ビルゲイツ ワクチン。 ビル・ゲイツ財団、新型肺炎「ワクチン」開発に100億円拠出

【速報】「ビル・ゲイツ氏の逮捕」伊政治家が要求! ワクチンが不妊・麻痺を招く!?

ビルゲイツ ワクチン

ビルゲイツの陰謀は本当か? ビルゲイツの陰謀は果たして本当なのでしょうか?もし本当だとしたら大変な事態になりますね。 そもそもビルゲイツという人物はどんな人物なのでしょうか?どんな陰謀を企んでいたのでしょうか?そこを明確にしていきます。 ビルゲイツとはどんな人物なのか? 「1日24時間では処理しきれないほどの難問がある。 だから無駄にしている暇はない。 アメリカの情報技術ビジネスに関する• 大物実業家• 投資家• 著述家• プログラマー• 慈善活動家• 博愛主義者• 人道主義者 マイクロソフト・コーポレーションの主要共同設立者。 Windowsの創立者。 総資産は数兆円以上と世界の長者番付で常にトップに立っている人物でもあります。 カスケード・インベストメント共同創業者兼CEO兼会長• コービス共同創業者兼CEO兼会長• bgC3共同創業者• マイクロソフトリサーチ共同創業者兼会長• テラパワー会長、ResearchGate共同創業者兼名誉理事長を務めている。 肩書がすごく多くてびっくりしますね! 15歳の時にコンピューターに出会い、ポールアレンと組み始めたったの2か月でソフトを開発して売り込みをし始めました。 子供のころからかなりの頭がよく天才と言われています。 現代では時代の最先端を常にゆく人物として活動をし続けています。 そんな凄い人物と言われているビルゲイツ氏、なぜ陰謀があると言われているのでしょうか? ビルゲイツの陰謀 やりすぎで関が話した例のビルゲイツのやつ — キッテル JpHsk 内部告発者のマーク・リチャーズ氏によると 世界の人口削減こそがイルミナティ[秘密政府]の 主要目標。 中国のイルミナティ[権力層]は 大元のイルミナティと連携して 世界の人口削減計画を実行。 ケムトレイルと 人間の免疫システムも攻撃する5Gと ビルゲイツが作らせた不妊ワクチンはその手段 — AmenoMurakumo QArmyJapan Flynn amenomurakumo5 ビルゲイツは「ワクチンが完成するまで元の生活をするな」って言ってるけど、「ワクチンで人口削減できる」って言ってたやつだぞ? ましてや家族にはワクチンは絶対に打たないって公言してる そんなやつが作ったワクチンをみんなは打とうと思う? — Haku Haku51483598 ビルゲイツの陰謀とされていることとは?• コロナウイルスを世界中に充満させワクチンを売り込むこと• と叫ぶ群衆の声。 コロナ発生の1ヶ月前に、ここまで詳細に被害予想してるって… もはや、偶然を超えてますね? — 豚ゴリラ butagolira1995 ビルゲイツ氏は世界中に大規模な感染が広まってしまったらどうするべきか、エボラ熱のような流行がまた流行らないように念頭に置いたものだったそうです。 ウイルスが大規模感染することを予知したと考えられていて、それがあだとなりフェイクニュースは出回る一方。 ビルゲイツ氏の フェイクニュースを作るため「セントペテルスベルグ」というインターネットリサーチエージェント組織がフェイクニュースを1400ドルで流していると言われています。 まさに裏でビルゲイツ氏は攻撃されているのではないかと考えられます。 新型コロナウイルスのワクチン開発の謎 新型コロナウイルスのワクチンの開発にビルゲイツ氏が関与しているとわかっていますが、なぜ関与をしているのでしょうか? ワクチン開発の謎にせまっていきます。 ビルゲイツがワクチン開発に関与しているわけ 有名人には必ず悪いうわさが付きまとうのですが、今回のコロナウイルスの拡大でコロナウイルのワクチンに何故関与をしているのかビルゲイツ氏本人が長文の発表もしています。 ビルゲイツ氏は、新型コロナウイルスの感染拡大は恐ろしいほどの経済影響をもたらしうると語っています。 誰も想像できないほど世界が苦しむことになるかもしれないとも語り、コロナウイルスに関し自分たちが関わらないと解決しないと考えます。 ですので世界で資金力のある慈善財団の1つであるゲイツ財団の全力を注いで新型コロナ問題を克服する必要があるとビルゲイツ氏は話しました。 ビルゲイツ氏はコロナウイルスが広まる前にもう様々な準備をしていたのです。 コロナウイルスが世界中に広まる前に下準備をしていた ビル&メリンダ・ゲイツ財団は誰よりも早く新型コロナウイルスが世界中に広まる前にワクチンの試験や臨床研究をしていました。 そして多くの治療薬や治療法の開発に関連する基礎研究に資金を提供してきました。 現在試験されている治療薬の数は150個以上となっています。 新型コロナウイルスのワクチン開発に熱意を向ける一方で、ポリオやエイズの終息は後回しになりそうですね。 ビルゲイツ氏はかなりのリソースを新型コロナに向けると言われていてその決断は状況の深刻を物語っているようです。 ビルゲイツと新型コロナウイルスの関与について世間は? 武漢の市場が感染源という日本の偏向報道が出てきたようですが、海外では。 最初のターゲット: インド ビルゲイツワクチン セカンドターゲット: 中国 ビルゲイツはコロナウイルスに資金提供 ゲイツは, 世界人口を減少させる為に予防接種が設計されていることを認める。 新型コロナウイルスが ビルゲイツと米国企業と中国が仕組んだワクチンビジネス だとしたら… 果たして偶然だろうか — 石川典行サブアカウント NORIYUKICAS ビルゲイツがずっと前からパンデミックについて警告していたから、コロナウイルスを作ったのはビルゲイツだと書いているバカを最近ネットでたくさん見るようになりました。 このパンデミックの責任は中国共産党とWHOにあります。 — エミン ユルマズ JACK yurumazu 私たちは現在、情報社会で生きていて、どの情報を信用したらいいかわからなくなってきていますね。 大事なのは正確な情報を信じる事。 恐怖におびえているからこそ、情報に惑わされるのかもしれません。

