すきま パテ。 セメダインさんのすきまパテという製品について質問です。

IIDXアケコンの静音化対策は「すきまパテ」が最も効果的でした | サファリドットコム

すきま パテ

・プラモデル製作入門 <第10回> ヒケ、へこみの処理 かつて作ったことがあるはずなんだけど、知っているようで知らない、プラモデルや模型の作り方。 この特集では、今さら人には聞けないと思っている方や、これからプラモデル作りを始めようという方へ、プラモデルの基本テクニックを、初歩の初歩から順を追って解説いたします。 プラモデルを作る上で気になる「パーティングライン」や「合わせ目」の処理をしていると、「なんかこの辺がへこんでない?」と気付くことがあります。 この不自然なへこみ(または窪み)はプラモデルの成型時に発生するもので専門用語ではヒケと言います。 最近では金型技術の向上のため、ほとんど見かけなくなりましたが、古いキットでは当たり前のように存在していたので、模型用のパテを使ってパーツのヒケをキレイにする必要がありました。 今回は、パテを使ったヒケ(へこみ)の処理に加えて、パーツが上手くかみ合わず出来てしまった隙間の処理など、プラモデル製作で覚えておきたいテクニックをご紹介します。 今回使う道具• ラッカーパテ 「」など、昔からプラモデルに使われるパテです。 流動性で柔らかく、塗りやすいので浅いへこみにはこのラッカーパテを使います。 「」は、ラッカーパテを溶剤で溶いたものです。 さらに細かいキズに対して処理がしやすくなります。 欠点として、乾燥後、ラッカーが揮発してヒケが発生します。 エポキシパテ(エポパテ) 「」など粘土状のパテです。 2つの成分を練り合わせることで硬化します。 造形することができるパテですので、大きなへこみや穴を塞いだり、もしくはパーツが損壊しているところを成形できます。 硬化後はヒケることがありませんが、かなり固くなります。 ポリエステルパテ(ポリパテ) ペースト状で流動性があるパテです。 ラッカーパテよりさらに盛りつけができます。 ラッカーパテよりヒケは少ないので少し大きめのヒケ、へこみに使えます。 エポキシパテほどの造形はできません。 パーツの確認 今回は、ヒケ・へこみの処理ということで昔から生産されている「」を使用しました。 ヒケ・へこみの処理は、最近のプラモデルではかなり少なくなっていますので、必ずしも必要ではありません。 しかし、塗装したときに目立つことがありますので、出来れば消しておきたいところです。 以前ご紹介したゲート処理、合わせ目消しに続いて、今回のヒケ・へこみの処理など、下地をしっかりと作り込めば、塗装面もキレイに出る為、最後の仕上がりが違ってきます。 ただし、あまりこだわりすぎるとなかなか完成しなくなってしまうので、ある程度の処理が済んだらどんどん先に進んで完成させることが大切だと思います。 ここまで来たら、後はサーフェイサーを吹くか、そのまま塗装に入ります。 最近はヒートペンという便利な道具がありますのでこれで修正するとパテが要らなかったりしますが、ヒートペンについてはまた別の機会にご紹介できたらと思います。 今回、ポリパテを使っていませんが、粘度がラッカーパテとエポパテの中間のような感じです。 ラッカーよりも盛ることができ、エポパテほどは造形できません。 好みに応じてお使いください。

次の

プラモデル製作入門 第10回 ヒケ、へこみの処理

すきま パテ

今使ってる静音化対策アイテムはこれだけ うちのアケコンに使用している唯一の静音化対策アイテムがこの「すきまパテ」。 簡単に言うと、固まりにくい粘土みたいなものです。 ちなみにこれにたどり着く前は、100円ショップで売っている「油粘土」を使用していました。 同等の効果を得られますが、臭くて手が汚れるのでオススメしません。 すきまパテは素手で触っても全然手が汚れないですし、ニオイもないのが良い点。 どのようにして使うかというと このように、鍵盤ユニットの天板に充てんします。 写真の量でちょうど500gぐらい。 不乾性とはいえ流石に5年以上経つと固くなり、取り除くのは大変ですが、スイッチやバネはちゃんと交換できるように詰めてあるので、いまのところ困ったことはありません。 すきまパテの効果 先程の写真のように「すきまパテ」を詰めることで、次のような効果がありました。 鍵盤ユニットの振動が抑えられ、打鍵感が良くなる アケコン・専コンの鍵盤ユニットはプラスチック素材で出来ています。 アーケードやDAOコンのように、固いアクリルが挟んであればシャープで鋭い打鍵音になりますが、プラスチックは柔らかいので鈍い音がします。 すきまパテにより鍵盤ユニットが重くなり振動が抑えられるので、アーケードに近いパチパチとした打鍵音になりました。 音の質が変わるというよりは 低音が抑えられて、気持ちいい高音が目立つようになった感じですね。 空洞が減って反響音が抑えられる 音は「振動」で生まれ、「反射」して大きくなります。 音の反射スペースを無くすのが、静音化対策で空洞を埋める目的です。 すきまパテ500g程度では、 無駄にデカイ純正アケコンの空洞を埋めるには全然足りませんが、それでもかなりの反響音が抑えられたと思います。 スポンジなどを使う方も多いと思いますが、なるべく密度が高いもので埋めたほうが効果があるのではないでしょうか。 新聞紙は多分意味ないですね。 最初からアクリル付きの海外コンは効果薄いかも 「すきまパテ」を使った静音化の1番の効果は、鍵盤ユニットの振動が抑えられ、プラスチックの鈍い打鍵感が改善された点です。 ポップンミュージックの ゴミ純正アケコン(プラスチック製)でも同じ静音化を行ないましたが、こちらも非常に大きな効果を感じました。 空洞を埋める効果や、重さで安定性を高める効果もあります。 元々アクリルが挟んである海外コンや、インフィニタス用コントローラーには効果が薄いかもしれませんが、試してみる価値はあると思いますよ。 静音化で悩んでいる方は是非一度「すきまパテ」を試してみてはいかがでしょうか。

