シャニマス ss 灯織。 【シャニマス】SSRアイドル一覧

【シャニマス】風野灯織ちゃんの身体

シャニマス ss 灯織

シャニマス史上、最高にお得な10連ガシャが1周年記念に実装されました! 「期間限定 星と蒼と私、共に駆け抜け、今 灯織・真乃・恋鐘SSR2倍ガシャ」はSSRアイドルの 当選確率が2倍! 元々、SSRプロデュースアイドルの提供割合が2%、SSRサポートアイドルが3%、計「5%」と一般的なソシャゲやブラウザゲームよりはSSRの当選確率が高いシャニマス。 それが倍になるわけですから・・何らかのSSRが出る確率は驚異の「 10%」! 単純に考えれば、10連ガシャ1回につき1枚のSSRカードが出る計算に・・スゴイですっ! ピックアップアイドルである 【伸ばす手に乗せるのは】風野 灯織、 【駅線上の日常】櫻木 真乃の確率も、限定SSRの通常設定である0. 5%の倍の1. これなら期間限定SSRアイドルも当たるかもしれないっ!と、早速10連ガシャを回すことに。 まあ、 風野灯織がピックアップなので、2倍関係なくどっちにしろ回していたんですが 笑。 期間限定灯織のために、半年以上前から少しずつ貯めていたフェザージュエルが24万8千個。 今だTrueEndを見ていないSRアイドルのTrue石も含めると28万。 SSR2倍確率アップの恩恵を如実に感じる幸先の良い結果に。 10連ガシャ2回目の結果は・・1枚目から光り輝く虹色のカーテン、P-SSR演出! いきなり【伸ばす手に乗せるのは】風野 灯織がキターーーー!!!!勝った!!!! 「限め」の愛称でも知られる期間限定SSR 【夏に恋するピチカート!】 八宮 めぐる実装以来、限定灯織に備えてずっと石を貯めておいてよかった・・。 なお、限定めぐるは幻です。 優勝、TrueEnd達成! ライブスキル「伸ばす手に乗せるのは」が属性不一致アピールで強いため、AランクはもちろんSランクも比較的狙いやすい、歌姫楽宴周回プロデュース向けのアイドル性能ですね~。 イベントは4月1日「エイプリルフール」をモチーフにしたコミカルな雰囲気のものが多かったですが、TrueEndは灯織のアイドルとしての変化を感じる素晴らしいコミュとなっています。 アイドルとしてだけでなく、人としても精神的に成長し、感情が以前よりも豊かになった灯織の笑顔。 詳しいネタバレは避けますが、灯織担当Pの方にはぜひトゥルーを見て欲しいですね! もちろん、他のアイドル担当のシャニマスプロデューサーさんもぜひぜひ!! シャニマスで期間限定SSRアイドル【伸ばす手に乗せるのは】風野 灯織をお迎えできたので、思い出アピール動画集を更新できました 😊 いつかはイルミネーションスターズ全員でまとめたいな~ 限定めぐる・・復刻・・ — ナナ 風野灯織P hiorimoe 以前作成していた風野灯織の思い出アピール集動画も再エンコード完了。 イルミネーションスターズのコミュがみたい!そしてなにより 櫻木真乃も好きなアイドル! 【伸ばす手に乗せるのは】風野 灯織のTrueEndミッションも達成し、フェザージュエル6000個が戻ってきたという事もあり、強欲にも限定S-SSR真乃も狙う事に。 とりあえずは予定の追加20連を回したため、ここでいったんSSR2倍ガシャは終了。 ただ、SSR2倍の神効果は明らかに感じるため、日を改めて真乃チャレンジしたいと思います。 「」のガシャは経験上わりと乱数が偏るイメージがありますし、時間を変えて少しずつ回したほうが良い結果に繋がりやすい気がしますから。 「期間限定 星と蒼と私、共に駆け抜け、今 灯織・真乃・恋鐘SSR2倍ガシャ」の開催期間は4月12日まで。 それまでに何とか櫻木真乃を当てるぞ~!! フラグ.