次の

ビル・ゲイツと世界のエリートは子供にワクチンを打たない

ビルゲイツ ワクチン

ワクチンを使って世界中の人に何かを埋め込もうとしている• ウィルスを使ってワクチンを売り込み大儲けしようとしている 細かく言うともっとたくさんの陰謀・都市伝説がありますが、ここではよく出てくる二つに絞ります。 ウィルスを使ってワクチンを売り込み大儲けしようとしている ビジネスの世界だと当たり前ですが、需要と供給のバランスにより商売が成り立ちます。 と言うことは 薬を売るためには病気がないといけません。 ビルゲイツはマイクロソフトの会長を退任してから活発的に奥さんの名前がついたにて活動しています。 慈善基金なので、教育から医療、環境までたくさんのことに携わっています。 その一部の医療について言及しているのが都市伝説として広まっているのがあります。 ここで登場するのが 簡単に訳すと下記にようになります。 最近のアメリカの子供はなぜか特定の障がいを持つ人が増えている。 それは化学物質を摂取しているからなどなど、メッセージがたくさん詰まっています。 そして この人はワクチンについても言及しています。 ケネディ元大統領のおいで、反ワクチン運動の中心人物、ロバート・ケネディ・ジュニア氏だ。 支持者を前にした演説で「国家機関・国際機関が言えばワクチンは安全なのか?子どもたちを、国を、民主主義を取り戻そう!」と声高に叫び、反ワクチンを訴えた。 ワクチンを定期的に摂取しなければならないのであれば、もちろん儲かりますよね。 ただ、ビルゲイツ本人はもしかしたら本当にワクチンが世の中を救ってくれると思っている可能性もあります。 それに、不安に不安が重なってこのような都市伝説が広まっている可能性もあります。 事実はどうなっているのか、わかりません。 個人的にはワクチンはできれば受けたくない人なので、ロバート・ケネディJrの言い分も分かります。 ワクチン接種を有害だと訴える本はこんなのもあります。 ビルゲイツってそもそも誰? といのがあったりしますが、実際はどうなのでしょうか。 ビルゲイツの父、ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ・シニアは弁護士であり、慈善家でもあります。 有名な話は スターバックスがまだ小さい会社の頃にビルゲイツの父が助けたことは有名な話ですね!シアトルなので信ぴょう性は高いですよね! そんなウィリアム・ヘンリー・ゲイツ・シニアの元に生まれたのがビル・ゲイツです。 ビルゲイツは学生の頃からギークでPCと向き合うような子供だったようです。 そして、ハーバード大学に入学してポール・アレンと一緒にソフトを作成します。 当時はアップルの勢いをみたIBMが自社にOSがないことをみて巡り巡って当時、動き出し始めのマイクロソフトにお願いしてマイクロソフトは受注します。 スティーブ・ジョブズとは正反対でライバルだと見られているビルゲイツですが、スティーブが怒ってビルゲイツに電話したりしたのも有名な話ですよね。 そして、 Windws95が世の中で認知され始めて世の中の90%がそのOSだと言われているのも有名な話です。 ビルゲイツは長者番付にもよく出てくる人でもあります。 アメリカの雑誌フォーブスの世界長者番付で、 1994年から2006年まで13年連続の世界一となりました。 2006年の個人資産は推定530億ドル(日本円で約6兆2000億円) 世の中がインターネットによって変革している時代に先頭を切って走っていた人物でもあります。 ビルゲイツについてはこちらの本でも書いています。 ビルゲイツのデジタルIDとは? ものすごく簡単にビルゲイツについて書きましたが、ここから デジタルIDと言うのがどこから出てきたのかというのもまとめます。 簡単にいうと「 全ての人にIDを」という信念の元で進んでいるプロジェクトです。 世界で未だ11億人もの人が国が発行した公式なIDを持っていなという大きな問題があります。 この大きな問題に対し、公的機関、NGO、企業が連携してアイデンティティーに関する諸問題を技術的に解決しようという取り組みであるID2020を紹介します。 そして、このデジタルIDが復旧すれば何が起こるかというと 地理的・組織的境界を超えて相互運用可能になります。 この デジタルIDのプロジェクトをと言われていますが、このプロジェクトと関係しているのがiと言われる組織。 