衣類乾燥除湿機。 【徹底比較】除湿機のおすすめ人気ランキング13選【梅雨の部屋干しにも】

【部屋干し】魔法の便利グッズ「衣類乾燥除湿機」って?一人暮らしにもね

衣類乾燥除湿機

パワフルタイプ• 「衣類乾燥」除湿機• CV-J180 オープン価格• 商品の色・柄は画面の見え方等により、実際とは異なる場合があります。 * 当技術マークの数字は、商品を壁際に置いて、衣類消臭「強」運転時にプラズマクラスター適用床面積の部屋中央(床上1. 2m)で測定した1cm 3当たりのイオン個数の目安です。 CV-E71(CV-J180より性能の低い機種)のイオン送風「弱」運転で実施。 CV-E71(CV-J180より性能の低い機種)のイオン送風「弱」運転で実施。 CV-E71(CV-J180より性能の低い機種)のイオン送風「強」運転で実施。 CV-E71(CV-J180より性能の低い機種)の除湿「弱」運転で実施。

次の

「衣類乾燥除湿機」はどれがいい? 家電のプロが選ぶべき「方式」と「最新モデル5選」を伝授

衣類乾燥除湿機

衣類乾燥除湿機とは 衣類乾燥除湿機は、 従来の除湿機に衣類乾燥にフォーカスした機能を搭載したモデルです。 家電量販店などでは「衣類乾燥除湿機」として販売されています。 生活環境の変化や家庭の事情から、屋外で干すより部屋干しという家庭も増えてきました。 しかし、部屋干しというと乾きづらかったりニオイが気になったりしますよね。 衣類乾燥除湿機は、スピーディにカラッと乾かしてくれ、嫌なニオイも抑制し、除菌・抗菌効果も期待できます。 衣類乾燥除湿機の種類と選ぶポイント 現在、衣類乾燥除湿機は多くのメーカーから販売されていることから、何を購入するポイントとしてみたらいいのか分からず、迷ってしまうこともありますよね。 実際に購入する時のポイントを詳しく見ていきましょう。 種類で選ぼう 衣類乾燥除湿機には、除湿方式は3種類あります。 それぞれにメリット、デメリットがあるのでチェックしてください。 コンプレッサー方式 コンプレッサー方式とは、エアコンの除湿方式と同じ仕組みです。 コンプレッサーを使用し、部屋の湿った空気を冷やして、湿気を水滴にして除去します。 コンプレッサー方式は、気温の高い夏場におすすめです。 消費電力が少なく電気代を抑えられるため、節約にもおすすめです。 ただし、冬場には除湿能力が落ちますし、運転音が大きいので赤ちゃんがいる家庭には不向きかもしれません。 デシカント方式 デシカント方式は、乾燥剤を使用してフィルターに水分を吸着させ部屋の湿気を除去します。 吸着した水分は、ヒーターによって暖められて熱交換器の中で冷やされて水滴になり、水タンクに溜まるようになっています。 デシカント方式は、1年を通して使用できますが特に冬場におすすめです。 コンプレッサーを内蔵していない分、 軽量でコンパクトのため部屋内の移動も容易です。 しかし、ヒーターを使用しているので消費電力が多くなり、電気代が高くなってしまいます。 また、部屋の湿度をあげることになるので、暑い夏には向いていません。 ハイブリッド方式 ハイブリッド方式とは、コンプレッサー方式とデシカント方式を融合させたものです。 暑い夏はコンプレッサー方式によって室温の上昇を防ぎ、寒い冬場にはデシカント方式によって除湿能力をキープします。 ハイブリッド方式は、 季節に関係なく1年中パワフルに除湿・衣類乾燥を行うことができ、省エネ機能があるので電気代を抑えることができます。 しかし、他の種類よりもサイズが大きいので、設置スペースをあらかじめ考えておきましょう。 除湿方式のまとめ 家族の人数が多く、 大量の衣類を乾燥するためには「ハイブリッド方式」がおすすめです。 ハイブリッド方式は、梅雨時の除湿能力が最も高く、夏も冬も1年中カラッとスピード乾燥します。 また、少人数で手軽に衣類乾燥したい場合は「デシカント方式」がおすすめです。 冬にも強く、カラッと乾燥します。 夏におすすめの「コンプレッサー方式」は、多くの衣類乾燥除湿機で採用されています。 気になる電気代に関しては、「ハイブリッド方式」と「コンプレッサー方式」は消費電力が少ないため、費用も抑えることができます。 反対に「デシカント方式」ではヒーターを使用するという仕組みのため、消費電力が高くなるので他の方式に比べると電気代が高くなります。 コンプレッサー式除湿機1時間 4. 32円• ゼオライト(デシカント)式除湿機1時間 15. (9畳向けモデル)1kWhあたりの電力量料金を27円として計算しています。 ・引用元: 購入時におさえておきたいポイント• 乾燥スピードをチェックしよう 衣類乾燥除湿機を購入する際には、乾燥スピードも確認しておきましょう。 