チャイルドシート どこに つける。 チャイルドシートの座席位置はどこが安心?理由を知って正しく設置

チャイルドシートの取り付け方!付ける位置・方法・場所まとめ

チャイルドシート どこに つける

Contents• チャイルドシートを助手席に後ろ向きにつけても大丈夫? まず始めに「チャイルドシートのつける位置に関して、法的な決まりがあるのかどうか?」という、疑問に答えていきたいと思います。 結論から申し上げますと、チャイルドシートをつける席に関しては、法的な規則はないそうです。 その為、助手席につけても違反にはなりません。 多くのチャイルドシートは、1歳までは進行方向に対して後ろ向きでつけるよう推奨してあるものが多いです。 走っている車を見てみても、助手席であれば、子どもの様子が分かりやすいので、助手席につけているママも少なくありません。 しかし、助手席にチャイルドシートをつけることは、以下の点からもあまりオススメできません。 オススメできないポイントをまとめてみました。 事故の際の被害率が高い 助手席は事故が起こった際に、後部座席よりも被害に合う確率が高いというデータがあるそうです。 その為、安全面を考慮するならば、助手席にチャイルドシートをつけるのは、あまりオススメできません。 助手席の子どもに気を取られてしまう 助手席にいる子どもの様子が見やすいというメリットは、逆に言うと「運転手であるママが、助手席の子どもに気を取られやすい」というデメリットでもあるわけです。 エアーバックの危険性 もし万が一事故にあってしまい、助手席にチャイルドシートを乗せていると、安全のために作動したエアーバックが子どもの命を奪いかねません。 それは、エアーバックが、助手席に大人が普通に乗った際を想定して作られているからです。 以上の点からも、助手席にチャイルドシートをつけることはあまりオススメできません。 スポンサーリンク チャイルドシートをつける場所はどこがいいの? では、チャイルドシートはどこにつけるのが一番子どもの安全を確保できるのでしょう? これも諸説ありますが、一番安全だと言われているのが多いのが「後部座席の中央の席」です。 では、まずはなぜ「後部座席の中央の席」が一番安全といわれているのか? その点についてみていきましょう。 《正面衝突の場合》 正面からの事故の場合、後部座席の中央の席は、前の席がありません。 そのため、前席との間で身体が挟まってしまうようなリスクを避けることができます。 《サイドからの衝突》 横から衝突された場合は、ドアや窓から一定の距離があるため、ガラスなどから身を守ることができます。 以上の点において、後部座席の中央の席が一番安全だと言われています。 しかし、これは大きな車限定の話で、例えば軽自動車のようなサイズであれば「運転席の後ろ」につけている方が多いです。 では、なぜ「助手席の後ろ」ではなく「運転席の後ろ」につけている方が多いのか、その点について調べました。 安全である可能性が高いから 運転手が、運転中危険だと思った際、無意識に自分自身を守るようハンドルを切ることが多いそうです。 そのため、助手席や助手席の後部座席よりも、運転席後ろの方が安全である確率が高いのです。 以上の点から、運転席の後ろにつけるママが多いです。 設置箇所については、法的な縛りはありませんので、ママが安全だと思う位置や、乗り降りさせやすい位置につけましょう。 安全第一 いかがでしたでしょうか? 6歳までのお子様は、かならず着用しなければならないチャイルドシート。 お子様の安全を確保する為には「少しくらいならいいか」と思わず、必ずつけてあげましょう。 また、帰省や旅行をする際、公共交通機関を使って目的地まで行き、そこでレンタカーを使用する場合は、レンタカーショップに子どもの有無を伝え、チャイルドシートも借りましょう。 その際、事前に年齢も伝えておくと、スムーズにレンタルできます。 「車はあるから、チャイルドシートだけ貸し出してくれるところはないかしら?」というママへは「交通安全協会」の無料貸し出しがおすすめ。 1日、2日などの短期のものは、あまりないようですが、3ヶ月や半年といった単位で無料で貸し出しを行なってくれるそうです。 無料なので、帰省先のおじいちゃんおばあちゃんの所で借りておいても良いかもしれませんよ。 いずれにせよ、チャイルドシートをつける際は、安全面を考慮し、助手席よりも安全安心な場所に、正しく設置しましょう。

