タイヤ 交換 ローテーション。 タイヤのローテーションの時期はどれくらいが良いのか?

タイヤローテーションの方法~駆動方式別と作業時間・工賃の目安

タイヤ 交換 ローテーション

通常使いの乗用車、キャンピングカー購入してから走行が減るかと思っていたが、次男が帰ってきたこともあって逆に大きく走行距離が延びてしまった。 今までは月1,000kmで年間約約12,000km程度で初めての車検でタイヤのローテーションを行いなんとか5年間はタイヤを交換せずに持たせてきた。 しかし、定年退職してからは年間約15,000kmとなった、平日でも車で出かけることもあるので仕方がない、ホンダシャトルは購入して2年と4か月で34,800kmとなった。 今までは初車検の時にタイヤのローテーションをしていたが、 あまりにタイヤの片減りが気になってきたのでそろそろローテーションをすることにした。 自分で行うことも出来たがこの時代、スペアタイヤも無いので非常にめんどくさい・・・キャンピングカー用に2tまで耐えることのできるジャッキスタンドがあるので何とかなるとは思うが不安定になり危険もともうなう。 ネット調べると2,000円(税抜き)でやってもらえそうなので一番近くのタイヤ市場に足を運んだ、40分程度で作業は完了するということなので併設のスーパーで買い物していたところに悲報は入った。 「パンク修理が出来ないところに釘が刺さています、抜くと空気が漏れると思います」と言われピットに戻ると、3cmくらいのネジ釘がタイヤ側面の上部に刺さっている。 抜いてもうらうと空気は漏れた。 持ち上げられたタイヤのない愛車をみるとこのままで帰るわけにもいかない・・・この際、安いタイヤで良かったのだけど間が悪く高いタイヤしか合う在庫がない。 悩んでいてもどうにもならないので、急な大出費になるが ミシュランのエナジーセイバー185/55R16 (約8万円)を取り付けてもらうことになった。 【反省】 キャンピングカー用には空気圧計もあり、定期点検もしっかり受けていたが、乗用車は長年どの車も問題なく使っていたので気にしていなかった。 あとから片減りを見たがかなり減っていた。 聞くと 空気圧が非常に低かったとのことでタイヤがつぶれて片減りしたのではとのこと。 しっかり空気圧の点検をすればこのようなことも防げたかもしれない・・・ また 釘に関しては釣りに行くと悪路やゴミのある所にも駐車することも多いので気を付けたい。 今回、タイヤ市場カード作成し無料で点検してもらえるので活用したい、またタイヤのローテーションも1,000円でできるので早めに行いたいと思っている。 今回のようなことが起こると悔しいので、タイヤのパンク保証サービス(2年)5,000円に契約した。 これで今回のケースなら2年以内であれば新品のタイヤに無料交換できる。 これからは気を付けよう!!.

