーを目指して歩いても、駅方面からは見えません。 ちょうど、ダイバシティーの影に隠れているんですね。 角を曲がって正面にいくと、ドーーーンとそびえ立ってます。 みんな足が小走りになりますw。 デカイです。 ものすごくデカイです。 足元の人間をみると、縮尺がわかると思います。 正面から写真を撮ると、その大きさがよく分かります。 見上げるような大きさです。 大きいだけでなく、極めて精巧です。 ズームで写真を撮ると、まるでプラモデルのように見えてしまいます。 フォトデッキという撮影ポイントあり 微妙に邪魔な電柱があったり、結構撮影は難しいです。 それを知ってか知らずか、絶妙な位置にフォトデッキという撮影ポイントがあります。 僕も買ってしまいました。 途中の階段から撮影すると、絶妙にうまく撮れます。 それを撮影して引き返してもよいかもしれません。 後ろ姿はこんな感じ 昼の部のガンダムユニコーン変形(デストロイモード) 夕方の時間のデストロイモードへの変形シーンに立ち合いました。 音とともに、チカチカ光りはじめて 角が開きはじめて 顔が引っ込み 変形後の顔が出てきます。 サイコフレームの色も忠実に再現しています。 夕暮れだったので、サイコフレームの色も際立ってました。 お台場ユニコーンガンダムの変形後の後ろ姿 変形後のデストロイモードユニコーンガンダムの後ろ姿はこんな感じです。 これは興奮しますね。 バックパックのバーニア部分も火がでているかのようなライティングを施してます。 変形前と微妙に色が違います。 作り込みも完璧です。 夜の部のガンダムユニコーン変形 せっかくだったので、ダイバシティーで時間を潰して、夜の部「RE:MIX0096」も見ました。 一旦変形前の状態に戻ってから、再度変形しました。 今度は、緑のサイコフレームバージョンに!。 ちょうど見えない部分で壁面で映像がながれていました。 位置取りは、UCガンダム立像から左側に陣取った方がよいです。 右側だと、壁面映像は全く見えません。 お台場ユニコーンガンダムの感想まとめ 変形部分が頭だけなので、小さいお子さんには物足りないかも。 原作を見た方はかなり感動モノでした。 大人向けのスポットですね。

次の

ガンダムベース福岡の限定グッズと通販!場所やアクセスも紹介!

ガンダムベース東京 アクセス

ダイバーシティ東京プラザのガンダムベースについて わたしはガンダムのことなどほとんど知らないのですが、一緒に行った彼がどうしても行きたいといい今回行くことになりました。 写真をたくさん撮ってきたので紹介します。 ガンダムについては無知なのであしからず… できる限りご紹介していきます。 概要 全世界のガンプラファンに向けた公式ガンプラ総合施設。 施設内は買って、作って、見て、学んで楽しめる4つのゾーンで構成されており、子供から大人までガンプラを存分に楽しむことができます。 gundam-base. ガンプラを買うだけでなく、その場で作ったり学んだりもできるようです。 場所 ダイバーシティ東京プラザ7階 営業時間 10時~21時 ガンダムベースにはなにがあるの? 大きく分けて ショップゾーン・ビルダーズゾーン・ファクトリーゾーン・イベントゾーンの4つのブースがあります。 それぞれについて紹介していきます。 ショップゾーン 世界一を誇るガンダムのプラモデルショップで約2000種類の商品が買えます。 初期のものから最新のものまで取り扱っています。 こんなにガンプラが売っているのは初めてみました。 お目当てのガンプラがここならきっと見つかるはずです。 ビルダーズゾーン ガンプラを組み立てたり塗装したりできます。 ガンプラマイスターが作る際のコツを教えてくれたり、ガンプラビルダーズワールドカップ(ガンダムシリーズの玩具を手掛けるメーカーであるバンダイ主催のガンプラコンテスト)の受賞者の作品が飾ってあり見ることができます。 ファクトリーゾーン ガンプラを作っている静岡の工場「バンダイホビーセンター」を再現しているところです。 本物の金型や設計データを見ることができ、こうやってガンプラって作られているんだ~と学べます。 ガンプラを組み立てるのがお好きなら、パーツが作られている工程から見てみるのも楽しいと思います。 イベントゾーン ガンダム・ガンプラのイベントを行ったり、「川口名人」による制作テクなどを配信しています。 川口名人って誰だ?? と思ったので調べてみました。 すでにご存じのかたは飛ばしてください。 モデラー、玩具メーカーBANDAI SPIRITS社員。 玩具・模型の企画やプロモーションを担当している。 通称「 川口名人」。 模型の消費者であるモデラーと、生産者であるメーカーの両方の立場からブーム初期から現在に至るまでガンプラに関わり続けている人物である。 引用:Wikipediaより メーカーの立場でもあり、作る立場でもあるかたのようです。 この方の制作テクニックを学べばさらにガンプラを上手に作れると思いますのでぜひご視聴してみてください。 4つのゾーンについて紹介してきましたが、 ほかにも服が売っていたり ガンダムファンの著名人や声優さんが作ったガンプラが飾られていたり サインがあったり(どなたのサインかまではわかりませんでした。 すみません…) 歴代のガンダムがズラッと飾られていました。 ガンダムベースのパンフレットもありました。 ガンダムすきな方なら絶対にテンションが上がると思います。 実際に一緒に行ったわたしの彼も、今まで見たことのないキラキラした眼差しで見てましたからね。 少年時代に戻ったかのようでしたよ。 あなたもぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