早く乾かすことにより、部屋干しの嫌な臭いを抑えることにつながります。 梅雨で乾きにくい時期や時間がないときなど、 乾燥スピードが速ければ家事の手間も省くことができますし、時短にもつながります。• 除菌力・脱臭力をチェックしよう 衣類乾燥除湿機は、 部屋干しの時に使用しますので、部屋干しのニオイ対策が必要です。 部屋干しのニオイの原因は、洗濯で落としきれなかった汚れや菌の繁殖です。 衣類乾燥除湿機に除菌・脱臭効果があると、臭いのもととなる菌を除菌し臭いも抑えてくれます。• お手入れの手軽さをチェックしよう 衣類乾燥除湿機は、お手入れも欠かせません。 タンクに溜まった水捨ても必須作業となりますので、少ない頻度で簡単に済ませたいと思いますよね。 排水タンクも大きければ大きいほど、水捨ての回数は少なくなりますし、タンクの取り出しやすさ、タンクの持ちやすさも忘れずにチェックしておきましょう。• 静音運転かどうかチェックしよう 使いやすさのポイントとして、音の大きさもチェックしておきましょう。 夜干しの方にとっては、寝るときに大きな音がしていたら嫌ですよね。 また、小さなお子さんがいる方はできるだけ大きな音は避けたいものです。 できるだけ音を抑えて運転するものを選びましょう。 ちなみに普通の会話の場合大きさは60dBで、図書館は40dB です。 40db前後のものを選ぶと、音を気にせず使用することができます。 衣類乾燥除湿機での乾かし方の工夫・コツ 衣類乾燥除湿機で効率的に乾かすコツ 部屋のドアは閉めよう 室内干しを行う際には、 必ず部屋干しをする部屋のドアや扉は閉めておきましょう。 そうすることで外気に邪魔されず、効率よく乾かすことができます。 洗濯物は等間隔で干そう 室内物干しを利用して洗濯物を干す際、 干す間隔を一定にしておきましょう。 スペースに余裕があるながら、洗濯物同士の間は「こぶし1個分」開けるようにしてください。 そうすることで風の通り道ができ、空気をうまく交換できるので洗濯物が乾きやすくなります。 衣類乾燥機の置き方 リビングの場合 リビングで洗濯物を室内干しする際には、衣類乾燥除湿機を洗濯物の真下に置いて、 風を下から当てるようにしましょう。 水分を含んだ状態の洗濯物は、下へ下へと水分が溜まります。 そのため、下から乾かすことで早く乾かすことができます。 洗面所・脱衣所の場合 洗面所や脱衣所で洗濯物を乾かす際にも、リビング同様に 洗濯物の真下に置くようにしましょう。 物干し竿の高さの関係で、真下に置くことができない場合には洗濯物の横に置いて、風が当たるようにしてください。 寝室の場合 洗濯物を寝室で干しているという場合、窓際に干す際には風が当たるように衣類乾燥除湿機を真横に置きます。 室内物干しを使用する場合には、洗濯物の真下に置くようにしましょう。 【コンプレッサー方式】の衣類乾燥機除湿機おすすめ8選 第8位 DeLonghi(デロンギ)「タシューゴ アリアドライ マルチ DEX16FJ」• 大容量のパワフル性能 約12時間の連続除湿を可能にしたパワフル除湿性能で、除湿モードには、快適な湿度になるとコンプレッサーが自動で停止して送付運転に切り替わる機能もあります。 衣類乾燥モードは、自動運転後にコンプレッサーが停止して、送付運転に切り替わることで電気代の節約につながります。• シンプルデザイン スタイリッシュなキャリーバッグのような衣類乾燥除湿機ですが、操作パネルもアイコンを採用し、直観的な操作が可能になっています。 Wニオイ対策 洗濯した衣類の乾燥中の生乾き臭と乾燥後の撮りこむまでの消臭の2つのニオイを抑制してくれます。 衣類についた汗臭、タバコの付着臭も分解して除去し、嫌なニオイを綺麗に抑えてくれます。• 広範囲送風により、大量の衣類を一気に乾かすことができます。 左右ワイドスイングと上下広角スイングで立体的に送風します。• カビバリア運転 パワフルな風量、除湿、プラズマクラスターイオンを組み合わせ、部屋の付着カビ菌の増殖を未然に抑制します。 部屋の空気を大風量で動かし、除湿で温度を下げることで空気が浄化され、プラズマクラスターイオンがお部屋に行き届くという仕組みです。 プラズマクラスターイオン プラズマクラスターの風が、部屋干し衣類の生乾きや衣類の汗臭も合わせて消臭します。 衣類だけでなく、部屋についたタバコの付着臭も分解して除去し、付着カビ菌も増殖を抑制してくれます。• 洗面所やクローゼットにもおすすめ とてもコンパクトなため、狭い洗面所やクローゼットの中も手軽に乾燥・除湿・カビ対策・消臭におすすめです。 