この組織とビルゲイツが深い関係にあるのです。 GAVIへの寄付とGAVIが買うワクチンはビル&メリンダ・ゲイツ財団だと言われています。 利害関係が発生していると言われています。 これがマイクロソフトや関連会社への利益が生じるのではないかと今回のウィルスについて言及されている内容です。 全人々にIDが付与されたら今まで追跡可能だったら個人の情報が全てデータベースにいき、管理社会になってしまいますね。 ビルゲイツの過去のワクチン稼働と批判内容は? 過去にもビルゲイツのワクチンが関わった中でロバート・F・ケネディーJrが論説していることがあります。 ゲイツはポリオ撲滅のために4億ドルを投じると約束して インドの免疫に関する国家技術アドバイザリー(NTAGI)の支配権を握りました。 5歳未満の幼児に対してポリオ・ワクチンを最大50回投与することを命じたみたいです。 そのゲイツの進めた政策にインドの医師たちがの壊滅的蔓延を引き起こしたとして、ゲイツの政策を避難しています。 そして、 ゲイツとワクチン政策に対してしたら非ポリオ性急性弛緩性の発生率は急激に下落したそうです。 2017年にWHOは流行しているポリオは。 コンゴ、アフガニスタン、フィリピンで発生している流行病もワクチンに関連してると言われています。 実際、 2018年までに世界のポリオ患者の70%はワクチン株が原因だと言われています。 2010年にゲイツ財団は臨床実験の第三段階にあるGSK(英国の製薬会社)のマラリア・ワクチンに対して資金提供をして実験段階から投与されたアフリカの幼児5949人の中の151人が死亡、1048人が麻痺、てんかん、熱性痙攣と行った副作用が起きている こう見ていくと今、トランプと戦っているWHOも動きが気になりますね。 噂ではこれは本当に氷山の一角でしかないということも言われています。 WHOに寄付している大手財団はみなさん分かりますね? そして、 ビルゲイツは2002年に約5億ドルのマイクロソフト株を売却した同じ時期にビル&メリンダ財団を通して2億5000万ドル相当の大手製薬会社9社の株式を購入しました。 参考記事: 何百もの研究、論文、分析により、マラリアやポリオなどの感染症による伝染と死亡を減らすは、人口を教育し、生活水準を上げることであると言われてます。 たとえば、エリトリアは、栄養と病気の予防に関する教育キャンペーンを組織し、マラリアが蔓延している地域に殺虫剤で処理された無料の蚊帳を提供することにより、マラリア感染率を80%削減し、地域に根ざした医療クリニックを確立しました それでも なんでビルゲイツは大規模なワクチン政策を打ち出したのでしょうか。 投資した先はどこでしょうか。 製薬会社ですよね。 B&MGFは10億ドルを投資して、GSKが製造したマラリアワクチンを開発しました。 その中で(ご想像通り)ビルゲイツは多数の株を保有しており、彼はかなりの 影響力を発揮しています。 ビルゲイツはウイルスの発生を予言していたとも言われています。 その動画がこちら。 ただ、全てが本当かどうかは分かりません。 事実もあれば噂もあると思います。 ここは全部を信じきるのではなく、頭の片隅にでも入れておけばいいと思います。 ビルゲイツの資産を裏で操る人物 実はビルゲイツの資産もビル&メリンダゲイツ財団の資産も管理・運用している人は一緒なのです。 その人物とは マイケル・ラーソンという人物。 とても謎に包まれた人物で分かる事としては大学院を21歳の時に卒業して投資会社で買収や合併を繰り返してビルゲイツの資産管理会社にヘッドハンドされたということ そして、ビルゲイツの資産管理をしている会社の名前が カスケード・インベストメント、そしてこの会社があるのが ワシントン州 ワシントン州といえばこの州旗と元大統領は有名ですよね 色々繋がってきますね。 他にも情報が欲しい人は? 「本、読むのめんどくさい」 「そもそもそんな時間ないよ」などなど 様々な制約がかかって時間をかけれない人もいると思います。 そこで記事では書けない内容を喋ったり、簡単に解説しているのが僕のYoutubeチャンネルです。 ラジオや音楽代わりに何か他の家事などしながら聞くだけでたくさんの情報を受け取ることが無料でできちゃいます。 こんなの聞いていいの?っていことも話していきます笑.

