新型 ウイルス 予言。 【コロナウイルス 】予言者ノストラダムスの百詩篇で予言【訳あり】

新型コロナウイルスにまつわる5つの予言と噂、報道の矛盾を調べてみた|ソクラテスのつぶやき

新型 ウイルス 予言

現在、中国で新型コロナウィルス肺炎が猛威を奮っている。 湖北省の武漢を中心に患者は1000人を越え、日本をはじめ他国でも感染者が確認されている。 今週末の27日からは中国が春節を迎えることもあり、多くの人々が移動することで更なる流行の拡大が懸念されている。 そんな中国の新型コロナウィルス肺炎で改めて注目を集めているのが、かの預言者ノストラダムスだ。 「1999年七の月〜」で知られる予言で有名になったノストラダムスだが、彼はルネサンス期の占星術師であり、医師であった。 そのノストラダムスが残した予言詩の中に、まるで今回の新型コロナウィルス肺炎の流行を予言したような詩が存在していたと海外で話題になっているようだ。 ノストラダムスの予言を研究する人々によれば、この予言は当初、数年前に中国で流行したSARSのことではないかと言われていたが、今回の新型コロナウィルス肺炎だったのではないかと考えられているそうだ。 「海上都市」は香港のことであり、「偉大な女性」は林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官である可能性があるという。 この予言が実際に当たっているのかはともかく、ノストラダムスが医師であり医療行為に従事していたのは事実だ。 ペストが欧州で猛威を奮った際にネズミがペストを媒介することに気づいたり、当時は一般的でなかったアルコールや熱湯による消毒を行って被害を抑えようとした、という逸話が存在している。 現在ではこの逸話の正当性については疑問視されているが、彼がペスト治療に尽力していたことは間違いなかったと考えられている。

次の

ノストラダムスは中国の新型ウィルス発生を予言していた!?

