冷凍 アジフライ 揚げ時間。 余ったフライは冷凍保存!カリっと温める方法があります。

ヘルシオでも市販の冷凍フライ、揚げられます。唐揚げもカリカリにできます。

冷凍 アジフライ 揚げ時間

冷蔵、冷凍共にお話ししていきますが 期間はあくまでも目安です。 できればお早目にお召し上がってくださいね。 揚げた後のフライの油とゆうものは時間が経つにつれどんどん酸化していきます。 なるべく早めに食べきる事をオススメします。 冷蔵保存期間。 保存期間の目安:3日程度 冷蔵保存の場合は1日でも早く食べたほうが味の変化はしません。 あまり長時間冷蔵保存すると水分と共に美味しさも抜けていきカビや腐る可能性が多いにあります。 できるだけ早くお召し上がりください。 3日以上の保存をしたい方は冷凍保存がオススメです。 冷凍保存期間 保存期間の目安;1か月 冷凍保存は冷蔵保存よりも長持ちします。 ですが冷凍した揚げ物でも少しずつ品質が劣化していきます。 これは揚げる前でも揚げた後でも同じで 冷凍してから1か月を目安に食べきってください。 冷凍保存というものはついつい入れっぱなしになりがちなのでご注意を。 揚げ物の冷凍保存方法。 スーパーの揚げ物惣菜の冷凍保存は? もちろん上記の冷凍保存方法で冷凍保存する事ができますし温める際も同じ方法でできます。 閉める時間帯にスーパーにいけば惣菜が半額以下なんて結構あり半額の惣菜フライを買って冷凍保存し賢く使っている方もいらっしゃいます。 ただ油は空気に触れる事で酸化します。 酸化した油は健康にはよくありません。 特に閉店前となると長時間放置されている揚げ物になってしまいます。 (スーパーによりますが) ですが、手間やコストを考えれば安くなった惣菜フライを冷凍保存し使ったほうが賢いかもしれません。 いかがだったでしょうか? 余った揚げ物の保存や温め方法についてお話ししました。 冷凍保存する場合は必ず1つずつラップで包んで冷凍保存してくださいね。 温める時は電子レンジとオーブントースター二つを使う事でカリっと美味しく温める事ができます。 揚げ物の温め直し方さえ分かったらスーパーなど惣菜のフライなんてもう怖くありませんよね(笑) 余談の中の余談を言うとヘルシオのフライ温め機能を使うと1発解決します(真顔) ヘルシオは水分を出しながら温めてくれるので1台で電子レンジとオーブントースターの役をしてくれます(苦笑) ヘルシオって便利だけどお高いんスよね~.

次の

アジフライのレシピ/作り方:白ごはん.com

冷凍 アジフライ 揚げ時間

フライやカツなどの揚げ物はお弁当のおかずに使いやすく、子供も大好きですよね。 毎回1から作るのはちょっと面倒なので、こういうものこそ時間のあるときにまとめて冷凍ストックします!! 揚げる前の段階(衣をつけた状態)で冷凍しておくと、必要なときに、必要な数だけ凍ったまま揚げることができてとても便利です。 どんな風に冷凍ストックするのか、手順を追って説明しますね^^ 今回はアジを手に入れたので、フライにしようと思います。 アジフライ、美味しいですもんね〜! 骨抜きで、丁寧に骨をとっておきました。 これで、みんな何も考えずかぶりつけます。 大きいとお弁当には詰めにくいので、半分に切りました。 まな板に匂いが移るのを極力避けるため、オーブンペーパーを敷いて作業しまーす。 あじは軽く塩こしょうして下味をつけます。 衣をつけます。 バッター液とは卵1個と小麦粉大さじ2を混ぜたもの。 どろっとして重たすぎるとようであれば、水を小さじ2〜3くらい足してもOK!あまり薄めると接着剤がわりにならないので気をつけて。 下味をつけたアジをバッター液にくぐらせて パン粉をつけます。 2行程だと右手と左手で効率よく進められます! アルミのバットの上に、ラップを敷いて、その上にパン粉をつけたアジを並べて。 (アルミの熱伝導率の良さを利用して、早く凍らせるためです) 一段に入らない場合は重ねてOKですが、その際は間にアルミホイルを挟んでその上に乗せるとアルミのバットがわりになっていいですよ^^ 上にもラップして冷凍庫でしっかり凍らせます。 凍ったらラップをはずしてバラして密封袋に移して保存しておきます。 この状態で冷凍庫で3〜4週間保存可能。 凍ったまま揚げることができます。 必要個数のみ使えるってのは嬉しいですね^^ 我が家の大人気エビカツもレシピの倍量で仕込みました。 少し小さめ、お弁当に使いやすいサイズにしています。 凍ったまま揚げるので、あまり厚みがある成形方法だと揚げ時間が長くかかってしまいます。 小さめかつ薄めがオススメです。 このえびを常時ストックしているので、流水解凍して使います。 アジと同じ要領でパン粉をつけて冷凍ストック完了〜! 冷凍庫に、大量のアジフライとエビフライをストック出来ましたー! レシピ: 揚げ物の冷凍ストックがあると、急なお弁当作りや忙しい日のメインおかずにとても役立ちます!衣付けはちょっと面倒な作業なので、時間と体力と心の余裕のあるときにできるだけ多めにストックするのをお勧めします^^ (私は毎回レシピの二倍量を冷凍ストックするようにしています) 白身魚のフライ、チキンカツ、コロッケ、メンチカツ、エビフライなんかもこの方法で冷凍ストックできます。 頑張った分、いつか必ずこの日の自分に感謝する日が来ます^^ ストックおかずを上手に活用して、お弁当作りや食事づくりをしていきましょう! 愛用品のキッチングッズや調味料・器などをコレクションしています。 toiroのROOMもチェックしてくださいね^^.

