必殺 仕事 人 激闘 編。 【CR必殺仕事人 激闘編】紹介ムービー

必殺シリーズの全作品レビュー

必殺 仕事 人 激闘 編

とか思ってたら虎の会・死神こと 河原崎建三が今回のターゲットである。 不作に喘ぐ上州・伊香保村で百姓衆の味方し代官所を向こうに廻す硬骨の 国定忠治もどき 博徒・仁吉親分を的とする仕事、依頼人は反対に人望ゼロの嫌われ者コワモテ親分・吉蔵 遠藤太津朗。 疑問に思いながら伊香保へ乗り込んだ仕事人チームは、人格者ぶった仁吉が実は代官 五味龍太郎 とグルの外道で、吉蔵は妻子も子分も失い悪玉に仕立て上げられた被害者と知るのだった。 長年常連悪役として殺されてきた遠藤太津朗への御祝儀回といった印象。 いつにも増して誇張したワル顔メイクで加代に悲惨な事情を語る吉蔵親分、佐渡金山に身売りしてまで仕事料を作ったというのが泣かせる。 で、エンタツさんこの後は『V旋風編』でレギュラー入りなのよネ。 「上方の元締・天満屋彦兵衛 北村英三 が江戸へ下ってきているのが怪しい」というだけの手がかりしかないってェが充分すぎて謎が謎でも何でもないストーリー展開だが……。 それはさておき、彦兵衛は主水 藤田まこと と旧知の間柄。 経済成長の理論に通じる持続可能性のジレンマですナ。 足ることを知る適度な事業に留められたら言うことはないのだが……って人殺し稼業に適度もクソもあったもんじゃない。 このように社会的なテーマを盛り込んで ないない 、彦兵衛の娘 沢田和美 と壱 柴俊夫 の恋そして決着が絡められたり、誤解から竜 京本政樹 が政 村上弘明 を裏切り者扱いする一幕もあったり。 若干ぬるま湯路線にテコを入れようとしている様子が窺えるものの、そこまで葛藤ドラマが生まれているわけではないのが残念。

次の

必殺仕事人V

必殺 仕事 人 激闘 編

この項目では、『必殺仕事人V』の第 1作について説明しています。 その他については「」をご覧ください。 必殺仕事人V ジャンル 脚本 放送日程参照 監督 放送日程参照 出演者 他 ナレーター エンディング 「さよならさざんか」 製作 製作総指揮 (朝日放送) プロデューサー 辰野悦央(朝日放送) 櫻井洋三(松竹) 制作 放送 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 22:00 - 22:54 放送分 54分 回数 26 『 必殺仕事人V』(ひっさつしごとにん ファイブ)は、からまで、系で毎週22:00 - 22:54に放送された、と(京都映画撮影所、現・)共同製作のテレビ。 全26話。 主演は。 の第23作、シリーズの第5作、シリーズの第11作である。 概要 [ ] このシリーズより、を演じると を演じるが登場。 ともに当時二十歳代で独身だった彼らは、前シリーズまでのを演じるとを演じるのコンビ以上に的人気を得た。 なお村上は、前年放送の『』第14話に政のパイロット版とも言える殺し屋小平次役としてゲスト出演している。 京本にとって、初の必殺シリーズへの出演となり、彼の存在が世間に広く知られたことで本作は特に有名ではあるが、前年のに必殺シリーズと全く同じスタッフで作られた連続テレビドラマ『』にレギュラー出演している。 当時の京本は時代劇を中心に出演していたため、現代劇への出演依頼に当初は躊躇しつつも、かねてから自らがファンであった必殺シリーズへの出演の約束をプロデューサーらから提示され、それを条件に出演を果たした。 京本は当初、自分の役柄が秀と同じ「首筋刺し」の技を使う殺し屋と思い、技の型の研究などをして撮影に挑んだが、制作スタッフから勇次と同じ「絞殺型」の技を使う殺し屋役に決定したと聞き、非常に驚いたと言う。 なお政、竜とも、初登場は第1話の前週に放送されたスペシャル『 』であり、同作が実質的な『仕事人V』の序章となっている。 そのため、第1話開始の時点で既に政、竜の新規組と主水、加代ら継続組は仲間になっている設定である。 コメディリリーフとして、相変わらず順之助に迫るオカマの玉助に加え、順之助の親が決めた許嫁のお新が登場し、順之助を巡って、二人のいさかいとなる場面が毎回挿入された。 第9話「主水、キン肉オトコに会う」では当時、大ブームとなった漫画『』の作者、の二人がゲスト出演した。 シリーズのファンである二人と藤田の雑誌対談 が出演のきっかけとなった。 ゆでたまごは1シーンだけのではなく、この回のメインゲストであり、仕事人たちにこの世で晴らせぬ恨みを託し、死ぬまでを演じている。 本放送時期に上映された映画『』の撮影で、竜役の京本が右脚を骨折。 本作の撮影にも支障を来たすこととなり、第21話以降、竜の出演シーンは仕事料の分配と殺しの場面のみとなり、京本自らの嘆願により、が代役で竜の全身シーンを演じた。 この影響もあり従来の仕事人シリーズより短い全26話で終了となった。 最終回となった第26話「主水、下町の玉三郎と出会う」は次々作『』で、はぐれ仕事人・弐を演じるが、仕事人・早変わりの梅富 役でゲスト出演した。 また、『』以降、仕事人・瓦屋の陣八郎役でレギュラー出演するが悪役として出演している。 あらすじ [ ] ある一家の恨みを晴らすため、主水、加代、順之助、おりく、組紐屋の竜、花屋の政がでの大仕事を完遂してから、数カ月後。 主水のグループに竜、政が加入。 新生「仕事人」グループが誕生した。 登場人物 [ ] 仕事人 [ ] 演 - 所の定町廻り同心。 表、裏での投げやりな態度も相変わらずだが、竜、政を仲間に加え、仕事に挑む。 演 - 何でも屋で、仕事人の密偵。 金儲けは一段とセコくがめつくなり、誇張した守銭奴的キャラとして描写されている。 一時期は首にギプスを巻いていた。 第4話以降は殺しの衣装に着替えて出陣する。 最後の仕事を終えたあと、主水に見送られ江戸を去っていった。 (第26話) 演 - 組紐屋。 中性的な外見の青年。 伊賀の忍 九十九一族の出身で、抜け忍となり、に渡って来た。 里の忍たちが自身を狙っていることを知った際は主水たちに迷惑を掛けたくないという一心で敢えて無愛想になり、江戸を抜けようとしたが、主水たちの協力で忍者軍団と戦い、九十九一族を葬った(第12話)。 最後の仕事を終えたあと、主水に見送られ江戸を去っていった。 (第26話) 演 - 花屋。 加代の借家の一階に住んでおり、加代に花屋の商売を手伝わせることがある。 主水たちと組む前は竜とコンビを組み、裏の仕事を請け負っていた。 情に流されやすいが、初期は嫌味な部分もあった。 曲がったことを嫌う熱血漢で、自身の身内が殺された時などは一人で暴走し、主水と対立することがあった。 最後の仕事の際、殺害相手を警護していた忍に顔を見られ、命を狙われたが生き延びており、主水・加代・竜が集まった場所に姿を見せた後旅立った。 (第26話) 演 - 西洋医学所に合格するため、日々、勉学に励む受験生。 許婚のお新と玉助の執拗な求愛に辟易している。 加代と同じく、第4話以降は殺しの衣装に着替えて出陣する。 最終話で、西洋医学所の試験に合格したのを機に仕事から外されるが、加代と合流し一緒に最後の仕事を遂行、その後長崎へ留学するために江戸を去るが、一人遠くから他の仲間の旅立ちを見送っていた。 演 - 仕事人の元締。 今回は三味線屋を営まず、流しの三味線弾きとなっている。 家も勇次と住んでいた店ではなく、荒れ寺に住んでいる。 第11話を最後に姿を消す。 ただし、映画『必殺! ブラウン館の怪物たち』には登場している。 裏の仕事のために京都へ旅立つが江戸の元締に先手を打つ為に、江戸へ一足先に戻っており、異人屋敷での死闘には参戦していない。 その他 [ ] 演 - 主水の姑。 あいかわらずの主水をいびるが、第24話では主水に怒られてしまう。 演 - 主水の妻。 せんとともに、婿養子の主水をいびる。 演 - 南町奉行所の筆頭同心で、主水の上司。 いつも主水に怒鳴っている上、面倒な仕事は主水に押し付けている。 中性的な喋り方だがオカマという自覚はなく、第5話で玉助に懐かれた際はその気持ち悪さに引き気味であった。 溝呂木頼母 演 - 妹尾友信 南町奉行所の定町廻り同心。 上司の田中が何か言うごとに「 おっしゃる通りです」とお追従を並べる腰巾着的存在で、主水にとっては迷惑な人物。 ただし、主水を嫌っている訳ではなく、主水の意見に賛同することもある。 演 - 前作『』から引き続き登場。 順之助に付きまとうオカマの中年男性で、本作では神出鬼没に磨きが掛かり、様々な変装で現れるようになった。 順之助の受験合格には喜んでいたが、もう塾に来ることがないと知り、悲しんでいた。 怒ると男の自我を取り戻し、怖い一面を見せる。 お新 演 - 順之助の両親が決めた許婚。 早熟で色事に興味を持ち、お医者さんごっこと称して順之助に迫っては迷惑がられる。 順之助の前ではお淑やかな娘を装うが、勝気な性格で意外に腕っ節も強く、玉助が現れると本性をむき出しにした取っ組み合いの痴話喧嘩となることがあった。 