オリックス銀行カードローン 借り換え。 オリックス銀行カードローンで低金利!借り換え!

オリックス銀行カードローンはリボ払いからの借り換えで負担を減らせる

オリックス銀行カードローン 借り換え

特徴1 平日14:30までにお手続き完了で 最短即日でお借り入れが可能 審査は最短60分 VIPローンカードは、お申し込みから最短60分で審査回答、最短即日でお借り入れが可能です。 お申し込みはWEBから行うためご来店不要。 また本人確認も勤務先やご自宅への電話確認となるため、ご契約完了まで店舗へ出向く必要がありません。 さらにご契約内容のご確認・同意手続きも郵送ではなくWEBで行うため、スピーディーにご利用を開始できます。 平日14:30までにお手続きが完了すれば、最短即日でお振り込みによるお借り入れが可能です。 お申し込みの流れ(最短即日でお借り入れが可能です。 申し込みフォームに必要事項をご入力の上、ご送信ください。 送信後に表示される『ご提出書類アップロード画面』から本人確認書類とご年収を確認できる書類をアップロードしてください。 審査結果が承認以外の場合はEメールでのご連絡のみとなります。 WEB上でご契約内容の確認とご契約内容の同意手続をお願いいたします。 ご契約内容の同意(取組同意ボタンを押下)をしていただき、弊社での手続き完了後にご利用が可能です。 お手元にカードが届いていなくても弊社ホームページからお振り込みによるお借り入れのお申し込みが可能です。 PC・スマートフォンからお申し込みフォームへ入力、本人確認書類やご年収を確認できる書類などの必要書類をアップロードして送信すると、 お申し込みから最短60分で審査結果をEメールでご連絡いたします。 WEBでご契約内容のご確認と同意手続きをしていただくとご利用開始となります。 お手元にカードが届いていなくても弊社ホームページからお振り込みによるお借り入れのお申し込みが可能です。

次の

おまとめ・借り換えに!オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン 借り換え

不動産担保ローンとは、言葉の通り不動産を担保としたローンのことです。 不動産を担保とするところは住宅ローンと同様ですが、住宅ローンのように資金使途が決まっていないのが特徴になります。 また、不動産を担保にするため、まとまった資金を借り入れたい場合に向いているローンなのです。 ここでは、不動産担保ローンにはどういう特徴があるのかを詳しく見ていき、どういうローンなのかを解説していきます。 さらに、不動産担保ローンは借り換えに向いているといわれますが、不動産担保ローンを利用した 借り換えのメリットについても説明します。 不動産担保ローンとは 不動産担保ローンには、いろいな特徴があります。 そして、この特徴を知ることによって不動産担保ローンを優位に利用することができるのです。 ここでは、不動産担保ローンとはどういうローンなのかを、特徴をあげながら解説していきます。 資金使途が自由で大きな金額が借りられる 不動産担保ローンの特徴としては、資金使途が自由のため使いやすいローンであることです。 まとまった大きな資金が必要な時に、カードローンやフリーローンでは金額が大きすぎるため十分な金額が借りられません。 しかし、不動産担保ローンは、不動産を担保にするために 比較的に 大きな金額を借りることができるのです。 比較的に金利が低い 不動産担保ローンは、貸し出す金融機関にとっても不動産を担保にするため 貸し倒れリスクの低いローンになります。 そのため、同じ資金使途が自由のカードローンやフリーローンと比較して、金利が低めに設定できるのです。 ただし、不動産を担保に入れる登記費用や事務手数料などが別途かかりますので、その分も加味して考える必要があります。 事業用資金として利用できる場合もある 個人への不動産担保ローンは、資金使途が自由といっても事業用資金としては利用できないところが多いです。 しかし、金融機関によっては、不動産担保ローンを事業用資金として利用できるところもあります。 事業用資金として利用できる不動産担保ローンは、独立するための開業資金だったり、事業の運転資金としても利用できますので便利です。 借り換えやおまとめローンとして使える 不動産担保ローンは、不動産を担保に入れるため金額が大きく長期のローンを組むことができます。 また、資金使途が自由のため、いろいろな資金として使用することができます。 そのため、他の金融機関などで現在借り入れしている ローンの 借り換え資金として利用できるのです。 借り入れする不動産担保ローンの金利が既存のローンよりも低い場合は、借り換えすることがメリットになるため検討するのも良いでしょう。 さらに、他の金融機関の金利が高いカードローンやフリーローンなどのおまとめローンとして利用しても、メリットになります。 住宅ローンが残っている不動産でも担保にできる場合がある 住宅ローンを借り入れる場合、対象物件を担保に入れて借り入れします。 