Question: 7世紀のCEでは、AREA?

Contents

の式を発明したのは、Brahmaguptaは、その側面に関して巡回四辺形(円に刻まれた四辺形)の面積のために、現在、Brakmaguptaの式として知られている式を開発しました。どのような地域と周囲を発明したか?

Reach out

Find us at the office

Ribley- Wingren street no. 102, 47264 Santiago, Chile

Give us a ring

Mahki Crocetti
+34 902 786 883
Mon - Fri, 8:00-17:00

Contact us