逗子 市 コロナ。 鎌倉市/新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症|藤沢市

逗子 市 コロナ

株式会社インフォマティクス(本社:川崎市、代表取締役:齊藤大地)は、4月1日より公開している「新型コロナウイルス感染症 国内状況」サイトに新機能を追加しました。 本サイトは今回の機能追加により「国内感染者数」「SIR感染予測モデル」「PCR検査数」「人口10万人あたりの感染者数」の4構成となります。 都道府県別・日別に地図とグラフを用いて可視化したコンテンツを連続再生して推移を見ることができるほか、可視化したコンテンツの画像をダウンロードしてSNSで利用することもできます。 背景 国内では全国的に緊急事態宣言が解除され、徐々に社会活動が復帰しつつありますが予断を許さない状況が続いています。 インフォマティクスは、第2波の到来に備え、低接触率を維持する新生活様式への対応の一助となることを目的として、このたび「新型コロナウイルス感染症 国内状況」サイトに新機能を追加しました。 3月25日と比較した接触人数の削減率を利用者自身で入力し、3か月後までの感染者数や免疫保持者数を予測した値と、その推移を可視化することができます。 (図3:10万人あたりの感染者数(東京)) 「新型コロナウイルス感染症 国内状況サイト」について 厚生労働省が公開している感染者数の情報をもとに、各都道府県の感染者数とその内訳(入院数、退院数、死亡数)を可視化しています。 新規感染者数と累計の感染者数を、切り替えることができます。 4月1日より公開。 サイトのご意見ページよりご回答ください。 インフォマティクスについて 株式会社インフォマティクスは、1981年の設立以来、建築・設計向けのCADシステムおよび地理情報システムの開発、販売、保守サポートを行うシステムインテグレータとして成長を続けており、本社(川崎市)、営業所(大阪、名古屋)の総勢約200名の社員から成る企業です。 国内の中央官庁、地方自治体、鉄道・高速、電力、金融機関、住宅メーカー、ゼネコン、設計事務所などに多数の導入実績があります。

次の

逗子海岸 コロナ流行下の条例制定 滞在目安「2時間まで」

逗子 市 コロナ

民法第 717 条 1 項 「土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。 ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない」 と定めています。 今回の場合は、占有者はいない、もしくは共有のマンション所有者の敷地のため 所有者責任となります。 逗子土砂崩れ、マンション所有者、管理組合について 土砂崩れのおきた場所がライオンズグローベル逗子の丘の敷地ということで、マンションを購入した所有者がそのマンションの敷地も共有して持つことになります。 マンションの部屋の面積によって持ち分割合が決められ登記簿にも記載されます。 所有者全員は 管理組合で共有部分を維持管理していきます。 管理組合では通常、毎月の維持費にかかる管理費と長期修繕などに備えて貯蓄しておく修繕積立金とに分けて所有者から徴収して管理しています 逗子土砂崩れ、賠償額や保険適応は? 大変残念なことに土砂崩れに巻き込まれ、 18歳の女子高生がお亡くなりになりました。 賠償額について調べてみると、 18歳未成年者で死亡事故による損害額はおよそ 7,000万から 8,000万円。 その他に訴訟、裁判となると弁護士費用や遅延損害金など 1億円前後になるようです。 所有者である「管理組合」は施設賠償責任保険など加入していて補償対象であれば保険会社が支払い。 保険で対応できない場合は、積立金などから支払いをするか、不足がある場合は持ち分割合に合わせて所有者が追加で支払いとなる可能性があります。 不測の事態ということで銀行などで借り入れができれば、いったん支払い後に積立金の値上げなども考えられます。 マンションは総戸数 38戸ということで、いずれにしても所有者ごとの負担はかなり高額となってしまいます。 逗子土砂崩れ、今後の対応がどうなるか いくつかのパターンは考えられますが、賠償を遅らせて責任者探しをしているのは問題となります。 まずは「土地工作物責任」で所有者(管理組合)が賠償、もしくは保険会社となるでしょう。 管理会社の大京アステージからは「斜面の専門的な点検業務は契約に含まれておらず」というようなコメントは出ていますが、保険については語られていません。 管理組合がどのような保険に加入していたかは分かっていません。 管理組合もしくは保険会社が賠償をしたあとに、他で責任がなかったかを調査して該当する相手に訴訟を行う可能性はあると思います。 分譲会社のグローベルス(現・プロスペクト)、建設会社の大松建設 手抜き工事や欠陥工事などの証拠や文章が出てくれば責任追及される可能性はあります。 但し 2004年にマンションが完成して 16年が経っています。 自然現象による土壌の風化の可能性が高く、よほどの証拠資料などが無いと難しいでしょう。 管理会社の大京アステージ コメントでも「斜面の専門的な点検業務は契約に含まれておらず」などあります。 管理組合はあくまで専門家ではない所有者の集まりです。 管理を受託する際に契約に含まれてないこと自体に問題がある可能性はあります。 土砂災害警戒区域内の土地に対してどのような専門的な点検業務があるのかは、分譲会社や建設会社、逗子市と一定の取り決めなどは無かったのか気になります。 但し訴訟となるとかなりの時間がかかると思います。 逗子市 ハザードマップに土砂災害警戒区域としていますが、行政指導などもなかったようです。 道路管理者でもあり、長い間対策を講じてこなかった逗子市にも責任が及ぶ可能性があるかもしれません。

次の

鎌倉市/新型コロナウイルス感染症について

逗子 市 コロナ

株式会社インフォマティクス(本社:川崎市、代表取締役:齊藤大地)は、4月1日より公開している「新型コロナウイルス感染症 国内状況」サイトに新機能を追加しました。 本サイトは今回の機能追加により「国内感染者数」「SIR感染予測モデル」「PCR検査数」「人口10万人あたりの感染者数」の4構成となります。 都道府県別・日別に地図とグラフを用いて可視化したコンテンツを連続再生して推移を見ることができるほか、可視化したコンテンツの画像をダウンロードしてSNSで利用することもできます。 背景 国内では全国的に緊急事態宣言が解除され、徐々に社会活動が復帰しつつありますが予断を許さない状況が続いています。 インフォマティクスは、第2波の到来に備え、低接触率を維持する新生活様式への対応の一助となることを目的として、このたび「新型コロナウイルス感染症 国内状況」サイトに新機能を追加しました。 3月25日と比較した接触人数の削減率を利用者自身で入力し、3か月後までの感染者数や免疫保持者数を予測した値と、その推移を可視化することができます。 (図3:10万人あたりの感染者数(東京)) 「新型コロナウイルス感染症 国内状況サイト」について 厚生労働省が公開している感染者数の情報をもとに、各都道府県の感染者数とその内訳(入院数、退院数、死亡数)を可視化しています。 新規感染者数と累計の感染者数を、切り替えることができます。 4月1日より公開。 サイトのご意見ページよりご回答ください。 インフォマティクスについて 株式会社インフォマティクスは、1981年の設立以来、建築・設計向けのCADシステムおよび地理情報システムの開発、販売、保守サポートを行うシステムインテグレータとして成長を続けており、本社(川崎市)、営業所(大阪、名古屋)の総勢約200名の社員から成る企業です。 国内の中央官庁、地方自治体、鉄道・高速、電力、金融機関、住宅メーカー、ゼネコン、設計事務所などに多数の導入実績があります。

次の