失業保険 いくら。 失業保険の減額。アルバイト等の収入はいくらまで稼いでもOK?

雇用保険(失業保険)の給付金がいくらもらえるか計算してみよう

失業保険 いくら

毎月の給与明細を見て、「お給料、今月もいっぱい引かれたな……」とがっかりしていませんか? しかし、引かれている(控除されている)ものは、いざという時にあなたを助けてくれるもの。 例えば「雇用保険」の項目を見てみましょう。 雇用保険が毎月ひかれている人は、「次の仕事がみつからない……」という困ったときに、 「失業保険(基本手当)」をもらえる可能性があります。 しかし、パート勤務の場合は条件によっては雇用保険に加入できないこともあります。 雇用保険に加入していなければ失業保険ももらえませんので、まずはご自身の状況を把握してみてください。 失業保険をもらうためにも! パートが雇用保険に加入する条件とは 仕事に応募する際、雇用の条件として 「31日以上の雇用が見込まれる」ことがまず大原則。 1か月に満たない短期のお仕事では、雇用保険に加入することはできません。 また、 勤務時間が週20時間未満の場合も加入することができません。 逆に言えば、週20時間以上仕事をすることが明らかな場合、雇用保険への加入は義務ですから、「手取りが減るから雇用保険には入りません」などと、加入を断ることはできません。 例えば「1日5時間、週に2日のパート」は所定労働時間が週に10時間のため雇用保険の対象外ですし、「年賀状の仕分け、2週間限定のパート」の場合は、31日以上の雇用ではないのでこちらも対象外となります。 もし「条件を満たしているのに給与明細から雇用保険がひかれていない」という人がいれば、すぐに会社やハローワークに確認してください。 雇用保険は 「何か月間加入しているか」が重要になることがありますから、入るべき人が入っていない場合は後々問題になりがちです。 すぐに手続きをしてもらうように求めましょう。 反対に、どうしても雇用保険に加入したくない場合は、週20時間未満に勤務時間をおさえることで加入義務を免れます。 失業保険がもらえるパート、もらえないパート 失業保険をもらうためには、以下の条件を満たしているかを確認してください。 条件1:離職日以前2年間に、雇用保険に通算12か月以上加入していること 「通算」ということですので「連続して働いている」必要はありません。 また、「特定受給資格者・特定理由離職者」は「離職日以前1年前に通算6か月」と条件が異なります。 例:パートを6か月で自己都合退職する場合で、それ以前に働いたことがない人は、雇用保険に6か月しか入っていないため給付の対象にはなりません。 条件2:ハローワークで求職申し込みをし、積極的に就職する状況・いつでも就職できる能力があること 例:結婚後しばらくは仕事をしないという場合は「積極的に就職する状況」ではないため対象外 例:出産や育児で仕事を辞め、しばらく子育てに専念したいという人は「いつでも就職できる状態」にはないので対象外 例:病気で仕事ができなくなった場合も対象外。 離職した日の前6か月にもらっていた給与を180で割って、1日あたりの給与額を出します。 この日額の50〜80%が失業保険の基本手当としてもらえる額なのですが、何%になるかは離職時の年齢や給与額によって異なります。 また、日数についても条件によって異なります。 例えば雇用保険加入期間が10年未満であった人が自己都合で退職した場合は上限が90日、20年以上になると150日となります。 自分が実際にいくらもらえるか目安を知りたい場合、最寄りのハローワークにこれまでの給与明細を持参して相談するとよいでしょう。 失業保険のもらいかた — まずは重要書類「離職票」を手に入れる! 退職後は会社から 「離職票1」と 「離職票2」が送られてきます。 これが送られて来たら、その他必要なものをあわせて持参し、ハローワークにて手続きを進めます。 ハローワークのホームページによると、手続きに必要なものは以下の通りです。 ・『雇用保険被保険者離職票(-1、2) ・個人番号確認書類(いずれか1種類) ・マイナンバーカード、通知カード、個人番号の記載のある住民票(住民票記載事項証明書) ・身元(実在)確認書類((1)のうちいずれか1種類((1)の書類をお持ちでない方は、(2)のうち異なる2種類(コピー不可)) (1)運転免許証、運転経歴証明書、マイナンバーカード、官公署が発行した身分証明書・資格証明書(写真付き)など (2)公的医療保険の被保険者証、児童扶養手当証書など ・写真(最近の写真、正面上半身、縦3. 5cm)2枚 ・印鑑 ・本人名義の預金通帳又はキャッシュカード 一部指定できない金融機関があります。 ゆうちょ銀行は可能です。 』 説明会や待期期間を経て、ようやく失業保険の給付となります。 失業していて手当が必要であることを4週に1回、ハローワークに出向いて確認があり、求職活動をしっかりしていなければ手当がもらえません。 アテにしすぎてはだめ! 通常はすぐにもらえない失業保険 仕事を辞める際、「しばらく就職活動で収入がなくなるけど、失業保険があるから大丈夫」と簡単に考えてはいけません。 会社の倒産や解雇等の特別な場合を除き、自己都合で辞めた場合は、 給付までに約3カ月間の「待期期間」があります。 この間は実質収入がなくなりますので、仕事を辞める場合はある程度、貯蓄をしておくことも大切です。 税理士監修 <合わせて読みたい>.