そのため、住宅ローンがまだ残っている場合は、その担保物件を新たなローンの担保にすることはできないと思われがちです。 しかし、担保の評価額が住宅ローンの残高よりも全然大きい場合は、抵当権の順位が第二位であっても貸し倒れリスクが低いため担保にできる場合があります。 不動産担保ローンの借り換えニーズは? 今よりも市場の金利の高い時代のローンがそのまま残っていたり、カードローンなどの金利の高いローンが複数ある場合、借り換えによるコスト軽減を検討してみましょう。 不動産担保ローンは、比較的大きな金額を扱うことや、担保があるため金融機関の貸し倒れリスクが低いことや、金利も低く設定できることから 借り換えに向いているローンなのです。 不動産担保ローンでの借り換えのメリット 今借りているローンを不動産担保ローンに借り換えた場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ここでは、借り換えメリットについて解説していきます。 金利 金利が高いカードローンなどの無担保ローンを、金利の比較的低い不動産担保ローンに借り換えすることで、毎月の返済額や利息、総返済額 すべてが安くなります。 ただし、不動産担保ローンには、登記費用などの諸費用がかかりますので、金利だけでなく諸費用の金額等も考慮し判断すると良いでしょう。 長期借り入れ 不動産担保ローンは、担保がある分金融機関にとってのリスクが少ない商品です。 そのため、長期での借り入れが可能になります。 たとえ金利が変わらなかったとしても、長期返済ができる不動産担保ローンに借り換えることで、 毎月の返済額を減らすことができます。 現状毎月の返済が苦しい人にとっては、不動産担保ローンへの借り換えでメリットがあるのです。 返済日 不動産担保ローンの借り換えの中でも、何本かのローンをまとめるおまとめローンとしても利用できます。 ローンをまとめることにより、ローンの数だけあった返済日も一回の返済日にすることができます。 そのため、この日にいくら入金しておかなければならないなどの手間が省けて 管理がしやすくなるのです。 新たな借り入れができる場合がある 不動産担保ローンは、借り換えだけでなく新たな借り入れをすることができる場合もあります。 金融機関にもよりますが、不動産担保ローンは一般的には担保評価額の7割前後くらいの金額まで借り入れすることができます。 担保評価額に余裕があれば新たな借り入れを、無担保のカードローンやフリーローンよりも 低い金利で借り入れすることができる可能性があるのです。 不動産を担保にするための手続き等 不動産担保ローンの申し込みをする時に、本人確認とともに担保となる不動産の証明書類として不動産登記簿謄本などが必要になります。 なぜなら、金融機関は、担保になる物件が自己所有であるかどうかを調べたり、担保を評価したりする必要があるからです。 また、不動産担保ローンの契約時は、基本的には金融機関へ来店して契約書などを記入することになります。 重要事項の説明など、一定の時間がかかることを覚悟しておくと良いでしょう。 さらに、実際の登記手続きは、銀行が指定した司法書士が行う場合が多いため、登記費用とともに司法書士への手数料を払う必要があるのです。 不動産担保ローンの注意点 不動産を担保に入れること 不動産担保ローンは、不動産を担保に資金を借り入れします。 そのため、万が一返済ができなくなってしまった場合、担保を競売にかけられてしまう恐れがあるのです。 担保にする不動産が自宅の場合、返済できなくなることは住む家を失うということになりますので注意が必要です。 また、不動産を担保にするということは、 不動産に抵当権などを設定することです。 抵当権を設定するということは、借入金額や借入日の情報を公開するということになります。 そのため、登記簿謄本を閲覧すれば、誰にでも借入情報を知られてしまうということになるのです。 不動産の評価がなければ借りられない 不動産を担保に入れれば、評価額までは借り入れできると思いがちですが、そうではありません。 また、第一順位の抵当権が他のローンに設定されている場合は、さらに借り入れられる金額が少なくなりますので注意が必要です。 諸費用がかかる 不動産担保ローンは、不動産を登記するためそれなりの費用がかかります。 不動産担保ローンにかかる諸費用は、• 金融機関への事務手数料• 抵当権を設定するための登記費用• 司法書士への報酬• 印紙税 などです。 借り入れまでの時間がかかる カードローンなどの無担保ローンは、場合によっては即日融資などが可能です。 しかし、不動産担保ローンは、担保になる不動産物件の評価などで 審査に時間がかかります。 また、審査が完了しても、実際に抵当権の設定を登記しなければならないため、借り入れまでの時間がかかるのです。 おすすめな不動産担保ローン 東京スター銀行 スター不動産担保ローン• 金利:変動金利 年0. 