車 検証 見方。 意外と知らない! 車検証の中身とその見方、保管場所について解説!

『車検証を見て自動車が4WDかどうか判断可能なのでしょうか?』 三菱 コルト のみんなの質問

車 検証 見方

車検ステッカーの見方 車に貼ってある車検ステッカーにはいくつかの種類があります。 まず、普通車では平成29年1月以降のステッカーと、平成28年12月以前の車検ステッカーのもの。 また、軽自動車のステッカーは黄色になっています。 ここでは、それぞれの車検ステッカーの見方を解説していきます。 平成29年1月以降のステッカー 平成29年1月以降のステッカーであれば、表面には車検を行う年度と月が記載されています。 そのため、それまでにはできれば車検を行ったほうがよいです。 ただし、こちらの表記に関しては、年により年度の記載位置が移動するので戸惑う人もいるかもしれませんが、数字だけみれば問題はないです。 また、 裏面には有効期限の年月日が記載されているので、そちらを過ぎないように必ず車検を行ってください。 平成28年12月以前の車検ステッカー 現在の車検ステッカーに対して平成28年12月以前のものは、透明なふちがあるので一回り小さく感じるものになっています。 こちらは、 表面には有効期限満了年が〇で囲まれて上部に記載され、その下に満了月が記載されています。 上記のものと比べれば見にくいかもしれませんが、しっかりと見れば確認可能です。 なお、裏面は上記と同様に有効期限の年月日が記載されています。 この日までには必ず車検を行ってください 軽自動車のステッカーは黄色 軽自動車の場合では、 ステッカーはナンバープレートと同様黄色になっています。 こちらは軽自動車以外の車両が青色であることから、区別するためにそうしているのでしょう。 なお、肝心の有効期限に関しては、上記の平成28年12月以前の車検ステッカーと同様に、有効期限満了年が〇で囲まれて上部に記載され、その下に満了月が記載されています。 そのため、それまでに車検を行うようにしましょう。 車検証の見方 それでは、車検証の見方についてここでは解説していきます。 実は、この車検証にはさまざまな情報が記載されています。 そのため、車検の有効期限以外の項目も必要によってはみておいたほうがよいでしょう。 また、この車検証には2つのタイプがあるので、それぞれの違いも見ていきます。 なお、この他に車検証にあるQRコードの使い方もお伝えします。 車検証にはさまざまな情報が記載されている 車検証には、車検の有効期限が満了する日はもちろん、車に関するさまざまな情報が記載されています。 例えば、 車両番号、初度検査年月、自動車の種別、用途、自家用か事業用かの区分、乗車定員の人数、車両重量、車両総重量、車名、所有者または使用者などが記載されているものです。 これらの情報をみれば税金がいつから上がるのかなど、わかることもあるので項目に目を通した上で大切にしまっておいてください。 車検証には2タイプある この2タイプの違いは、自身で購入した車であるのか、それともリースやローンで車に乗っているのかで違うものです。 まず、前者の一般的なタイプは「所有者」と「使用者」の欄が記載されています。 自身で車を購入した場合交付されるタイプがこちらになります。 一方で、後者では所有者の欄がなく使用者の欄だけあり、車の所有者は備考欄に記載されています。 また、こちらのタイプは車検証の取得は事前に国土交通省に申請が必要となり、リース会社やディーラーなど所有者と使用者が異なる事例で交付されるタイプです。 以上の2つのタイプが車検証にはあります。 車検証にあるQRコードとは こちらは簡単にいってしまえば、車検証の偽造を防止したり、業務の簡略化のために利用されます。 車検証は車検を通った証でもありますが、一方でどうにかして車検を受けずに車に乗りたい人もいます。 そのような人の中には、偽造された車検証を使う人もいるため、これを防ぐためにQRコードが使われるようになりました。 また、現在車検を行う修理工場などでは紙からデジタルへと移行しています。 そのため、QRコードを利用したほうが作業効率が上がるために、使われるようにもなりました。 なお、こちらはユーザーであるあなたでも簡単に使えます。 やり方は簡単で、スマホを使ってQRコードを読めば、 車体の登録番号・車両番号、登録年月日・交付年月日、車体の形状、車体の重量、所有者・使用者の氏名と住所、車検の有効期限、ナンバープレートの情報などが記載されていることを確認できます。 したがって、車両情報を閲覧したい場合にはこちらの方法を使うのもよいでしょう。 車検をするか売却するか迷っている場合 もし、車検をするか売却するか迷っている場合には、一度それぞれのメリットとデメリットを確認してみましょう。 そうすれば、あなたにとってもっともよい判断ができます。 また、もし買い替えを行うことを決めて、車の売却をするのであればおすすめの買取業者を紹介します。 メリットとデメリットを確認 買い替え、もしくは車検に通した場合に、どのようなメリットとデメリットがあるのかを確認していきましょう。 まず、買い替える場合には、車検には通さないので費用が節約できます。 また、新車に買い替えれば、次の車検の際に買い替えを行ったとしても高い価格で売却が可能です。 一方で、買い替えのデメリットとしては車検費用が掛かることが挙げられます。 そのため、貯金を切り崩すか、ローンを組まなくてはなりません。 この他、当然のことですが面倒な手続きも必要になります。 次に、車検に通した場合にメリットを考えてみましょう。 こちらは買い替えと比較すれば、費用面では大きく抑えられます。 もちろん、場合によっては高額な費用が掛かるかもしれませんが、それでも新車よりは安くすみます。 ただし、デメリットもあります。 それは、車検を通して使えば使うほど当然修理が必要になりますし、税金なども高くなっていくので、経費と維持費は増えていきます。 さらに、売却を考えたとしてもあまり価値が付きません。 そのため、本当に使用できなくなったときには、ほぼ元手無しの状態で買い替えることになります。 それぞれの メリットやデメリットを参考にして、あなたの場合ではどちらが得であるのか判断してください。 車を売却するなら カーネクストがおすすめ もし、買い替えることを選び、車を売却したいのであれば業者選びが重要です。 なぜなら、業者によっては買取価格が大きく異なりますし、受けられるサービスも違うからです。 また、特に後者に関しては、場合によってはこちらの負担や手間などを軽減してくれるのでより大切です。 ただし、そうはいってもそのような業者に心当たりがないこともあるでしょうから、ここでおすすめの買取業者 「 」を紹介します。 カーネクストは、 どのような車でも0円以上の買取を保証し、レッカー代や書類代行、査定が無料の世界販路を持っている業者です。 コストを抑えてお得に売却できるカーネクストを利用してみてはいかがでしょうか。 参考: 車検の見方はしっかり理解しておこう 車検ステッカーは普通車と軽自動車で3つの見方があります。 また、車検証には車検の有効期限だけでなく、車両番号、初度検査年月などさまざまな情報が記載されています。 なお、こちらはQRコードをスマホで読み取ってもみることが可能です。 もし車検をするか売却するかを迷っている場合には、 買い替えるメリットとデメリット、車検に通すメリットとデメリットを確認してください。 くれぐれも期限を過ぎないように、車検関連のものの見方はしっかり理解しておきましょう。 各都道府県での車検のいろは 各都道府県での車検に関する情報をまとめました。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

