マイ ナンバー 証明 写真。 スマホより断然ラク!マイナンバーカード申請には「まちの証明写真機」からの“直接申請”が超カンタン! : NewsACT

駅にある証明写真機でもできるって知ってた?覚えておきたいマイナンバーカード4つの申請方法|@DIME アットダイム

マイ ナンバー 証明 写真

パッと読むための目次• マイナンバーカードの写真・・・赤ちゃんはどうやって撮ろう? まずは、 マイナンバーカードの顔写真には条件があります。 ・サイズ:縦4. 証明写真を撮る機械で撮ると思いますが、赤ちゃんや小さい子どもだと、座れないので、撮ることができません。 そんな時はどうしたらいいの? 赤ちゃんや小さい子どもの場合は写真屋さんで撮影してもらうか、自宅でデジカメやスマホを使って撮影する 方法になります。 じゃあ、何で写真を撮るのか? 実はスマホのアプリに、「コンビニ証明写真 Bizi ID」っていうアプリがあるんです! 「Bizi ID コンビニ証明写真」で検索し、アプリをダウンロードしましょう。 1以降。 iPhone、iPad、及び、iPod touchに対応。 Android OS 4. 3 以上を搭載したスマートフォン/タブレットに対応。 ファミリータイプを選択。 赤枠内をタップして、「カメラで撮影する」、「ライブラリから選択する」を選ぶ。 ガイド線に沿って写真の位置を調整しましょう。 その際は、楕円の中心に顔が納まるように、ピンチインやピンチアウトをしましょう。 あとは、マイキャビネットで、該当のデータを選択すれば、プリント番号を確認できます。 コンビニでマイナンバーカード用の写真を印刷しよう! 1、「コンテンツサービス」ボタンを押してください。 2、次に「BiziCard」ボタンを押してください。 3、BiziCardサービス画面にて、10桁の「プリント番号」を入力後、「確認」ボタンを押します。 4、写真に間違いがないか確認して、プリントしたい枚数を指定、「次へ」ボタンを押します。 5、内容と金額を確認いただき「購入」ボタンを押します。

次の

マイナンバーカードのつくりかた | 特集

マイ ナンバー 証明 写真

7月から申請開始となる「マイナポイント」や確定申告での優遇など、保有することでさまざまなメリットが享受できるマイナンバーカード。 10万円の特別給付金申請を機に作成した方がいる一方で、「気になっているけど、まだ申請ができてない」という方も少なくないだろう。 そこで本記事では、マイナンバーカードの4つの申請方法と申請にまつわる疑問とその回答を紹介したい。 これから申請を行う方は、ぜひ参考にしてほしい。 マイナンバーカードの4つの申請方法と必要書類 マイナンバーカードの申請するには、「オンライン」「郵送」「窓口」「証明写真機」の4つの方法がある。 いずれの方法でも、実際にカードが発行されるまでには1か月ほどの時間を要するため、早めに申請を行っておこう。 マイナンバーカードの申請には、期限は設けられていない。 マイナポイントや確定申告での利用、身分証明書としての利用する可能性がなければ、慌てて申請をする必要はないだろう。 オンライン(スマホ/PC) 自宅から一番簡単に申請できるのが、オンラインでの手続き。 マイナンバー通知カードと一緒に送付された「個人番号カード交付申請書」に記載されている申請書ID(23桁)を使って、パソコンやスマホから申請ができる。 詳細は以下の記事も参考にしてほしい。 【参考】 2. 郵送 郵送で手続きを行う場合は、個人番号カード交付申請書に必要事項を記入し、顔写真(縦4. 5cm)を貼り付け返信用封筒に入れて投函する。 郵送途中で写真が剥がれ申請のやり直しにならないよう、写真の裏側に氏名と生年月日を記載しておこう。 もし、個人番号カード交付申請書が手元にない場合は、マイナンバーカード 総合サイト内のからプリントアウトする。 窓口 マイナンバーカードは、お住まいの市区町村の窓口からでも申請可能だ。 窓口での申請時に必要となる書類等は、以下の通り。 ・マイナンバー通知カード ・印鑑 ・本人確認書類 ・証明用顔写真1枚(直近6か月以内に撮影した、正面、無帽、無背景のもの。 証明写真機 あまり知られていないのが、街中にある「証明写真機」からの申請だ。 実は、証明写真機の中には、「個人番号カード申請」のメニューが用意されているものがある。 交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざし、そのまま写真撮影を行う。 画面の指示に従い、必要事項を入力していけば、それで申請が完了してしまう。 「カード読み取りに対応したスマホ、パソコンのカードリーダーライタがない方」「平日に市区町村の窓口に行けない方」は、証明写真機からの申請を検討しよう。 カードの受け取りは市区町村の窓口へ 申請には4つの方法があるが、交付されたカードは市区町村の窓口でのみ受け取れる。 その際、マイナンバーカードの「暗証番号(4桁)」、「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6文字以上16 文字以下)」を決める必要があるため、事前に考えておくとスムーズだ。 申請後、カードが出来上がると市区町村から「交付通知書」というハガキが届く。 それを持って、市区町村の窓口に行き、受け取りの手続きを行おう。 市区町村の窓口に行く際は、以下のものを準備する。 マイナンバーカードの申請に関する疑問 最後に、マイナンバーカードの申請に関する疑問とその回答を紹介する。 特に、子供の分もマイナンバーカードを作るべきか、写真はどのようなものを用意すればいいか迷っている方は参考にしてほしい。 子供でもマイナンバーカードは作れる?必要性は? 年齢を問わずマイナンバーカードは作成可能だ。 ただし、15歳未満の子供の場合、申請は法定代理人となる親権者が行う。 申請時には、子供本人も市区町村の窓口に行くことが必要だ。 中には、「子供の分もマイナンバーカードを作成する必要性があるのか?」と疑問に感じている方もいるだろう。 たしかに、大人に比べると必要性は薄いかもしれないが、運転免許証を取得できない年齢の場合、公的な身分証明書として使用できる点はメリットと言える。 子供がアルバイトをする際にも、勤務先にマイナンバーを伝える必要があるため、その都度住民票などの書類を取得せずに済むのも利点だ。 写真はどんなものを用意すればいい? マイナンバーカードは明分証明書にもなる以上、「写真にはこだわりたい」という方も少なくないだろう。 しかし、写真をアプリで加工すると受け付けられないケースもあるため、無地背景・無加工の写真を使うようにしよう。 また、写真は「6か月以内に撮影されたもの」「正面・無帽・無背景」という条件がある。 オンラインからの申請時には、「jpeg」「ファイルサイズ20KB~7MB」「幅480~6000ピクセル、高さ480~6000ピクセル」のものを用意しよう。 顔写真の例は、マイナンバー総合サイトの「」からも確認できる。 写真なしで申請できる? マイナンバーカードの申請には、顔写真は必須だ。 顔写真入りのものを避けたいのであれば、マイナンバー通知カードを使い続けるか、マイナンバーが記載された住民票などを番号証明のために利用するしかない。 申請書IDがわからない、無くしてしまった時は? 申請書ID(交付申請書)が手元にない場合、お住まいの市区町村に問い合わせ交付申請を行う必要がある。 「マイナンバーはわかる」という場合なら、から「手書用の交付申請書」をダウンロードし、申請することも可能だ。 文/oki.