西順庵 演 - 西巴 演 - 三浦徳子 ゲスト [ ] 第1話「主水、脅迫される」• 井出文之進 -• 近藤清太郎 -• お光 - 第2話「主水、混浴する」• お甲 -• 藤七 -• お弓 - 角倉清美• 永瀬 -• 八木原 - 丘路千 第3話「加代、ゴリムリンを売る」• お久 - 中本美鈴• 孫七 -• 鳴門屋 -• 陣十郎 - 玉村駿太郎• 朝吉 -• 格之進 - 第4話「主水 家をしめ出される」• 下山 -• お直 -• 白雲道人 -• 玄円 -• 円了 -• お志乃 - 田中千恵 第5話「主水、奉行所の人員整理にあわてる」• お京 -• 瀬川 -• 鬼平次 -• 弥助 - 第6話「りつ、減量する」• 儀ヱ門 -• おはる -• 猪之吉 -• 銀次 -• 渡世人 -• 浪人 -• 玄心 -• 勘太 -• おたね -• 弥吉 - 寺下貞信• 宗匠 -• 行商人 - 和田昌也• 女形 - 大迫ひでき• 瓦版屋 - 平井靖• 嘉ヱ門 - 第7話「主水、生体解剖に腰を抜かす」• 源庵 -• 幸兵衛 -• お君 -• 弥助 - 小林芳宏• 良庵 -• 仙三 -• お峰 - 鳴尾よね子• 東舟 -• 小太郎 - 第8話「加代、モグラ男夫婦にあてつけられる」• お絹 -• 石亀 -• 丸塚の留五郎 -• 名張屋の矢源太 -• 勘太 -• 権八 - 第9話「主水、キン肉オトコに会う」• 松之助 - 嶋田隆司()• 竹吉 - 中井義則()• 梅太郎 -• 上林 -• 三谷 -• 上州屋 - 大木悟郎• 原田 - 筑波健• おみよ - 第10話「主水 ヘソクリを盗まれる」• 綾乃 -• 三野田伊織 -• 森田屋利平 -• 梶木仙十郎 -• お袖 -• 大和屋徳兵衛 - 第11話「主水、送別会費を全額盗まれる」• 双つ頭の海蛇 -• 権三 -• 兵六 -• おはん - 酒井葉子• 伊造 - 司裕介• 白不動 -• 浦島亀吉 - 第12話「組紐屋の竜 忍者と闘う」• 野猿 -• 長 -• 初音 -• おばば- 香月京子• 菊丸- 中嶋俊一• おたえ- 世利ゆかり 第13話「主水、ヒヒ退治する」• 青柳市兵衛 -• 伝次 -• 大黒屋宗兵衛 -• お小夜 -• 武州候 -• 雲州候 - 高橋仁 第14話「主水、上役の田中と出張する」• 岩鬼典膳 -• 雲井 -• 小沼 -• 高倉 -• おちか - 第15話「主水、いじめられっ子になる」• 越後屋七兵衛 -• 八重 -• 佐助 -• 倉沢 -• おこう -• ゆき - 野口一美• お光 - 駒田真紀• おひさ - 小林泉• 女房 - 中塚和代• 娘たち - 大和さおり• 娘たち - 阪本谷麻由子• 長屋の女 - 松本光樹• 長屋の女 - 奥丁啓子• 小間物屋 - 伊波一夫• 与太郎 - 第16話「主水、入院する」• 不知火の荘右衛門 -• 国太郎 - 小川晃志郎• 五郎左 -• 仙之助 -• 吉次 - 五十嵐義弘• 六蔵 - 第17話「加代 子守唄を歌う」• 勘助 -• 矢崎 -• お葉 -• 銀次 - 第18話「花屋の政 ワル仕事人と闘う」• お涼 -• 音吉 -• 辰蔵 -• 卯之吉 -• 甚八 - 武井三二 第19話「加代、天才男と商売する」• 木阿弥 -• 大黒屋徳兵衛 -• 宗久 -• 佐理衛門 -• お千代 - 荒井路• 小野寺主膳 -• 瀬川 -• 丑松 - 第20話「主水、田植えする」• 弥平 -• 仙次 -• 正太 - 池田直人• 松五郎 -• おみち - 桐山まゆみ• 花吉 - ホープ豊 第21話「組紐屋の竜 右足を傷める」• ちよ美 -• 一文字屋 -• 天堂 - 原田高司• 音松 -• 駒吉 - 中嶋俊一• 泉州屋 - 岡村嘉隆• 浪人- 諸木淳郎• 魚屋 - 平井靖• 伊助 -• 客引き女 - 岡田雅江 第22話「主水、イッキ飲みする」• 梶原 -• お千加 -• 村岡 -• お妙 -• 源庵 - 小竹林義一• 文蔵 - 第23話「加代、五千両の金塊を拾う」• 田倉勘助 -• 後藤伊三郎 -• 跡部 -• のぶ -• 銀三 - 第24話「花屋の政 雷雨の中で闘う」• 名良屋藤左衛門 -• 清次 - 氏家修• お品 -• 丁子屋仙蔵 -• 根岸左太夫 -• 紅林堂市兵衛 -• 八重 -• 手下 - 第25話「主水、源氏と平家に泣かされる」• 牛若 -• お静 -• 重兵衛 -• 源九郎 -• お徳 -• 梶原 - 丘路千 第26話「主水、下町の玉三郎と出会う」• 早変りの梅富 -• 徳川宗孝 -• お島 -• 田村郷八 - 殺し技 [ ] 中村主水 悪人を油断させながら、一瞬の隙を付いて、脇差を相手の急所に刺す。 本作では脇差の柄を抜き、現れた仕込み刃で悪人の急所を刺す変則技を多用している。 わざと隙を見せ、悪人に刀の柄を取らせ、現れた刃で相手の急所を突き刺す技も使用した。 組紐屋の竜 先に鈴の付いた赤と黒の二色の組紐を悪人の首筋目掛けて投げ、首に巻き付け、宙吊りにして吊り上げ、窒息死させる。 相手によっては、二人同時に宙吊りにする大技も見せることがある。 仕事人狩りから逃れ、道具を持たずに訪れた温泉宿で偶然、出くわした悪人たちを仕置した際は例外的に、大道芸人の独楽の紐を使用した(第6話)。 台本では二色の組紐ではなく、五色の紐を絡めて窒息死させると記載されている。 花屋の政 出陣の際にへし折った季節の花の枝で、悪人の首筋を突き刺す。 竜同様、温泉宿での仕事の際は咄嗟の機転で、氷柱を使用した(第6話)。 西順之助・何でも屋の加代 前作同様、型の投石器を使用。 本作では電磁石機能を加え、パワーアップした。 電磁石は第15話以降 、式からダイヤル式に変更になり、アームを変える必要がなくなった。 温泉宿での仕事の際は宿の庭にあったを、投石器の代用にした(第6話)。 おりく の撥で、悪人の咽喉を瞬時に斬り裂く。 スタッフ [ ]• 制作 - (朝日放送)• プロデューサー - 辰野悦央(朝日放送)、櫻井洋三(松竹)• 脚本 - 、、保利吉紀、中原朗、、鶉野昭彦、• 音楽 -• 監督 - 、八木美津雄、、、、、家喜俊彦• ナレーション• 語り -• 作 -• 協力 - 、新演技座• 製作協力 - 京都映画撮影所(現・松竹撮影所)• 制作 - 朝日放送、松竹 主題歌 [ ]• 主題歌 - 藤田絵美子 「さよならさざんか」 () 作詞:、作曲:、編曲: 次作『』でも引き続き使用された(歌詞は1番のまま変わらず)。 レギュラー出演者ではない歌手が歌ったのはの「浜千鳥情話」以来。 挿入歌 - 京本政樹「哀しみ色の…」(ビクターレコード・(現:)) 作詞・作曲:京本政樹、編曲: 放送日程 [ ]• 放送対象地域 放送局 系列 備考 制作局 テレビ朝日系列 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 テレビ朝日系列 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 テレビ朝日系列 テレビ朝日系列 日本テレビ系列 TBS系列 フジテレビ系列 TBS系列 フジテレビ系列 テレビ朝日系列 現・静岡朝日テレビ ・ TBS系列 テレビ朝日系列 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 日本テレビ系列 ・ テレビ朝日系列 日本テレビ系列 TBS系列 テレビ朝日系列 TBS系列 フジテレビ系列 テレビ朝日系列 TBS系列 テレビ朝日系列 TBS系列 脚注 [ ]• 次作『』以降の主水シリーズでは、鍛冶屋の政。 Vジャンプ編集部編 『キン肉マン 290クイズブック』 集英社、2019年、166頁。 160-161• ただし、劇中では梅富と呼ばれる描写は無い。 ORICON NEWS 2015年3月10日• これは演者の鮎川が首を怪我をした事による措置。 カツラも首に負担がかからない軽量の物を着用していた。 第1 - 3、9、11話• クレジットは「起こし」(かつてのと同じ形)• 第1、16話• 第1、2話• 野際は政の養母でもある仕事人役。 後にスペシャル『』『』で、レギュラー出演を果たす。 斉藤と萬田は劇場第1作『』の石亀とその妻 お娟役。 2人は次作『』に夫婦役で、レギュラー出演する。 塩沢は後に劇場映画『必殺! ブラウン館の怪物たち』にゲスト出演。 賀来は政の元恋人である被害者役。 当時、村上と賀来は交際が噂されていた。 のちに『必殺仕事人2009』第2話に被害者の母親役でゲスト出演する。 第6話他• 第7、25話• これは当時発売されていた週間テレビ番組にも本作放送開始時の番宣ページに記載されている。 第16話を除く。 藤田まことの実娘。 現在 [ ]は・EMIKOとして活動中• ELISE(アットエリーゼ). 2016年1月19日閲覧。 前後番組 [ ] 系 金曜22時台(当時はの制作枠) 前番組 番組名 次番組.

