ランドロス育成論。 ランドロス(霊獣)の育成論・調整|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

特殊霊獣ランドロスとかいう変態おじさん

ランドロス育成論

今回は最近流行りのについてです。 @霊獣フォルム : 89-145-90-105-80-91 特性:威嚇 今回考えた型は以下の通りです。 @ 性格:のんき 王冠使用6Vめざ氷個体 実数値 : 195 244 -165 0 -156 252 -125 0 -100 0 -101 12 技:じしん :がんせきふうじ :めざめるパワー氷 :どくどく 今回のは や メガのお供として生み出されました。 特筆すべき点は めざ氷です。 にくり出されるには、威嚇を入れて身代わり竜舞する や、身代わり剣舞Zなどが現在存在しており、ここで起点にされると試合が終わってしまう場合もある。 そこでめざ氷の採用の検討を始めた。 ダブルではめざ氷が存在したらしいので行けるのではないかという安易な考えである。 を見ると分かるが、 霊獣ランドの特攻のは105もあり、無振り実数値は 125となかなかの数値である。 H実数値201のに対してC125めざ氷が ダメージ: 108〜128 割合: 53. また、どくどくをピンで刺すことによって高耐久を崩すことができるので、裏のが戦いやすくなる。 ステロやとんぼは十分に有能な技ではあるが、打ちたい場面でめざ氷を押しても良い気がした。 つまり 油断した相手をぶっ壊せってことだ。 mistopoke.

次の

特殊霊獣ランドロスとかいう変態おじさん

ランドロス育成論

Contents• 基本情報 ランドロス じめん・ひこう H89 A145 B90 C105 D80 S91 こうげき種族値145と、メガメタグロスと同等の火力から放つタイプ一致じしんは非常に強力です。 また、耐久も優秀で、種族値は大したことありませんが、自身のいかくと育て方次第でとてもかたくなります。 ランドロスというポケモンのおかげで、じめんの一貫切りが必須となったのは言うまでもありません。 こいつ1体で、でんき・じめんの一貫切りをでき、いかくで相手の火力を削げる超優秀ポケモンはパーティ構築で必ず候補にあがるポケモンです。 スカーフランドロス 最もメジャーなランドロス。 こだわりスカーフで ほとんどのポケモンの上から行動できますので、とんぼがえりでいかくを回しながら相手を掻き回していく厄介なポケモンです。 上からいわなだれを押し付けて 無限の勝ち筋を持てるほか、じめんの一貫が出来れば、こいつでじしんを打っているだけで勝ててしまうほど、サイクル面、こうげき面で優秀なポケモンです。 最近ではガオガエンの登場により、パーティにいかく持ちが最低1体以上が当たり前のこの環境に合わせて、 特殊型も出現しました。 スカーフランドロスは、ぶつり、とくしゅ、どちらでも強いので正直どちらも用意しておくのがいいでしょう! スカーフランドロスはとても強いので、ぜひ育成しておきましょう! チョッキランドロス 耐久を厚くし、 サイクル特化させたとつげきチョッキランドロス。 チョッキを持たせれば不一致れいとうビームを耐えれる耐久力を持ち、サイクルを有利にしてくれるポケモンです。 スカーフランドロスと一点読みのめざ氷やれいとうビームを耐えて、返しのこうげきで倒せる、 奇襲型ランドロスといってもいいでしょう。 スカーフランドロスと違って、 素早さを落としているのでいわなだれは相性が良くないと思います。 いわなだれを採用している人は多いですが なので技構成は、じしん、がんせきふうじ、いわなだれ、とんぼがえり、はたきおとす、ばかぢからなどは候補として上がるでしょう。 チョッキランドロスも非常に強く、メジャーな型なのでスカーフランドロスと合わせて育成しておきましょう! ジメンZランドロス 個人的に 最強と思っている型。 A-1ジメンZで、厄介なガオガエンを確定1発で持っていけるのは非常に優秀。 こちらのサイクルを一気に有利にしてくれます。 ただ、最近は読まれるようになったので、 安易なぶっぱは注意が必要。 また、上記2つの型がメジャーすぎるので、 ランドロスのまもるは警戒されにくいです。 安易なランド集中に合わせてまもるをすることで、味方の行動を助けてくれます。 場持ちがよく耐久もそこそこで火力もある。 こんな優秀なポケモンはなかなかいません! わたしのランドロスは、じしん、がんせきふうじ、とんぼがり、まもるで育てましたが、 これで完結しているな。 と強く感じます。 ただ、こいつが一番強い!というわけではなく、パーティによって入る型は変わります。 例えば、 リザYスタンならスカーフランドが強いでしょう。 ミラーで相手のリザYを上から縛れるほか、リザYと並ばせれば、味方を巻き込まずにスカーフじしんをおしつけることができます。 パーティによって入るランドロスを決めるのは非常に大切なので、覚えておきましょう! まとめ 今回は、みんな大好きランドロスのメジャーな型を3つ紹介しました! まずスカーフランドロスを用意することが無難なのかなと思いますので、ぜひ育ててみてください! 私は、ランドロスを特殊型も含めて 6体ほど所持しています。 でもまだ足りないかなと感じるので、ランドロス欲しいのですが、もう周回する元気もなければ、GTSで粘る気力もないので諦めています。 笑 以上、最後までお読みいただきありがとうございました! ぐっち.

