タピオカ 腸閉塞。 タピオカ?チーズティー?本場のミルクティーはどんどん進化中!!

タピオカ

タピオカ 腸閉塞

「その現象は中国本土や香港、シンガポール、韓国などでも共通」とは、タピオカミルクティー発祥の地・台湾は台北在住記者。 タピオカは、イモの一種キャッサバの根から抽出したデンプンを乾燥させ、丸く成型し煮戻したもの。 ただ、あまりの需要過多で、危険な成分を含んだ安物タピオカが出回っているという。 「タピオカは時間がたつと、あの独特の歯応えがなくなってしまう。 これらが日本に輸入されている可能性も否定できない」と声を潜めるのは、中国・北京在住記者だ。 「食品添加物を大量に混ぜ込んだ加工タピオカは、中国国内で普通に出回ってる。 それも小麦グルテンなど食品由来の増粘剤ならまだいいが、『高分子ポリマー』と呼ばれる化学物質配合タピオカもある。 これも日本に入ってきているかも」 高分子ポリマーの一種「ポリアクリル酸ナトリウム」は、風俗業界で使われるローションの粘り気を出すため、またオムツの吸収性を増すためにも使われている。 タピオカだけでなく、食品一般、特に業務用食品に配合されていたりするが、成分表示がないため、一見そうとは分からない。 ただ、人体への害はないか、もしくは極めて軽微と考えられている。 「『ローションの父』と呼ばれたペペローション創業者はかつて、ソープランドに売り込む際、『人体に害はありません。 それを証明するため今ここでイッキ飲みしてご覧にいれます』と、営業で行った先々でペペを飲みまくった。 エロ業界の一部では有名な話」(風俗誌編集長) とはいえ、洗い流すのがひと苦労のあのヌルヌルと同じ成分が、もし自分が買ったお茶やジュースのタピオカに入っていたら、一気に飲む気はうせるだろう。 高田馬場在住の台湾通男性からはこんな証言も。 「新しい店ができては飲み比べてますが、ある店のタピオカがビックリ。 味が全くない。 まるでゴムをかんでるみたい。 胃腸で消化されず、腸閉塞を起こす危険があると社会問題に。 空前のブームの裏で、食品加工の闇が広がっている。 週刊文春記者を経てタイ・バンコクに10年居住。 現地日本語情報誌でデスクを務め、2014年に東京へ拠点を移したアジア専門ライター。 最新著書は「日本の異国」(晶文社)。

次の

タピオカ?チーズティー?本場のミルクティーはどんどん進化中!!

タピオカ 腸閉塞

Contents• html 中国でタピオカの原料がタイヤだと報道されたのは2015年10月19日のこと。 山東省青島市のあるタピオカミルクティーを販売する店でタピオカミルクティーを飲んだ客(テレビ局の記者)が違和感を覚えてCTスキャン撮影をしました。 そうしたら、なんと、胃の中に 無数の白い点がうつっていたとのこと。 naver. イモですからデンプンからできています。 デンプンならば消化吸収されるはずなのでCTスキャンには写らないはずなんですけど…。 店員の証言によるとその店で売っているタピオカの原料はなんと「 革靴の靴底」や「 古いタイヤ」から作られているそう! え~~?! なんじゃそりゃ?! 確かにタピオカはプルプルしてゴムっぽいからタイヤや革靴の靴底を使ってもバレなそう…。 ってそんなわけあるかいっ! ふつう食べているうちに分かりそうなものだけど…。 固さだってタピオカより固いだろうから噛み切れないと思うのですけど。 呑み込んじゃうから分からないのですかね? テレビ局の記者に問い詰められた店員はこんな名言を残したそう。 html すごい考えですね。 食品の安全に対する考え方が日本人とはまるっきり違いますね。 でもタイヤや靴底を食べたら病気になっても可笑しくはなさそうですけど。 ちなみにちゃんとデンプンから作られたタピオカを飲んで40分後にCTスキャンしたところ、白い点は写らなかったそうです。 白い点として写っていたものは飲んでから40分以上経っていたということですから、明らかにおかしいですよね。 html 店員の証言からタイヤが使われているとされているタピオカですが、そこのお店で使われている原料紛を実際に青島大学化学実験センターで調べてみたそうです。 そうしたら残念ながら詳しい成分はよく分からなかったそう。 唯一分かったことは通常のタピオカのデンプンよりも非常に粘着性が強かったことだそうです。 ということは普通のタピオカではないことは明らかですね。 タイヤや革靴の靴底と同じようなゴム成分が粉になったものかもしれません。 それをタピオカのように丸めて作ったのではないかと考えてしまいます。 消化できなくても体外にちゃんと排出されればいいですが、腸で詰まってしまったら大変です! ネット民の声を見てみると玉こんにゃくを食べて腸閉塞になったことがある人がいるそう。 ちゃんとした食べ物である玉こんにゃくでも腸閉塞になるなら、タイヤのタピオカを食べたら腸閉塞になっても可笑しくはないですね。 もし中国でタピオカミルクティーを飲む機会があったら注意したほうが良いかもしれません。 スポンサーリンク タピオカの原料をタイヤにする以外にもある中国の食品偽装 さて、タイヤでタピオカを作ってしまう中国ですが、こんなものは氷山の一角。 他にもとんでもない食品偽造をやらかしています。 naver. 中国の中華料理店協会によるとプラスチック米を茶碗3杯食べるとポリ袋1枚食べるのと一緒だそう。 そんなものを食べていたらタイヤタピオカと同じく腸閉塞になってしまいそうです…。 naver. 広東省汕頭市で紙製の米が見つかったそう。 なんと買った人は半年前からずっと気づかずに食べていたそう。 普通気づくと思うんですけど…。 naver. これはすぐにバレそうに思うんですが、バレないと思ってやったのでしょうか…。 食べる前に気づいたそうで良かったです。 naver. 加熱するとゴムボールみたいになるとか 笑 価格も安くて利益がでるとは思えない商品でしたが、本物の卵の10分の1のコストで作ることができ、卸販売価格は本物の卵の2分の1。 意外とコストパフォーマンスが良かったようです。 これもすぐバレるのになんでやるんだろう…。 スポンサーリンク.