借入金額:100万円以上1億円以内• 借入期間:1年以上20年以内• 担保:本人、配偶者、実父母、実兄弟姉妹が所有する不動産をに東京スター銀行を抵当権? とする抵当権の設定• 連帯保証人:原則不要、ただし年収合算の場合は年収合算? の保証が必要、共有物件または本人以外の物件が担保の場合は共有物件? や担保提供者の保証が必要• 事務取扱手数料:初回返済時に融資金額の2. 20% 上限660,000円 消費税込 の事務手数料がかかります• 団体信用生命保険:満55歳 完済時75歳 までの希望者は付けることができます 保険料は金利に0. 繰上返済:一部繰上返済、全部繰上返済ともに手数料はかかりません• 資金の使いみち:自由 事業用資金は除く• 利用条件:申込時年齢が満20歳以上で69歳以下の人、完済時年齢が84歳以下の人、年収200万円以上の人、日本国籍の人または外国籍で永住権を保有している人、東京スター銀行所定の審査基準を満たしている人 東京スター銀行のスター不動産担保ローンは、資金使途が自由なので借り換えやおまとめにも利用することができます。 金利の高いローンの借り換えや、複数のローンの一本化により、毎月の返済額を軽減することができます。 また、スター不動産担保ローンの特徴として、担保物件は本人以外の名義でも大丈夫です。 他にも、繰上返済手数料が、一部繰上返済でも全部繰上返済でも無料です。 住信SBIネット銀行 不動産担保ローン• 金利:変動金利 年2. 95%~8. 借入金額:300万円以上1億円以下• 借入期間:1年以上25年以内• 担保:担保になる不動産に保証会社を抵当権者とする抵当権の設定• 連帯保証人:原則不要、保証会社の保証の利用 保証料は住信SBIネット銀行が負担• 事務取扱手数料:保証委託事務手数料:借入金額の1. 4256% 消費税込 、融資事務取扱手数料:借入金額の0. 880% 消費税込• 繰上返済:一部繰上返済、全額繰上返済共に、繰上返済手数料として繰上返済額の 3. 3946% 消費税込 がかかります• 資金の使いみち:原則として自由 事業性資金は除く• 利用条件:申込時年齢が満20歳以上で完済時年齢が満75歳以下の人、原則として安定して継続した収入のある人、外国籍の場合は永住者の人、保証会社の保証を受けられる人 住信SBIネット銀行の不動産担保ローンは事業性資金以外の資金使途は自由のため、おまとめをして返済の一本化をしたり、教育資金やリフォーム資金などのいろいろな用途に利用できます。 また、元利均等返済のため計画的に返済計画が立てられ、返済管理が楽になります。 また、住信SBIネット銀行 の不動産担保ローンは、住宅ローンを返済中であっても利用することができるのです。 オリックス銀行 不動産担保ローン• 金利:変動金利 年3. 借入金額:300万円以上2億円以内• 借入期間:1年以上35年以内• 担保:担保提供不動産にオリックス銀行を権利者とする第一順位の抵当権の設定• 連帯保証人:原則として共有物件または家族名義の物件が担保の場合は、共有物件? や名義人が連帯保証人になる必要があります• 事務取扱手数料:借入金額の1. 10% 消費税込 の事務手数料がかかります• 団体信用生命保険:オリックス銀行指定の団体信用生命保険に加入、保険料はオリックス銀行が負担• 繰上返済:一部繰上返済は繰上返済元本金額の2. 資金の使いみち:不動産の購入や建築資金やその借り換え資金、相続や事業継承資金、その他オリックス銀行が認める資金• 利用条件:首都圏や近畿圏や名古屋市や福岡市に居住用不動産を所有し担保提供できる人、借入時年齢が満30歳以上60歳未満で最終返済時が80歳未満の人、同一勤務先に3年以上勤務 自営業の場合は営業開始後3年以上経過 、前年度の税込年収が500万円以上で安定した収入が見込まれる人、保証会社の保証が受けられる人、団体信用生命保険に加入できる人 オリックス銀行の不動産担保ローンは、海外不動産や別荘や賃貸用不動産の購入資金にも利用できる最大借入額が2億円の大きな金額が利用できるローンです。 また、その他のいろいろな資金使途をサポートしています。 楽天銀行 不動産担保ローン• 金利:固定金利 5年毎見直し 年3. 02%~年9. 62%• 借入金額:100万円以上1億円未満• 借入期間:1年以上25年以内• 担保:本人または三親等以内の親族所有の不動産に楽天銀行を抵当権者とする抵当権を設定• 連帯保証人:原則として不要、ただし、共有物件が担保の場合は、共有物件者が連帯保証人になる必要があります• 事務取扱手数料:借入金額の2. 16% 最低37,800円 消費税込• 繰上返済:繰上返済手数料無料• 資金の使いみち:原則自由、ただし事業性資金や楽天銀行当行の借り入れの借り換え資金としては利用できません• 利用条件:借入時年齢が満20歳以上70歳未満で完済時の年齢が80歳未満の人、継続して安定した収入がある人、日本国籍を有する人または永住権を保有している外国籍の人、株式会社セゾンファンデックスの保証が受けられる人 楽天銀行の不動産担保ローンは、事前審査制度を採用しているため最短で翌営業日に事前審査結果を回答できることが特徴です。 