次の

霊獣ランドロスの育成論・調整・対策【ポケモンUSUM】

ランドロス育成論

しかし、今の主流は メガライボルト+霊獣ランドロスのライボランドの並びです。 (もちろん、 ライボギャラナットもまだまだ現役の構築です) メガライボルト+霊獣ランドロスの並びのいい点は、霊獣ランドロスがとんぼ返りを覚えるためライボギャラナットよりも サイクルを回し+負担をかけやすい点になります。 強み 強み:環境のトップメタ 環境の採用率の高いポケモン(ガブリアス、ゲンガー、メガガルーラ、ファイアロー、メガバシャーモ、メガボーマンダ等)に対して明確な処理ルートが存在する。 メガライボルトが有利なポケモン:(メガ)ゲンガー,ゲッコウガ,ナットレイ,スイクン,ボルトロス,ファイアロ- 霊獣ランドロスが有利なポケモン:メガリザードンXY,ヒードラン,ギルガルド,メガクチート などなどが有利なポケモンです。 強み:とんぼルチェンによる、負荷性能 ボルトランドともに、とんぼルチェンを搭載することで 有利対面を常に作り続けることができます。 ともにSが早いため先制することができ、どんなPTにも対処できる処理能力も強みです。 強み:広い攻撃範囲 メガライボルト 採用技:10まんボルト,ボルトチェンジ,かえんほうしゃ,めざめるパワー 氷 霊獣ランドロス 採用技:じしん,とんぼがえり,いわなだれ,ばかぢから という技構成が一般的です。 非常に攻撃範囲が広いため、レートで多く使われるほとんどの相手を上から等倍以上の攻撃で攻撃することができるのが魅力です。 弱み メガライボルト+スカーフ霊獣ランドロスの並びの弱みを列挙します。 数値受けできるポケモンを誘いやすい メガライボルト+スカーフ霊獣ランドロス両方を何とかできる、 クレセリア、ポリゴン2、カバルドンなど物理・特防共に硬いポケモンを呼びやすいです。 最近流行しだした、,ねむカゴスイクンも重たいのが特徴 数値受けできるポケモンが多い受けループも突破ができない。 積み構築に弱い 上から殴れる素早さを持つ2匹でサイクルを回す強みを生かしきれなくなるため、 積み構築に弱いです。 起点ポケモンを止める手段がない場合、多くの場合負けてしまいます。 メガライボルト育成論 メガライボルトはこれ以外の型は存在しないと言ってもいいくらい、テンプレな型です。 メガライボルトの動かし方は、が非常に参考になるのでオススメします。 霊獣ランドロス育成論 霊獣ランドロスも、スカーフテンプレ型の配分です。 スカーフミラーを意識して、メガライボルトと一緒に採用するときは陽気最速にするプレイヤーもいます。 理由は、メガライボルトで見れないポケモンを倒すことを意識です。 サイクルを回すためには、受けだしする必要があるので タイプ相性が優れるポケモンを積極的に採用する必要があります。 もしゴツメ枠に、ブリガロンを採用した場合は 相性補完に優れるヒードランを採用することでPT全体での補完が取れます。 ゴツメ枠 ゴツメ枠は、ライボランドのキモになるため絶対必要です。 水・氷を半減できるため、クッションにもなります。 クレセリア 最強のゴツメ枠。 ブリガロン 宿り木の種で、数値受けポケモンを処理しつつ、ライボランドを回復させてやることもできる。 ギャラナットライボ構築でいう、ナットレイ的なポジション。 草タイプなので、粉無効なので キノガッサにも強い。 運げ対策枠 ラム持ちを1匹入れるだけで心が穏やかになります。 ラム枠 最近の流行りは、、、ラム+剣の舞ガブリアスといったところ 挑発持ち 挑発持ちのポケモンを採用することで、受けループ・運ゲに強くなれます。

次の