ま ふま ふ サクリファイス。 サクリファイス

サクリファイス (1986年の映画)

ま ふま ふ サクリファイス

1 黒 赤 クリーチャー — デビル Devil プレイヤーがパーマネントを1つ生け贄に捧げるたび、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。 波乱の悪魔はそれに1点のダメージを与える。 この際にがあれば3点となり、があれば毎ターン1でを補充できる。 は様々。 がに指定された後は、環境を支配するの一種として、の スゥルタイ・サクリファイス Sultai Sacrifice が隆盛。 では2日目使用率2位となり 、Top8の半数を占め、優勝を飾る活躍を見せた。 翌週のでは3日目使用率1位となった。 などが禁止された後は、代わっての ジャンド・サクリファイス Jund Sacrifice が躍進。 では使用率2位となり 、を全勝優勝に導いた。 では使用率1位となった。 参入後は、新たにやを獲得。 それまでも存在していたの ラクドス・サクリファイス Rakdos Sacrifice が躍進し、のためになどで墓地を構成が主流となった。 (このカードがあなたの選んだ相棒であるなら、あなたは1回のみゲームの外部からこれを唱えてもよい。 ) あなたがコントロールしていて点数で見たマナ・コストが奇数である発生源がパーマネントやプレイヤーにダメージを与えるなら、代わりに、それはそのパーマネントかプレイヤーにその点数の2倍のダメージを与える。 詳細はおよびを参照。 であるやではの操作量、およびへの確認操作(をするか)が特に多くなりがちなデッキとして知られる。 [] サンプルレシピ [] 初期型 [] 黒赤• ベスト4()• 使用者:• (++++) Rakdos Aristocrats 土地 25 4 2 4 5 10 クリーチャー 23 4 3 4 4 4 4 呪文 12 4 4 4 サイドボード 15 4 4 2 1 4• のタイプ。 追加のとしてが、追加の要員としてが採用されている。 やとのも重要。 [] 青黒赤緑• ベスト8()• 使用者:• (++++) 4C Sacrifice 土地 24 3 4 4 3 2 2 2 1 2 1 クリーチャー 20 2 4 2 4 2 2 4 呪文 16 1 4 2 4 2 3 サイドボード 15 2 3 2 4 3 1• のタイプ。 のに加えてまで採用されており、サクリファイスととのとも言える。 [] 黒緑青• 優勝()• 使用者:• (++++) Sultai Sacrifice 土地 25 4 2 3 5 1 4 2 4 クリーチャー 15 4 4 3 3 1 呪文 20 1 2 4 3 4 2 4 サイドボード 15 2 2 2 4 1 1 2 1• のタイプ。 は採用されておらず、食物デッキの一種とも言える。 [] オーコ禁止後 [] 黒赤緑• 使用者:• (++++) Jund Sacrifice 土地 25 4 2 3 5 1 4 4 2 クリーチャー 23 3 4 4 2 2 4 2 2 呪文 12 4 4 4 サイドボード 15 2 4 1 3 1 1 1 2• 王冠泥棒、オーコなどがされた後ののタイプ。 を含むやの対策として、が4枚されており、もから採用されている。 [] 黒緑• 使用者:• (++++) Golgari Sacrifice 土地 25 8 7 4 4 2 クリーチャー 23 4 4 3 4 4 3 1 呪文 12 4 4 1 2 1 サイドボード 15 2 1 1 1 4 1 1 2 1 1• 王冠泥棒、オーコなどが禁止された後ののタイプ。 [] テーロス還魂記後 [] 黒赤緑• 第12位()• 使用者:• (+++++) Jund Sacrifice 土地 25 4 1 4 4 1 4 4 3 クリーチャー 19 4 4 3 4 2 2 呪文 16 2 2 2 4 4 2 サイドボード 15 1 2 2 2 1 2 3 2• 参入後の黒赤緑のタイプ。 [] 黒赤• ベスト8()• 使用者:• (+++++) Rakdos Sacrifice 土地 24 4 2 4 4 6 4 クリーチャー 25 4 3 4 3 4 4 3 呪文 11 1 4 2 4 サイドボード 15 4 1 1 1 1 1 2 2 2• テーロス還魂記参入後の黒赤のタイプ。 [] 脚注• [] 参考•