さらに、繰上返済手数料は何回でも無料です。 まとめ 不動産担保ローンは、不動産を担保に入れるため、資金使途が自由で割りと 大きな金額が借りられるローンです。 また、不動産を担保に入れることで、貸し倒れリスクが比較的少ないローンとして認知されているため、資金使途が自由でも 比較的金利が低めに設定されています。 そのため、不動産担保ローンは、金利が高いローンの借り換え資金として利用されたり、カードローンなどのおまとめローンとして利用されることが多いのが特徴です。 不動産担保ローンは担保の不動産に抵当権を設定するため、別途登記費用がかかります。 不動産担保ローンの諸費用は、金融機関への事務手数料や、登記費用や、登記の手続きを行う司法書士への報酬などがかかりますので借り入れする時に考慮する必要があります。 カテゴリ• 103• 379• 183• 167• 102• 635• 235• 125• 138• 44 当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。 当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資勧誘を目的に作成したものではありません。 投資等に関する最終ご判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。 なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。 当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。 したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知ください。 ランキング基準.

次の

オリックス銀行カードローンの審査は甘い?借入時に審査落ちしたくない人必見!口コミ・評判あり

オリックス銀行カードローン 借り換え

【最終更新日付: 2020-06-01】 今銀行カードローンと言えば、ネットバンクが有名です。 ネットバンクとは店舗を持たない銀行で主にインターネットメインで行っている銀行を指します。 ネットバンクのメリットは何といっても WEB上で手続きが完了し、来店不要で契約できるところにあります。 そのネットバンクでも圧倒的に人気でネット上の口コミでも支持を集めているのがオリックス銀行カードローンです。 オリックス銀行はテレビCMもしていますが、頻繁に見かけるのはやはりインターネット上での広告です。 ネットバンクの通り、やはりネットでの集客に力を入れており、今の時代インターネットは欠かせない存在であることから、銀行カードローンで借りる場合、オリックス銀行を選択する人も多いと思います。 しかし、「銀行」と付くだけあって、 他の消費者金融カードローンに比べて審査は厳しいのか?申込みする前に悩むところです。 当サイトは、オリックス銀行カードローンの審査について徹底解説を行い、少しでも申込みする人にとって有益な情報をお届けできればと思います。 オリックス銀行カードローンの商品内容 金利 1. 7%~17. 8% 限度額 最高800万円 審査時間 HP参照 融資日数 HP参照 専業主婦 借入不可 オリックス銀行カードローンの特徴はやはり業界最低水準と言われている、 下限金利1. 7%です。 銀行カードローンでは最も幅広い金利とも言われており、1. 7%~17. 8%の金利は、下限金利は低いですが、その分上限金利も高くなっており、17. 8%の上限金利は消費者金融のプロミスと同じとなっています。 尚且つ、 提携ATM100,000台以上(2019年3月現在)が終日無料で利用できるのも利用者にとっては非常にありがたいことです。 コンビニに設置してある、セブン銀行・ローソン銀行・Enetはもちろん、大手金融機関の三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行・イオン銀行・西日本シティ銀行の提携ATMまでが完全無料なのはオリックス銀行カードローンの特筆すべき点と言えるでしょう。 オリックス銀行カードローン審査は厳しいのか? ここからが本番になるのですが、低金利で限度額も高く、提携ATM手数料は無料、そしてオリックス銀行口座開設も必要なしと、スペックは非常に高く、人気が出るのも納得ですが、実際にオリックス銀行カードローンの審査を申し込みして借りることができるのか?審査は厳しくないのか?そのことについて検証してみます。 まず、結論から書きますと、 オリックス銀行カードローンの審査はそこまで不安に思う必要はありません!! まず第一の理由として、最低金利は低いですが、 最高金利は消費者金融と同じレベルの17. 