次の

シャニマス SSR当選確率2倍アップは神!?期間限定SSRアイドル 風野灯織狙い10連ガシャ結果: シャニマスもえ! アイドルマスター シャイニーカラーズ攻略まとめブログ

シャニマス ss 灯織

普通のことですから」 P(……ん?) 灯織「この日は……ダンスのレッスンに……」 P「おはよう灯織。 スケジュールの確認?」 灯織「はい。 レッスンのスケジュールを組んでるんです」 P「しっかりしてるな。 無理はするなよ?」 灯織「……自分の事を自分で管理するのは普通の事です。 ちょっと心配だな) P「灯織、お疲れ」 灯織「あ……プロデューサー、お疲れ様です。 夜遅くまですみません」 P「いいよいいよ。 それよりこんな時間までレッスンか?頑張ってるな」 灯織「その、まだ、できてないところがあって……。 少しでもやっておきたかったんです」 P「そっか。 でも本当に頑張ってるよな。 尊敬するよ」 灯織「……別に、普通の事です。 他の人だって、このくらいやってるんじゃないですか?」プイッ P(……やっぱり) P「というわけで、作戦を実行する。 もっと自分がすごいって事を自覚してほしいなぁって思ってさ。 二人ともそういうとこ見てるだろ?」 真乃「はいっ、私たちより練習してるのに、もっとがんばろうとするんです。 本当にすごいと思います!」 めぐる「なのに灯織ってば、いっつも自分に厳しいもんね」ウーン P「そうだろ?だから、この機会に自分のことを再確認してもらおうと思ったんだ」 P「二人とも、協力してくれないか?」 真乃「そういうことなら私手伝います!」ムンッ めぐる「わたしもだよー!灯織はすごいんだって、きちんと気付いてほしいもん!」 めぐる「……でも、具体的にはどうするの?」 P「我ニ作アリ。 よく来てくれたな」 灯織「……どうしたんですか?急に呼び出して」 P「まだレッスンまで時間があるだろう?その間にちょっとしたトレーニングを受けてほしくてな」 灯織「いいですけど……一体どんなトレーニングなんですか?」 P「それは受けてからのお楽しみってことで。 とりあえず、ここの椅子に座ってくれ。 あと何か飲むか?リラックスが大事なんだ」 灯織「いいえ、大丈夫です。 頑張ってるところを褒めたり……けど灯織の反応といえば普通だとか当然だとか。 普通とか当然とかいうけど、その普通や当然を当たり前にこなすのはなかなかできることじゃない。 みんなできたら、そもそもそれはすごいだなんて言われないんだ。 ところで抹茶だけじゃなくてバニラも好きだったよな。 褒められたときに『ありがとう』とかいえないとき、ぶっちゃけ『違う』とか『普通だ』とか『当然』とかいう度に真乃がチョコ〇ールを灯織に食べさせるぞ。 金のエンゼルが出たら中止な」 灯織「意味がわかりま「あーん」むぐっ!?」 めぐる「あとねー、お料理上手だよね!卵焼きおいしかったなぁ」 真乃「いつも自分でやってるんだよ。 すごいよね」 灯織「それは役割でむぐっ!?」 P「あー、食べてみたけど美味しかったな。 だし巻きも甘い卵焼きもうまく出来てた。 いいよなぁ卵焼き」 真乃「ほわぁ……いいなぁ。 ところで今日俺に作ってきてくれたお弁当はから揚げなんだな。 あたふたしてるのに口の中の物の見込んでからしゃべるところ行儀正しい。 これは本来褒められて然るべきなんだ」 灯織「……でも、私にとっては当たり前の事なんです」 灯織「小さいころからちょっとずつやってきた事と、初めて夢みた事なんです」 灯織「自分で選んで、ここに来ました。 なら、当然の事じゃないですか」 灯織「普通の事なんです。 君は、こんな風に、周りの人に愛されてるんだ。 気づいてないだけで、君はもう十分立派に魅力的な人なんだ」 P「もっと自信をもって。 本当にありがとうございました。 もう伝えることは伝えましたよね?」 めぐる「まだ何かあるの?」 P「あるもなにも」 P「まだかわいいとこ伝えてないし」 灯織「ふぇっ?」 P「灯織のぉおおおおお!かわいいところおおおおおおお!!」 P「占い気にしちゃうところめっちゃかわいい。 灯織!ヘルプ!」 灯織「」ズーン P「灯織!?」 P(やっべーなんかやらかしたか?なんか灯織の周りにズーンって効果音がめっちゃでてる。 全力だったんだけど」 灯織「私、もともと自分に自信がないんです。 初SS投稿でしたがいかがでしたでしょうか? 灯織は自分に自信のない女の子です。 