退職願 テンプレート。 病院へ看護師が退職届や退職願を出す際の書き方や注意点を徹底解説!

退職届・退職願の封筒の書き方、選び方、郵送時の注意など

退職願 テンプレート

ここがポイント• 一方、会社が退職願を承認し、退職が確定した後に使用するのが退職届となります。 事務手続きの記録として提出する場合がほとんどです。 もし、会社規定の書面があれば使用しましょう。 辞表は一般社員が使うことはまずありません。 会社の運営に関わるような役員や、公務員の方が使用します。 まれに、退職願や退職届を提出した後に、「退職を撤回したい」と会社にかけあう人がいますが、退職願が会社に承認される前であれば、撤回できる可能性があります。 会社に承認された後は、ほぼ撤回はできません。 ご注意ください。 意外と知らない!退職の違い ひとことで「退職」といっても、「自己都合退職」「希望退職」など、実はいろいろあります。 どのような意味なのか、このタイミングでチェックしておきましょう。 退職願・退職届の提出先・タイミング 退職までの一般的な流れ 「退職願・退職届は、いつまでに会社へ提出すればいい?」「退職すると言った後、どれくらいの期間で退職できるの?」他、退職までの一般的な流れをご紹介します。 2周間前取引先(社外)へ挨拶まわり 担当へ引き継ぎ• 退職日貸与品の返却 退職書類の受け取り 退職願・退職届の渡し方・タイミング・伝え方 退職願・退職届は、直属の上司の方に渡します。 人目のない会議室などで渡すと良いでしょう。 また、事前に退職日を交渉して決定しておくとスムーズに手続きが進むはずです。 その他、悩みがちな退職に関わるポイント 退職願・退職届の書き方 退職願・退職届を出す前の準備 ここでは、退職願と退職届を書き始める前に知っておきたいこと、実際に書く上で必要となる物について確認していきましょう。 最初に就業規則を確認 会社の就業規則には退職願や退職届を提出する期限が記載されている場合が多く、中には退職希望日の二ヶ月前までに提出する決まりのある会社もあります。 法的には、退職2週間前の申請で問題はないのですが、念の為、就業規則は必ず確認してください。 準備する物• 白い封筒• 白い便箋• 筆記用具(黒色)• クリアファイル 退職願・退職届は白色の無地の封筒に入れましょう。 便箋の色も読みやすい白色にし、黒色の筆記用具で記載します。 封筒は使用する用紙のサイズに合う大きさを用意し、持ち運ぶ際にはクリアファイルにいれておきましょう。 退職願・退職届の書き方・ポイント.