8%になっています。 上限金利が高いと言うことは、ローリスク層だけではなく、ある程度リスクがある層(いわゆる属性があまり良くない人)にも貸付ができる金利とも言えるからです。 仮に上限金利がメガバンク並みの14%~14. 6%に抑えられているのだとしたら、審査は非常に厳しいと予測ができます。 しかし、あえて17. 8%に設定していることは、積極的に融資する姿勢と受け取れます。 次に、オリックス銀行カードローンでは 保証会社が2社あります。 と、です。 銀行カードローンは消費者金融とは違い、保証会社の保証を受けれなければ借入をすることができません。 一般的に銀行カードローンの保証会社は消費者金融などの貸金業者が請け負っており、通常は1社のみの保証会社です。 しかし、オリックス銀行は2社の保証会社があることによって、 どちらかの保証審査が通れば保証を受けられることになります! これは非常に申し込み者にとってはメリットがあることで、仮にオリックス・クレジット株式会社の保証審査が通らなくても、新生フィナンシャル株式会社で保証審査が通れば、保証が付くことになり、銀行は保証が付けばリスク無く貸付ができるので、保証会社の審査に通ることは、 銀行カードローンの審査が大きく有利になることを意味しています。 銀行カードローンを借りる上で、一番のネックは保証会社の審査と言っても過言ではないでしょう。 オリックス銀行ではその保証会社が2社あることで、他の銀行カードローンよりも 審査が有利になることは間違いありません。 オリックスVIPフリーローンってどんなローンなの?違いは? オリックス銀行とオリックス・クレジット 株 ってどう違うの?とよく聞かれますが、オリックス銀行とオリックスクレジットは別会社で、 銀行と貸金業者(クレジット会社)なので全く違います! オリックス銀行の保証会社にオリックス・クレジット 株 が付いていますが、オリックス銀行=オリックス銀行カードローン、オリックスクレジット=オリックスVIPフリーローンの商品があります。 同じオリックスグループですが、別で考えるべきでしょう。 オリックスクレジットが貸付するローンには、VIPローンカードと、VIPフリーローン(おまとめローン)があります。 フリーローンの方は、貸金業法に基づくおまとめローンなので、総量規制例外貸付として審査されます。 貸金業者でも上限金利14. 5%はメガバンク並みの低さなので、消費者金融におまとめローンを申込するぐらいなら、へ申し込みした方が断然良いでしょう。 申込条件 日本国内に居住し、お申し込み時20歳以上65歳未満で年収400万円以上の方 限度額 最高800万円 担保・保証人 不要 返済方式 元利込定額返済/ボーナス返済併用可 返済期間・回数 1年~8年/12回~96回 金利 3. オリックス銀行では保証会社の審査に通れば、約50%の確率でオリックス銀行の審査は通ると言われています。 しかし、もし オリックス銀行の審査に落ちた場合はどこに申し込みするのがいいのか?あまり複数のカードローンに審査をすると申し込み情報が信用情報に登録されることによって、より一層借りることが難しくなる場合があります。 オリックス銀行カードローンの口コミ等でもありますが、オリックス銀行の審査に落ちた場合、次に申し込みするのは銀行カードローンではなくて、 消費者金融に申込みする人が多いようです。 先ほども書いたように申し込み件数が多ければ多いほど審査には不利になってきます。 次のカードローンで審査落ちをしたくない場合は、やはり銀行カードローン審査よりも消費者金融審査の方が保証会社もないことからおすすめと言われています。 その中でも、人気なのは大手のプロミスとアコムです。 プロミス・アコムとも最短1時間融資が可能になっていますので、銀行審査とは違い、最短30分で審査が可能+振込によって最短即日融資もできるのが大きなメリットとなっています。 上記の内容は、 消費者金融の方が審査に通りやすいという意味ではありませんので、ご注意ください。 消費者金融 金利 限度額 審査時間 プロミス 4. 8% 500万円 最短30分 アコム 3. 8%に対し、プロミスは17. 8%、アコムは18. 0%とほとんど変わりません。 高額借り入れに関してはオリックス銀行の方が圧倒的におすすめですが、50万円以下の少額借入の場合に限っては、プロミスかアコムへのお申込みをおすすめいたします。 オリックス銀行カードローン審査は厳しいのか?まとめ ここまで長々とオリックス銀行の審査について書いてきましたが、まとめると、 オリックス銀行カードローンの審査はそこまで不安に思う必要はないと言うことです! これはあくまで他の銀行カードローン審査と比較した場合になりますが、高めの上限金利設定と、保証会社が2社あることを考えれば、審査が厳しいからと勝手に想像してお申し込みをためらう必要はありません。 今消費者金融から借りているから審査は通りずらいのでは?