ガイド付きルーバーで、プラズマクラスターの風を広い範囲に送風することができます。• お手入れが簡単 本体にはハンドルがついており、軽量なため移動も楽に行うことができます。 また、排水タンクにもハンドルが付いているため、楽に排水ができて日々のお手入れが簡単になりますよ。 衣類乾燥機能 「部屋干し3Dムーブアイ機能」搭載で、生乾きを見逃さず、大量の洗濯物も端から端まで一気に乾かしてくれます。 洗濯物の量や位置を赤外線・温度・湿度の3つのセンサーにより、きめ細かく検知し、生乾きの嫌な臭いもピンポイントで徹底乾燥します。• 除湿機能 ハウスケアにも最適で、低湿度環境を一定時間保つことによりカビの発生・繁殖を抑えます。 ベッド、ソファーの下、天井などの湿気が溜まりがちなスペースをドライに保ち、窓や壁にできる結露も抑制します。 また「浴室カビガード」機能で、浴室内の床、壁、天井の水滴などもしっかり乾燥し、カビの繁殖を防ぎます。• Wフィルター 衣類乾燥除湿機は、銀イオンアレルフィルターとプラチナフィルターをダブルで搭載しています。 花粉の季節も、常に綺麗な風邪で部屋干しをすることができます。• 連続排水機能 市販のホースをつないで排水するだけで、タンクの水を捨てる手間なく連続して除湿することができます。 長期不在時や別荘の除湿、浴室のカビ対策にも有効です。 ダイレクト乾燥 大型フラップで風向きを調節でき、洗濯物にダイレクトに風を当てることですばやく乾燥させます。 約2kgの洗濯物は、通常の部屋干しなら乾くまで340分かかりますが、除湿機を使用することで130分で乾かすことができます。• 部屋干しのニオイ対策にもおすすめ 洗濯物を短時間で乾かすことで、部屋干しのニオイ対策にもなります。 部屋干しの嫌なニオイは、長時間濡れたままの状態で起こるので、素早く乾かすことでニオイを抑えることが可能です。• 湿気対策におすすめ ジメジメしたお部屋の湿気対策にもおすすめです。 洗面所やクローゼットで使用するとカビ対策になりますし、下駄箱は湿気対策になります。 また、リビングや寝室の結露対策にも有効です。 強力な乾燥風を洗濯物にあてることで湿気を飛ばし、除湿機で空気の湿気を取り除きます。• ダイレクト乾燥 風の向きや角度をコントロールすることで、洗濯物に直接風を当てることができます。 そのため、衣類の量に合わせて効率よくスピード乾燥できます。 サーキュレーターは50度、70度、90度の3段階で調節することができます。• オールシーズンおすすめ 外に干せない春の花粉シーズンの部屋干しや、じめじめした梅雨時にはカビ対策のおすすめです。 また、厚手の衣類が増える秋~冬の部屋干しでスピード乾燥でき、冬は結露対策に活用できます。 「ナノイーX」搭載 「ナノイーX」を搭載し、部屋干し臭の抑制スピードが10倍となっています。 ニオイのもととなる菌を除菌し、洗濯した衣類を気持ちよく、清潔に保ってくれます。• ツインルーバー搭載 1列干しでも2列干しでも、同じ量の衣類はほぼ同じ速さでムラなく、素早く乾かすことができます。 ツインルーバーの働きにより、マルチクロス送風で洗濯物を揺らし、重なった衣類をしっかり乾かすことができます。 また「ワイド送風」も対応しており、幅165cmなら端から端まで洗濯物をしっかり乾かすことができます。• 少量速乾モード 今すぐ乾かしたい時には、「少量速乾モード」がおすすめです。 少量の衣類を一気に乾かすことができ、Tシャツ2枚ならたった10分でカラッと仕上がります。 ワイド送風 ワイド送風は、幅約165cmの端からは端まで洗濯物に風をしっかり届け、一気に乾燥させてくれる機能です。 1列で幅広く多く干し干したいときにおすすめです。• 音ひかえめモード 通常より運転音が10dB静かになります。• 少量速乾モード 少量の衣類を最大風量によって一気に乾かすことができます。 Tシャツ2枚なら約10分、Yシャツ2枚なら約15分、ジャージ上下なら約20分でカラッと仕上がります。• カラッとキープモード 衣類乾燥が終わった後は、除湿機能へ移行し、部屋のジメッとした湿気を取り除いてくれます。 排水タンク容量:3. 重量:13. 9kg 衣類乾燥除湿機を使って、雨の日も効率よく乾かそう 寒い冬や雨の多い梅雨時は、洗濯物もなかなか乾かず家事の手間もかかりますよね。 そんな時、衣類乾燥除湿機があれば、部屋干しでも快適にカラッと洗濯物を乾かすことができます。 ニオイも消臭してくれ、カビ菌の増殖を防いでくれるものもあるので、部屋を綺麗に過ごしやすく保てますよ。 お手入れも簡単なので、負担なく使用できるのも良いですよね。 洗濯物が乾かず困った時には、ぜひ衣類乾燥除湿機を試してみてください。