次の

サクリファイス (小説)

ま ふま ふ サクリファイス

その相手の効果モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。 2 :このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値分アップする。 3 :このカードの効果で装備したモンスターと同名のモンスターは攻撃できず、その効果は無効化される。 で登場した・の。 のがした時にの・の1体をにする、そのでしたの元々の分する、そのでしたののとを妨害するを持つ。 の指定が緩く、やでをするだけで簡単に揃う。 はそのから・もしやすく、や、等でもを揃えられる。 を名指しで指定しているのでも利用でき、それらはとしてもにできるので、同士でのも可能である。 もう一方は「」と非常に緩いのため、等のやによってをにすることも狙いやすい。 ではと相性が良く、1なのでとを共有でき、あちらのですればそのままできる。 は消費するが、や等でをからした場合も同様のことが可能。 なのでのでもできる。 また、専用のやにも対応する。 1 〜 3 の3つのは連動する関係にある。 のにして、 1 のによりをとしてできる。 できるの数に上限はなく、その数が増えるほど 2 ので自身はされ、さらに 3 によりのの動きを制限できる。 のにして、 1 のでそのをすれば、 3 のによりそのをにできる。 のも指定できるので、でをするや、等の自身をとしてことでをするにも有効である。 もちろんとなったではなく、やのの高いをして、に備える選択肢もある。 ただし、がをしなければ、このは・共に0であり簡単にされる。 してもなので別のを打たれたり、よりが高いを出されたりするとされる。 1 のにのみ頼るのは危険なので、やのを併用したい。 単独でする場合はの高いが存在する場合の牽制程度に考えるか、事前にを上げておく必要がある。 1 のはであり、したのの直後にしなければならない。 つまり、《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》が2体いる場合、1つのに対しどちらか1体しかをできない。 なお、次のにまたをすれば2枚以上する事は可能である。 この場合、攻守は2枚以上のの合計分アップする事になる。 1のみではあるが、のを1度だけにする手段として、からの選択肢にもなるだろう。 を化するは多いが、等の系にも有効なのはなどのをにするもの以外では珍しく、貴重な対抗手段となる。 をにするをで指定する、珍しいを持つ。 それゆえ、上記にもあるようにのにして、 1 のをし、そのをすれば、そのをにできる。 やをとしている場合、それらのとして扱うやはやと扱ったまま、が化される。 をしている場合、は「として扱うが、 2 のはしてもになる」という状態になる。 3 のは、(からの自己)といった「以外でした」もになる。 一方、から読み取れないとなるが、「にで存在する時以外の、しない」はにならないようである。 以下、について列記する。 がされている時、2枚目の同名はにある時として扱う。 がされている時、2枚目ののからの自己は可能。 がされている時、2枚目ののまたはからの自己は可能。 がされている時、2枚目のはされてもにできない。 の代用は、での状態であるならばになる。 の状態・にある状態ならば代用は有効となる。 なお、後に登場したが似たようなとなっている。 ながら、本命の展開を始める前にこのを置いておけばを牽制しつつ展開を進められる。 等ではでしたで呼び出すとして利用された。 元と比較してがなくなった代わりに、複数のをできるようになった。 原作では及びは複数体のをできた。 これまでののでは、元となるとを共有できた。 (例:とは、としてとを共に使用できる。 ) しかし、このの元ののとして指定されているはであるため、こののにはならない。 にある「ミレニアム・アイ」は原作・アニメDMでが使用した「 千年眼 ミレニアムアイ 」を意識したものだろう。 7つの千年アイテムの1つで相手の心を読む力を持っており、ペガサスはそれをに利用する事で圧倒的な強さを誇っていた。 の目玉たちも、元であるとは違い、作中の「千年眼」と同じ金色になっている。 あちらが「『千個の眼』を持つ」であるのに対し、こちらは「『 千年眼 ミレニアムアイ 』を持つ」となっている。 3 の効果について Q:このがをしている場合、同名ののとして扱うはどのようになりますか? A:として扱うは、に存在する状況ですと化されます。 ですが、に存在する場合は化されませんので、として扱います。 のに際しの代わりにしたいのですが、どうなりますか? A:がの場合は、がになるための代わりにする事ができません。 がであるならば、の代わりとしてにする事ができます。 のに際しの代わりにしたいのですが、どうなりますか? A:をの代わりとしてにする事ができます。 のとしての(をにした後にされる)はされますか? A:はい、をにして自身を扱いとしてできます。