ガンダムベース東京に行って来たレポート!

ガンダムベース東京 アクセス

この記事の目次• お台場ユニコーンガンダムのアクセスと場所 場所は、新橋からゆりかもめに乗って「台場」か、りんかい線の「東京テレポート駅」のどちらかで下車します。 お台場ガンダムユニコーンの変形タイムスケジュール タイムスケジュールはガンダムユニコーン像の前に書いてあります。 でも確認できます。 公式はちょっと分かりづらいので、まとめてみます。 昼の部と夜の部が分かれています。 夜の部はユニコーンガンダムの名シーンの動画が背景に表示されて、その映像のユニコーンガンダムの動きに併せて変形する、ちょっとしたショーになっています。 昼の部 何時でもやっているわけではないので注意しましょう。 11:00• 13:00• 15:00• 17:00 夜の部 夜の部は壁面に映像が表示するのでお得ですが、真っ暗なので写真には不向きです。 写真映りを気にするなら、昼の部も見ておきたいところです。 19:30 RE:MIX0096• 20:00 SPECIAL MOVIE "Cage"• 20:30 翔べ!ガンダム• 21:00 RE:MIX0096• 21:30 SPECIAL MOVIE "Cage" ガンダムユニコーン立像 台場からダイバシティーを目指して歩いても、駅方面からは見えません。 ちょうど、ダイバシティーの影に隠れているんですね。 角を曲がって正面にいくと、ドーーーンとそびえ立ってます。 みんな足が小走りになりますw。 デカイです。 ものすごくデカイです。 足元の人間をみると、縮尺がわかると思います。 正面から写真を撮ると、その大きさがよく分かります。 見上げるような大きさです。 大きいだけでなく、極めて精巧です。 ズームで写真を撮ると、まるでプラモデルのように見えてしまいます。 フォトデッキという撮影ポイントあり 微妙に邪魔な電柱があったり、結構撮影は難しいです。 それを知ってか知らずか、絶妙な位置にフォトデッキという撮影ポイントがあります。 僕も買ってしまいました。 途中の階段から撮影すると、絶妙にうまく撮れます。 それを撮影して引き返してもよいかもしれません。 後ろ姿はこんな感じ 昼の部のガンダムユニコーン変形(デストロイモード) 夕方の時間のデストロイモードへの変形シーンに立ち合いました。 音とともに、チカチカ光りはじめて 角が開きはじめて 顔が引っ込み 変形後の顔が出てきます。 サイコフレームの色も忠実に再現しています。 夕暮れだったので、サイコフレームの色も際立ってました。 お台場ユニコーンガンダムの変形後の後ろ姿 変形後のデストロイモードユニコーンガンダムの後ろ姿はこんな感じです。 これは興奮しますね。 バックパックのバーニア部分も火がでているかのようなライティングを施してます。 変形前と微妙に色が違います。 作り込みも完璧です。 夜の部のガンダムユニコーン変形 せっかくだったので、ダイバシティーで時間を潰して、夜の部「RE:MIX0096」も見ました。 一旦変形前の状態に戻ってから、再度変形しました。 今度は、緑のサイコフレームバージョンに!。 ちょうど見えない部分で壁面で映像がながれていました。 位置取りは、UCガンダム立像から左側に陣取った方がよいです。 右側だと、壁面映像は全く見えません。 お台場ユニコーンガンダムの感想まとめ 変形部分が頭だけなので、小さいお子さんには物足りないかも。 原作を見た方はかなり感動モノでした。 大人向けのスポットですね。

次の