次の

必殺仕事人V・激闘編

必殺 仕事 人 激闘 編

概要 [ ] の小説『』『殺しの掟』などを原作とした『』に始まる一連のテレビシリーズおよびその派生作品の総称で、金銭を貰って弱者の晴らせぬ恨みを晴らすために裏の仕事を遂行していく者たちの活躍と生き様を描く。 主人公たちの多くは表向きはまともな職業についているが、ひとたび依頼を受けると各々の商売道具を使った裏稼業を行う。 多くはであるが、シリーズ初期では、暗殺よりも弱者の復讐を代行する意味合いが強かった。 原作付きの『必殺仕掛人』、原案付きの『』を除いては完全なオリジナル作品である。 一般的なを旨とする時代劇とは異なり、主人公側の扱いは基本的に善美の体現者ではなく、あくまで金のために殺しを行う利己的なアンチ・ヒーローである。 殺し屋という社会的に悪とされる職業を正当化するに当たっては、「どう理屈をつけようと所詮殺しは悪として自覚しており、自分達が『正義の味方』にならないよう敢えて金をとっている」「表の法ではどうしても裁くことができない悪人のみを殺す」「万に一つの間違いもないよう調査による裏付けを取った上で実行される」といった倫理面でのフォローが劇中で行われている。 シリーズによって多少変わるものの、基本路線は現実主義的、的な作風となっており、仕事の依頼者や仲間が殺されても黙殺する場面がある。 その一方で、人助けをしたり、世の中を良くしたいと願う者もおり、しばしばグループ内の軋轢やに苛まれ、それが作品テーマとなることもある。 15作目『』を境として前期と後期に分けられ、2作目の『』や10作目『』を前期代表、『仕事人』を冠したシリーズが後期の代表とされることがある。 また、がレギュラー登場するシリーズと、それ以外に分けることもある。 前期と後期のおおまかな違いとして、まず70年代に制作された前期作品は非情でアンモラルな世界観や映画的な深みのある脚本と演出が特徴であり、現在もシリーズを愛好するマニア層から高く評価されている。 一方で80年代以降の後期作品はお茶の間向けTVドラマとしての作りに徹し、毎回の筋立てはワンパターン気味ながらも、より娯楽性を増した殺陣の映像美が人気を博し、当時劇場映画化に繋がるほどのブームを呼んだ。 ただし後期シリーズにおいても、現在も内容面で一定の評価を受けている作品はある。 また、前期の作品にはを配してのや、や化などの過激な描写が見られる。 後期でも過激さは薄れたものの、良識派層からの批判は多かった。 外部制作のテレビドラマ・のほとんどは、数年後に製作した放送局がと映像保有権を手放すが、必殺シリーズは2019年現在も朝日放送テレビが著作権を保有し続けているため、必殺シリーズの映像に関しては、朝日放送テレビが映像保有元となっている。 番組構成 [ ] 構成はシリーズを通して大きな変化はなく、大まかには以下のようになっている。 依頼人(被害者)を中心とした物語進行(多くは主人公達の誰かが関わることになる)• 依頼人が何らかの方法で晴らせぬ恨みを晴らして欲しいと金銭で依頼• 依頼料の分配と出陣、そして殺陣• 顛末と後幕、次回予告 前期シリーズでは2の部分で既に殺し(もしくは問題解決)の依頼を受け、メンバーが調査に出向く一方で被害者(依頼人)の物語も進行する流れも見られたが、後期はパターンが定着し、ほぼこのストーリーラインに沿った展開となった。 依頼人である被害者は悪人に殺される・自ら親族や恋人などの仇を討とうとするも返り討ちに遭う・自害または入水し果てるなどで死亡したり 、仕置きを依頼した後(もしくは仕置き後)に何処へと去っていく流れとなっている。 また、一部の女性被害者(町娘や農民の娘など)はとして身を売って得た金銭で依頼した後、岡場所で働く事になる流れとなる場合もある。 被害者を苦しめた悪人が仕事人に始末されて恨みを晴らしても、被害者の結末は基本的にバッドエンドである。 オープニングのナレーションは、最初期では裏稼業に関する説明的な内容となっており、中期以降には裏稼業者の視点によるものが増えた。 なお、ナレーションは基本的にオープニングのみで、劇中にナレーションが挿入されることは滅多にない。 主題歌・挿入歌 [ ] 詞の内容は悲哀・孤独・旅・望郷・風・過去との決別などについて歌ったものが多い。 の映像は、昇る朝日や沈む夕陽、夜間の水面や入り江、飛ぶ鳥、または本編の登場人物の映像などが多く、スペシャル版ではの風景やが使われたこともある。 変わったものではスペシャル版『夢の初仕事』における撮影所風景というものもある。 が歌った1作目『』の主題歌「荒野の果てに」はシリーズ全体のテーマ曲として扱われ、映画の宣伝のBGMにも使用された。 また、その後のシリーズにおいても、同曲のファンファーレ「」や、それを意識した楽曲が殺陣に使われたりすることもあった。 スペシャル版には、『』の主題歌「やがて愛の日が」や『』の主題歌「」も流用された。 前期ではなど、主題歌を歌う歌手が本編にゲスト出演することが多かったが、中期になるとなどのレギュラー出演者が主題歌を歌うようになる。 対して挿入歌は(主題歌歌手が挿入歌も歌う場合を除くと)初期から出演者が歌うことが多かった。 また後期では一般的なドラマの主題歌と同じく、に流用されない主題歌も増えた。 上記のように後期の一部の主題歌を除いて、音楽はが担当した。 『』と『』ではが、『』ではが音楽を担当しており、平尾の曲は一切使われていない。 また、平尾の曲の大半はが編曲している が、映像では竜崎の名は主題歌の編曲者としてのみクレジットされることが多く、劇伴曲の編曲者としてもクレジットされたのは『』など一部の作品のみである。 後期になると出演者であるが音楽製作に加わるなど平尾以外の人物も作曲に携わったが、平尾の曲が使われた作品では、平尾以外の作曲家は原則として映像にはクレジットされていない。 2作目の『仕置人』以降は、音楽担当者が新規参加となった『商売人』『うらごろし』を除き、過去の作品の楽曲を流用している。 『』では新曲が作られなかったり、『』のように多くの新曲が作られながら、既出の楽曲を多用した作品もある。 特に後期では新曲は少なくなり、主題歌・挿入歌およびそれらのアレンジ版が使用されるケースが多くなっている。 次回予告・制作トピックス [ ] 前期では、当時の朝日放送のアナウンサーがナレーションを担当していた。 ちなみに最多登場は野島一郎。 文面の多くは当時助監督だった高坂光幸が作成したといわれ、その詩的な表現が好評であった。 仕事人隆盛期以降 は、私服姿のレギュラー出演者 が次回のあらすじを説明し、最後に「時代劇は、必殺です」のフレーズで締めくくるパターンが定着した。 これに影響されたのか『』や『』『』などのテレビ朝日系ドラマにおいてレポーターや出演者が画面に登場しながらあらすじを説明する予告編が増加した。 『仕事人IV』の後半(1984年4月放映分)からは予告の直後に数秒だけ流れるミニコーナー「制作トピックス」が設けられ、近々開始予定の新作シリーズや撮影でのちょっとしたエピソードなどを紹介していた。 これらの趣向は番組が毎週放送から改編期のスペシャル版に移行した後は姿を消し、ナレーションもない一般的な予告パターンとなる。 内容 [ ] 裏稼業 [ ] 基本的に裏稼業者たちは表向きの顔と職業を持っており、裏稼業(殺しや潜入)においてはほとんどの場合、商売道具を武器・凶器として利用したり、表の稼業で培った特殊技能や身体能力を応用する者が多い。 商売道具以外では自分の愛用品(煙管や剃刀等)を使う者もおり、武士出身の裏稼業者では剣術がおもな殺しの手段になる。 ただし、劇中で用いられているものを普通に使うだけでは殺しの道具にならなかったり、かなりの身体能力を要するため、視聴者を含む一般人が真似することは難しい(詳しくはを参照)。 また、主人公達は基本的に3名から5名のチームで行動するが、単なる利害や金だけの繋がりなど、ドライな関係のものも多く、全く互いを信用していないケースもままある。 また、シリーズによっては裏稼業の同業者に依頼を斡旋・統括する「元締」がいる。 なお、メンバー全員が殺しを行うことは稀で、通常1名または複数名の諜報担当者や殺しのサポート役がいる。 彼らにはいくつかの掟がある(以下はあくまで原則であって、各シリーズによって細部が異なる場合や例外も多い)。 代表的なものとして、• 依頼料(頼み料)は原則として全額前渡し(『仕掛人』のみ前金・後金の2回払い)で、依頼料はその内容に関わらず、その仕事に参加した頭数で等分する。 依頼を受けるか否かは個々の自由であるが、一旦金を受け取ったら必ず依頼を遂行しなければならない。 依頼料の相場は数文から数百両と、シリーズや話によって開きがあるが、仕事の際は金を受け取ることが原則である。 裏切りや裏稼業の掟に背くことは許されない。 また、奉行や敵に捕まったりした場合でも原則として救援されず、チーム存続の危機を招いた場合は仲間内で粛清されることもある。 しかし、実際には何らかの策(江戸を出てほとぼりを冷ます、仲間の反対や掟を押し切った助けがくる、仲間が依頼通り敵を仕置きし結果として助かるなど)で切り抜けることが多い。 仲間(あるいは他の裏稼業者)以外に裏稼業を知られてはいけない。 もし、知られた場合には相手が誰であろうと殺さなければならない。 しばしばストーリーの鍵となる掟であるが、実際にはこの掟によって目撃者が殺されることは滅多にない。 のように、むしろそれをきっかけに仲間入りすることもある。 裏稼業の大義は「晴らせぬ恨みを晴らす」「世のため人のためにならない殺しはしない」であり、単なる暗殺や殺し屋稼業とは一線を画する。 