と考えているならば、一度まずお申込みしてみましょう。 フリーローンで難しそうなら、借入後に消費者金融を完済すると審査担当者に伝えてみるのもいいかもしれません。 オリックス銀行は消費者金融よりも低金利で借りられる可能性が充分にありますので、借りて損をするということは無いでしょう。 オリックス銀行の審査内容ってどんなんなの?勤続年数や年収などの細かい審査について知りたい人は、下記公式サイトに詳しく書いてあります。 オリックス銀行は以前まで申込み条件に前年度の年収が200万円以上となっていましたが、今現在は撤廃されています。 また、先ほども書いたように保証会社に新生フィナンシャル株式会社も入ったことで、 申し込みに有利になっている項目が沢山あるのです。 今は消費者金融へ申込みするよりも断然に銀行カードローンの方が金利も低く、利便性も高いです。 毎回コンビニATMで手数料を取られる消費者金融を選ぶか、いつでも提携ATM手数料が無料なオリックス銀行を選ぶかは、実際に借入・返済をイメージした時におのずと答えは分かると思います。 オリックス銀行カードローンの郵送物は何が届くのか? オリックス銀行カードローンはWEB完結に対応しておりますので、WEB上で契約ができるのですが、ローンカードだけは自宅に郵送されてきます。 1人暮らしの人なら自宅への郵送は問題ありませんが、親と同居していたり、結婚している人はどんな封筒で自宅に届くのか?借金したのがバレてしまわないか?不安になると思います。 そこで、管理人がオリックス銀行カードローンで借りた時に送られてきた郵送物を公開します。 ) 予めどんな郵送物が来るのか分かっておいた方が、いろいろ対処法もあるかと思います。 基本的には封筒にオリックス銀行と書いてありますので差出人はすぐに分かりますが、銀行なのでキャッシュカードや資料を送ってもらったと言えば、特に怪しまれることもないかと思います。 自宅に届く封筒 上記が自宅に届く、オリックス銀行の封筒です。 見ればすぐにオリックス銀行だと分かる封筒です。 消費者金融だと一発で借金をしたとバレてしましますが、銀行なら口座開設をしたと言えば、キャッシュカードが送られてくるのは普通の事です。 管理人はネットバンクの口座が欲しかったので、オリックス銀行で口座開設をしたと予め言っておきました(笑) 封筒の中身 封筒の中身は、ローンカード・手続き完了のご案内・個人情報の取り扱いに関する規定・預金口座振替依頼書の返信用封筒・利用ガイドが入っています。 ローンカードは届いた時点からすぐに利用が可能です。 手続き完了のご案内に預金口座振替依頼書が付いていますので、口座だけ記入して同封の返信用封筒で送れば終了です。 借入や返済の方法については、利用ガイドに分かり易く書いています。 オリックス銀行では提携ATMが非常に多く、コンビニに設置してある銀行ATMも提携しています。 そして提携ATM手数料が0円なので、基本的にはコンビニから入出金することが多くなるでしょう。 オリックス銀行初のリアル店舗がオープン!? ネットバンクのオリックス銀行では、2018年4月9日に初めての(東京・中央)にオープンしました。 ネットバンクはインターネットにあまり慣れていない50代以上の人から、申込方法が分からないなどの電話が多いと聞きます。 オリックス銀行の実店舗登場で、オリックス銀行カードローンも店頭窓口開設か?と思いましたが、どうも 不動産投資ローンなどのコンサルや定期預金申込みがメインで、カードローン業務はやっていない模様です。 オリックス銀行では不動産投資ローンが強い印象がありますので紹介しておきます。 ・オリックス銀行東京・大阪・福岡住宅ローンプラザへ来店可能な方。 ・借入時の年齢が満20歳以上60歳未満で、最終返済時80歳未満の方。 ・同一勤務先に3年以上勤務されている方(自営業の場合は営業開始後3年以上経過されている方)。 ・前年度の税込み年収(自営業の方は所得)が500万円以上で、返済期間中、安定した収入が見込める方。 ・団体信用生命保険にご加入いただける方。 ・保証会社の保証が受けられる方。 【借入限度額】 ・1,000万円以上2億円以内 【借入金利】 ・変動金利型または、固定金利期間特約付変動金利型のいずれか。 【返済方法】 ・毎月元利均等分割返済 【担保】 借入対象不動産に原則として、第1順位の抵当権を設定。 【保証会社】 ・オリックス・クレジット 株 オリックス銀行カードローン審査口コミの体験談! ここではオリックス銀行カードローン審査の口コミや体験談を随時掲載していきます。 審査は実際に申し込みした人の口コミや体験談が非常に役に立つ場合もあります。 半面、役に立たない情報も多いですが、何かしらのヒントになってもらえば幸いです。 【30代後半会社員男性の審査体験談】 私がオリックス銀行カードローンに申し込みしようと思ったのは、会社の出張がきっかけでした。 私の会社は商社なのでよく海外への出張が多く、一旦は自腹で支払いし、領収証を帰国後に提出することで経費として返金されます。 