次の

チャイルドシートの取り付ける位置はどこが安全?|中古車なら【グーネット】

チャイルドシート どこに つける

Contents• チャイルドシートを助手席側に取り付けてもいいの? 一番安全が確保しやすいのが後部座席とはいいますが、後部座席に赤ちゃんが1人で乗っているのはどんな様子か心配です。 赤ちゃんの様子が気になって運転に集中できないから助手席に乗せたい…!という親御さんも多いのではないでしょうか。 もちろん、道路交通法ではチャイルドシートの装着する座席に指定はないので助手席に乗せてもいいでしょう。 しかし、助手席にチャイルドシートをつけるときにはいくつか注意点があります。 一つ目は、エアバッグ装着の座席では、後ろ向きのチャイルドシートを使用しないこと。 事故などで衝突した場合、エアバックが作動するようになっています。 後ろ向きのチャイルドシートの場合、エアバックの作動によって大きな衝撃を受けていまいとても危険です。 道路交通法への記載はありませんが、チャイルドシートの取扱説明書などには、後ろ向きでの助手席への装着はしないようにと注意書きがされています。 まだ、ねんね期の赤ちゃんのチャイルドシートは、必ず後部座席につけるようにしましょう。 二つ目の注意点は、前向きであっても出来るだけ座席を後ろに下げて取り付けること。 これもエアバックによる巻き込み事故を避けるためです。 赤ちゃんを安全に車に乗せるためのチャイルドシートなので正しく使って赤ちゃんを守ってあげたいですよね。 後部座席の赤ちゃんの様子が気になるときは? ねんね期の赤ちゃんが乗るチャイルドシートは後ろ向きのものがほどんどです。 後ろ向きのチャイルドシートは後部座席にしか着けられません。 でも、後ろの赤ちゃんの様子が気になりますよね。 そんなときは赤ちゃんの様子が見れるアイテムを使いましょう。 後部座席のヘッドクッションに取り付けるタイプのベビーミラーなどがお手頃価格で便利です。 広角で映るものもあるのでしっかり赤ちゃんの様子が見ることができます。 これでママと赤ちゃんの2人きりでのお出かけも安心なのではないでしょうか。 チャイルドシートはどこにつけるのが正解? チャイルドシートは道路交通法により、6歳以下の子どもはチャイルドシートなしで走行してはいけないとされています。 つまり、6歳以下の子どもを車に乗せるときは必ずチャイルドシートをつけなくてはいけません。 でも、そこで気になるのが「車のどの座席に着けるか」です。 実をいうと道路交通法ではチャイルドシートの着用こそ義務付けられていますが、どこにつけるかまでの指定はないのです。 なので、どこにつけても道路交通法違反にはなりません。 安全性の面で言えば、後部座席への取り付けが安全とされています。 事故の状況にもよりますが、交通事故に遭ったときに最もダメージを受けにくいのが後部座席とされているからです。 大切な家族。 しかも赤ちゃんだから一番安全な場所に乗せてあげたいですよね。 まとめ 大切な赤ちゃんとの楽しいお出かけ。 チャイルドシートの取扱説明書をよく読み、て安心安全にお出かけできるように、取り付け位置にも気を配ってあげてくださいね。 カテゴリー• 123•

次の

ミニバンのチャイルドシート3列目は危険?良い取り付け場所知ってますか?

