俺ガイル ss 子供。 『俺ガイル』雪ノ下陽乃がヒロインのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

【俺ガイル】一色いろは・八色おすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

俺ガイル ss 子供

某所に投稿するつもりだった行方不明だったこのSSの下書きが見つかったので投稿。 これ以外にもssの下書き見つかったのでまた投稿するかも ほんとは某所に投稿してしばらくたってから投稿する予定だったけど、またなくしたら意味ないので、そうなる前に出すことにしました ランキング事務局pixivからのお知らせ [小説] 男子に人気ランキングpixiv事務局です。 あなたの作品が2016年03月02日付の[小説] 男子に人気ランキング 7 位に入りました!ぜひご確認ください。 作品ID:6488811「はじめましてお父様。 娘の陽子です」八幡「新手のサギか」最終回 みなさんありがとうございます。 八陽大好き人間な私ですがこれからもがんばっていきます。 いつかカマクラ無双も書きたいな• 話が進まないから」 (よ、呼び捨て!!) (なんで…どうして…いつヒッキーは陽乃さんと関係もったの…いつから…) 「そうすっか…ならお願いします。 いくらでも相手はいたよ。 でもね、私が気にいる相手がいるかいないかは別だよ」 「どういうことかしら?」 「だって、一回セックスしただけで彼氏面する奴とか、『俺陽乃さんとヤッたんだぜ!』とか言いふらす奴が出たり、逆玉とか企んだりする奴とかいそうじゃない」 「………」 「た、たしかにそうかも…」 「それに私ナイスバディだから男が理性飛んで優しくしてくれそうにないじゃない。 人生初のセックスなのに一人よがりなセックスなんてされたくないし」たぷん 「くっ!」ペタン 「そして、これが一番大事な事だけど本当の私を知っているか」 「!?」 「えっ、どういうこと?」 「みんなが知っている私は外面のいい仮面をつけた雪ノ下陽乃であって、本当の私ではない。 私の本性を知っているのは家族含めてごくわずかの人間だけ… 私の本性知った人間はみんな私から距離をとるんだよ。 まあ私が潰したからだけどねぇ」ニタァ 「っ!!」 「ひっ!」ゾクッ 「よしよし」ナデナデ 「はにゃ~ん………八幡のなでなでとても気持ちいいよ~心身共に癒されるぅ~」 続く ほんとは分けないで一気に投稿したかったけど、そんなこといっていたらいつ投稿できるかわからないので投稿しちゃいました。 詳しいことは次回.

次の

【八雪SS・俺ガイル】雪乃「第二の平塚先生になってしまったわ」

俺ガイル ss 子供

Contents• 八幡「だから…………さよならだ、由比ヶ浜結衣」 完結 時系列でいうと7巻以降の話になるSSです。 もう本編はこれでいいんじゃないだろうか? となる作品です。 少なくとも俺妹ゲームのようなものが登場したら正式ルートとして採用されてもおかしくないレベルです。 そういえば俺ガイルのゲーム、発売決定しましたね。 八幡を操作してヒロインを攻略するというゲームなのですが、1番攻略難易度の高いヒロインって八幡じゃないだろうか? それと小町・魔王・るみるみルートはきちんと舗装されているのだろうか? それが心配です。 このてのファン向けゲームの理想は凡夫的には俺妹だったりしますが、原作がある程度完結していないと難しいだろうな。 ・・・・・・話の進行的にはそろそろ終わりなんだろうけど、展開が読めないんだよな。 3年生編はやるのだろうか? 由比ヶ浜結衣「やっはろー!」完結 短編集 ただひたすらにガハマさんとイチャコラするだけのこの上なく素晴らしい短編集です。 やはり俺の由比ヶ浜結衣が幸福になるのは間違っていない!なエンディングもグッドです。 凡夫的に兆ポイント高いです。 由比ヶ浜「キス……しても、いい?」 八幡「なっ!?」 なんかもう彼女には本当に幸せになってもらいたい。 ガマハさんの泣き顔を想像すると胸が激痛ですよ。 まじで。 なのに冷静に八幡の隣が一番似合うキャラクターを考えると小町とかいろはとか妹属性のキャラクターが出てくるんだ。 俺って本当にバカ。 俺ガイル関連記事•