ただし、主人公チーム以外にも金さえ貰えば標的の素性を問わず殺しをする同業者もおり、これは作中で主に「外道」と呼ばれ、主人公チームとの戦いのエピソードもある。 元締が登場する『必殺仕掛人』や『新・必殺仕置人』では依頼が正当なもの(単なる暗殺ではない)かどうか裏付けを取るのは元締で、その調査に手抜かりがあった場合には元締が殺されることもある。 裏稼業の呼称は原則的にシリーズのタイトル名と合致している。 例えば「仕事人」を冠する場合、本シリーズの登場人物全て が殺し屋の「仕事人」という呼称を用い、過去に用いられていた「仕置人」「商売人」といった呼称は登場しない。 また、スペシャル版などで他のシリーズの人物が登場しても、その特番に冠された名称となる。 ただし、一部例外があり、過去のシリーズと直結している場合は、物語の冒頭でその名称が用いられることがある(『江戸プロフェッショナル 必殺商売人』の第1話や『必殺仕事人』の第1話のナレーションなど)。 また裏稼業(殺し)そのものを表す言葉も、基本的に裏稼業名に準ずるが(仕掛人なら「仕掛」、仕事人なら「仕事」)、前期シリーズにおいては「仕置」が用いられることが多かった。 殺し技 [ ] 必殺シリーズには多種多様な殺し技があり、各話のクライマックスを彩るものとなった。 シリーズ全体の傾向として、年を経るごとに演出を含めて奇抜なものが増えていった。 『必殺仕掛人』の主人公である医師のは、商売道具である鍼を用いたが、場合によっては刃物も使い合理的な仕掛を行った。 これがのちのシリーズで「現実には再現できない殺し技」へと推移していった背景には「過去の殺し技との差別化を図り、常に視聴者の興味を惹きつけるため」「視聴者が真似をして事故が起きないようにする、あるいは事故を懸念しての批判を回避するため」という制作側の配慮がある。 例えば、吊り技にしても『仕置人』では単に縄を使った首吊りになっていたが、の三味線糸やが使う組紐のように、実際には人を吊ることの出来ない物に変更されている。 殺し技は刃物・刺突・徒手空拳・紐・その他に大別でき、なかでも刃物や刺突型の武器を用いた技は、ほぼ全てのシリーズに登場する。 ただし、同じ系統の技であっても、用いる武器はその人物の表稼業に関連づけられており(刀剣を使う裏稼業者でも、「正面から堂々と斬る」「忍び寄って刺殺」「急襲しての居合い斬り」など各人によって演出が異なる場合がある)、シリーズごとの演出にも工夫が凝らされている(透視映像や心電図などを使った人体破壊の描写等)。 また、出演者が元プロ野球選手である、の武器をとするなど、殺し技に的な要素が盛り込まれる場合もあった。 上記以外でも、通常では凶器とは考えられない物を用いた奇想天外な技=の火吹きやなどが用いられることがあった。 一方で、飛び道具や・毒物の類は少なく、射程距離、使用回数、助手など、何らかの制約があることが多い。 特に毒物を使う裏稼業者は『』の経師屋の涼次など、非常に少なく、それもかなり特殊な毒物で一般にイメージされるものとは異なる。 ただし、敵方の同業者には、やなどの飛び道具や毒物を用いる者もいる。 シリーズ一覧 [ ] TVシリーズ [ ] タイトル 放送期間 話数 放送時間 備考 1972年9月2日 - 1973年4月14日 33 土曜22:00 - 22:56(途中から - 22:55) 原点となるシリーズ第一作。 唯一の原作付き(『仕掛け人・藤枝梅安』)。 マカロニウエスタン調の殺しのBGM「」は、シリーズのトレードマーク的な代表曲となり後の作品にも度々流用されており、一般的にも知名度が高い。 劇場用作品が3作制作された。 1973年4月21日 - 10月13日 26 土曜22:00 - 22:55 が初登場。 念仏の鉄の骨外しにレントゲン撮影の特殊効果が初めて使用され、以後もシリーズの名物となる。 放送中発生したが物議をかもした。 1973年10月20日 - 1974年6月22日 36 前述の事件の影響でタイトルから「必殺」が外される。 シリーズ初の殉職者。 中盤から殺しの実行役(島帰りの龍)が参加。 12話で藤田まことが中村主水役でゲスト出演。 1974年6月29日 - 12月28日 27 前番組に引き続きタイトルに「必殺」なし。 主題歌「」が大ヒット。 劇中の台詞「なりませぬ」が流行した。 シリーズ初の主人公(糸井貢)の殉職。 物語開始時点で実行役が全員殺しの未経験者なのは、シリーズ中唯一の例。 放送中、による放送時間・ネット局の変更が行われたが、対策が功を奏せず、視聴率は半減する。 第20話はシリーズ初のクライマックスにおける「殺し」がない回。 1975年7月4日 - 1976年1月9日 28 金曜22:00 - 22:55(途中から - 22:54) 人気の高かった中村主水をキャラクターシフトの中心に据えた、いわゆる「主水シリーズ」の3作目で実質的な1作目。 かつて棺桶の錠を演じたが今度は一転クールで二枚目の市松を演じ、映像美を追求した作風で視聴率回復を担った。 1976年1月16日 - 7月23日 28 金曜22:00 - 22:54 前作から引き続き中村主水が登場。 必殺仕掛人放送時のライバル番組『』の主演だった中村敦夫をレギュラーに迎え、話題を呼ぶ。 シリーズ放送200回を記念する24話では、過去作に出演したキャストのカメオ出演が行われた。 1976年7月30日 - 10月22日 13 銀幕の大女優が初めてレギュラーとして出演。 3度目の出演となる緒形拳、後に常連となる芦屋雁之助らが脇を固め、早坂暁メインによる脚本の評価も高くギャラクシー賞受賞。 1976年10月29日 - 1977年1月14日 11 『新・必殺仕置人』制作のための事前交渉が難航したため急遽制作された、穴埋め的作品。 次作に出演予定でスケジュールを確保していた山崎努が主演を務めた。 1977年1月21日 - 11月4日 41 中村主水が初めてクレジット上でトップとなる。 人気キャラクター、が再登場(かつ今作で最後)。 元ミスタータイガースが元締虎役で起用される。 『必殺仕事人』以前では最多の放映回数であった。 『必殺20年のあゆみ』で、シリーズ最高傑作と評される。 1977年11月18日 - 1978年2月10日 13 初の旅物シリーズ。 『必殺からくり人』同様に山田五十鈴、芦屋雁之助、緒形拳が出演するが同作との関連性はない。 1978年2月17日 - 8月18日 26 『必殺必中仕事屋稼業』のおせいが再登場。 中村主水の妻りつが懐妊する。 18話でシリーズ放送300回達成。 1978年8月25日 - 11月24日 14 『新・必殺からくり人』の続編。 沖雅也が3度目の出演。 1978年12月8日 - 1979年5月11日 23 当時流行の現象を取り扱った作品。 視聴率の悪化によりシリーズ自体の打ち切りも検討された。 1979年5月18日 - 1981年1月30日 84 原点に立ち返り、好評を得たことで視聴率が回復、シリーズ歴代最多の84話が制作された。 以降のシリーズの方向性を決定付け、「必殺と言えば仕事人」とされるほど看板作品となった。 元締が3人交代登場するなどレギュラー出演陣の途中入れ替えが幾つかあり、左門の職業と殺し技も途中から変更されている。 、(第29話からの途中参加で、本作での職業は何でも屋ではなく質屋の共同経営者)が初登場。 1981年2月6日 - 5月1日 13 からくり人の流れをくむ旅物シリーズ。 京マチ子が女元締兼殺し屋役として主演、過去作で主題歌「」「」を歌った西崎みどりが初めてレギュラー出演する。 1981年5月8日 - 1982年6月25日 55 が初登場。 華麗でスマートな勇次と秀によって女性視聴者層も増加、様式美など内容のパターン化も定着し、お茶の間人気が向上して高視聴率を弾き出すようにもなった。 今作の華麗な殺し技路線は後の作品にも影響を及ぼし、仕事人ブームの礎となった。 1982年7月2日 - 9月24日 13 『必殺仕舞人』の続編。 レギュラーメンバーは同じだが、晋松の殺し技が拍子木を使ったダイナミックなものに変更。 1982年10月8日 - 1983年7月1日 38 西順之助が初登場。 前作『新・必殺仕事人』の続編で、第21話はシリーズを通しての最高視聴率回となった(関西地区、37. 1983年7月8日 - 10月14日 13 中村雅俊が殺し屋役を演じたことで話題を呼ぶ。 渡辺篤史が殺し屋役として再登場。 『新・必殺仕置人』以来となる殺しの場面でのレントゲン撮影の特殊効果が使用される。 1983年10月21日 - 1984年8月24日 43 人気の高まりを受けて、本作のレギュラーが登場するシリーズ初の劇場用作品『』が制作される。 以降テレビシリーズの登場人物が出演する劇場用作品が定番となり、5本作られた。 1984年8月31日 - 12月28日 18 三味線屋の勇次が主人公。 『仕舞人』でおなじみの京マチ子と高橋悦史、『からくり人』の芦屋雁之助、『』の小野寺昭らによる豪華キャスト陣で、殺しのシーンのエンターテインメント性が顕著に表れている。 1985年1月11日 - 7月26日 26 前作までの三味線屋の勇次、飾り職人の秀に代わって、花屋のが初登場。 ファン層の継承に成功し、第二次仕事人ブームを生む。 山田五十鈴が最後のレギュラー出演。 1985年8月2日 - 11月8日 13 シリーズで数々の印象的な悪役を演じたが主人公役を演じる。 『必殺からくり人・富嶽百景殺し旅』以来の絵解き要素が登場。 西崎みどりが最後のレギュラー出演。 1985年11月15日 - 1986年7月25日 33 ソフト路線からハード路線へ方針転換するが、視聴率が伸び悩み再びソフト路線への転換を余儀なくされる。 政が花屋から鍛冶屋に転職。 