次の

証明写真機「Ki

マイ ナンバー 証明 写真

全国にあるDNP「Ki-Re-i」(マイナンバーカード申請機能付き)の証明写真機はより検索できます。 実際の証明写真機での手続き解説 それでは実際にDNPの証明写真機「Ki-Re-i」での手続きの様子を紹介したいと思います。 まずはメイン画面の真ん中にある「 マイナンバーカード交付申請用」というオレンジのボタンを押します。 次にマイナンバーカードの申請方法を選びます。 手間暇を考えると「この証明写真機から直接申請したい方」が絶対におすすめです。 私は証明写真機で申請までを直接行いたいので「この証明写真機から直接申請したい方」を選びます。 次にマイナンバーカードの交付申請に必要なものが表示されます。 必要なものは1つ。 個人番号カード交付申請書(通知カードがついてあったペラペラの紙)です。 あの紙に書いてある QRコードが必要になります。 次に再び申請の手順が表示されます。 交付申請書(表面)左下のQRコードをスキャナで読み取ります。 顔写真を撮影し、必要事項を確認すれば申請が完了します。 申請が完了すると、交付申請書確認証がプリントされます。 内容を確認すれば次へを押して進みます。 交付申請にあたり個人情報の取り扱いに同意します。 次に利用規約に同意します。 (全部で3ページあります) 証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請は、15歳以上でないと1人で行うことはできません。 ここまでくると、ようやく交付申請書のQRコードを読み取ります。 QRコードは交付申請書の左下(切り取り線の上あたり)にあります。 QRコードのリーダーは証明写真機の上部にあります。 近づけすぎるとうまく読み取ってくれないので、適度に話しながらQRコードを読み取らせます。 あとはQRコードから読み取った申請書IDが交付申請書と同じかどうかを確認します。 この番号の確認作業は重要らしく、再び下7桁の確認を促されます。 ここまでくると、後は通常の写真撮影と同じです。 「レギュラー(800円)」「キレイ(1000円)」など好みに応じてタイプを選びます。 あとは成り行きに従っていけば写真撮影を行うことができます。 写真撮影が終了すると、交付申請の内容を確認します。 初期設定では• 署名用 電子証明書:希望• 利用者証明用 電子証明書:希望• 点字表記:希望しない となっています。 設定を変更するには右側の「内容の変更」を押して変更します。 ここでようやく個人番号カードの交付申請が完了します。 あとは後日はがきで交付通知書が送られてきますので、それと本人確認書類(運転免許証など)・通知カードをあわせて市区町村窓口へ持っていき交付を受けます。 すべてが完了すると証明写真機の受け取り口に「 交付申請確認証」が出てきます。 これは交付に必要なものではありませんが、忘れずにとっておきましょう。 これでマイナンバーカードの交付申請はすべて完了しました。 とても簡単だけど意外に時間はかかるので要注意 証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請はとても簡単です。 ですが、上記の手続きを見ていただくとわかるように、 何かと規約などの同意ボタンが多くて時間がかかります。 通常の証明写真だと2~3分くらいで終わりますが、マイナンバーカードの交付申請は5分もしくはそれ以上は時間に余裕をもっておいた方がよいでしょう。 ただ… それでも他の申請方法よりも簡単なのは間違いないです。 マイナンバーカードの交付は市区町村窓口で忘れず行う これは私が勘違いしていたことなのですが、 マイナンバーカードの交付申請を行ったら自宅にマイナンバーカードが送られてくると思っていました。 ですが実際は、 マイナンバーカードの交付通知書が送られてきて、それと本人確認書類・通知カードをもって市区町村窓口に行かなければいけません。 結構めんどうですよね…。 とはいえ、交付通知書が送られてきたら後は取りに行くだけなので、忘れずに取りに行きたいと思います。 まとめ:機械での申請はとても便利なのでオススメ 以上、証明写真機でのマイナンバーカードの交付申請の方法をご紹介しました。 総合的な感想としては… めちゃくちゃ便利です! というよりは、 他の申請方法(郵便・スマホ)などは面倒でやってられません。 私のようなめんどくさがりの人には…ぜひとも証明写真機での申請をとてもおすすめしたいです。

次の