そのため、一旦は自腹で出す資金が当然必要となってくるのですが、独身で一人暮らししている自分は貯金などほとんどなく、しかもお酒が大好きな性格のため、飲み代の補填としてアコムですでに50万円ほどキャッシング済みです。 今回会社からJALの飛行機でボストンまで行くよう指示がありました。 指示された日は給料日前だったこともあり、全くお金が無く、お金が無いので出張へは行けないなど口が裂けても言えません。 アコムの限度額は50万円でいっぱいだったので、すぐに増額してもらうよう電話をして、増額審査を受けましたが借入してからまだ3ヶ月も経っていなかったこともあり、審査には通りませんでした。 出張の日まで約10日しかなかったこともあり、焦った自分は本来2枚目のカードローンを作るのは以前からやめようと思っていたのにもかかわらず、前から低金利で気になっていた銀行カードローンに申し込みすることを決めました。 いろいろと調べる中で、オリックス銀行は口座開設も不要、そして審査の口コミ評判も良かったので、すぐにネットから申し込みをしました。 銀行なので審査が遅いと思っていたのですが、約1時間ちょっとで審査結果の連絡があり、見事50万円借入ができることになりました。 自宅にローンカードは3日後には届き、自宅近くのセブンイレブンのATMから借入ができ、ボストンへの出張にも間に合いました。 オリックス銀行から借りれたことでJALの飛行機代はもちろん、経費として利用した分はすべて返金され、すぐに借りた分は返済しましたが、アコムは提携ATM手数料が毎回取られるのに対し、オリックス銀行は提携ATM手数料が0円のところが本当にうれしいです。 アコムもオリックス銀行も限度額は同じ50万円なので、アコムからオリックス銀行へ変更しました。 今までコンビニATMからの利用を手数用が有料なので渋っていた場合がありましたが、これからは気にすることなく利用できるのがありがたいです。 もっと早くオリックス銀行カードローンにしておけば良かったと、後悔しています。 これから銀行カードローンを借りる予定の人は、オリックス銀行のように提携ATMが多く、手数料が無料なカードローンを選ぶことをおすすめします。 【20代後半女性パートの審査体験談】 カードローンの存在は知っていましたが、キャッシングや消費者金融などの「借金」をすることは、恥ずかしいことと考えていたので家計が苦しくてもなるべく借りないようにしてきました。 しかし夫が突然単身赴任で東京に行くことになり、戻ってくるまでの1年間どうにか貯金を食いつぶしてやりくりをしてきたのですが、とうとう限界になり住宅ローンの支払いさえも苦しくなってきました。 夫は大手会社の管理職ということもあって、年収は普通の人よりも多く、私も専業主婦で問題なく生活ができていました。 趣味がインターネットでWEBアートやWEB上のブロックアートが大好きだったこともあり、自宅でいつもパソコンをしていたぐらいです。 話がそれました…。 夫が単身赴任になると今までの倍近くお金が必要になるので、専業主婦ではやっていけず、近くのスーパーでパートとして働き出しました。 給料は約8万円程度ですが、夫が帰ってくる1年後まではどうにかやるつもりでした。 夫が単身赴任から帰ってくる1ヶ月程前に長男がケガで入院することになったことで、面倒を見るためにパートの時間を減らした結果、どうしてもお金に苦しくなりカードローンを1ヶ月だけ借りようと思ったのです。 私は篠原涼子さんがとても好きで、よくドラマを見ていたこともあって、カードローンを借りようと考えたときすぐにオリックス銀行カードローンが頭に浮かびました。 多分テレビCMを見たのが記憶に残っていたからだと思います。 篠原涼子さんは働く女性のイメージがあったので、きっとパートでも申し込みはできると勝手に考えて、パソコンから申し込みをしました。 後で見るとパートはOKですが専業主婦はNGだったみたいです…。 消費者金融は借りやすいイメージですが、銀行と名前が付くと一気に借りにくいイメージになります。 申し込みした後、結果が来るまで審査に通るか正直自信がありませんでした。 しかし、オリックス銀行は申し込みしたその日に連絡が来て、30万円の限度額で融資ができますとのこと。 全く借入が無かったので今考えれば普通は借りられると思うのでしょうが、その時はなぜか審査に不安になり、30万円OKと聞いた時はすごい嬉しかったのを覚えています。 オリックス銀行はインターネットで契約も完結でき、来店することもありません。 カードが3日後ぐらいに届くので借入するまでの日数もそこまで必要としないのがありがたいです。 そしてコンビニのATMからすぐに借入でき、利用手数料も無料とのこと。 今は自分の銀行口座から引き出しするのにも時間外だと手数料を取られる時代です。 それなのに提携ATMでの手数料が無料だったのは驚きました。 今は何かあった時のために、カードだけ持っていますが、あの時オリックス銀行で借りられなかったと思うと、どうなっていたんだろう?