次の

遊戯王カードWiki

ま ふま ふ サクリファイス

概要 [ ] を題材としたであり、レース中の事故を巡るでもあり、主人公の心の葛藤が描かれるでもある。 作者自身はロードレースファンではあるものの、本作の執筆時点でレースを実際に観戦したことはなく、に乗ったこともなかった。 の生中継の最中に解説者により紹介されるなど、自転車関係者の間でも好評を得た。 外伝も数作発表されているほか、の作画でもされた。 には、自転車レースの頂点、を舞台とした続編『』が刊行された。 あらすじ [ ] からへ転向し、プロチームに所属する 白石誓。 誓の仕事は、チームのエースの勝利のためにをすること。 エースに付きまとう黒い噂、次期エースを目指す同期のライバル、元恋人との再会、様々な出来事が誓の心を揺さぶる。 そして、ヨーロッパでのレース中に悲劇が起こる。 登場人物 [ ] 白石 誓(しらいし ちかう) チーム・オッジの新人。 親しい人からは「チカ」と呼ばれる。 身長170cm、体重60kg。 高校時代は陸上ので1位になった実力者だったが、勝利を期待する重圧に耐えられず、偶然夜中にテレビで見たに惹かれ転向を決める。 大学卒業後、チーム・オッジにスカウトされる。 伊庭 和実(いば かずみ) チーム・オッジの一員。 23歳。 白石と同時にチーム入りした新人だが、ベテランのチームメイトを追い越し、石尾に次ぐ実力。 赤城からは「まるでか気取りだ」と揶揄される。 天然の癖毛で童顔に見えるが、口調は辛辣で無駄に敵を作りやすい。 石尾 豪(いしお ごう) チーム・オッジのエースで日本を代表する自転車選手。 33歳。 峠を得意とする。 身長162cm、体重52kgと小柄な体格。 3年前、頭角を現し始めた新人を、エースの座を守るために事故に見せかけて再起不能にしたと噂される。 赤城(あかぎ) チーム・オッジの最年長。 36歳。。 7年間、石尾のアシストに徹してきた。 江口(えぐち) チーム・オッジの一員。 白石の1年先輩に当たる。 斎木(さいき) チーム・オッジの監督。 監督就任前からエースの座にいる石尾にはあまり強く言えず、扱いづらく感じている。 初野 香乃(はつの かの) 誓の幼なじみで元恋人。 中学生の頃から高校3年まで付き合っていた。 白石が試合に行く時いつも「私のために勝って」と言っていた。 マルケス・イグナシオ の、サントス・カンタンの選手。 袴田 一平(はかまだ いっぺい) 元チーム・オッジの一員。 3年前のレース中に、下り坂で石尾と接触し背骨を強打、下半身不随となる。 現在はの選手。 漫画 [ ] の作画で漫画化され、『』()で2008年14号から2009年19号まで連載された。 全23話。 単行本は(秋田書店)より全3巻が刊行された。 2009年7月17日発売• 2009年8月20日発売• 2009年9月18日発売 日本国外での刊行 [ ]• 새크리파이스 (2009年4月、出版:シゴンサ、訳:、)• 犧牲 (2010年6月、、訳:、) 脚注 [ ] [].

次の