次の

ビル・ゲイツ「ワクチンは人口削減が目的」と語る F・ウィリアム・イングドール 1 : さてはてメモ帳 Imagine & Think!

ビルゲイツ ワクチン

は、武漢ウイルスのワクチン開発に積極的に関与しているビル・ゲイツ氏について、彼の知られざる意図を指摘し糾弾するを発表した。 ロバート・F・ケネディーJr. 氏 は、故JFK元大統領の甥にあたり、その弟で同様に暗殺された故 の息子である。 環境問題に取り組む弁護士であり、反ワクチン活動を行っていることでも知られている。 ・著(2020年4月9日) ビル・ゲイツにとって、ワクチンとは戦略的な慈善活動であり、彼が行っている数多くのワクチン関連事業(マイクロソフト社による を 手中に収めようとする野望を含む)に利益をもたらし、世界における医療政策に対する独裁権力を彼に与えるものだ。 ゲイツによるワクチンへのこだわりは、テクノロジーで世界を救うという強い信念により焚き付けられているように見える。 (寄付すると発表した) を投じてポリオを撲滅する約束をしたゲイツは、インドの『免疫に関する国家技術アドバイザリー・グループ(NTAGI)』の支配権を握った。 NTAGIは、5歳未満の幼児に対して を通じてポリオ・ワクチンを最大 投与することを命じた。 インドの医師たちは、2000年〜2017年にかけて予想率以上の49万人という幼児たちに麻痺を起こすという、 の壊滅的まん延を引き起こしたとして、ゲイツが進めた政策を非難している。 2017年、インド政府はゲイツが進めたワクチン投与計画を撤回し、ゲイツとそのワクチン政策に対して よう依頼している。 非ポリオ急性弛緩性麻痺(NPAFP)の発生率は急激に下落した。 2017年、世界保健機関(WHO)は、世界で爆発的に発生しているポリオは、であることを渋々認めた。 、そしてで発生している恐ろしい流行病のほとんどは、全てワクチンに関連している。 実際、2018年までに世界のポリオ患者のは、ワクチン株が原因である。 (米疾病管理センター=CDCは、試験前のワクチンを一般に投与することに積極的となる金銭的利害を抱えていると指摘されており、WHOもまた(中共だけでなく)巨大製薬会社の支配下にあると言われている。 ロバート・F・ケネディーJr. 氏は、以下の番組に出演した際、「WHOは製薬業界の操り人形だ」と語っている。 ) ゲイツが、2002年にサハラ以南のアフリカで『MenAfriVacキャンペーン』を行った際、ゲイツの実働部隊は、何千人にものぼるアフリカ人の子供たちに対して髄膜炎のワクチンを強制的に投与した。 ワクチンを投与された 500人の子供のうち約50人の割合で、。 南アフリカの新聞各紙は、「」 と批判した。 ネルソン・マンデラの元上級エコノミストであるパトリック・ボンド教授は、ゲイツの慈善活動を「」と指摘している。 2010年、ゲイツ財団は、 臨床実験の第3段階にある GlaxoSmithKline 社製(GSK=英国の多国籍製薬会社) マラリア・ワクチンに対して資金提供を行い、その実験段階のワクチンを投与されたアフリカの幼児5949人のうち、、そしてに、麻痺、てんかん、熱性けいれんといった重篤な副作用が起きている。 2010年、ゲイツはWHOへし、その際、「 われわれはこれをワクチンの 10年にしなければいけない」と語っている。 その1ヶ月後、ゲイツはに登壇し、新たな ワクチンにより「人口を減少させることができる」と語っている。 2014年、ケニヤのカトリック教医師会は、 「破傷風」ワクチンという名のにより、WHOが 数百万人ものケニヤ人女性たちを彼女たちの意思に反して化学的に不妊処理したと糾弾している。 独立した複数の研究所が、検査された全てのワクチンに不妊にさせる物質が調合されていたことを発見している。 