普通車の車検証の見方をとても丁寧に解説しています。

車 検証 見方

できるだけ安く、近所の民間車検を探すためには口コミや価格の比較は必須ですが、一件一件価格を調べるのはとても手間がかかります。 そこでおすすめなのが、ネットで民間車検を比較して申し込む方法です。 「ホリデー車検」「EPARK車検」などWEB申し込みができるサイトがありますが、中でもおすすめは「楽天車検」。 楽天車検は加盟店数ナンバーワンで、やエネオスなどの全国展開している大手も加盟しているので、作業の品質も心配することなく安心して利用できるでしょう。 ネット割で最大66%OFFになったり、楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあったり、お得に民間車検を探すことが可能です。 もちろん楽天会員ではなくてもご利用いただけます。 車検証の項目と見方 車検証にかかれている内容は、車に関する基本情報だけではありません。 今さら人には聞けない車検証の見方を、それぞれの項目ごとにわかりやすく解説していきます。 ・自動車登録番号または車両番号 車検証は正式には「自動車検査証」といいます。 車検証の先頭にかかれているのが「自動車登録番号または車両番号」の欄です。 ここにかかれている数字や記号は、あなたの車に取り付けられているナンバープレートの番号になります。 ですから車検証がなくてもナンバープレートにかかれている内容を控えておけば、「自動車登録番号または車両番号」が分かります。 ・登録年月日/交付年月日 「自動車登録番号または車両番号」の右隣にかかれているのが、「登録年月日/交付年月日」です。 これは「新車を購入した場合」と「名義変更した場合」で異なります。 新車を購入した場合は、新規で登録した日付が記入されています。 これに対して名義変更した場合は、現在の所有者(あなた)の名義に変更された日付が記入されています。 ・初年度登録 「登録年月日/交付年月日」の右隣にかかれているのが、「初年度登録」です。 初年度登録というのは、現在あなたが所有している車が最初に登録した日付のことを言います。 新車で購入した場合は「登録年月日/交付年月日」と「初年度登録」は同じになります。 中古車を購入した場合は、あなたが今所有している車が新車登録された日付が記入されています。 ・自動車の種別 「自働車の種別」は、車検を通すときに確認する部分です。 車の種別は「小型」「普通」「軽自動車」のほかにも「大型特殊」があるのですが、この種別によって車検登録の際に印紙代にかかる費用が異なります。 そのためユーザー車検の場合は、「自動車の種別」を見ることによって車検登録に必要な印紙代がいくらになるのかがわかります。 ・用途 「自動車の種別」の右隣にかかれている「用途」は、「乗用」「貨物」のほかにも「乗合」と「特殊」の4種類に分かれます。 ここで書かれている用途の内容は、自動車重量税を計算する際に必要になります。 あらかじめ費用を準備する際は、あなたの車がどのような用途で区分けされているかを確認する必要があります。 ・自家用・事業用の別 この項目では「自家用」と「事業用」の2つに分けられます。 車検を通す時や登録を行う際には「自家用」と「事業用」では法定料金に違いが出ます。 そのため車検を通す時は特に注意して確認する必要があります。 ・車体の形状 あなたの車の形の特徴をわかりやすく表示したものです。 箱型やバン型のほか幌型などで表示されます。 ・車名 あなたの車を製造したメーカー名が書かれています。 そのためこの欄には「トヨタ」「ホンダ」などのようにメーカー名が書かれています。 ただしここで書かれているのはあくまでも「メーカー名」なので、あなたの車の車種名ではありません。 ・乗車定員 乗車定員は、あなたの車に乗ることが出来る最大人数がかかれています。 乗車定員は車種によって変わるので、あらかじめ確認しておきましょう。 ・最大積載量 最大積載量の表示があるのは、貨物車両の場合になります。 貨物車両は荷物を運搬することが目的の車なので、「どれだけの荷物を載せることが出来るのか」が表示されています。 ちなみに貨物車両の場合は、車検証にかかれている最大積載量と車体の後ろ側に張られたステッカーの数値が同じである必要があります。 また車体に最大積載量が記入されたステッカーが貼られていない場合はNGです。 ・車両重量 車全体の重さを数値にして表しています。 ここでの数値は車検の法定費用の1つである「自動車重量税」を計算する際に必要になります。 車に人や荷物が乗っていない状態の重さを表すのですが、ガソリンは満タンに入っている状態を想定して計算します。 ・車両総重量 車を実際に走らせたと仮定した場合の総重量を数値にして表示しています。 ・車台番号 車には、必ず車体番号がつけられています。 車体番号はあくまでも車を識別するために個別に割り振られているため、所有者が変わったとしても車体番号が変わることはありません。 ・長さ 車の長さを表しています。 「長さ」の数値は車庫証明を発行してもらう際に必ず必要になります。 ・幅 車体の幅を数値で表しています。 「幅」も車庫証明を発行してもらう際に必ず確認する項目です。 ・高さ 地面から車体の高さを図った数値が記入されています。 車庫証明をとる際も必要ですが、高さ制限がある道路や橋を通過する上でも目安となりますので、車の所有者は必ず確認しておきましょう。 ・前前軸重 前輪のみの軸にかかる重量を表示しています。 ・前後軸重 前後軸重の記載があるのは、タイヤの数が5本以上のものの場合に記載されます。 ちなみに前後軸重は、前から2列目の軸にかかる重量を表しています。 ・後前軸重 後輪のみの軸にかかる重量を表示しています。 ・後後軸重 後前軸重の記載があるのは、タイヤの数が5本以上のものの場合に限られます。 ちなみに後前軸重は、後ろから2列目の軸にかかる重量を祓わしています。 ・型式 あなたの車を特定するために個別に発行されている記号です。 インターネットなどの一括見積などで確認を求められることが多いです。 アルファベットで始まる記号で表示されます。 ・原動機の形式 原動機とは「エンジン」のことをいいます。 そのため車検証に書かれた「原動機の形式」というのは、「あなたの車がどのようなエンジンを載せているのか」がかかれています。 ・排気量又は定格出力 あなたの車の排気量を数値化して表示しています。 ・燃料の種類 車の種類によって使うことが出来る燃料は決められています。 一般的には「ガソリン」と表示されていますが、車によっては「軽油」「LPガス」などの表示の場合もあります。 ・型式指定番号 よく間違えやすいのが「型式指定番号」と「種別区分番号」です。 この2つの番号は自動車取得税の計算と関係があります。 ちなみに「型式指定番号」というのは、車のグレードを「メーカー別に数値化」したものです。 ・類別区分番号 車には様々な装備品がついていますが、それらを細かく分類して数値化したものが「類別区分番号」となります。 ただし後付した装備品は含まれません。 そのため、あくまでもメーカーのオプションが数値化されます。 ・所有者の氏名又は名称 車の所有者であるあなたの名前が書かれます。 ただしローンで車を購入した場合は、ローンが完済するまではローン会社の名称がかかれています。 ・所有者の住所 車の所有者であるあなたの現住所が書かれます。 ただしローンで車を購入した場合は、ローンが完済するまではローン会社の所在地がかかれています。 ・使用者の氏名または名称 所有者と使用者の名前が異なる場合に書かれます。 ローンで車を購入した場合は、使用者の氏名が「あなたの名前」になります。 ・使用者の住所 所有者と使用者の住所が異なる場合に書かれます。 ローンで車を購入した場合は、使用者の住所が「あなたの現住所」となります。 ・使用の本拠の位置 所有者と所有者が違う場合は、本拠の位置も異なります。 ローンで購入した場合に記入します。 ・有効期間の満了する日 車検の有効期限を表しています。 フロントガラスに張られているステッカーの日付と同じです。 ・備考 あなたの手元にある車検証が「どのような手続きによって登録されたのか」が分かります。 新車購入の場合は「新規登録」となりますし、2年毎の車検によって登録されたものであれば「継続検査」となります。 他にも引っ越しなどによって住所が変更になった手続きを行う場合は「移転登録」と書かれます。 ・QRコード 車検証の下部分につけられているQRコードは、主に「偽造防止」として取り付けられています。 内容の偽造を行ったとしてもQRコードから情報を取り出せばすぐに見破れるようになっています。 また陸運支局などの検査のデータ化や各種車検工場などでも活用されています。 75歳以上の方の車検証の見方 75歳以上になると、運転免許証の更新の際に「認知機能検査」と「高齢者講習」を受けることになっています。 ただし車検証に関して言えば、75歳以上だから特別な車検証が発行されるということではありません。 ただし近年、高齢ドライバーによる死亡事故が多発しています。 そのため認知機能検査で認知症と診断されない場合でも、自主的に返納することが勧められています。 その上でも75歳以上の方の場合は、車検証に記載されている「有効期間の満了する日」を確認することがポイントです。 車検を通せば2年間は車をそのまま乗り続けても法律上は問題ありませんが、その間に75歳の誕生日を迎える場合は「免許証の返納を考える良いタイミング」としておらえておくべきです。