次の

ジムニーのタイヤ交換とローテーション

タイヤ 交換 ローテーション

タイヤローテーションのやり方 まず、タイヤローテーションのやり方は、自分でやる方法とディーラーなどに頼む方法があります。 もちろん、それぞれにメリットとデメリットがありますし、掛かる費用も変わってきますので、詳しく確認していきましょう。 ディーラーやカー用品店に依頼する ディーラーやカー用品店にタイヤローテーションを依頼する場合にかかる 工賃は2,000円前後が相場となっています。 メリットは手間が掛からない事と、各店舗に必ず整備士免許を持っている人がいるので、作業ミスの可能性が少ないことです。 反対にデメリットは、工賃が掛かってしまう事です。 タイヤローテーションの理想の頻度は5,000kmに一度ですので、その度に工賃が必要になります。 fa-pencil-square-o工賃の詳細は「」こちらからも確認することができます。 自分でタイヤローテーションする タイヤローテーションは自分で行うこともできます。 その場合、注意点や手順を知っておく必要があり、工具も揃える必要があります。 工具を揃えるための初期投資が必要ですが、一式揃えればその後も長く使用することができるため、毎回ショップなどに依頼することを考えると結果的にはコスパがよくなることもあります。 工賃を節約したい方は自分でタイヤローテーションをしてみましょう。 自分で挑戦する場合には、次項からお伝えする内容を必ずチェックして、安全に作業できるようにしておきましょう。 タイヤローテーションに必要な工具 タイヤローテーションには、「油圧ジャッキ」「ウマ」「トルクレンチ」「タイヤスロープ」「十字レンチ」の5つの工具が必要になります。 しかし、初めて工具を購入する場合は分からない事もあると思います。 そこで、それぞれの工具のおおよその値段や選び方などをまとめましたので、工具を購入する際は参考にして下さい。 油圧ジャッキ 油圧ジャッキとは、車を持ち上げるために必要な工具です。 正式な呼び方はメーカーにより異なりますが、ガレージジャッキやフロアジャッキという呼び方が多いです。 価格は10,000~15,000円程度です。 ウマ ウマとは、油圧ジャッキで車を浮かせた後、車を支えるためのスタンドで、正式な呼び方はリジットラックやジャッキスタンドと呼ばれています。 価格は2脚1セットで2,500~5,000円程度となっています。 トルクレンチ トルクレンチは、ホイールナットを締める際に必要な工具です。 ホイールナットは必ず規定トルクで締め付ける必要があり、そのためにはトルクレンチを使います。 4,000~10,000円ほどで購入できます。 タイヤスロープ タイヤスロープは車によっては必要となる工具です。 比較的新しい車は車高が低くなっている車が多いため、ジャッキアップポイントまで油圧ジャッキが入らないことがあります。 このような時に、タイヤスロープがあれば車高を稼ぐ事ができます。 値段は安いもので3,000円程度です。 十字レンチ 十字レンチはホイールナットの取り付け、取り外しをするための工具です。 1つあれば様々な車に使用できますし、車載の工具を使用する場合と比べても作業効率がとても良くなります。 値段も1,000円程度で購入できますので、自分でタイヤローテーションをする場合は用意しておきましょう。 これらの工具については、「」でもご紹介していますので、こちらもぜひチェックしてください。 出典: タイヤローテーションはタイヤの前後左右を入れ替える事となります。 しかし、駆動方式やタイヤの回転指定などによって入れ替え方がそれぞれ異なりますので注意しましょう。 FF車(前輪駆動)の場合 FF車の場合、フロントタイヤは左右を変えずにそのままリアタイヤ側に履かせます。 リアタイヤは左右を入れ替えフロントタイヤ側に履かせます。 また、FF車はFR車や4WD車と比べ、フロントタイヤが磨耗しやすいため、早めにタイヤローテーションを行う必要があります。 FR車(後輪駆動)や4WDの場合 FR車や4WD車の場合、フロントタイヤは左右を入れ替えリアタイヤ側に履かせます。 リアタイヤは左右を入れ替えずにフロントタイヤ側に履かせます。 タイヤの回転方向が指定されている場合 タイヤの回転方向が指定されている場合は、タイヤを左右で入れ替えてしまうと回転方向が逆となってしまうため、左右は入れ替えずにそのまま前後を入れ替えます。 回転方向の指定を守らないで使用してしまうとタイヤ本来の性能を発揮できないどころか、タイヤが偏磨耗してしまうなどの悪影響もありますので注意しましょう。 自分でできるタイヤローテーションの手順 タイヤローテーションには手順があります。 