こうした追及を否定していたWHOであるが、ついにWHOは10年以上にわたって不妊ワクチンを開発してきたことを認めた。 同様の糾弾が、から起こされている。 2014年、ゲイツ財団は、Glaxo Smith Kline GSK とMerckが開発した、実験段階のヒト・パピローマ・ウイルス(HPV)ワクチンを、インドの農村地域におけるの若い女性に対して行う臨床試験に出資した。 このうち約 1200人の女性は、自己免疫や受胎障害など に苦しめられている。 そのうち。 インド政府が行った調査結果で、ゲイツが出資した研究者たちはを犯したと起訴されている。 その罪状は、弱い立場にある村の若い女性たちに臨床試験に参加させるために圧力をかけたこと、彼女たちの両親に対する脅し、同意書の偽造、そして犠牲となった少女たちに対する医療を提供することを拒否したこととなっている。 2017年の研究()では、 WHOがアフリカの子供たちに対して広く実施している『ジフテリア・破傷風・百日咳三種混合ワクチン(DTP)』が、そのワクチンが予防する病気よりも多くの子供たちを死亡させていることを示している。 このDTPワクチンを投与された少女たちは、ワクチンを受けていないグループと比べて10倍も高い死亡率であった。 WHOは、毎年数千万人にものぼるアフリカの子供たちに強制して投与していた致死性の高いワクチンについて、その事実を認めることを拒否している。 世界中の公衆環境衛生擁護者たちは、ゲイツが WHOの取り組むべき課題を操っていると非難しており、 すでに感染症を抑えることが証明されているプロジェクト、つまり清潔な水、衛生状態、栄養、そして経済発展というプロジェクトから WHOを逸らしていると非難している。 ゲイツ財団は、50億ドルある予算のうちのわずかしかこうした分野に費やしていない。 彼らは、ゲイツが彼の個人的な哲学、つまり良好な健康状態は注射器(つまりワクチン)によってのみ達成されるという目的を達成するために WHOの予算を流用していると語っている。 ゲイツは、彼の慈善活動を、WHO、ユニセフ、世界ワクチン予防接種同盟(GAVI)、そして米国のNPO団体のPATH(Program for Appropriate Technology in Health)を 支配するために活用していることに加えて、 ゲイツはワクチンを製造している にも出資している。 それに加えてコロナウイルス・ワクチンの開発スピードを早めるために、に5000万ドルを寄付している。 最近ゲイツが際、COVID-19災禍により、彼の独裁的なワクチンプログラムをアメリカの子供たちに強制する機会を彼は手に入れることができることになる、と自信を見せているようだ。 (ロバート・F・ケネディーJr. 氏による論説はここまで。 ) * * * 実際、ビル・ゲイツ氏のメディアへの露出が最近増えるのに比例して、彼に対する批判の声が全米で高まっている。 In a new interview, Bill Gates authoritatively states that mass public gatherings will not come back "at all" until we have mass vaccination. Who made him king of the world? … — Alternative News NewsAlternative 【訳】新しく行われたインタビューの中で、ビル・ゲイツは権威主義的に命令口調で、私たちが集団でワクチンを受けるまで、大人数が公共で集まることは「絶対に」戻らないだろうと述べている。 