次の

派遣社員の失業保険はいくら?会社都合と自己都合の違いや条件は?

失業保険 いくら

それは「 基本手当」といって、「求職者給付」のなかの一部分で、それ以外に「 就職促進給付」、「 教育訓練給付」、「 雇用継続給付」があります。 失業保険を受けようとする者は「働く意欲があり、就業先を積極的に探している人」が対象ですから、離職したがすでに次の就職先が決まっているという人は対象外です。 では、雇用保険のおさらいをしておきましょう。 5%を納めます。 (事業主の負担は0. 85%です。 手続きが遅れると受給できる期間が短くなってしまいます。 今回は、失業保険(基本手当)についてご説明します。 賞与は含みません。 離職直前の賃金が高いとそれに比例して基本手当日額も高くなる。 離職前の数カ月間に残業が多かった人は、受給額が増えるというわけです。 ですから、年金と違って納めた保険料に対して支払われる額が決まるわけではないので 、 10年間保険料を払っていた人も1年間しか払っていない人も、離職前6ケ月分の賃金で基本手当日額が決まります。 (なんか不公平ですよね・・・) また、雇用保険料は比較的安いので、例えば賃金が20万円だった人の場合(自己都合退職、35歳、10年間勤務)は、月の雇用保険料は1000円ぐらいです。 そうすると年間約12,000円、10年間で約120,000円を納めたことになりますが、離職後は、120日分で約57万円がもらえますので、支払った保険料のわりに受給額が多いです。 1年間だけ働いて離職した人も、同じ給与額なら、基本手当が同額なので90日分で約42万円がもらえます。 これは生活できる水準を考慮しているためで、低所得者ほど相対的に手厚いサポートが受けられる仕組みです。 離職前の賃金が高かった人ほど給付率が低く、賃金が低かった人には高い給付率が適用されるというわけです。 給付日数はどうやって決まる? 「給付日数」についてですが、これは「離職理由」によって違ってきます。 離職理由は 「自己都合」によるものと 「会社都合」とに分けられます。 「自己都合」とは、会社が嫌になったので辞めて転職したいとか海外へ行くためなど「自身がその会社で働くことを希望しない」という人です。 会社都合による離職とは「働き続けたかったが事情があって離職せざるをえなかった」という人で、さらに 「特定受給資格者」と「特定理由離職者」に分けられます。 「特定受給資格者」 会社が倒産して解雇された人や、有期契約で3年以上働いており本人は継続して働きたかったが、会社が契約を更新しなかったという人のこと。 「特定理由離職者 」 有期契約や派遣契約で継続して働くことを希望していたが、会社が契約を更新しなかった人や病気や出産、家族の介護、または転居により通勤が不可能となった人や人員整理で希望退職者に募集して離職した人など「正当な理由のある離職者」のこと。 また、加入期間が1年未満は「給付なし」です。 年齢が高く、加入期間が長くなるほど給付日数が増えます。 最高は330日です。 会社都合で離職すると半年間働いただけで90日の給付が受けられるというわけです。 加入期間が5年以上の人または45歳以上の人は、離職理由によって給付日数が大きくかわります。 なお、 8ケ月間働いて離職し、その次の会社で4ケ月働いて離職した場合 加入期間が通算されますので、2年間さかのぼって、11日以上働いた月が12回以上あれば、対象となりますので、短期的なお仕事であっても雇用保険に加入していれば「離職票」を発行してもらいましょう。 雇用契約書では週20時間未満の労働条件となっていても、実際にはそれ以上働いているという実態がある場合 会社に話をして是非、雇用保険に加入してもらいましょう。 言い換えれば、長期的に働いていなくても給付が受けられるお得な保険であるということです。

次の

給与明細を今すぐチェック!「失業保険」がもらえるパートの見分け方|DOMO+(ドーモプラス)