新型 ウイルス 予言

もくじ• イルミナティカードが新型肺炎 コロナウイルス を予言していた説の元ネタカード名3つ! イルミナティカードとはアメリカから発売されたトレーディングカードゲームです。 プレイヤーは世界を裏で操作する悪の秘密結社の一員となり世界を支配することが目的です。 そのたくさんあるカードの種類の中で、 新型肺炎について予言していたというイルミナティカードは3種類あります。 ではさっそく見ていきましょう。 伝染病 Epidemic のカード — 狭霧[re:n X17995854 カードに書かれている 「QUARANTINE」とは、検疫や防疫といった意味です。 遮断と言う意味もあります。 薬や使用済みの手袋がまさに検疫や治療をイメージさせますね。 あと私が気になるのは後ろの黒いかたまり。 口にするのはちょっと嫌ですが、なくなった方を入れてる袋なんじゃないかなんて想像してしまいました・・・。 新型コロナウイルスによる新型肺炎が流行している今の状況によく似ていてドキッとくるカードですね。 ただし 時期に関する情報はカードには無く、現在の新型コロナウイルスの状況を表しているとまでは言えないかなと個人的には感じます。 人口削減 GOAL-PopulationReduction のカード 【フリーメイソンとイルミナティカード】 イルミナティのカードが世界で起こる重要な事の予言をしていることは言うまでもないが、その中に人口削減計画がある。 これが実行されれば現在80億人近くの世界人口が選別され5? 10億人になる。 しかも その上のGOALという文字を見ると「人口削減がゴール」と言っているように感じてしまいますよね。 新型肺炎の患者数がどんどん増えて死者も膨大な数になるという予言にも受け取れますね。 もっと都市伝説的に考えるとこの 新型肺炎の流行は意図して起こされたものであり、その最終目的が人口削減であると考える人もいるようです。 妙に現実味があって怖すぎます。 でも人口が増えすぎて将来は食料が足りなくなり奪い合いが起きるという説は近年知られていますよね。 そのために人工的に肉を作るとかの研究や昆虫食も研究されてますし。 うーん、これが予言と信じたくなる気持ちもとてもよく分かります。 研究所爆発 LabExplosion のカード コロナウィルスの感染拡大で東京オリンピックが中止になるという予言が現実味を増した模様。 コロナウィルスの感染拡大状況が今後どう展開するか? を注視。 イルミナティカードにラボ 研究室 爆発のカードがあるそうですが武漢で発生したコロナウィルス。 武漢ウィルス研究所と関連があるのだろうか??? — AKIRA deltAkira アメリカの軍事専門家が「武漢には生物の研究所のようなものが2カ所ある」と発言したようです。 実際に 「中国科学院武漢病毒研究所」という、バイオセーフティーレベル4の研究室を持つ施設が武漢にはあるそうです。 バイオセーフティーレベル4とは世界トップクラスのセキュリティレベルのこと。 逆に危険度MAXの施設とも言えます。 そしてこの研究所がコロナウイルスの発生源ではないかという都市伝説がうわさされているのです! コロナウイルスが発生したと言われている 海鮮市場から実験室は約30キロと比較的近い距離にあることもその理由かも。 私もなぜ海鮮市場からコロナウイルスが流行ったのか気になっていましたが、研究所から漏れたとなると感染ルートとも矛盾しませんし腑に落ちますよね・・・。 また武漢病毒研究所ではSARSやエボラなどの研究もしていたとか…。 カードに描かれている赤い部分が武漢市の形に似ているとも言われています。 言われてみればそう見えるような…。 でもこれはちょっと無理やりかな…という感じですね。 理由は 崩れ落ちている時計台が銀座和光の時計台に似ているのと、 人物の服の色がオリンピックカラーそのものだからだそうです。 と の交わる の北西角の にある を?? 撮影しました 笑?? 本館の?? 時計塔は銀座のシンボル的存在で、時計台には鐘楼があり、店舗営業時間中の毎時0分に を演奏し時刻数の鐘を鳴らします 笑?? — よしかわ りょう EdogawaTokyo 写真は銀座和光の時計台です。 確かに似ていますね! このことから東京オリンピックの開催が危ぶまれる事態に陥るのではないかと想像されています。 「複合災害」と言うのですからもしかしたら今回の新型肺炎の流行と震災などの自然災害が合わさるということでしょうか!?絶対回避したいですね~! また過去にはオリンピックが中止になった事例が実はあります。 1916年:ベルリンオリンピック• 1940年:東京オリンピック (その後、ヘルシンキオリンピックに変更になったが、やはり中止)• 1944年:ロンドンオリンピック しかしどれも世界大戦が理由で、伝染病で中止となったことはありません。 新型コロナウイルスの収束のめどが立たない今、東京オリンピックの開催を危惧する声が徐々に増えてきています。 コロナウイルスの伝染なピークが何時になるかにより 東京オリンピックは中止にせざるをえない。 ピークから収束までの期間は 保菌者の確定が難しい問題がある以上 判断ができず、長引く可能性はある。 日本の対応状況を見るとそりゃ不安になる方もいます。 個人的にはもし東京オリンピックが中止になったとしたら、 かけた莫大なお金の行き先が気になりますね。 誰の、どこの国の懐に収まっていくことになるのか・・。 これは考え過ぎですかね。 イルミナティカードは世界の厄災を予言?3. 11や9. 11も? イルミナティカードは9. 11や東日本大震災などの予言が当たったとも言われています。 そのおかげでイルミナティカードが一気に有名になりました。 911テロと言えばイルミナティカードも流行りましたね、テロが起きる前の1995年?に発売されたカードゲームが様々な災害を預言してたとかなんとか 日本は大丈夫か?? — くりぷっと goldmap100 2つのタワーが爆発しているカードの絵柄が、9. 11の同時多発テロを予言していたのではないかと言われています。 ペンタゴンのような施設の爆破のカードまであります。 ここまで一致するとは驚きです。 まるでカードのイラストがそのまま現実になったようです。 また、3. 11の東日本大震災を予言していたというのがこれです。 イルミナティカードは、 「1982年に発売されたスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社のカードゲーム」Wikipediaより 2011年3月11日 東日本大震災で 大津波と 福島第一原子力発電所 の事故に遇いました。 — こんにちは terawithai 津波が都市を襲っているカードと原発事故のカードです。 まさに3. 11の惨劇そのもののように見えます。 1995年にアメリカで発売されていた「イルミナティカード」。 最近では実は予言カードだったと有名に。 そのカードになんと日本で起きた311東日本震災をあらわしたカードもあった。 しかもカードの意味は「放射能事故」。 原発事故のカードの方は、ひび割れが桜の木なのではと言われています。 (桜=日本ということでしょうか) 都市伝説の域を出ないが確かにイルミナティカードの予言説はおもしろい! 新型コロナウイルスについての予言は妙にしっくりくるものばかりでした。 (「研究所爆発」の、爆発部分が武漢市に見えると言うのはちょっとこじつけかなとは感じましたが) ですが911のテロなど人工的な出来事はテロを起こした側がカードを模倣した可能性もあると思います。 「複合災害」が現実にならないことを祈るばかりです! ちょっと怖いけれど引き込まれる不思議な魅力があるイルミナティカード。 カードに描かれていることが妙にリアルで、それが想像力を掻き立てる要因なのかもしれません。 まさに「信じるか信じないかはあなた次第!」です。