しっかりしていてストイックな女の子ではあるんですけど、占いを気にしたりジンクスを気にしたりそもそも人間関係に悩んだり イヤホンしてると他の人が話しかけてこないとか言っちゃう子でマジかってなりました。 シャニマスについてですがドハマリしました。 イルミネにおいては今回描いた灯織だけではなく、 絶対友人勘違いさせるウーマンめぐるや鳩に野草にサバイバルにぽぉっぽるぅ~!とネタにつきない中の人が現役高校生な真乃ちゃん お昼寝してると優勝してた甜花ちゃんなど一癖も二癖もあってかわいい普通なアイドルたちがいます。 彼女たちも魅力たっぷりなので、もしよろしければ会いにいってみてください つまりシャニマスやってね!(ダイレクトマーケティング) コメント一覧 18• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 00:04• 開運フォームは草生えたな、灯織やイルミネのいいところが存分に書かれてていいSSだった 実際グレフェスでは果穂と並ぶセンターツートップだしもっと自信持ってほしい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 00:40• た〇じさんの薄い本みたいなコトをしてみたい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 02:27• オマエラ シャニマス ヤレ ショウジョウ トノ ヤクソク• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 04:50• プロデューサーは長崎から上京して頑張ってるアイドルも褒めるべきたい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 05:50• 長崎はよかとこばい!プロデューサーにもきて欲しいたい!• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 07:10• 巨乳好きと言うことは凛世ノことも好きというわけですね• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 09:05• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 09:32• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 10:21• 杜野さん、流石にちょっと苦しいわ。 巨乳って言うならせめて72はないとね。 大丈夫貴女もまだチャンスはあるから元気を出して、ね? 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 11:42• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 12:28• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 12:38• こんな甘ったるい空間に居られるか!俺は逃げるぞ! 俺は果穂ちゃんと隣のホテルで、ジャスティスレッドの魅力について朝まで語り明かして、俺色に染め上げる約束があるんだ!• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 13:20• もっと書いてホラ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 13:24• シャニのアイドルはデレマス並みにシコくて良いよね。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 13:36• プロデューサーは~、もっと~、摩... 田中さんとか~、かまってもいいと思うんですけど~。 まぁ、他の人がアタックしすぎて~、辟易してるでしょうから、向こうからくるまで~、待っててあげてもいいですよ~。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 17:11• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 22:13• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2018年09月21日 23:44• いいと思います.