失業保険 いくら

失業保険の基礎知識 まずは失業保険の給付について、基本的な内容から説明します。 失業保険とは 失業保険は正式には、 雇用保険の制度から支払われる基本手当のことを指しています。 雇用保険とは、 週20時間以上、勤務開始から 最低31日以上働く見込みがある労働者が加入する保険です。 雇用保険料は毎月、給与の 0. 3%が天引きされて納付されており、事業主が 0. 6%負担しています。 雇用保険加入者が離職や失職したときに、受給条件を満たすと給付を受けることができます。 ちなみに、要件を満たしていれば パートやアルバイトなど、雇用形態に関わらず失業保険が貰えます。 受給条件について詳しくは、次の「失業保険の受給条件」の項目にてご説明します。 また雇用保険の給付には、他に 傷病手当や 技能習得手当などさまざまな給付があります。 参考 雇用保険制度の概要:職業安定分科会雇用保険部会(第87回) 失業保険の受給条件 1. 失業状態で働く意思と能力がある 失業保険はハローワークで求職の申し込みをし、積極的にいつでも働く意思があり、その能力がありながら、就職できない失業状態であることが必要です。 そのため、 病気やケガ、妊娠、出産、育児ですぐに働けないときは受給できません。 したがって結婚による退職で 専業主婦になる人、定年退職で しばらく休養したい人も受給条件にならないわけです。 離職前2年間に被保険者期間が12ヶ月以上 失業保険の原則は離職前の2年間で 月11日以上出勤している期間が、通算で 12ヶ月以上あることが必要です。 月11日以上出勤している期間は連続していなくても構いません。 週3日勤務(1日7時間)のアルバイト• 週5日勤務(1日4時間)のパート 一般の社員はもちろん、上記のような方も 12ヶ月以上働いていれば失業保険に該当するわけです。 また最大 2年間さかのぼることができます。 月11日以上出勤している期間の給与が、 給付額の算定基準になります。 失業保険の受給期間 原則は離職から 1年間とされています。 1年を過ぎると 受給期間が残っていても途中で打ち切られるので、早めにハローワークで失業保険の申請をしてください。 離職から1年と期間が区切られておるから、まずはハローワークにいく事じゃ。 失業保険はいつからもらえるか 受給者の分類で時期や期間が決まる 失業保険の給付がいつからもらえるか、いつまでもらえるかは受給者の分類で変わってきます。 離職の理由などで 4つに分類され、「 自己都合」「 会社都合」「 特定理由」「 就職困難者」があります。 特定理由とは 雇い止めや 希望退職の応募、 病気、 妊娠・出産、 家族の看護など離職せざるを得ない正当な理由がある受給者です。 就職困難者は 障がい者、 保護観察下にある人など社会的事情で就職が困難な受給者を指します。 いつから受給できるか 失業保険の受給の時期は、退職理由が「自己都合の場合」と「それ以外の場合」によって別れます。 自己都合の場合 待期期間 7日後、 3ヶ月の給付制限期間を経た後 2. 会社都合、特定理由、就職困難者の場合 待期期間 7日後 いつまで受給できるか いつまで受給できるかは、 受給者の分類と 雇用保険の加入期間で受給期間が変わってきます。 自己都合と特定理由(雇い止めを除く)の場合 雇用保険の加入期間で受給期間が決まります。 1年以上10年未満 90日• 10年以上20年未満 120日• 20年以上 150日 2. 会社都合と特定理由(雇い止め)の場合 雇用保険の加入期間と年齢で受給期間が決まります。 1年未満 90日• 1年以上5年未満 30歳未満 90日 30歳以上35歳未満 120日 他• 5年以上10年未満 30歳未満 120日 30歳以上35歳未満 180日 他• 10年以上20年未満 30歳未満 180日 30歳以上35歳未満 210日 他• 20年以上 30歳以上35歳未満 240日 35歳以上45歳未満 270日 他 3. 就職困難者の場合 雇用保険の加入期間と年齢で受給期間が決まります。 1年未満 150日• 1年以上 45歳未満 300日 45歳以上65歳未満 360日 複雑な区切りでもないし、ハローワークに行けば自分の受給期間を教えて貰えるから心配せんでもいいぞ。 失業保険はいくらもらえるか 失業保険の基本手当日額について詳しくご紹介します。 毎日受け取れる金額ですが、実際は大体 28日分をまとめて1ヶ月に 1回振り込まれます。 基本手当日額は離職直前の賃金で決まる 基本手当日額は離職日の直前6ヶ月の給与額から賃金日額を算出し、一般には賃金日額の 約50~80%となっています。 賃金日額が低い人は給付率が高く、年齢区分ごとに上限額と下限額が決まっています。 給与額に賞与は含まれませんが、通勤手当や残業代は含まれるので、直前 6ヶ月間の残業時間が多ければ基本手当日額は高くなります。 基本手当日額は毎年見直しがある 毎年8月1日に基本手当日額は見直されますが、上限額や下限額が変更されることが多く、大きな違いはありません。 日額で 20~30円程度増減するくらいです。 いつまでもらえるかが大切 基本手当日額は在職中の給与が高い人、年齢層は中高年が優遇されています。 ただ、上限額が決まっているので給与30万円でも100万円でもあまり差はありません。 給付額が大きく変わるのは受給期間で、いつまでもらえるかで変わってきます。 退職理由が自己都合か会社都合で異なり、 会社都合は受給期間が優遇されます。

次の