次の

セメダインさんのすきまパテという製品について質問です。

すきま パテ

室外機をつなぐために、エアコンの配管を外に出す穴があります。 その穴を塞ぐのに使うのが「配管パテ」と言います。 エアコンの配管パテは劣化します。 その影響で効きが悪くなる等の不具合が起きることがあります。 「エアコンの効きが悪い…」「外気が入ってきているかも…」と感じたことはありませんか? このよに感じる時は 、エアコンの配管パテが劣化しているかもしれません。 エアコンの配管パテとは、エアコンと室外機をつなぐために、配管を外に出す必要があります。 そのため壁に穴を開けて配管を通し、 その穴をふさぐために配管パテという道具を使います。 自宅のエアコンの配管も見てみましょう。 エアコンの近くの配管のを通している穴の部分を、 見るとすぐに配管パテが劣化しているかわかりますよ。 もしすき間が開いていると、そこから雨漏りしてしまうことがあります。 また、害虫がそのすき間から出入りすることもありますので、配管パテを埋めなおす必要があります。 そこで今回は、 エアコンの配管パテを直す必要性や、エアコンの配管パテを上手に付けるポイントについて紹介します。 この記事の目次• 【エアコンの配管】エアコンの配管パテを直す必要がある時は3つ! エアコンを設置する工事のときに、壁に開いている穴の隙間を粘土のようなものを詰めて塞ぎます。 この作業で使用する、 粘土のような道具が配管パテです。 エアコンの配管パテは、いつまでもキレイな状態のままではありません。 直さないといけない時期がきます。 直さなくてはならないという場合を 3つ紹介します。 エアコンの配管パテが劣化している• エアコンの配管パテがひび割れしている• エアコンの配管パテが欠落している エアコンの配管パテは、しっかりと固まって穴をふさいでくれますが、 長年使用すると劣化します。 配管パテはプロがやってくれたから「大丈夫」なんてことはなく、外にあるものなので壊れることもある、ということを頭に入れておきましょう。 こまめに 配管パテの状態を確認していると安心ですね。 配管パテがび割れしていたり、欠落していると横風や強い台風などの時に、雨が入ってくる事もあります。 早めにエアコンの配管パテを新しくしましょう。 【エアコンの配管】エアコンの配管パテを使う時の3つの注意点 エアコンの配管パテを使う時に、注意することがあります。 配管のパテを作業するのは、 プロでも難しいといわれています。 その作業を素人がやるとなれば、 きちんと注意点を覚えておかないと失敗してしまうこともあります。 そこでエアコンの配管パテを使う時の注意点を 3点紹介します。 壁やエアコンホースの掃除を丁寧にする• エアコンの配管パテの作業は手際よくする• エアコンの配管パテの交換は、晴れている日には極力やらない エアコンの配管パテが古くて劣化で欠落してしまうのは、仕方のないことなのですが、 壁に残ったまま新しい配管パテを付けようとすると、きちんと付きません。 また、ホコリが付いてると、埋めた新しい配管パテが剥がれ落ちてしまうことがあります。 次の注意点は、手際よくすることです。 手際よく作業をしないと、配管パテをつけたところから、どんどんと乾いていきます。 エアコンの配管パテは、 乾くと修正できません。 また、晴れた日に作業すると乾きが早くなるので、晴れた日よりも 曇りの日にした方がいいです。 部分によって、ムラができてしまうこともあるので注意しましょう。 【エアコンの配管】パテを交換するならパテを外してからしよう! まずは、古い配管パテを外ところから始めましょう。 この剥がす作業が上手くいかないと、新しい配管パテもつけられません。 では、 配管パテの外し方について紹介します。 2 配管パテを取ったら水拭きをしてから乾拭きをする 配管パテをキレイに取れば、水拭きと乾拭きをしホコリや汚れを取って完了。 【エアコンの配管】パテを剥がす5つのポイント• 壁紙、外壁などが剥がれないように配管パテを取る• エアコンの配管パテの粘着力がなくなるようにキレイにする• 壁紙を水拭きして汚れを拭き取る• 壁紙をしっかり乾拭きして水分を拭き取る• エアコンの配管パテをしっかりと乾かす 無理やり配管パテを剥がすと 壁紙や外壁が、一緒に剥がれてしまうことがあります。 