そこで、タイヤローテーションの手順をわかりやすくまとめましたので、自分でやってみようと考えている方はチェックしていきましょう。 fa-pencil-square-oまた、「」こちらも確認していただくと、より安全な作業ができるようになるのでおすすめです。 車を浮かしてからだとホイールナットが緩まず苦労してしまいます。 ホイールナットを緩めたら車を持ち上げ、ウマに車を載せます。 車にはジャッキアップポイントといわれるジャッキを当てる場所が車のフロア下とサイド部分の2つあります。 油圧ジャッキを使用する際はフロア下のジャッキアップポイントにジャッキを当て、車を持ち上げましょう。 ジャッキアップポイントの場所は車により違いますので、事前に取扱説明書やディーラーなどで確認してください。 両サイドにウマを置いたらゆっくりとジャッキを下ろします。 これを前後で行い4輪全てが浮いている状態にします。 ウマに車が載ったら、十字レンチなどでウマを叩き動かない事を確認しましょう。 これをしておかないと、作業中にウマが外れてしまい車が落下する可能性もあるので必ず行うようにしましょう。 ホイールを入れる際は、基本的にはホイールのスポーク部分ではなくタイヤの外周を持って入れる様にしましょう。 ホイールのスポーク部分を持って入れたほうが楽ですが、車によってはスポーク部分と足回りの隙間が少なく、ホイールを入れた際に指を怪我する可能性があるためです。 ホイールが入ったら、ホイールナットを仮締めしていきます。 この時、いきなり一箇所のみをきつく締めるのではなく、それぞれのホイールナットを対角線上に3回程度に分けて締めていくようにしましょう。 いきなり一箇所のナットをきつく締めてしまうとホイールのセンターがずれてしまい、高速走行をした時に車がばたついてしまったり、ホイールナットが外れてしまうこともあります。 また、仮締めが終わりましたらホイールを揺すってガタがないことを確認しましょう。 ウマから車を下ろす手順は、ウマに車を載せたときの逆になります。 車をウマから下ろしたら、トルクレンチでホイールナットの本締めを行います。 締め付けトルクを間違ってしまうと、ホイールが走行中に外れてしまったり、ハブボルトが折れてしまうなどの危険があります。 そのため、本締めをする際は、トルクレンチの設定を間違わないようにしましょう。 また、本締めをする際は、ホイールセンターがずれてしまう可能性があるので仮締め同様、対角線上に締め付けてください。 そこで、よくある質問をまとめましたのでご覧ください。 タイヤローテーションにはどんな効果があるの? タイヤローテーションには、タイヤを均等に減らせる効果があります。 タイヤは、駆動方式によっても減りやすい場所が違います。 そのため、タイヤローテーションをせず使用し続けると減りやすい部分の溝が先に無くなってしまうため、タイヤ交換の頻度が早まってしまいます。 タイヤローテーションをするとタイヤを均等に減らせるので、タイヤが長持ちすることになります。 タイヤローテーションを行う時期や頻度はどれくらい? タイヤローテーションを行う理想の頻度は5,000kmに1回です。 FF車の場合は特にフロントタイヤが減りやすいため、早めにローテーションする事でタイヤをより効率的に使用する事ができます。 タイヤローテーションは必要ないとも聞くけど本当? 「タイヤローテーションはしなくとも問題ない」、「工賃を取るために勧めている」という話もありますが、そんな事はありません。 もちろん、工賃が高いお店や極端に安いタイヤを使用している場合は、費用の面で見ると効果が薄くなりますが、それでもタイヤローテーションをした時としなかった時とで比較すると、タイヤローテーションをした時のほうが、タイヤが長持ちするので最終的には安く済みます。 また、タイヤローテーションをしないとタイヤの減りが不均等になり、溝の少ない部分ができてしまいます。 このような状態になってしまうと、溝の少ない部分のグリップ性能が低下してしまい危険ですのでタイヤローテーションはするようにしましょう。 カー用品店やディーラーに頼むと工賃はいくらかかる? カー用品店やディーラーでの工賃の相場は2,000円程度となっています。 ディーラーやカー用品店を利用する際はこの金額を参考に安い工賃のお店を探しましょう。 詳細は「」からご確認ください。 まとめ タイヤローテーションはディーラーなどに頼んでもそれほど工賃は高くないため、年間走行距離が少ない方はディーラーに頼むのが良いでしょう。 また、家に車が2台以上あり、年間走行距離も多い方は工具を揃えて自分でタイヤローテーションをした方が安く済みますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