次の

【俺ガイル】八幡「雪ノ下とおままごとしてたら勘違いした由比ヶ浜が泣き出した。」SS

俺ガイル ss 子供

由比ケ浜「ゆきのんっ!この服ちょー可愛くない!?」ギュー 雪ノ下「由比ケ浜さん…暑いから少し離れてほしいのだけれど…」 由比ケ浜「えー、ゆきのん離れたらすぐ本読み始めちゃうもん」ギュー 雪ノ下「ちゃんとさんの話も聞いているわ。 …半分くらい」 「半分しか聞いてないんだ!?」 八幡「子供って良いな…」ボソッ 雪ノ下・「「!!?」」 雪ノ下「……」ソー 「……」ソー 八幡「…ん?おい、お前らなんでそんな窓際に移動してんだ?」 雪ノ下「比企谷くん、お願いだから話しかけないでもらえるかしら」 「ヒッキー超キモい!!」 八幡(え、なにこれ避けられてんの?これが奉仕部の心の距離なの?俺に対してATフィールド全開なの?) 雪ノ下「警察に通報したほうがいいのかしら」ヒソヒソ 「最近物騒だもんね…小町ちゃんが心配だし…」ヒソヒソ 八幡「俺がいったい何をしたっていうんだ…おい、マジで携帯取り出すのやめろ」 雪ノ下「はぁ…ロリ谷くんが遂に犯罪者になってしまうなんて…」 「ヒッキー、小さい女の子が好きだったんだね…」 八幡「あ?あぁ、もしかしてこれのこと言ってんのか?」 つ【】 雪ノ下「何かしらその頭の悪そうな本は」 八幡「おい、先生に謝れ。 一応アニメ化までした人気漫画なんだぞ」 「うわぁ、ヒッキーオタクー!」 八幡「その反応、オタクが一番傷つくやつだからな。 これだからビッチは」 「はぁ!?ビッチってなんだし!!」 八幡「つーか、可愛い子供が好きというより自分の子供が欲しいなって思っただけだ。 …おいやめろそんな眼で俺を見るな」 「えぇ!?ヒッキー子供が欲しいの!?」 八幡「なんかその言い方だと語弊があるな…まぁ子供は好きか嫌いかで言えば好きだしちょっと良いなって思う時はある」 雪ノ下「確かにあなたの小町さんへの溺愛っぷりは親バカの素質を感じさせられるわね」 八幡「あー、そんな感じかもな。 さんの質問に答えなさい」 八幡「部長命令ってどんなブラック気丈だよ…まぁでも子供は一人がいいな」 「なんで?大勢いたほうが楽しくない?」 八幡「俺は子供だけじゃなく妻も幸せにすることで忙しいからな」 ドヤ 「ヒッキーマジキモい…」 雪ノ下「やはり警察を呼んだ方がいいんじゃないかしら…」 八幡「理不尽だろ」 (でもヒッキーちゃんと奥さんも大事にするんだ。 ちょっと良いこと聞いちゃった) 雪ノ下「ゴホンッ、あなたのことなんて少しもこれっぽっちも興味ないのだけれど一応聞いてあげるわ。 ちなみに、本当にちなみにその子は男の子と女の子どっちがいいのかしら?」 八幡「いや興味ないなr」 雪ノ下「部長命令よ」 八幡「いy」 雪ノ下「部長命令よ」ギロッ (ゆきのん眼がマジだ…) 八幡(もうやだこの部活。 俺に人権も発言権もないんですがそれは) 八幡「…女の子だろうな」 「うーん、それはなんか予想できたかなー」 八幡「悪かったな意外性がなくて」 雪ノ下「あなたのことだからどうせ下卑た考えなんでしょうけれど、どうして女の子がいいと思うのかしら」 八幡「俺の血筋だぞ。 …あなたたち本当に血がつながっているのかしら」 八幡「血がつながってなかったらとっくに千葉のベストルになってる」 「ヒッキーマジキモい…」 雪ノ下「今すぐ警察に連絡しましょうさん」 八幡「そろそろこのオチやめない?」 「あ、でも男の子だったらヒッキーみたいな子供になるのかな?」 八幡「あ?まぁそうなんじゃないの。 俺みたいな子供…絶対にお断りだな」 (子供ヒッキーかぁ…ちょっと捻くれてそうだけど可愛いんだろうなぁ…) 雪ノ下「育てるのが大変そうね。 母親がかわいそうだわ」 八幡「おい、それ俺の母親に対しても言えちゃうだろうが」 雪ノ下「さぞかし苦労なさっているのでしょうね…」 八幡「むしろ放っとかれてるから安心しろ」 八幡「何度も言うようだが俺は基本スペックは高いんだ。 逆に言えば放っておいても問題ないんだ。 俺みたいな子供万歳!!」 八幡「でも最近アレだよな。 キラキラネームとかいうのが問題になってるよな」 「あーココアちゃんとかねー。 私の友達にもいるんだよねそういう子。 普通の子なのにちょっと可哀想かな」 八幡「…意外とそういうのはしっかりしてるんだなお前」 「えぇ!?ヒッキーの中で私の評価低すぎじゃない!?」 雪ノ下「…私も正直ちょっと意外だったわ」 「ゆきのんまで!?」 「じゃあヒッキーは子供にどんな名前つけるの?ヒッキーの方が常識なかったりして」 八幡「さすがに名前まで考えたことはないな。 無難な名前つけると思うぞ」 雪ノ下「即興でいいから言ってみてくれないかしら」 八幡「なんつー無茶ぶりだよ…んー、奈々子とかいんじゃね。 俺が八だし」 八幡(奈々子のジュネスにハートを射抜かれた犠牲者はいったい何人いるんだろうか) 雪ノ下(もし比企谷くんと結婚するとしても私の家の場合婿養子になるだろうし名字は雪ノ下…) 雪ノ下「雪ノ下奈々子…良い名前ね」ボソッ 八幡「…は?なにいってんだおまえ」 雪ノ下「!?」 「え、なになにー?」 雪ノ下「ひひひひきがやくん?今すぐ今の発言は忘れなさい。 さもなければとんでもないことになるわよ」ユラー 八幡「おい!!忘れるからその手に持ってるイスを早く置け!!!忘れるどころか一生眠ったままになっちゃうだろうが!!」 「え?え?どうしてゆきのん怒ってるの??」 雪ノ下「さんは知らなくていいことよ。 忘れてちょうだい」 「???」 「でもやっぱりヒッキーが子供好きだなんて意外だなー」 八幡「またそこかよ」 ガラッ 雪ノ下「入る時はノックを…」ビクッ 平塚「…」 八幡「どうしたんすか先生。 なんか変なオーラ出てますけど」 平塚「…ふ…ふふ」ガシッ 八幡「え?ちょ、暴力はダメ絶対!暴力反対!」 平塚「比企谷、子供が好きか。 そうかそうか」ズルズル 八幡「先生!?えやだ、やだこれなにこれ」ズルズル (平塚先生、眼がマジだ!?) 八幡「お、おい!見てないで助け…」ズルズル 「平塚せんs」 平塚「」 カッ 「」 雪ノ下「」 八幡(なに今の効果音。 ペルソナのカットインか何かかよ)ズルズル 平塚「ではな雪ノ下、。 今度は結婚式場で会おう」ズルズル ガラッ! 八幡(さよなら俺の青春ラ) 終 八幡「子供って良いな…」 sspark.

次の