次の

こんにゃくで腸閉塞に!? “食べ過ぎ注意”な健康食品5つ(1/3)

タピオカ 腸閉塞

1-1.タピオカって何!? タピオカは南米原産のキャッサバという芋からできています。 このキャッサバにはもともと毒(シアン化合物)が含まれていてきちんと毒抜きをして使用されています。 日本では生のキャッサバが輸入ができないため、日本の市場で目にすることはありません。 タピオカを作るにはキャッサバの根から抽出したデンプンを溶いて一度加熱します。 それを乾燥させ粒状にすることでタピオカができます。 キャッサバから取ったタピオカの粉を買って自宅でも簡単に作ることができます。 タピオカドリンクは夏の飲み物のようなイメージがありますが、タピオカのホットドリンクも海外では人気ですので、大好きな方は冬にもホットで飲むことができるかと思います。 1-2.タピオカドリンクの危険性 タピオカドリンク大好き!! という方は飲み方を間違えてしまうと大変危険な要素も十分にあります。 ここではタピオカドリンクの危険性について気をつけるべき点を解説をしていきたいと思います。 そのもちもちとした餅のような食感のタピオカを、水分と一緒に幅のある大きなストローで吸い上げて飲むのですから、タピオカが喉につまり窒息してしまう危険性は十分に考えられます。 実際に海外でも窒息による死亡者が出ています。 ストローにタピオカが詰まった時に、それを吸い上げるために強く吸引してしまい、勢いがついたタピオカが喉に吸い込まれて詰まってしまいます。 とても危険ですので気をつけてくださいね。 芋類は炭水化物でデンプンが含まれ太ると思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、芋類は熱を加え冷ますことでデンプンを『レジスタントスターチ【難消化性再結晶アミロース】』腹持ちをよくする健康にもダイエットにもいい物質に変化させることができます。 そして、加熱して冷まして作られることでレジスタントスターチを含み、もともと今流行りのグルテンをほとんど含まない芋類『グルテンフリー』の食品なので、どちらかというとダイエットに適した食べ物ということになります。 さらに、もちもちした食感で噛みごたえがあり、よく噛むことで満腹中枢も刺激されて食欲が満たされるという利点もあります。 しかし、これはタピオカに限っての話で、ドリンクには糖分が豊富に含まれていますし、ドリンクに入っているタピオカにはカラメル色素や添加物など豊富に含まれているので、飲み過ぎは結局太ってしまうため注意が必要です。 先日中国でタピオカドリンクの飲み過ぎで14歳の少女が病院搬送されるというニュースが話題となっていました。 腹痛を訴え病院でCTスキャンを撮ると腹部におびただしい数の粒状の影が写ったといいます。 芋類はもともと腹もちがいいと言われていますが、上記で説明した芋類を加熱し冷やすことでデンプンから生成されるレジスタントスターチ【難消化性結晶アミロース】は、難消化と言われる通り消化を遅らせて腹持ちをよくさせるので、大量に摂取すると腸の動きを鈍らせてしまい、しかもよく噛まないことで消化管に不消化のタピオカが詰まってしまって腸閉塞になってしまったのでしょう。 タピオカドリンクを飲む時はよく噛むように心掛けないと危険です。

次の