チャイルドシート どこに つける

チャイルドシートのはてな? 日本では、2000年から 6歳未満の子どもを車に乗せるときは、チャイルドシートの使用が義務付けられています。 ただ、このチャイルドシート、まだまだ歴史は浅く、パパやママ世代にとっても、なんとなく~という知識で、使用していることも多いのではないでしょうか。 そういうわたしも子どもが生まれるにあたって、慌ててチャイルドシートについて調べたうちの一人です。 ここからは、そんなチャイルドシートについて、詳しく見ていきますよ〜! チャイルドシートはどこに付けるのがベスト? チャイルドシートを購入し、最初に悩むのが、車のどの場所に設置したらいいのか?ということではないでしょうか。 これは車の形態、チャイルドシートの種類によって、多少異なってくるのですが、 一般的に一番安全なのは、後部座席の真ん中といわれています。 ここだと車の側面から遠いので、横からの衝撃を受けた場合でも、一番安全です。 ただ、シートベルトの形態や4人乗りの車の場合は、この場所には付けられないですよね。 そのような場合は 運転席の後ろか助手席の後ろに付けるようにしましょう。 じゃあどっちに付けるのがいいの?となりますが、これはママやパパの生活スタイルによって使い分けることをおすすめします。 事故に遭ったとき、運転手は自分の体を守りますので、運転席の後ろのほうが安全だといわれています。 ただ、ママやパパが一人で子どもを乗せ、出かけることが多い場合は、運転席の後ろでは子どもの様子が見えづらくて気になりますよね。 そんなあなたには、助手席の後ろに付けることをおすすめします。 また、この場合、車を停めたときに車道側になるので、子どもの乗り降ろしがさせやすいというメリットもあります。 普段はパパが仕事に車を使っているので、子どもと車でお出かけするときは、ほとんどが家族3人揃ったときです。 そのため、チャイルドシートは運転席の後ろ、そして、その横の助手席の後ろに私が座ることになっています。 」 子どもの安全面を一番に考慮し、それぞれの家族の生活スタイルにベストな設置場所を考えるといいですね。 助手席の設置は法律違反になるの? 上で後部座席がいいという話をしましたが、ママやパパが一人で子どもを乗せて車で出かけることが多い場合、助手席にチャイルドシートを付けるのが一番いいのではと考えますよね。 これは法律違反になるのでしょうか? 結論からいうと、 法律違反にはなりません。 道路交通法では設置場所についての規定はないので、助手席に付けていても違反にはなりません。 助手席にチャイルドシートを付ける危険性 助手席にチャイルドシートを付けても法律違反にならないということがわかりました。 でも、助手席に付けると危険ということは、誰もが聞いたことがあると思います。 なぜ危険なのでしょうか? エアバッグが危険 助手席にはエアバッグが装備されていますよね。 これは、大人の体を守ってくれる大切な装備です。 ただ、このエアバッグ、衝撃が強いので、子どもの小さな体に適したつくりではないのです。 万が一事故が起きた時、 エアバッグによって窒息してしまう恐れもありますので、本当に危険です。 助手席は危険 エアバッグ以外にも危険な理由があります。 それは、交通事故が起きたとき、 助手席の死亡率が一番高いということ! これを聞くと、可愛い我が子は、助手席に座らせたくないな~と思ってしまいますね。 わき見運転による危険 もう一つ助手席にチャイルドシートを付けると危険な理由があります。 それは、 運転手がわき見運転をしてしまうということ。 子どもって結構チャイルドシートが嫌いなんですよね。 うちの子どももですが、しばらくするとグズグズ言い出すことがよくあります。 そんなとき、助手席でグズグズ言われると、運転手であるパパママは気が散ってしょうがない!これは、とっても危険なことです。 スポンサーリンク チャイルドシートは前向き設置?後ろ向き設置? チャイルドシートをつけている車を見ると、前向きの場合と後ろ向きの場合があることに気づきます。 チャイルドシートって前向きに付けるんでしょうか?それとも後ろ向き? これは、チャイルドシートの種類によって、違いはありますが、だいたいのチャイルドシートが、 体重10キロ未満(生後9カ月頃)までは、後ろ向きに設置し、体重10キロを超えると、前向きに設置するようにと決められています。 これはお使いのチャイルドシートに書かれていますので、必ず説明を読み、守るようにしてくださいね。 子供のためにチャイルドシートは正しく設置しよう 今回は、チャイルドシートの設置場所や設置する向きについて、詳しく説明させていただきました。 また、チャイルドシートを助手席に設置する危険性もお分かりいただけたと思います。 大切な我が子の命を守ることができるのは、ママであるあなたです。 チャイルドシートは正しく使用し、車でのお出かけをめいっぱい楽しんでくださいね!.

次の