準レギュラーを含め、最も殺しの実行役が多い(6人)。 1986年8月8日 - 10月31日 12 飾り職人の秀が主人公。 笑福亭鶴瓶、西郷輝彦らが脇を固め再出演。 『必殺からくり人』以来となる、全話通しての敵組織が存在する。 1986年11月7日 - 1987年3月6日 14 加代に代わり虎の娘お玉が登場。 西順之助が再登場。 『必殺仕事人』以降で初めて最終回で殉職者が出る。 1987年3月13日 - 7月31日 19 旋風編から間隔を開けず翌週開始の連続続編(実質的にタイトル変更テコ入れ)。 三浦友和が殺し屋役としてレギュラー出演する。 金曜22時台の放送枠では最後の主水シリーズとなる。 1987年8月8日 - 9月25日 8 テレビシリーズ中、最も話数が少ない。 本作終了後、15年に渡り連続して続いていたテレビシリーズ放映がいったん終了する。 1991年10月8日 - 1992年3月24日 21 火曜21:00 - 21:54 4年ぶりのテレビシリーズ。 放送局の事情でシリーズ中唯一の火曜21時台での放送。 中村主水が主人公となった最後のテレビシリーズ作品。 飾り職の秀も再登場。 殺しシーンBGMにも定番の「」を使うなど、シリーズ王道の内容。 2009年1月9日 - 6月26日 22 金曜21:00 - 21:54 との共同制作による、テレビシリーズとしては17年ぶりの作品。 『必殺仕事人』が付くテレビシリーズでは初めて中村主水が主人公から外れる。 レギュラーの殺しの実行役が中盤で殉職するのは『新必殺からくり人』以来で、殺しの実行役が中盤から参加するのは『助け人走る』以来となる。 テレビスペシャル [ ]• 新春スペシャル• 2018年• 舞台 [ ]• 必殺仕掛人(、)• 必殺仕業人ショー(、京都『仕業人』の出演者によるトークと歌謡ショー)• 必殺仕置人(1976年、にて巡業。 詳細不明だが、に伴い、急遽組まれたとみられる)• 藤田まこと特別公演「新・必殺仕置人」(、)• 納涼必殺まつりシリーズ(からの毎年8月下旬、京都)• 必殺シリーズ放送九周年記念公演 納涼必殺まつり「必殺女ねずみ小僧」(1981年)• 必殺シリーズ放送十周年記念公演 納涼必殺まつり「必殺・鳴門の渦潮」(、それに先駆けてで上演された)• 南座必殺シリーズ三周年記念公演 納涼必殺まつり「必殺ぼたん燈籠」()• テレビ放映六百回記念公演 新必殺まつり「からくり猫屋敷」(、組紐屋の竜と花屋の政の初登場作)• 松竹創業九十周年記念・朝日放送創立三十五周年記念 納涼必殺まつり「琉球蛇皮線恨み節」()• 納涼必殺奮闘公演「女・稲葉小僧」(、の復帰作)• 必殺シリーズ十五周年記念興業 納涼必殺まつり「地獄花」(1987年、が神谷兵十郎役で出演。 ほか、あおいと共に『剣劇人』のレギュラーである、も出演)• 藤田まこと特別公演「必殺仕事人 中村主水参上! (地獄花改め)」(、。 が神谷兵十郎役、が役で出演)• 藤田まこと特別公演「必殺仕事人 主水、大奥に参上! 藤田まこと特別公演「必殺仕事人 地獄花」(、名鉄ホール)• 」(、京都南座)• 中条きよし特別公演「必殺三味線屋勇次」(1998年、新歌舞伎座) 劇場用映画 [ ]• なお、の映画で主演の『』もあるが、これは「必殺シリーズ」には入らない。 オリジナルビデオ [ ]• 必殺始末人II 乱れ咲く女役者の夢舞台()• 必殺始末人III 地獄に散った花びら二枚() 漫画 [ ]• 必殺仕置人 - 作画:、中城健、浜慎二ら• 必殺必中仕事屋稼業• 必殺始末人 - 作画:水城隼• (オリジナル作品) - 作画:木村知夫、脚本:山田誠二(協力:朝日放送、松竹)• 闇千家死末帖(オリジナル作品) - 作画:、原作:白川晶• 必殺闇同心 - 作画:、原作:• 新・必殺闇同心 小説 [ ]• (原作) - 池波正太郎• 清兵衛流極意(原作) -• 仕組人必殺剣(オリジナル作品) - 増田貴彦• 必殺闇同心(オリジナル作品) - ゲーム [ ]• () パチンコ [ ]• (2001年)• (2003年)• (2007年)• (2008年)• (2009年)• CRAぱちんこ必殺仕事人III 竜バージョン15(2010年)• (2011年)• CRぱちんこ必殺仕事人桜花乱舞(2012年)• CRぱちんこ必殺仕事人 お祭りわっしょい (2013年)• CRぱちんこ必殺仕事人V (2017年) 歌:• ぱちんこ 新・必殺仕置人(2019年) DVD [ ]• ・「隔週刊・必殺仕事人DVDコレクション」(全133号 予定 創刊) その他(スピンオフ企画) [ ]• (1999年)• (2001年、2002年)• (2008年) - 韓国ドラマ。 KBS()が朝日放送・松竹より版権を買い制作。 必殺シリーズの歴史 [ ] 必殺仕置人殺人事件 [ ] 2作目『』の放送期間中に「」が起きる。 この事件の犯人が「番組を見ていた」と供述したことから、マスコミによる批判が展開され、世論の糾弾を浴びることになる。 結果として、当時の制作局であった朝日放送が、だったから放送を通告される事態に発展した。 しかし、その後、容疑者の「俺はテレビに影響されるほど、安易な人間ではない」という供述により番組と事件の関連性が否定され、打ち切りも撤回された(当時のスポンサーと、そして日本電装の親会社のからの打ち切りに反対する圧力もあった)。 ただし、人気を博していた『仕置人』の延長予定は白紙となり、5作目の『』までタイトルから「必殺」を外す事態となった。 また、次作の『』では、内容も前作までのハード路線からややソフトなものに転換された(中盤でハード路線に戻っている)。 この後も過激な内容を巡る論争は必殺シリーズに付き物となる。 ネットチェンジ [ ] 詳細は「」および「」を参照 に、制作および発信局の朝日放送がをもって、TBS系列からNETテレビ(現・)系列へネットチェンジすることが決定する。 しかしNET系列では、土曜の21時から22時25分までは『』を放送していたため、必殺シリーズはそれまでの土曜22時枠から金曜22時枠へ移動を余儀なくされる。 折りしもこの時は、5作目『』が放送中で、特に第8話「寝取られ勝負」(1975年放送)では、これまでの歴代最高視聴率34. 朝日放送は、系列変更を挟んだ2週にわたり、シリーズ中でも異例の前後編(第13話「度胸で勝負」、第14話「招かれて勝負」)を放送して視聴者をつなぎ止めようとするが、局の見込みに反して視聴率は下降。 また、半兵衛()のによる殺し技が理髪店団体からの抗議を受けるといった問題も起こり、一時、シリーズ打ち切りも検討されたが、最終的に視聴率が好転したため、打ち切りは回避される。 必殺シリーズ以外の朝日放送テレビ製作の時代劇は最終作品の『』がネットチェンジ直前に放送を終了したため、ネットチェンジ以降で、で放送された朝日放送テレビ製作の時代劇は、全て必殺シリーズの作品である。 中村主水の主人公問題 [ ] ネットチェンジによる『』の視聴率低下を受け、朝日放送は次作『』の主人公に『』『』で人気の高かった()を据えることで視聴率の回復を狙った。 これが見事に功を奏し、次作『』でも主水を引き続き起用。 番組内容も徹底して主水を中心に据えたものになった。 しかし、どちらの作品もでは『仕置人』『仕留人』と同様、主水(=藤田)の名前が最後尾()に配置されていたため、主人公はクレジットも先頭に置かれると確信していた藤田が制作サイドに不満を漏らすという問題が生じていた。 これが次の主水登場作『』において、後述のの降板希望も絡んで大きな問題となってしまう。 藤田サイドの抗議は『仕置屋稼業』の時点に始まったが、この時は(市松役)の養父(兼社長)・の逆抗議でうやむやにされてしまっていた。 さらに次作『仕業人』に至っては何の説明も無く(赤井剣之介役)が優先された。 そのため、それぞれの作品の主演が藤田まことではなく、沖雅也や中村敦夫と紹介されることが多かった。 一方、局側もこの扱いに対して何の配慮もしなかったわけではなく、藤田のクレジットに手を加えて 強調することで藤田が主役であることをアピールしようとした。 しかしながら結果的には視聴者に不自然な印象を与えただけで効果はほとんどなく、結局多くのメディアや視聴者に前述の間違った印象を与えることになった。 以上のような事情があって、『仕置人』以来となる(役)との共演により、またもやトメに回されかねない『新・仕置人』への打診に、藤田は同作はおろか「必殺シリーズ」そのものからの降板も辞さぬ構えを見せていた。 さらに、役の菅井きんも、せんのイメージが強すぎて娘の縁談が破談になることを恐れ、降板を希望していた。 そのため、『新・仕置人』のクランクインの見通しが立たないばかりかシリーズそのものも打ち切り寸前の状態になってしまう。 しかし、制作サイドが折れる形で、藤田の希望通りにエンドクレジットに至るまで主人公扱い(先頭に記載 )にされることが決定、藤田は『新・仕置人』への出演を受諾し、シリーズ自体の降板も撤回する。 また、菅井の問題は『』を延長、『』を制作し、『新・仕置人』のクランクインを遅らせることで対処した。 その間に菅井の娘の縁談は無事成功し、菅井は出演を快諾。 そして、シリーズ10作目として『新・仕置人』の制作が開始された。 『うらごろし』の打ち切りと『仕事人』の成功 [ ] 14作目『』は、それまでのシリーズと趣を変え、主人公がによりもたらされた能力で相手を殺す、殺す前に金をもらわないなど実験的な試みが行われた。 しかし、これが大失敗を招き、一部地域では2. これを受けて、「必殺シリーズ」の生みの親であり、当時チーフプロデューサーだったは、シリーズの看板である中村主水を主人公に据え、元締役を登場させるなどして原点回帰作を作ることを決定。 