次の

【コロナウイルス 】予言者ノストラダムスの百詩篇で予言【訳あり】

新型 ウイルス 予言

(CNN) 2008年夏、5歳の時からお告げが聞こえるようになったと主張する高齢の霊媒師が、不吉な予言について記した本を出版した。 「2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」 この予言は人々の記憶から消え去り、著者のシルビア・ブラウン氏は2013年に亡くなった。 しかし新型コロナウイルスのパンデミックを受け、この予言本「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World(この世の終わり:世界の終末についての予言と天啓)」が改めて脚光を浴びている。 米アマゾンのランキングではノンフィクション部門で2位に浮上、売り上げも急増した。 Penguin Random House 同書のように、新型コロナウイルスは「この世の終わり」の兆候だとする予言者の言葉は、専門家にも食い止める術がない疫病と化している。 インターネットではブラウン氏の予言のような人類滅亡説が数え切れないほど拡散し、新型コロナウイルス流行の不安を政治的混乱やオーストラリアの山火事、アフリカを襲うバッタの大群などと結びつけて不安をあおる。 そうした説の多くは、聖書の中の「ヨハネの黙示録」に関する非常に不正確な解釈を含む。 「聖書を持っていなければ買いなさい」という一節で予言を終わらせるものも多い。 銃や弾薬の買いだめに走る人がいるのも無理はないのかもしれない。 しかし宗教や予言について研究している専門家は、そうしたソーシャルメディア予言者や霊媒師に対して自己隔離を促している。 人類滅亡説は人の心をかき乱し、精神の健康を損なわせると専門家は言う。 人類滅亡説を唱える人たちの動機が何であれ、そうした予言は過去に何度も浮上していた。 2000年にかけての滅亡説に続き、古代マヤ文明の暦を根拠に2012年で世界が終末を迎えるという説もあった。 サバイバルキットの売り上げは急騰し、中国のある男性は現代版のノアの箱舟まで建造したと伝えられた。 冒頭の予言本を執筆したブラウン氏は生前、不確かな予言をめぐって常に批判されていた。 自身についても88歳で死ぬと予言していたが、実際に死去したのは77歳の時だった。 事実関係検証サイトの「Snopes」はブラウン氏の予言について検証し、「あり得そうな出来事に関するあいまいな主張を説いて回ることは予言ではない」と指摘。 ブラウン氏の予言は真実と虚偽をない交ぜにしたものと位置づけ、真実でも虚偽でもないとした。 そのうえで、「同書が重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行後に執筆されたことを考えると、ブラウン氏の『予言』がまぐれ当たり以上のものだったのかどうかは定かではない」と結論付けている。

次の