次の

普通車の車検証の見方

車 検証 見方

普通、車検証・検査証と呼ばれていますが、正式名称は 『自動車検査証』といいます。 自動車検査証は常に車に携帯していなければならず、車の身分証明書といえます。 所有者の氏名または名称 この欄が、所有者本人の場合は通常通りの廃車手続きができます。 親族やお知り合いの方の場合はその方の印鑑証明や実印が必要となります。 この欄が、販売店名や金融機関名の場合は「所有権解除」という手続きを行ない、所有者(販売店・金融機関)の委任状・譲渡証・印鑑証明書を取り寄せた後に廃車手続きをします。 使用者の氏名または名称 お車の所有者がディーラーさんやローン会社の場合、この欄に実際に使用している方のお名前が記載されます。 所有者の住所・使用者の住所 お引越し等で実際の住所 (印鑑証明書の住所)と異なる場合は住民票や戸籍の附表を取り寄せた後に廃車手続きをします。 初度登録年月 その車が最初に登録された年月を記載しています。 車の「年式」「初年度」を聞かれた時はここの年月日をお答えください。 登録年月日・交付年月日 車の持ち主が新たに変わった時など、車検証の記載内容に変更があった時の日付が記載されています。 (年式を尋ねられた時に、ここの数字を読み上げないようご注意ください。 ) 6. 型式 その車の名称や生産期間、排気量、原動機等がある程度ここで分かります。 原動機の型式 その車が、どんなエンジンを載せているかが分かります。 なお廃車される車の部品の中で、一番リサイクルされる可能性が高いのがこの原動機(エンジン)です。 有効期間の満了日 車検証の有効期間が記載されています。 この日を過ぎると車検切れになり、公道を走らせることが出来なくなります。 この日までにお車をお持ち込みください。 総排気量または定格出力 その車輌の排気量を記載してあります。 車両重量 0120-396-813 まずは無料見積りで廃車買取り査定額をチェック 黄色背景 は必ず入力してください。 お名前 メールアドレス 車名.

次の