そして、水拭きをしてから、乾拭きをして、しっかりと乾かします。 乾かさないまま配管にパテをつけてしまうと外れてきたり、配管パテが乾かなかったり、 くっつかないこともあります。 配管パテを外ときから、新しい配管パテをつける時のことを考えながら作業しましょう。 【エアコンの配管】パテを上手に付ける3つのポイントを知ろう! 配管パテをしっかりと外した後は、配管パテをつける作業です。 配管パテを取るのは難しい作業ではありませんが、配管パテをつける作業は、少し技術が必要なので 3つのポイントを紹介します。 【エアコンの配管】パテを準備しておく! パテといっても、様々な種類のパテがあります。 石膏のパテや、合成樹脂のパテや、エポキシ樹脂とプレポリマーの 2種類を 混ぜて使うエポキシパテなどにパテがあります。 エアコンの配管を埋めるパテは、エアコン用パテというのが販売されています。 一般家庭では、 穴の大きさにもよりますが 200g程度必要です。 湿度が高い部屋であれば、全天候用というものを購入しましょう。 外部のパテは、全天候用というものを購入しましょう。 【エアコンの配管】パテをしっかりこねる! パテの色は、 一般的に白色が多いです。 手に汚れや、ホコリなどがついていると、パテに汚れが付いてしまいます。 手はしっかりと洗ってから作業しましょう。 パテを配管の穴の大きさに合わせて適量取り、こねてから使います。 パテは粘土状になっているので、 手で温めるようにこねて 指2本分くらいの棒状にして使う。 【エアコンの配管】パテは指で押さえて埋める! パテを配管部分に取り付ける時の長さは、 配管のダクトの周辺に合わせて決めましょう。 そして配管部分に棒状にしたパテを取り付けます。 パテは隙間を指で押し広げて埋めていきます。 取り付けた後は、 触らないで固まるまで待ちましょう。 【エアコンの配管】エアコンの配管パテをキレイに埋める方法 3 エアコンの配管パテが固まるまで待つ あとは一切触らず、固まるまで待って完了。 【エアコンの配管】エアコンの配管を業者に依頼したら費用は? 自分でやって失敗したくないから「プロに依頼したい!」という人もいると思います。 プロに依頼するときの注意点や、 相場の料金を知っておくと依頼もしやすくなりますよね。 エアコンの配管パテを業者に依頼すると費用相場は、 6,000円~程度が相場のようです。 場合によっては出張費用が、追加で必要な場合もあります。 数千円でできるのであれば、プロに依頼した方がいいのかな?と考えますよね? また、 プロに依頼するときに注意すべき点があるので紹介します。 見積もりを取ってもらう• 業者の口コミを確認する• 自分の家は対応可能なのか?確認する 見積もりを取ってもらうことによって、 後々の料金トラブルになることはありません。 また、口コミを確認してどこの業者がいいのか?というのを確認しておきましょう。 口コミが悪い業者よりも、口コミがいい業者に作業してもらいたいですよね。 自分の家は対応可能なのか?というのを確認しましょう。 業者の中には、 戸建て専門の業者の場合があります。 賃貸の場合は対応していないこともあるので、事前に確認しましょう。 プロに依頼する時も選び方が大切です。 料金の確認、業者の対応の確認、口コミを確認するようにしましょう。 エアコンの配管パテは劣化するので対応は早めにしよう! 今回は、 エアコンの配管パテを直す必要性や、エアコンの配管パテを上手に付けるポイントについて紹介しました。 エアコンの配管パテは、壊れないイメージが強いですが、劣化によって壊れてしまうこともあります。 そんな時は、早急に直した方がいいでしょう。 室内に風が漏れてしまったり、 エアコンの配管自体が壊れてしまうことになります。 エアコンの配管の外し方や、付け方について紹介しましたので参考になれば嬉しいです。 失敗するかもしれないと心配な方は、 業者に依頼してみましょう。 を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 エアコンクリーニングをプロに依頼するなら エアコンクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の