と前に考えたことがあります。 それだけオリックス銀行から借りれて本当に助かりました。 もし、次にまたカードローンを借りることがあるならば、絶対にオリックス銀行カードローンを利用する予定です。 【40代前半会社員男性の審査体験談】 オリックス銀行のカードローンは、限度額が高いほど低金利で高額融資におススメだと借入先を決める際に、カードローンについて調べている時よく見かけました。 私の場合は、毎月の家計との兼ね合いで決まっている小遣いの補填が目的で、それほど大きな額の借り入れ希望ではなかった 希望額は20万円ほど のですが少額融資でも30万円以下は毎月の最低返済額が7,000円で10,000円を超えなかったというのがわりと返済も楽で助かりました。 また、定期的に少額で借り入れ返済を繰り返し利用をしていたらある日、銀行側から増枠の打診があり限度額が50万円になったのには驚きました。 増枠は基本的に年収が上がらないと出来ないものだと思っていましたが、オリックス銀行のカードローンは利用実績の積み重ねもちゃんと反映してくれるようです。 高額なら金利も抑えられるのですが、私の場合は違ったので17. 8%これは銀行カードローンにしては少し高めの金利… ネット上の返済シミュレーションで返済期間、利息を元金と合わせた総支払額を計算してみた結果、個人的にこのままでは余計に 銀行からすると利息は利益なので余計ではないでしょうが 時間と金がかかってしまうと思い、懐に余裕があるときには最低返済額に少し乗せて返しました。 1,000円、または明らかに自分の財布にいつもより金が入っている際は、もとからの返済額と臨時返済分と併せて10,000円になるように返すだけでも早く完済できました。 オリックス銀行カードローンでは使いようによっては少額の借り入れも便利に出来るとわたしは思っています。 【20代前半会社員男性の審査体験談】 インターネットでの評判を見て、オリックス銀行カードローンに申込しましたが、結果的に言えば、残念な結果になりました。 まず、希望金額70万円で申込したのですが、審査結果は30万円でした。 そして、早く借入したかったので、一番早く借りれる方法で融資を受けたいと、オペレーターに伝えたのですが、オリックス銀行は店舗が無いため、カードが送られてくるまで融資は難しいとの返答でした。 僕は結婚して自宅には嫁が毎日いるので、カードは郵送されたら困ると伝えましたが、カードは自宅以外には郵送禁止となっており、カードを送ることによって在籍確認も兼ねているらしく、カード発行無しで借入も不可とのことでした。 消費者金融であれば自動契約機や店頭窓口があるので、身分証明書を持って行けばカードを受け取れますが、ネットバンクではその辺が融通が利かないと感じました。 あと、やはり金利は高いです。 知り合いは90万円の限度額で金利16. 8%だったと聞きました。 他の銀行カードローンでは14%台が多い中、17. 8%や16. 8%は正直、消費者金融と変わりません。 提携ATM手数料が無料なので、消費者金融よりも使い勝手は良いのですが、借りる時のスピードと融通はプロミスの方が圧倒的に良いと思いました。 もし、オリックス銀行カードローンで借りるかどうか迷っている人は、あまり金利には期待しない方が良いかもしれません。 但し、そこまで審査は厳しい様子がないので、銀行カードローンで借入を希望している人にはおすすめですね。 オペレーターの対応も良かったです。 金利以外は満足のいくカードローンです。 【50代前半会社員男性の審査体験談】 ゴルフなどの仕事の接待で出費が多くなり、妻に貰っている小遣いでは厳しくなっていた時に、テレビでオリックス銀行カードローンのCMを見ました。 正直今までカードローンを借りることなど考えてもいませんでした。 年収は世間よりも多くもらっており、会社もそれなりの大会社です。 そのプライドもあって借金に対してかなりの抵抗があったのですが、友人や親に頼むくらいならば、ボーナスまでの数か月間だけ借りてみようと思ったのです。 借入は住宅ローンとクレジットカードの買い物ぐらいなので、審査に通る自信はあったのですが、結果は100万円の限度額で、金利は年12. 0%でした。 初めてのカードローンだったので、あまり金利とか見てなったのですが、他と比べても低めの金利だったので良かったと思います。 (三菱UFJ銀行カードローンは13. 6%だったのを見たので) 実際利用したのは5万円ぐらいですが、コンビニの提携ATMからいつでも手数料無料で借入ができるのは非常に助かりました。 また、カードデザインも落ち着いたデザインで銀行のカードなので、消費者金融とは違い見られても特に気にしなかったです。 会社の役職が部長なので、部下が成績を伸ばした時など居酒屋などで飲むことがありますが、オリックス銀行カードローン1枚あるだけで、もしもの時にも安心できています。 これからも持ち続けたいカードです。

次の