次の

サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJD

衣類乾燥除湿機

カビや細菌の発生原因となる湿気を解消してくれる除湿器。 年々、高機能化が進んでいる 夏は多湿・冬は結露と年中必要な湿気対策。 特に、梅雨時のジメジメ、帰って来て玄関を開けると「むんっ」とする空気、なかなか乾かない洗濯物……イヤですよね?また、湿気は放置しておくと、不快なだけでなくカビや細菌の発生原因にもなります。 最近は、花粉対策や大気汚染対策などで、室内に洗濯物を干す人が多くなり、除湿能力の高さが求められるようになりました。 そんな現状を受け、各社とも衣類乾燥機能の開発に注力し、年々大容量高性能・ハイパワータイプが増えてきました。 さらに「除湿機」という製品名ではなく「衣類乾燥除湿機」に改名するメーカーも増えつつあります。 洗濯乾燥機を購入するより安価なことや、シワにならずに乾かせることなどから、洗濯物が多いファミリーだけではなく、ひとり暮らしにとっても、あると便利なアイテムと言えるでしょう。 除湿機には、大きく2つの除湿方式があり、それぞれ長所・短所があるため、使い方によって適切なタイプを選ぶ必要があります。 除湿機の選び方のポイント 除湿機を選ぶためのポイントを、基礎知識を含めて整理しました。 目的にあった除湿機で、快適な室内環境を手に入れて下さい。 除湿方式と、その長所・短所について把握しましょう。 求める効果を得るためには、どれくらいの能力が必要?• いつ使うのかにより、選ぶタイプが異なります!• どこで・どんな風に使うのかにより、選ぶタイプが異なります!• 日々の使い勝手を左右するメンテナンスと維持費を知ろう! 【関連記事】•

次の