これが振るわぬ場合にはシリーズそのものの打ち切りを覚悟の上で、シリーズ15作目『』の制作が開始された。 『仕事人』は、出演した俳優が諸般の事情で次々と途中降板するといった問題にこそ見舞われたが、演じるが女性視聴者からの人気を得るなど、それまでとは異なった一面を見せ人気を得る。 その続編にあたる17作目『』では、秀と同じく女性層からの人気を得た演じるが登場、さらにそれまでのハード路線からソフト路線へ転換が図られ、老若男女幅広い層に楽しめる内容となる。 このようにそれまでの視聴者層とは異なった層からも支持された結果として『仕事人』およびその続編は高視聴率をマークするようになり、必殺シリーズ人気を確固とした物とする(第1次仕事人ブーム)。 以後、仕事人シリーズは後期必殺シリーズの看板となり、後期シリーズの方向性を決めることにもなった。 『仕事人シリーズ』による人気絶頂期、大衆化・パターン化 [ ] 『仕事人』が終盤に差し掛かった正月には、初の長時間スペシャル『』が放映された。 同年、『新・仕事人』の放映期間中にで舞台『納涼必殺まつり』シリーズがスタートし、まで毎年(8月下旬に開催)の恒例となった。 『仕事人』の成功以降、非仕事人と仕事人シリーズを交互に放送するパターンが定着し、人気も頂点に達した21作目『』の放映中()には、劇場版映画『』が制作・公開され大ヒットする。 以後、劇場版は1987年まで年1作のペースで制作され続けた。 23作目『』では、秀の三田村、勇次の中条が諸事情により降板が決定、ファン層の継承が問題になったが、彼らに代わって、演じると、演じる(のちに鍛冶屋)を登場させ、秀と勇次に劣らぬ女性視聴者からの人気を獲得したことから、第2次仕事人ブームを巻き起こした。 一方、一般視聴者受けのバラエティ化と展開のパターン化が進み、『仕事人IV』の撮影中、藤田まことが現状について「毎回同じことをやっていて芝居がない。 こんなことなら同じフィルムを使い回した方がいい」と苦言を呈したこともあった。 作風の変化に対する賛否 [ ] 中村主水を主役に据えた『必殺仕事人シリーズ』は、(仕事人から見始めた)一般視聴者には好評で視聴率もよく、『』で人気絶頂期を迎えたが、初期作品の作風との違いから従来からの「必殺ファン」の評判は芳しくなかった。 この点について、作家の山田誠二は「前期(仕事人以前)と後期シリーズ(仕事人以降)ではスタッフの製作姿勢が違い、別の作品になっているため」と解釈し、前期シリーズにおいては「紋次郎対策」として高いドラマ性が求められた作風を引き継いでいたことに対して、後期では時代の流れが変わり、気軽に見られるものが好まれるようになったことから、バラエティ番組の趣向を取り入れて番組のフォーマットに変化をつけず、あらかじめ見せる場面(主水に対するいびり、依頼人との関わり、依頼人の死に際 - 依頼場面など)を決めておき、その中で変化をつけるようになっていったと説明している。 これらの違いについて、が「長いトンネルを抜けて最後に明かりが見えるタイプのドラマを、視聴者は受け入れなくなった」とコメントしたように惜しむ者もいれば、「バラエティ化によりシリーズの寿命が延びた」という意見もある。 『ニュースステーション』の開始とシリーズの迷走、一時中断 [ ] 24作目『』の放送中()、キー局のテレビ朝日が、平日 22時枠に『』の放送を決定する。 しかし、金曜 22時枠は朝日放送の「必殺シリーズ」の時間である。 当時の平日 22時枠はドラマやバラエティ番組が常識であり、ここに報道番組を持ってくることはひとつの賭けであった。 その中で「必殺シリーズ」は当時も安定した視聴率を確保・維持しており、朝日放送の制作番組中、数少ない全国ネット番組で看板番組であった。 結果として「必殺シリーズ」が移動することはなく、『ニュースステーション』は月 - 木の22時枠で放送。 金曜のみ、23時枠で『ニュースステーション金曜版』を放送するという形に収まった。 テレビ朝日側は『ニュースステーション』放送開始前に行われた番組制作発表の記者会見の席上にて、「金曜日は週末性を考慮して、23時からのスタートとした」とコメントしており、これは「必殺シリーズ」と朝日放送に配慮した発言だということは明白だった。 『ニュースステーション』はのなどをきっかけに、ニュース番組としての人気と地位を獲得し、それまでの平日22時枠のイメージを覆して高視聴率を叩き出していった。 25作目『』では、仕事人シリーズ開始以後のソフト偏重路線から、初期・中期を思わせるハード路線へと舵を切った。 「後期シリーズの『新・仕置人』」 と高く評価する声もあったが、全体的な視聴者の好みとは合致せず、後半は再びソフト化を強いられる。 また、次作『』では演ずるの事務所トラブルによる降板も重なり 、作風に迷いが生じてしまう。 その結果、視聴率の大幅な低下を招き、2クール以上が通例であった主水シリーズにもかかわらず、全14話で打ち切られた。 シリーズを重ねるごとに「中村主水」の存在感が増し、主水役が重荷になりつつあることを感じた藤田は、年齢に見合った新しい芸域の開拓(テレビ朝日『』、『』)を考えており、『仕事人V・旋風編』を最後に番組降板を願い出ていた。 制作サイドは慰留に努めたが藤田の意志は固く、妥協案として、レギュラー放送の一時中断と年2 - 3回の単発スペシャル番組への出演という形で決着。 藤田扮する中村主水シリーズのレギュラー放送は(当時)最後となる28作目『』となり、次作『』をもって、必殺シリーズは金曜 22時のレギュラー枠から撤退。 1972年9月から放送開始された一連の『必殺シリーズ』は15年の歴史に一旦幕を閉じた。 この後、金曜 21時枠からスライディングしてくる形で現代劇を金曜22時台に2作品放送したが、必殺シリーズ終了後、金曜日22時台に(JNN)がを開始したこともあって、『ニュースステーション』がから金曜 22時枠にも入り、平日 22時台を独占することとなった。 『激突! 』から劇場版『必殺! 三味線屋・勇次』まで [ ] レギュラー放送終了後、スペシャル番組として単発的に放送されてきた必殺シリーズだったが、にシリーズ30作目『』として復活する。 番組開始に当たり、「必殺シリーズ」という看板の大きさと朝日放送が持つ時間枠の兼ね合いが問題になった。 当時朝日放送が持っていた全国ネットの時間枠の中で、ターゲットの視聴者層に沿った21時台以降の枠は金曜21時台しかなかったが、そこでは既に『』が好評を得ており、入れ替える事は困難であった。 そのため、別の放送枠が空き次第と言う事になり、結局という今までとは異なる曜日・時間帯となった。 久々のテレビシリーズ作品とあって制作陣も力を入れ、ハードな内容に仕上げたが 視聴率は振るわず、必殺シリーズは再度長期中断を余儀なくされる。 藤田まことの主水引退宣言、同年公開の映画『』などでは「最後の必殺」などとキャッチコピーが付けられていた。 その後、公開の映画『』では、制作発表時には「必殺の復活」をうたっていたものの、タイトルからして中村主水の死を示しており、キャッチコピーも「シリーズ完結、さらば婿殿」と必殺シリーズの終了を宣言するのに等しいものだった。 その9か月後、サテライトシアターの協力作品としてが制作した主演の『』が公開された。 さらに、には勇次を主人公に据えた映画『』を公開しており、中村主水役ではないものの藤田まことも出演した。 映像作品の新作が作られなくなってからも、やを中心に各シリーズの再放送がほぼ途切れることなく続いた。 から発売された劇場版に続き、からは版が順次発売されている。 また、にはから機『』がリリースされ、人気を得たことで続編もリリースされている。 東山紀之主演による復活 [ ] に主演で『』と題したスペシャル番組の放送が行われる。 主要人物にやといった所属タレントを配した作品であったが、藤田演じる中村主水も登場した。 に、朝日放送必殺仕事人生誕30周年記念及びテレビ朝日開局50周年記念として、『』新春スペシャルが放映され、さらにに連続時代劇ドラマとしてスタート し、シリーズとしては17年ぶりの復活を遂げた。 後半から、新仕事人としても登場した。 2017年には東山が主演に起用されて10周年を迎え、翌2018年には例年通りテレビスペシャルドラマが「復活10周年」記念作品として放送された。 藤田まことの逝去に伴い必殺の顔であった中村主水が事実上必殺シリーズから消えることになる。 中村主水とほぼ同じ設定の同心役で東山紀之を主演に据えたものの、必殺がジャニーズに乗っ取られたと昔からの必殺ファンの間で激しい批判が起こった。 だが、結果的にはジャニーズの面々を据えた必殺シリーズとして以後定着する。 また、出演者たちのくどすぎるセリフ回しや演技が必殺ファンの間で激しく嫌悪されることになった。 ただしこれらの問題の責は必ずしも演者のみに帰するものではなく、監督のを除いて往時を知るシリーズ制作スタッフがほぼ参加していないこと、また時代劇を制作する環境自体が昭和の頃からは劣化してしまっていることによる部分も大きい。 2010年、スペシャル番組『』が企画されに放映された。 直前のに藤田が亡くなっており制作が危ぶまれたが、主水は過去の映像によって再登場。 渡辺小五郎に後を託して「西方」へ赴任するという演出で退場した。 、スペシャル番組『』が制作・放送され、今まで『』などで善人役を演じてきたが初の悪役に挑戦した。 2月17日、テレビ朝日開局55周年記念番組としてスペシャル番組『』が制作・放送され、今まで『』などで善人役を演じてきたが高橋に続いて初の悪役に挑戦した。 