次の

ジムニーのタイヤ交換とローテーション

タイヤ 交換 ローテーション

車が問題なく使えているときには気付きにくいものですが、車の四隅に装着されているそれぞれのタイヤは、均等に消耗しているわけではありません。 車の特性や運転の仕方によって消耗しやすい位置が異なります。 そのため、4つのタイヤを同じ位置で使用し続けていると、同じタイヤだけが偏って摩耗してしまうことがあるのです。 できるだけ長く、タイヤを良い状態で保つためには「定期的な位置交換」を行うことが大切です。 この位置交換のことを、「タイヤローテーション」と呼びます。 なぜ、タイヤローテーションを行う必要があるの? タイヤローテーションには、摩耗のバランスを取り、タイヤに起因する事故を防ぐ目的があります。 走行距離が長くなればなるほど、タイヤの減り方に差が現れます。 適切な時期にタイヤローテーションを行い、事故を未然に防ぐことが大切です。 なお、車はその駆動方式や車両の重量バランスによって消耗しやすいタイヤの位置が異なります。 稼働方式には、次のようなものがあります。 タイヤのローテーション実施にあたり、一番簡単で安心できる方法はお店への持ち込みです。 ここでのお店とは、ディーラーやカー用品店、メンテナンスショップなど車に関する工場や設備を持っているところを指します。 料金は作業店によって多少のばらつきがあり、車1台あたり2,000円台以上が現在の主流です。 お店によっては、タイヤ購入者へのキャンペーンでローテーションなどのアフターフォローが無料になったり、会員に登録すると格安でローテーション作業をしてもらえたりするところもあります。 「年に一度はスタッドレスタイヤへ履き替える」という方の場合は、スタッドレスから夏タイヤへ戻す際にローテーションを依頼するのもおすすめです。 履き替えの際には必然的にタイヤを外しますので、ちょうどよいタイミングだといえるでしょう。 タイヤ交換とローテーションを同時に行うことで、お店によってはローテーション料金をサービスしてくれるところもあります。 外した夏タイヤに「前右」「後左」など、前回の装着位置が分かるようなメモを付けておくと便利です。 タイヤローテーションを行う方法:自分で組み換える 車や、車のメンテナンスが好きな方であればご自身での組み換えに挑戦してみるのもよいかもしれません。 ただし、作業には危険が伴います。 ケガや事故につながる可能性がありますので、必ず注意点を把握したうえで実施するようにしてください。 必要な工具は「ジャッキ」と「ホイールレンチ」で、どちらも車に積まれています。 積載場所は車種によって異なりますが、多くはトランクルーム内かスペアタイヤと同じスペースにあります。 車の説明書にも記載されていますので読んでみましょう。 中古車を購入される際には、これらの車載工具が付属しているかをあらかじめ確認するとよいでしょう。 ローテーションを自分で行うつもりがない方でも、これらの工具はパンクなど緊急時に必要となる場合がありますので、どこに積まれているかの確認だけでもしておくことをおすすめします。 タイヤローテーションをDIYで行う際の注意点• ・作業時にはサイドブレーキをしっかり確実にかける• ・車止めがあれば使用する• ・説明書に従い、ジャッキを使用する位置を間違えないようにする• ・ホイールレンチの使用、タイヤの運搬では腰など身体を痛めやすいので注意する• ・ジャッキが外れ車体の下敷きになる危険があるので、十分注意して作業を行う• ・FFと4WDなど駆動方式によってローテーションするタイヤの位置が異なるので事前に調べておく(前後のタイヤの太さが異なる場合にはローテーションできない場合もあるため注意)• ・タイヤに「回転方向」を示す印がある場合は、間違えないように装着する• ・作業完了後にしばらく走行したら、ホイールナットの緩みがないか点検する。 緩んでいるようなら増し締めをする タイヤローテーションはどれくらいの期間で行うべき? タイヤのローテーションは、オイル交換などに比べるとそれほど頻繁に行う必要はないカーメンテナンスです。 一般的には半年から1年に一度実施すればよい、ともいわれています。 しかし、車の使用用途、使用頻度に応じてタイヤの消耗具合に違いが現れることは間違いありません。 場合によっては一般的にいわれるよりも短いスパンでのチェックが必要です。 ・高速走行が多い• ・街乗りでハンドルを切ることが多い• ・荷物や人をたくさん乗せることが多い などの方は注意が必要です。 ぜひご自身の車について振り返ってみてください。 タイヤのチェックはディーラーや業者に依頼すれば確実で手間がかかりません。 あるいは、ご自身でもある程度チェックすることができます。 ご自身でチェックする場合には、10円玉や100円玉を使った方法がわかりやすくておすすめです。 10円玉を使ってチェック(夏タイヤ) チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。 ・ チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。 ・ 車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。 無料ロードサービスを提供します。 ・ 自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

次の