ポケモン剣盾 カポエラー 育成論。 【ポケモン剣盾】レアポケモン出現場所/天候【ワイルドエリアマップ】

カポエラー

ポケモン剣盾 カポエラー 育成論

サーナイトの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 68 65 65 125 115 80 タイプ タイプ1 タイプ2 エスパー フェアリー 特性 トレース 相手と同じ特性になる シンクロ 毒・麻痺・火傷にされた時、相手に同じ状態異常を与える テレパシー(夢特性) ダブルバトルで味方の攻撃を受けなくなる 長所・短所 攻撃・防御が低く、特攻・特防が高い 典型的な特殊型ポケモンです。 特攻125、特防115と高く、さらにそれを強化できる めいそうを覚えるので、特殊関係の能力は相当なものがあります。 それ以外にも 優秀な補助技を多数習得できるため、 サポート役としても非常に優秀です。 タイプ面では第6世代でフェアリータイプが追加され、 鋼タイプ以外には一致技で等倍以上を取れる攻撃範囲の広さを得ました。 ですが、第6世代以降の大きな強みであった メガシンカがなくなったことで、これまでと比べて 大きく弱体化。 さらに特殊の高さに反比例するかのように HP・物理が脆いので、 物理技を受けたら確1にされることもしばしば。 素早さも並程度なので先手を取られやすく、素早いポケモンに先手を取られてそのまま殴り倒されることもよくあります。 使い道は多いものの、使いこなすのは難しい。 トレーナーの腕が試されるポケモンです。 育成論 積みアタッカー型 努力値 HP:252(実数値175) 特攻:4(実数値146) 素早さ:252(実数値145) 技構成 解説 めいそうで能力を上げ、上がった能力で相手を殴り倒す積みアタッカー型です。 普通サーナイトを使うなら特攻を上げて火力を上げて使うのが基本です。 ですが、めいそうで上がった火力( 実数値219)は補正あり特攻全振り( 実数値194)より高いので、わざわざ特攻に振る必要はありません。 むしろより確実にめいそうで上がったステータスを使えるよう、 HP全振りとオボンの実で耐久を上げるのがいいでしょう。 また、素早さも大して高いわけでもないので、相手に先に攻撃されて倒されるケースはあります。 ですので、少しでも多くの相手より先に動けるよう 最速にします。 これによって、 少しでもリスクを減らしてめいそうを積み、少しでも多く攻撃するのがコンセプトとなります。 技構成は型のコンセプトになる めいそう、一致技の ムーンフォースはまず必須。 後は攻撃範囲を広げるためのサブウェポンを何か一つと、もう一つの一致技は サイコキネシス・ サイコショックのどちらかを入れましょう。 なお、この型ではサブウェポンとして マジカルフレイムを採用しています。 実演してみた では、このサーナイトが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 対戦、よろしくお願いします。 ふつくしい… まずは何はなくとも 初手めいそう。 このサーナイトの戦力の要なので、これは絶対に外せません。 実数値では 補正あり特攻全振りシャンデラ(実数値216)すら上回るので、飛び抜けて高い火力が出るのは間違いありません。 使う場合、めいそうを使えるタイミングをよく見極めてからにしましょう。 ちなみに今回の場合は、相手のギャラドスの特性がいかくだったため、 トレースで特性をコピーして相手の攻撃を落として一撃耐えました。 現環境で 専用特性と化しているトレース持ちならではの耐え方ですね。 また、サーナイトの耐久では耐えられないと判断したら、遠慮なく めいそう後にダイマックスしましょう。 メガシンカがなくなっているので、 火力や耐久を確保するのにダイマックスは有効な手段です。 物理耐久は足りませんが、ダイマックスを併用すれば十分に補えるので、 めいそうからのダイマックスを前提として使うのもありかと思われます。 この型を使うなら、最低1回めいそうを積んだ状態をできるだけ維持するのがコツです。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 以上、サーナイトの育成論でした。 今回、めいそうを積めた対戦では その火力で複数のポケモンを倒す活躍を見せてくれました。 積みの起点さえ見つけられれば、きっと凄まじい火力で活躍してくれることでしょう。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の