ちなみにこの日は、藤田の命日であった。 、スペシャル番組『』が制作・放送され、田中聖の後任として、のが新しい仕事人役で出演した。 高橋英樹も再出演した。 、スペシャル番組『』が制作・放送。 メインキャストは『2014』を継承、新しい仕事人として、が「瓦屋の陣八郎」役で出演。 今回、殺しの対象になる悪役としてが怪僧「燕天」役で出演。 、スペシャル番組『』が制作・放送。 前作から引き続き瓦屋の陣八郎が小五郎の仕事仲間として出演。 今回は元町奉行所に現代で言うところの「リストラ」の波が押し寄せ、小五郎は裏稼業と並行して表の仕事でも苦労をする。 主要ゲストとして敵か味方かナゾの存在「鬼頭新之助」役でが出演。 1月7日、前述のとおり「復活10周年記念」スペシャルドラマ『』が放送(この回に限り、例年とは異なって題名に放送年が付かない)。 主要ゲストとして江戸で頻発する庶民連続自爆死に深く関わる男「壬生の幻楼」役でが出演。 2017年に小五郎の義母こうを演じていた野際陽子が逝去する不幸があったが、撮影は全て終えており、生前最期の出演となる。 また藤田まことが『2010』同様、過去の映像を使用する形で「出演」(回想では無く現在の小五郎と遣り取りをする)、中村主水が「必殺」に約7年半ぶり の登場を果たした。 3月10日、テレビ朝日開局60周年記念番組としてスペシャルドラマ『』を放送。 大商人「上総屋清右ヱ問」役としてがゲスト出演。 小五郎の義母こうが劇中でも亡くなった設定となり、彼女の妹・てん(演・)が渡辺家側の話に加わる。 なお冒頭ナレーションを担当していたが2019年1月に逝去したが、今後のドラマでも当面は市原のナレーションが使用される。 シリーズごとの最高視聴率 [ ] いずれも調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 必殺仕事人IV - 26. 必殺仕切人 - 26. 必殺仕事人・激突! - 20. 必殺仕事人2009 - 14. 途中で打ち切られた局や、しばらくの間放送する他系列ネットの局がある。 放送対象地域 放送局 系列 備考 現・TBSテレビ 1977年3月まではNETテレビ。 『仕事人2007』以降は朝日放送との共同製作局となる。 TBS系列 テレビ朝日系列 腸捻転解消後 TBS系列 腸捻転解消後もしばらくはネット移行せずに、1977年3月まで放送 『』とセットでネット移行。 1977年4月 - 1991年9月 テレビ朝日系列 1991年10月開局から TBS系列 現・IBC岩手放送 腸捻転解消後もしばらくはネット移行せずに放送 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 TBS系列 腸捻転解消後も半年間はネット移行せず深夜に放送 テレビ朝日系列 1975年10月開局から 日本テレビ系列 腸捻転解消後 テレビ朝日系列 日本テレビ系列 テレビ朝日系列 フジテレビ系列 腸捻転解消後もネット移行せずに放送 テレビ朝日系列 1981年10月開局から TBS系列 BSNでは本放送から半年遅れで放送。 一時は『仕事屋稼業』がBSN、『仕置屋稼業』がNSTと2局で並行放送 となった時期もあった。 『仕業人』からNSTへ完全移行 フジテレビ系列 テレビ朝日系列 1983年10月開局から TBS系列 腸捻転解消後もしばらくはネット移行せずに、1978年3月まで放送 フジテレビ系列 1978年4月 - 1980年9月 日本テレビ系列 1980年10月開局 - 1991年3月 テレビ朝日系列 1991年4月開局から TBS系列 腸捻転解消後もネット移行せずに放送 腸捻転解消後もネット移行せずに、1979年3月まで放送 テレビ朝日系列 1993年9月までは旧称・静岡けんみんテレビ 1979年4月以降、同年7月の開局で同時ネット フジテレビ系列 TBS系列 腸捻転解消後もネット移行せず放送、ただし1985年9月で突然打ち切り フジテレビ系列 1986年初頭? から1991年9月まで テレビ朝日系列 1991年10月開局から フジテレビ系列 TBS系列 現・CBCテレビ テレビ朝日系列 腸捻転解消後 ・ TBS系列 腸捻転解消後もネット移行せずに放送。 放送極初期(『仕掛人』第4話まで)のエリアは島根県のみ。 により同時ネット。 現・ 腸捻転時代の放送エリアは岡山県のみ。 フジテレビ系列 現・岡山放送。 1975年10月(『仕置屋稼業』14話)から同時ネット TBS系列 腸捻転解消後もしばらくはネット移行せずに、1978年3月まで放送 日本テレビ系列 1978年4月以降 テレビ朝日系列 日本テレビ系列 『新・仕置人』第32話では制作協力としてクレジットされた テレビ朝日系列 TBS系列 腸捻転解消後もネット移行せずに放送 テレビ朝日系列 腸捻転解消後 TBS系列 腸捻転解消後もネット移行せずに放送 テレビ朝日系列 1990年4月開局から TBS系列 腸捻転解消後もしばらくはネット移行せずに、1978年3月まで放送 フジテレビ系列 1978年4月 - 1989年9月 テレビ朝日系列 1989年10月開局から TBS系列 腸捻転解消後もネット移行せずに放送 テレビ朝日系列 TBS系列 腸捻転解消後もネット移行せずに放送 腸捻転解消後もネット移行せずに放送 テレビ朝日系列 1982年10月開局から TBS系列 腸捻転解消後もネット移行せずに放送、ただし打ち切り期間あり テレビ朝日系列 備考・補足 [ ]• 初期の作品のオープニングで使用されていたは、・の競作によるである。 シリーズの特徴的な題字は書道家の糸見渓南と、美術デザイナーのによる。 糸見はシリーズごとに「必殺」と「人」の部分に変更を加えていたが、「人」を「ん」と間違われないように苦労したという。 『必殺からくり人』から『必殺剣劇人』まで、初回放送時はオープニング・ナレーションの前に「必殺シリーズ」のクレジットが挿入されていた。 背景の映像はそれまでの作品の本編映像を素材として朝日放送が独自に作ったものであるため、松竹は制作に関与しておらず、朝日放送も保存していなかった。 そのため再放送では使われず、VHSソフトでも未収録となっていた。 各作品ごとのDVD化の際には新たに再現したものが収録されたが、その後も再放送では使われず、『必殺DVDマガジン』でも未収録となっている。 脚本段階の準備稿から決定稿の段階 、決定稿からも現場で話し合いが行われて演出が変更されることが珍しくなかった。 このためスケジュールが逼迫し、他の時代劇のテレビシリーズと違い作品のストックにも余裕がなく、時には放送日にフィルム納品が間に合わないという事態に陥った事もある(を参照)。 本放送・再放送・各ソフトにおいて、BGMや演出が異なっているケースが多々あり、その理由がはっきりしていない箇所もある。 最終回の放送後にすぐ新作が始まる場合には、前作の最終回の出演者が新作の第1話、または新作の出演者が前作の最終回にすることがある。 ただし役名はなく、クレジットにも載っていない。 作中「殺し」がない放送回もある。 『』第20話「負けて勝負」、『』第7話「佐渡からお中元をどうぞ」、『』第5話「死へ走る兄弟の紅い情念」がそれであり、いずれも殺しの標的となるほどの悪人がおらず、「相手を社会的に葬る」「献上品を横取りする」「囚われ人を救出する」が目的になっている。 腸捻転解消前の時代、 が筆頭協賛していたが、「人殺し番組に人を救う会社が協賛するのはおかしいのではないか」とする意見があり、協賛を降板せざるを得ない事態が起きた。 本シリーズに限ったことではないが、再放送の際には予告編がカットされている。 また、『必殺仕事人・激突! 』の予告編は当時のものが現存しないため、DVD化の際には本編映像の編集で再現されたものが収録された。 本シリーズはインターネット配信が行われており、「」 と がテレビシリーズ・劇場版の配信を行っている。 なお、主役が東山紀之に交代した『必殺仕事人2009』およびそれ以降の単発作品は配信されていない。 関連書籍 [ ]• 裏稼業の凄い奴ら(暗闇集団"観音長屋"著、フットワーク出版、4月、)• 必殺仕事人 中村主水の秘密(江戸町奉行所仕事人探索係著、、1994年6月、)• 必殺シリーズ完全百科(山田誠二著、データハウス、4月、)• さらば必殺! 裏稼業の凄い奴ら(暗闇集団"観音長屋"著、フットワーク出版、5月、)• 大全集 - 尽きぬ恨みの数々を、晴らす仕事の裏稼業(山田誠二著、データハウス、1996年6月、)• 秘録 必殺シリーズの舞台裏 - カルト時代劇に賭けた男たち(仲川利久著・山田誠二編集、洋泉社、3月、)• 必殺シリーズ完全殺し屋名鑑 荒野の果てに編(必殺党編、文庫〔〕、2月、)• 必殺シリーズ完全殺し屋名鑑 月が笑ってらぁ編(必殺党編、ザテレビジョン文庫、2001年2月、)• 必殺シリーズ完全闇知識 やがて愛の日が編(必殺党編、ザテレビジョン文庫、2001年8月、)• 必殺シリーズ完全闇知識 瞬間(ひととき)の愛編(必殺党編、ザテレビジョン文庫、2001年8月、)• 必殺仕事人2009 公式ガイドブック(、3月、)• 必殺DVDマガジン 仕事人ファイル 1stシーズン壱 必殺仕置人 中村主水(ブランチMOOK〔〕、3月、)• 必殺DVDマガジン 仕事人ファイル 2ndシーズン壱 必殺! 必殺DVDマガジン 仕事人ファイル 2ndシーズン九 翔べ! して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年8月) 下記に挙げるもの以外にも、必殺シリーズの奇抜な殺し方や演出は、当時から今に至るまでやにされやすく、特にの骨砕き、の首筋刺し、との首吊り技が多用されている。 