彼を世界の王(キング)にしたのは誰だ? MIT is working on a "quantum tattoo" that will mark you with an invisible identifier while also delivering a vaccine. Can you guess who is the premiere donor of the project? — Roosh rooshv 【訳】MITは、「量子タトゥー(quantum tattoo)」を開発中である。 これは、人々に印をつける目に見えないIDで、ワクチン投与も(自動で)行う。 ) アメリカ国民の間でゲイツ氏に対する批判の声があまりにも高まっているため、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は4月17日、『ビル・ゲイツがソーシャルメディアの悪者集団に標的にされている() 』という記事を掲載している。 この記事の中でWSJのディーパ・シーサラマン記者は次のように報じている: クレムゾン大学の研究者たちによると、ゲイツ氏がコメントを投稿してから24時間以内に、彼の は最低27万回も言及された。 これは平均時の30倍以上である。 そのほとんどは、怒りに満ちたトランプ大統領の支持者たちによるものである。 同じ4月5日からの24時間以内に、ゲイツ氏のインスタグラムへの投稿へは、追加で4万5000件のコメントが寄せられている。 現在、この投稿へは22万5000件以上のコメントが寄せられている。 — 10年近くデマ情報について研究を行っているテキサス大学のサム・ウッッリー助教授は、「 今回のコロナウイルスが発生した期間ほど、虚偽情報やデマ情報が盛んになっているのを見たことがない」と語っている。 反ワクチン活動家や陰謀論に傾倒した投稿者たちの一部が、彼らのSNS上でのフォロワーたちにインスタグラム上でゲイツ氏を攻撃するよう焚き付けている。 これは、『brigading』と呼ばれる嫌がらせ行為の一種で、人々が連携してオンライン上での会話をハイジャックする行為。 今週、一つのインスタグラムのアカウントが、その5万2000人のフォロワーたちに対して「私たち全員がビル・ゲイツのインスタグラムを訪問して、我々が何を考えているか彼に知らせるというのは悪いことではない」と投稿した。 ゲイツ財団の広報担当の女性は、コメントすることを控えた。 — フェースブックは、こうしたオンライン上の連携行為について、「それが当社のポリシーに違反しているか否かを判断するために、現在こうした行為を慎重に精査中である。 当社サービス上で、人々は自由に発言することが許されており、組織的な方法で自由に発言することは許されている。 しかし我々は、偽のアカウントや誤解を招くよう設計されたアカウントを削除している」と。 さらに、 フェースブックは、サイバー空間の悪者に騙されてユーザが信じ込まされている偽情報である、と同社が判断した内容に関して、そうした情報を共有しようとするユーザに通知を送り始める 予定だと報じられている。 (同社はすでに通知を始めていることがユーザにより。 ) 新型コロナウイルスは武漢のウイルス研究所から漏れたという説を、その研究所で勤務していた科学者の見解を元に「虚偽情報」と判断しているフェースブックは、この件についても、ゲイツ財団の人間を情報の真偽の根拠にファクト・チェックするのだろうか? また、ロバート・F・ケネディーJr. 氏の論説を(名指しこそ避けてはいるが)「陰謀論」と報じたウォール・ストリート・ジャーナル紙は、に名を連ねるだろうか? 【関連記事】 【論説記事】トランプ政権はディープ・ステートの一掃を始めた|ニューヨーク州のジェフリー・バーマン検事をバー司法長官が突然解任。

次の