次の

アジフライのレシピ/作り方:白ごはん.com

冷凍 アジフライ 揚げ時間

冷凍食品をで失敗してしまう原因と対策方法 冷凍した食品を揚げるときに失敗してしまう原因はさまざまものがありますが、その1つが「解凍してから揚げる」ことです。 冷凍したものを解凍するときに、ドリップという液体が流れてしまうので、味や風味が失われます。 また、形がくずれやすくなり、中の具が飛び出したり、油がはねて危険です。 そのうえ、油を必要以上に吸収しすぎて油っこくなってしまいます。 対策は単純で、 冷凍のままで揚げることです。 解凍することなく揚げることで、先述のデメリットを回避できます。 1度に大量に入れすぎることも失敗する原因の1つです。 1度に大量に入れてしまうと、油の温度が下がるので仕上がりが悪くなります。 カラッと揚げることができず、食感が悪くなってしまうのです。 対策は、まず、1度に入れる量は油の表面積の3分の1を目安にし、温度を保ちながら上げることです。 適切な温度は、食材によって変わります。 揚げているときに必要以上にさわってしまうことも失敗する原因です。 揚げ物がなかなかうまくできない人の中には、調理中にやたらとさわっていることが多いです。 全体にしっかり熱をとおそうと、動かしてしまう気持ちはわかりますが、むしろ逆効果になります。 さわりすぎると衣がはがれてしまい、食材が台無しになってしまうので気をつけましょう。 対策は、揚げはじめの最初の1分~3分くらいは絶対にさわらないようにしましょう。 その後も、仕上がり具合を確認するため以外は、極力さわらないようにしてください。 菜箸を入れて、泡がゆっくりと上がってくるなら低温、泡がすぐにシュワシュワッと上がってくるなら中温、大きな泡が大量に勢いよく上がってくるなら高温、というふうに判断します。 1回で揚げる数は2~3個が目安。 少し高すぎるのでは・・・?、と感じる人もいると思いますが、美味しくコロッケを揚げるには必要な温度になります。 また、冷凍コロッケを破裂させない揚げ方として、内側と外側の温度差をなくす方法があります。 冷凍食品にはよくあることですが、外側よりも内側から先に熱がとおってしまい、内側から水分が出はじめ、外側を破ってしまうのです。 対策としては、 レンジで軽く解凍しておくと、内側と外側の温度差をなくすことができます。 フライパンや鍋の底にトンカツがくっついてしまう場合は、キッチンペーパーを敷いてみてください。 くっつきやすさが軽減されます。 また、冷凍トンカツに氷が張っているようなら、油はねを防ぐために蓋をしてください。 先述のとおり、大量に入れてしまうと油の温度が下がってしまい、仕上がりが悪くなってしまうので気をつけましょう。 また、フライパンを使う場合、冷凍ポテトに氷がついていたりすると油がはねて危険なので、調理の前に、フライパンでポテトを熱して氷を溶かし、水分をあらかじめ軽く取りのぞいておくと安全です。 また、大きさにもよりますが、エビフライを油に入れるときは、直前まで冷凍庫に入れておいてください。 エビフライに霜が降りている場合、油はねが心配なので、削っておくと安心です。 量はポップコーンシュリンプが浮く程度が目安。 ポップコーンシュリンプの失敗しない揚げ方のコツは、火の加減に気をつけることです。 ポップコーンシュリンプは1つ1つが小さいので、高すぎる温度で揚げてしまうと、中まで火がとおらないままキツネ色になってしまいます。 外側はカリッとしていても、中は冷たいままなので注意してください。 まとめ 冷凍フライの揚げ方のコツは、商品によって少しちがいはありますが、おおむね気をつける点は同じです。 以下に内容をまとめると、• 味や風味を維持し、形くずれや油がはねることを防ぐために、解凍せずに冷凍のままで揚げる。 油の温度が下がってしまわないように、食材を入れる量をおさえて何回かに分けて揚げる。 衣が破れてしまうことを避けるために、食材を油に入れてからの最初の1分~3分は絶対にさわらない。 特に、最後の内容は、揚げ物の調理が苦手な人がやりがちな失敗なので気をつけましょう。 冷凍フライは、お弁当や急いで食事を用意しなければならないときなどに、サッと揚げることができるので非常に手軽です。 また、冷凍されているので長く保存できるため、買い置きにも向いています。 現在は、さまざまメーカーからたくさんの冷凍食品が販売されているので、日々の料理に便利に使っていきましょう。

次の