映像作品 [ ]• ・ - この2作は必殺シリーズとコンセプトが同じである上に主演が藤田まことである。 - 作中登場の「」の必殺技は標的を宙吊りにしたうえで破壊するもので一連のシークエンスに勇次や竜に通じるものがある。 小説 [ ]• 漫画・アニメ [ ]• - 現代版の必殺シリーズといえる存在。 ドラマ化もされている。 仕上げに殺陣ありおよび 仕上げに殺陣あり〜黒蝶舞〜 ゲーム [ ]• - 参・紅・忍大全の登場キャラクター藤岡鉄舟は、やがモデル、また敵役の「始末人」も必殺シリーズの人物がモデル。 - いわゆる「TV時代劇」を再現するためのであり、基本ルールブックでは必殺シリーズを主に扱う。 - 「仕事人」というクラスがあり、サンプルキャラクターは中村主水を髣髴とさせるイラストが添えられている。 - 主人公機のオルフェスと後半から登場し合体形態に当たるオデュッセアの武器の演出とBGMが必殺シリーズを意識している。 シナリオライターの岸本みゆきは必殺シリーズのファンを公言している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 朝日放送テレビについて、2018年3月31日以前は認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、朝日放送。 『』以降は、も制作に加わっている(2局共同制作の体を取っている)。 例外として、『』では直接的な形で仕事料を受け取ったことは一度もない。 また、後払いになった『必殺仕事人III』第34話では依頼料のアテがなくなる、一部のみ前払いとなった『必殺仕事人V・風雲竜虎編』最終回では後金をもらい損ねるなど、全額前払いでない時は仕事後に依頼料に関する何らかのアクシデントが発生することもある。 すなわち被害者(依頼人)・奉行所・町民・農民・長屋・女郎・夜鷹・幼い子供なども含むが、本人達はその事を知らない。 『必殺必中仕事屋稼業』の知らぬ顔の半兵衛のは生々しいとして理髪業界から批判を受けている。 単発のテレビスペシャルでは『』で既に外れている• 新聞やテレビ情報誌の広告や、宣伝では『仕置屋稼業』、『仕業人』とも藤田が先頭に記載されていた。 皮肉にも、『素敵にドキュメント』は『激突! 』放送開始後に「やらせ」問題で打ち切りとなっている。 テレビ朝日系列としても『』が2007年9月に終了して以来の連続時代劇の放送となった。 「西方浄土」という言葉があるように「西方」は、死後の世界や死そのものへの暗示であり、シリーズでしばしば用いられる表現である。 また、劇中での中村家の門に残された書き置きには、弔意を示す意味を持つ菊が描かれている。 後述する出典記事では生前最後の新撮出演となった『2009』から数えて「9年ぶり」としている(厳密には8年半ぶりだが四捨五入して9年)。 放送時間は『仕留人』の時点では日曜22:30。 並行放送の要因としては、同時ネット局での『仕事屋稼業』の時間帯(土曜22時)をBSNは「」の遅れネットに充てていたことで、『仕事屋稼業』の最終回の放送がNSTでの『仕置屋稼業』の開始に(ちなみに、作品の後半から同時ネットだった。 『仕置屋稼業』の開始までNSTの金曜22時枠でどんな番組が放送されていたのかは不明。 )間に合わなかったことが背景にある。 『仕置屋稼業』13話は編成調整の関係で、再放送で初放送。 NBCでの放送時間は『仕事人』の時点では金曜23:35。 琉球放送が一時期放映を中止した理由について、番組内容が放送局の基準に照らし合わせて不適当だと判断されたことで放送されないエピソードが度々発生し、しまいには業を煮やした放送局が朝日放送(当時)に対し、ネット打ち切りを通告したことにあると言われている(実際には、局側の編成上の都合でネット続行が不可能になったことや、いわゆる「仕事人」ブームで視聴者が、、にまで広がったため、地元のがに挙げていたことが考えられる)。 ただし、BGMは現存する音源からの編集で再現したものが『必殺シリーズ オリジナル・サウンドトラック全集』に収録されている。 後者については2019年現在、同じ朝日放送テレビ製作のテレビアニメ『』の各作品の最終回でも同じ手法が取られている(2017年の『』最終回から。 なお出演者は新作の主人公と同じ役で出演する上、クレジットにも記載される点がこれとは異なる。 現在、大衆薬部門(、他)はに事業譲渡。 腸捻転時代、本放送がTBS系で行われたものも含む。 本編では執行人の描写が無いが、放送禁止 劇場版「密着68日 復讐執行人」で、執行人が深く関わっていることが明らかになる。 放送禁止6「デスリミット」の続編 出典 [ ]• 遺体は奉行所の役人達などに発見される事があり、身寄りのない物(特に家族を失った年頃の娘や子供)の場合はへと運ばれる場合がある。 なお、被害者を殺害した悪人に自害・入水・心中などに見せかけられる場合もある。 場合によってはすぐに岡場所で自害し果てたり、悪人から体を弄んだ途端に逆上して殺そうとするまたは親族などの仇を自ら討とうとするも返り討ちに遭って死亡する事がある(遺体は岡場所や奉行所の役人達などに発見され〈場合では傾城となった女性被害者を殺害した悪人に自害または入水に見せかけられる事もある〉、身寄りのない女郎は必ず投げ込み寺へと運ばれる場合がある)。 (『まっしぐら! 』)、(『激突! 』)が具体的な例。 『』(1996年、キングレコード)の表記より。 主水シリーズ(『仕事人』シリーズ)では『仕事人』第72話放送分から、非主水シリーズでは『仕切人』から。 』)、、菅原昌子(『旋風編』)、(『風雲竜虎編』)、(『剣劇人』)、が次回予告を担当。 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p31• 他の作品は最低一人は元々殺しの実行役だったり、殺し屋をしていたことがある。 『必殺20年のあゆみ』別冊テレビジョンドラマ 平成4年6月1日発行 株式会社ロビー 58項「最高傑作とはこの作品のためにあるような言葉といっても過言ではないほど、ストーリー、出演者、スタッフともに完璧」• 途中変更は『暗闇仕留人』(糸井貢)以来のことであった。 ORICON STYLE 2015年10月31日. 2015年11月2日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月19日. 2016年8月19日閲覧。 『蔵出し 絶品TV時代劇』(近藤ゆたか編 フィルムアート社 6月 )の巻末にある「連続TV時代劇放映リスト」や発売中のDVDソフトなど。 『仕置屋稼業』では起こし、『仕業人』ではズームとテロップ表示に効果を加えている。 また『仕置屋稼業』ではほかの出演者のクレジット背景が軒並み静止画だったのに対し藤田のみ動画とされている。 なおクレジットの起こし処理は後年『』~『』におけるおりく役のにも流用されている(ただし山田の場合は主役扱いというわけでなく『仕事人』以外のシリーズ作品で主役を張った経験を持つ実力者であること、俳優としても藤田より格上であること、役の上でも主水よりおりくの方が格上扱いなことへの配慮から)。 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p164• 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p147• 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p249• 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p100• - (、同日閲覧)• 2014年5月20日06:00(2014年7月3日 17:14 UTC 閲覧)• まんたんウェブ 2017年12月5日(2017年12月5日閲覧)• 中日スポーツ 2019年1月24日(2019年3月6日閲覧)• 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p73• 『8 必殺からくり人/必殺からくり人・血風編』(1996年、キングレコード)の楽曲解説より。 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p78-90• 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p55• 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p119-122• 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p133• 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p53• 『必殺仕事人・激突! 』DVDパッケージの注釈より。 関連項目 [ ]• ともに必殺シリーズのスタッフが制作した時代劇。 特に『おしどり右京』は元々必殺シリーズ第4弾となる予定の企画だった。 ともに必殺シリーズのスタッフが制作した現代劇。 シリーズ 現代劇版必殺シリーズと銘打たれた作品。 しかし標的を殺害せず、いわば「社会的に抹殺」とも言える処分をする。 必殺シリーズと同じく、朝日放送が制作し(ただし松竹本社ではなく子会社のの制作)、必殺の前の時間帯(金曜21時台)の番組であった。 前後番組 [ ] 土曜22:00 - 22:55 前番組 番組名 次番組.

次の