【ポケモン剣盾】カポエラーの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン剣盾 カポエラー 育成論

カポエラーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 50 95 95 35 110 70 タイプ タイプ1 タイプ2 かくとう なし 特性 いかく 場に出た時、相手の場の全員の攻撃を1段階下げる テクニシャン 威力60以下の技の威力を1. 5倍にする ふくつのこころ(夢特性) ひるむと素早さが1段階上がる 長所・短所 種族値に無駄がなく、 単格闘タイプの物理アタッカーとして扱いやすいポケモンです。 特に 特防は110と単格闘タイプとしては他のバルキー系列と並び 最高値となります。 ですが 攻撃は95と大して高くない上、 合計種族値も455と最終進化系としては低いので、 単体での実力はあまりパッとしないのがかなり痛いです。 一方で ねこだましと いかく、 サポート向けの多くの技を持っていることから、 ダブルバトルではメジャーポケモン入りしかねない非常に優秀なポケモンです。 また、サワムラーやエビワラーからもバルキーに技を遺伝できるため、 使える技はかなりの数になります。 特に 先制技は非常に充実しており、ほとんどはテクニシャンに対応しているので テクニシャン+先制技での速攻を軸に使うのも良いかと。 また、物理型の格闘タイプなので ダイナックルをタイプ一致で使える上、 攻撃上昇の恩恵が非常に大きいです。 なお、物理型の宿命か 火傷状態になったら詰みます。 注意してください。 育成論 こうそくスピン型 努力値 HP:84(実数値136) 攻撃:161(実数値161) 素早さ:172(実数値112) 技構成 解説 こうそくスピンで素早さを上げ、上から殴り倒す型です。 この型では 素早さに努力値を振ったことで、 1段階素早さを上げれば最速100族(素早さ種族値100の ポケモン )より速く動けるようになります。 そのため 剣盾から強化され、素早さ上昇の効果が付いたこうそくスピンで最速100族を抜いて運用するのが前提の型となっています。 特性はこうそくスピンやサブウェポンの強化のため、 テクニシャンを採用。 攻撃種族値が低めのカポエラーでも火力を確保できるようにします。 また、 きあいのタスキを持たせれば1発は耐えるので、 最低でも1回はコンセプト通りの動きができると思われます。 火力が足りない場合は いのちのたまでもいいですが、素早さを上げている間に殴り倒される危険があるのでタスキとは一長一短です。 技構成は型の前提となる こうそくスピンの他、火力を少しでも高めるための とびひざげりと、先制技でテクニシャンの効果が付く マッハパンチは必須。 後は ストーンエッジや ぶんまわすなどの、相性補完用のサブウェポンを一つ用意しておきましょう。 なお、 とびひざげりとマッハパンチはそれぞれサワムラーとエビワラーからの遺伝技です。 なので、遺伝用に1体ずつ用意してあらかじめバルキーに遺伝させておきましょう。 実演してみた では、このカポエラーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 見たところこうそくスピン1回で、ライチュウ以外は全部抜けそうに見えます。 対戦よろしくお願いします。 この後新宝島のあの動きをします。 まずは 初手でこうそくスピン。 この型の肝なのでこれは必須です。 これで最速100族を抜ける素早さになったので、この型のカポエラーにとってはここからが本番です。 今回は相手が鋼・飛行タイプのアーマーガアだったため、 一気にすり潰すべくダイマックス。 そして タイプ一致ダイナックルでダメージを与えつつ、 攻撃を上げます。 単体のカポエラーにとっての ネックの一つが攻撃力不足なので、それを補えるダイナックルは非常にありがたいところ。 ネックが潰れた 今の状態のカポエラーは非常に強いので、全抜きすら十分に可能なラインに届いています。 ダイマックスしたバンバドロくらいなら、 とびひざげりで一撃です。 先制技で威力が低いはずのマッハパンチですら、セキタンザンを確2にできる威力が出ます。 こうそくスピンやダイナックルで弱点を潰せば、シングルに不向きなカポエラーでも十分に活躍が可能です。 対戦ありがとうございました。 まとめ シングルに向いてなかったはずのポケモン、カポエラーの育成論でした。 素のステータスは大したことはありませんが、 扱いやすい技が多く能力も上げやすいポケモンです。 火力と素早さに何らかの補強をすれば、シングルでもカポエラーは十分戦えます。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の

【育成論】先制技で制圧!カポエラー

ポケモン剣盾 カポエラー 育成論

性格とステータス補正 性格によるステータス補正は以下のとおりです。 9倍 無:変化なし 下の5つは、性格によるステータス変化がありません。 性格とは? ポケモンのステータスに影響 性格は、「攻撃」「防御」「特攻」「特防」「素早さ」の5つのステータスの上がりやすさに影響を与える要素で、全部で25種類の性格が存在します。 上がりやすいステータスは通常の1. 1倍、上がりにくいステータスは通常の0. 9倍の上昇率に設定されています。 ステータス画面でも確認可能 ポケモンのステータス画面で、赤く表示されているのが上がりやすいステータス、青く表示されているのが上がりにくいステータスです。 レベルが50に統一される公式バトルにおいて、性格の違いはバトルの展開に大きな影響を与えることもあります。 バトル用のポケモンを育成する際には、技やステータスなどを考慮し、そのポケモンの特徴が最大限生かされる性格で育成しましょう。 性格はタマゴで遺伝 従来の作品と同様、ソードシールドでも遺伝によって特定の性格の子どもを手に入れることが可能です。 また、ポケモンを預ける際に「 」を持たせておくと、持たせた親の性格を引き継ぎます。 ポケモンを厳選する際は、性格を引き継がせたい親に必ずかわらずのいしを持たせておきましょう。 ミントで性格厳選が不要に 本作では「ミント」というアイテムがあり、ミントを使うことで、性格はそのままに ステータスの上がり方のみを変更することができます。 ただし、ミントは貴重なアイテムなので、伝説のポケモンやキョダイマックスポケモンなど、性格の厳選がしづらいポケモンに使用するのがおすすめです。 ミントは、バトルタワーの報酬や、BPと交換で入手可能です。

次の