次の

退職願|Excel作成の無料テンプレート・縦書きと横書きの2種類

退職願 テンプレート

退職願…… 会社へ退職を打診する書類• 退職届…… すでに退職が認められた後、届け出る書類• 辞表…… 経営層や公務員が職を辞する時に届け出る書類 詳しくは以下で解説しています。 退職願とは これからの退職に向けて、「退職したいです」と打診する書類。 口頭で申し出ることも可能で、必ず提出する必要はない。 しかし明文化して提出することで、退職の意思の強さを示したり、申し出の証しにしたりする。 退職願を受け取ると、会社は労働契約の解除について承諾するか検討に入る。 退職届とは すでに退職が認められた後、「退職します」と届け出る書類。 会社の承諾を得て退職が確定した後、退職の意思表示をするためのもの。 法的には口頭のみの意思表示でも良いとされるが、勘違いや「言った言わない」のもめ事を避けるため、事務手続きの記録として提出する。 会社規定の書面があれば使用する。 辞表とは 経営層が役職を辞める時や、公務員が職を辞める時に届け出る書類。 社長や取締役など役員が役を離れる時に提出する。 公務員が組織を辞める時に提出する辞表は、「退職届」に相当する。 2 退職願・退職届提出から退職までのスケジュール 退職(労働契約の解除)は、決められた手順に沿って行われます。 必要な手続きを時系列でとらえ、退職願・退職届を「いつ」「誰に」「どんな方法」で提出すればいいか確認しましょう。 会社にはそれぞれ決まり事があります。 会社との認識のズレからトラブルを起こさないためにも、退職願・退職届の提出は外部情報をうのみにせず、必ず「在籍する会社の就業規則」を確認してそれに沿って行いましょう。 会社の決まり事を正しく理解し、それに準じて一つひとつ進めていくことが円満退職への近道です。 「就業規則」のココをチェック 退職とは、あなたが会社と結んだ「労働契約を解除すること」です。 労働契約の解除については人事責任者の承認を要し、組織内でさまざまな手続きが順序だてて行われます。 手続きをスムーズに進めるためにも、就業規則で「退職のルール」を確認する必要があります。 就業規則に「退職の申し出は1カ月前まで」とあるのに期限を過ぎて申し出ると、ルール違反で退職願が受理されず、その後の退職交渉に悪影響が出てしまうこともあります。 期限は同じ「1カ月前まで」でも、「直属の上司に申し出る」で良い場合と、「上司を経て、人事部や代表取締役が受理する」ことが必要な場合では、申し出るタイミングも変わってくるでしょう。 そのほか、雇用形態で規則が異なる場合があるので、自身の状況に照合してください。 退職のタイミングを検討しよう 就業規則を確認したら、自身の転職活動状況や転職希望時期に合わせて退職のタイミングを検討しましょう!• 3 退職願・退職届テンプレートのダウンロード(縦書き・横書き) ワードで作成する場合のテンプレート・フォーマット(縦書き・横書き)です。 ダウンロードして活用してください。 文面や形式は次章で解説する手書きの場合の書き方と同じです。 退職願テンプレート・フォーマット 4. 退職日付: 退職願は退職を希望する年月日を、退職届は上司と合意した年月日を書く。 年の表記は西暦・元号どちらも可能。 会社規定があれば準ずる 5. 文末の表現: 退職願は打診なので「退職いたしたく〜お願い申し上げます」と願い出る。 退職届は退職が承諾された後の報告なので「退職いたします」と宣言する 6. 届出年月日: 実際に書類を提出する年月日を書く 7. 所属と氏名: 行の下方に書く。 所属は正式な部署名、名前はフルネームで書き、末尾に捺印する 8. 宛名: 組織の最高執行責任者を宛先にする。 役名とフルネームを、自分の名前より上方に書く。 敬称は「殿」か「様」 横書きの場合 縦書きの場合と、記載内容は変わりません。 ただし、「届出年月日」「宛名」「所属と氏名」を本文より前に書き、文末を「以上」で締めます。 7 退職願・退職届でよくある疑問・悩み Q. 退職願・退職届は手書き? パソコンでもOK? A.手書き、タテ書きが一般的と言われています 退職届や退職願は、「手書き」で作成する慣習があります。 文章の向きは、読む側に丁寧な印象を与えられる「タテ書き」が無難です。 直属の上司が「退職願」を受け取ってくれない A. 退職に取り合ってもらえないことを、更に上の上司に相談しましょう 直属の上司が退職交渉に応じてくれない場合、相談相手を変えます。 直属の上司の更に上の上司に状況を伝え、相談しましょう。 それでも取り合ってもらえない場合は、更に上の上司(部門長クラス)に交渉を持ち掛けます。 難しい場合は、人事部に掛け合いましょう。 退職に取り合ってもらえない…… 「退職届」を置いて去っても問題ない? A.問題が複雑化することも。 申し出のやりとりをメモに残しておきましょう 民法では「退職届の提出から2週間後に退職が認められる」とされていますが、すべての雇用形態に適用されるわけではありません。 また、退職届を置き去りにすると、受理をめぐって後々問題になりかねません。 「退職を相談した日」「退職届を提出した(受け取ってもらえなかった)日」のやりとりを冷静に振り返りメモに残しておきましょう。 再度退職を掛け合う時だけでなく、外部の窓口(労働基準監督署など)に相談する時にも役立ちます。 会社都合の退職でも退職届を出す必要はある? A.会社の意向によります。 提出の指示があれば、提出しましょう 退職届は、従業員が自ら辞める意思を表明するための書類です。 会社都合の退職での提出は、本来の趣旨に合いませんが、事務手続き上、退職理由(会社都合・自己都合)にかかわらず提出を求める会社も中にはあるようです。 就業規則を確認したり、人事の窓口に問い合わせたりして、会社の意向を確認して対応しましょう。 提出後は、直属の上司を通じて人事責任者の手に渡り、退職の承認が検討される。 承認前であれば、取り下げることができるかもしれないが、確実ではない。 詳しくは下記「退職願の取り下げは、リスク大」の項目を参照。 提出した時点で、労働者が労働契約を解除したことになる。 一般的に、取り下げは難しいとされる。 社長もしくは執行役員に提出した時点で、役職の契約を解除したことになる。 取り下げは難しいとされる。 退職願の取り下げは、リスク大 退職願の取り下げがかなったとしても、いったん「会社を辞める」と意思表示すると、あなたに向けられる社内の目は多かれ少なかれ変わります。 不本意な異動や人間関係の変化など、デメリットのほうが多いかもしれません。 退職は、退職を考えている当事者一人の問題ではなく、さまざまな調整を要する組織の問題です。 人がかかわっている以上、感情に影響することも。 「後で撤回できるだろう……」といい加減な気持ちで切り出すのは、絶対にやめましょう。 退職届を出したら、同僚や取引先に退職すると伝えてもOK? A.個人の判断で公表するのはNG。 会社と決めたタイミングで伝えましょう 「退職するのは私だから」と自分の判断で公表するのはやめましょう。 従業員の退職は、社内統制や外部取引にも影響します。 会社側と話し合い、業務に差しさわりのないタイミングで報告します。 取引先に退職を知らせる際は、後任者の紹介、もしくは今後の体制について説明ができるようにしておきましょう。 【社労士回答】退職にまつわるトラブル そのほか転職活動中の方から寄せられた、退職前後のトラブルについて、社会保険労務士が回答しています。 8 引き継ぎ・退職事務手続き 退職届が受理されてから、最終出社日までにやるべきことをまとめて紹介します。 引き継ぎのスケジュールを立てる 退職届を提出し、受理されたら引き継ぎの準備を始めます。 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