次の

【シャニマス】風野灯織ちゃんの身体

シャニマス ss 灯織

灯織「何なんですか急に」 P「いや、なんか真乃とめぐるのこと褒めてたじゃん?」 灯織「それは……インタビューでしたし」メソラシ P「俺も灯織に褒められたいじゃん?」 灯織「そ、そんなこと言われても」 P「褒めてー褒めてー!!」 灯織「……いい加減にしてください」ムッ P「灯織?」 灯織「少なくとも、今ここで褒めなきゃいけない理由があるんですか?」 P「仕事の速度があがるよ?超上がるよ?」 灯織「……ふざけてないでしっかりしてください」 P「……仕事するか」ムキナオル 灯織「コーヒー、入れてきました。 ……頑張ってください」 P「ん。 ありがとう」 P(ねぎらってくれるあたりちょっと気にさせちゃったかな……反省) P(しかし……) P(灯織には褒められたい)ドーン P「ということで、灯織に褒めてもらうためにいろいろ策をこうじてみよう!という話でね!」 めぐる「うーん、でもいきなり褒めてって言っても難しいと思うなー」 真乃「灯織ちゃん照れてたもんね……」 P「ちなみに真正面から褒めてって言ったら撃沈したよ」 めぐる「……プロデューサーは褒められたいの?」 P「オフコース的な?」 真乃「えと、あの……プ、プロデューサーさんはすごいと思いますっ」 P「ふはは!知ってる!すごいんだぜー!?」トクイゲ めぐる「……これじゃ足りない?」ムゥ P「いや普通に嬉しいから後でカールおじさんあげるけど真乃だけじゃなくて灯織にも褒められたい」 真乃「ほわっ……難しいんですね……」 P「まぁ傍目から見ればいい年した大人が未成年に褒めてって言ってるような図だからなぁ。 でも、ほら。 真乃もめぐるも灯織に褒めてほしくない?」 真乃「……私、灯織ちゃんに褒められると嬉しいです」 めぐる「ほめられたーい!」 P「そうだろうそうだろう!?」 P「まぁ別に変なことをするわけじゃないし、何より灯織に褒めさせるっていうのは必要なことではあるし。 言葉を尽くすってのは大切だからね」 めぐる「言い訳っぽいね」 真乃「プロデューサーさん頑張ってますから」 P「あはは……そうなんだけどさ……」 P「まぁでも目的は一致してるわけだし。 今回で褒めたり褒められたりしよう。 異議はあるかな?」 めぐる「異議なーし!」 真乃「ありません。 たくさん褒めてもらいます!」グッ P「では作戦会議をしようか」 3人「「「おー!」」」 作戦1「考えてるとよくわからなくなったから正直に言うよ!」 某日、事務所 めぐる「灯織!」ハグー! 灯織「? いきなりどうしたの」ナサレルガママー めぐる「褒めてほしいな!」 灯織「……本当にどうしたの?」 めぐる「どうもしないよー?」ハグーン 灯織「……いきなり褒めてって、何かあった?」 めぐる「何もなくたって褒められると嬉しいよ?」 灯織「何言ってるの」 めぐる「ねーねーいいでしょー?ほーめーてー!」 灯織「そんな、急にいわれても……」アタフタ めぐる「じぃー」 灯織「……め、めぐる」 めぐる「じぃぃー!」 灯織「あぅ……」 めぐる「……」メセンデウッタエ 灯織「……い、一回だけだから」 めぐる「!」 灯織「……いいけど、本当にどうしたの?」 真乃「ど、どうもしないよ? ただ、その、灯織ちゃんに褒めてもらうと嬉しくなるから……」オズオズ 灯織「……?」 真乃「それに、その、仲良くなれるって書いてあって」 灯織「……」 真乃「だから、その、えっと」 灯織「……真乃、自信もって」 真乃「え?」 灯織「私、となり真乃のこと見てきたから。 真乃がすごいこと、真乃のすごいところ、めぐるやプロデューサーもみんな知ってる」 真乃「灯織ちゃん……」 灯織「……うまく言えなくてごめん。 でも、私は真乃の隣にいたし、真乃の隣にいたいから。 ……真乃と一緒に輝きたいから」 真乃「……」 灯織「……不安にさせて、ごめん」 真乃「……」 灯織「……」 真乃「ひおりちゃああああああ」ナミダメ 灯織「わっ、真乃……もう……」ダキトメ 成功:友情が深まった.

次の