退職届・退職願の書き方まとめ!縦書きや横書き、封筒の書き方 解説も|外資系・日系グローバル企業への転職・求人ならロバート・ウォルターズ

退職願 テンプレート

退職届と退職願にはどのような違いがあるのでしょうか。 二つの言葉は似ていますが、末尾が"届"であるか"願"であるかという違いがあります。 言葉の性質から、退職願は退職を「願い出る」ための書類であり、退職に対する会社の承諾を得るための申し入れと解釈することができます。 そのため、会社が退職を承諾する前は退職について撤回可能です。 そのため、退職の意思表示は撤回が認められない可能性もあります。 もっとも、退職願・退職届を提出する段階においては、既に退職の意思も固まっているでしょうから、撤回をするようなケースも稀かと思います。 また、いずれの場合でも会社側が退職意思の撤回を認めれば、撤回すると考えられます。 上記が退職届と退職願の違いになりますが、一般的にはどちらを提出しても問題はありません。 もし迷うようであれば、どちらを提出すべきか直接聞いてみてもいいでしょう。 法的には退職の際に退職届・退職願を提出する義務はありません。 退職の意思は口頭でも有効です。 しかし、退職に関連してトラブルが生じた際に、形として退職の意思表示がなされた書類が残されているかいないかは重要となります。 もし書類がなければ、言った言わないの問題になってしまうからです。 例えば、退職する意思がなかったとしても言い争いなどで感情的になって「会社を辞める」と言葉にしてしまった場合に、退職の意思表示として有効か否かという問題が発生します。 退職の意思が真意に基づいたものであることを明に示すことにより、このようなトラブルは避けられます。 そのため、企業・退職者双方のためにも、退職届・退職願は提出することが望ましいでしょう。 そもそも、就業規則において退職の際には退職届・退職願を提出することを定めている場合もあります。 なお、退職届・退職願を提出する際には、自身の手元にも原本をコピーして保管することをおすすめいたします。 タテ書き(退職届)• 一行目に「退職届」と記載します。 二行目の最下部に、「私事、」と記載します。 「私事」は「私儀」と記載しても構いません。 「わたくしごとではありますが」という意味合いを持ち、慣例として記載することが一般的です。 三行目から本文を記載します。 理由に関わらず、「一身上の都合により」と記載します。 また年月日には、あらかじめ企業側と決めた退職日を記載します。 退職届は退職の意思表示を一方的に告げる書類のため、「退職致します」と締めます。 参考記事:• 本文の次に、自身の所属部署と氏名を記載し、捺印します。 証拠能力を考えるならば、氏名は自筆で署名し、実印で捺印することが望ましいです。 最後に、退職する企業名と代表者名を記載します。 タテ書き(退職願)• 一行目に「退職願」と記載します。 二行目の最下部に、「私事、」と記載します。 「私事」は「私儀」と記載しても構いません。 「わたくしごとではありますが」という意味合いを持ち、慣例として記載することが一般的です。 三行目から本文を記載します。 理由に関わらず、「一身上の都合により」と記載します。 また年月日には、あらかじめ企業側と決めた退職日を記載します。 退職願は退職を願い入れるための書類であるため、「お願い申し上げます」と締めます。 参考記事:• 本文の次に、自身の所属部署と氏名を記載し、捺印します。 証拠能力を考えるならば、氏名は自筆で署名し、実印で捺印することが望ましいです。 最後に、退職する企業名と代表者名を記載します。 企業名は略さずに、正式名称で記載します。 また、代表者名の後には「様」もしくは「殿」を必ずつけましょう。 さらに、慣例として代表者名を自分の氏名より上になるように調整します。

次の