俺が好きなのはお前だけかよ最終回。 俺を好きなのはお前だけかよ~俺たちのゲームセット~ : 作品情報

【俺好き】『俺を好きなのはお前だけかよ』3話感想 これ最終回?

俺が好きなのはお前だけかよ最終回

しかし、パンジーは既にサンちゃんと付き合う約束をしていた。 悲観するジョーロに対して、サンちゃんがアドバイスを送る……。 正しいを正すのは… 朝から大勢の生徒で賑わう位に、図書室には人が訪れるようになっていた。 閉鎖は免れたと安堵するジョーロだったが、別の問題が残っていた。 それは、パンジーとホースの問題だった。 パンジーに笑顔で話しかけ続けるホース。 本当は嫌だけど、ホースはどこも悪くないからパンジーも受け答えするしか無かった。 そんな様子を見続けていたジョーロも、やはり動き出す事が出来ない。 そして、そんなジョーロとパンジーを見ていたサンちゃんが、ついに動き出す……。 衝撃の瞬間 パンジーを救うためには、パンジーに告白するしかないと考え、意を決したジョーロ。 パンジーに話かけ、告白しようとすると……。 「実はね。 私、サンちゃんと恋人のなる約束をしたの」 少し前に、サンちゃんから告白を受けたと告げるパンジー。 そして…。 「じゃあ最後にジョーロ君。 いつまで経っても振り向いてくれない人に熱心でいられる程、私は強くないわ」 「だから、あなたはしばらく図書室に来ないで貰える?迷惑だから」 パンジーの言葉に酷く傷付いて、己が無力だと知ったジョーロは、図書室を後にする……。 「良い親友だったろ?お前が困った時に絶対助けてくれる、まるで少し前の誰かさんみたいでさ」 サンちゃんの言葉に感情を失うジョーロだったが、サンちゃんは言葉を続ける。 「俺は俺のやるべきことをやった。 だからお前も、お前のやるべきことをやってくれよ。 サンちゃんを呼び出して、サンちゃんに気持ちを告げ、パンジーの下へと急ぐ。 「俺がバッター、お前が三塁ランナーだっただけだよ」 ジョーロを見送りながら、サンちゃんはそっと言葉を呟く…。 図書室に着くと、ホースがパンジーに思いを告げている所だった。 「予想通りだな。 俺を抜きに随分盛り上がってるじゃねーか」 何をしに来たのと怒るパンジーだったが、ジョーロが来てくれた事に喜び、頬を赤く染める。 「三色院菫子は、てめーには渡さねぇって言ってんだよ!!」 力いっぱい叫ぶジョーロに、トキメキを隠せないパンジー。 しかし、パンジーとサンちゃんが付き合うと言った時は、本当に驚きました。 ジョーロが肩を落として、自分が無能だと思ってしまうのも無理がないと思います。 その後の、サンちゃんの言葉が…凄く良いアドバイスだったのも、涙が出そうになりました。 ジョーロが自分で気づかないとダメだから、サンちゃんは…あえてこのような伝え方をしたのでしょうね。 ホースの弱点を突きながら、しっかりとパンジーに思いを告げていましたね。 あのような言われ方をしたら、好きな相手じゃなくても落ちてしまいますよ……。 なんだかんだ、ジョーロはパンジーの事が大好きですね! そして、パンジーを賭けた闘いが始まるという所で…終わりました。 今回で、『俺を好きなのはお前だけかよ』は最終回でした……。 ちょっとまって!!こんな…続きが気になる終わり方で終わらないで!? 皆さん、そう思ったはずです。 筆者もそうです。

次の

TVアニメ『 俺を好きなのはお前だけかよ 』第12話 「俺が好きなのは……」【感想コラム】

俺が好きなのはお前だけかよ最終回

Contents• 『俺を好きなのはお前だけかよ アニメ 』第1期12話最終回のあらすじとネタバレ感想・考察! 12話最終回のあらすじ 俺が好きなのは…… やるしかねぇ……。 ホースによる『善意の呪い』からパンジーを解放するために、俺がパンジーに告白をしてやるよ! 俺達が恋人同士になっちまえば……は? どういうことだよ、パンジー? もう、恋人になる約束をしている人がいる? しかも、その相手は……サンちゃんだって! だから、俺はもう必要ない、図書室にしばらく来なくていいって。 ……分かったよ、俺は用済みってことか。 コスモス、ひまわり、あすなろ、悪いが後は任せた。 俺じゃホースに勝つことはできねぇ……、そんな俺はいたって無駄だよな……。 [ジョーロ]如月雨露/山下大輝• [パンジー]三色院董子/戸松 遥• [ひまわり]日向 葵/白石晴香• [コスモス]秋野 桜/三澤紗千香• [サンちゃん]大賀太陽/内田雄馬• [あすなろ]羽立桧菜/三上枝織• [ツバキ]洋木茅春/東山奈央• [たんぽぽ]蒲田公英/佐伯伊織•

次の

俺を好きなのはお前だけかよ(アニメ)1期最新話(12話最終回)のネタバレ・あらすじ&感想!

俺が好きなのはお前だけかよ最終回

しかし、パンジーは既にサンちゃんと付き合う約束をしていた。 悲観するジョーロに対して、サンちゃんがアドバイスを送る……。 正しいを正すのは… 朝から大勢の生徒で賑わう位に、図書室には人が訪れるようになっていた。 閉鎖は免れたと安堵するジョーロだったが、別の問題が残っていた。 それは、パンジーとホースの問題だった。 パンジーに笑顔で話しかけ続けるホース。 本当は嫌だけど、ホースはどこも悪くないからパンジーも受け答えするしか無かった。 そんな様子を見続けていたジョーロも、やはり動き出す事が出来ない。 そして、そんなジョーロとパンジーを見ていたサンちゃんが、ついに動き出す……。 衝撃の瞬間 パンジーを救うためには、パンジーに告白するしかないと考え、意を決したジョーロ。 パンジーに話かけ、告白しようとすると……。 「実はね。 私、サンちゃんと恋人のなる約束をしたの」 少し前に、サンちゃんから告白を受けたと告げるパンジー。 そして…。 「じゃあ最後にジョーロ君。 いつまで経っても振り向いてくれない人に熱心でいられる程、私は強くないわ」 「だから、あなたはしばらく図書室に来ないで貰える?迷惑だから」 パンジーの言葉に酷く傷付いて、己が無力だと知ったジョーロは、図書室を後にする……。 「良い親友だったろ?お前が困った時に絶対助けてくれる、まるで少し前の誰かさんみたいでさ」 サンちゃんの言葉に感情を失うジョーロだったが、サンちゃんは言葉を続ける。 「俺は俺のやるべきことをやった。 だからお前も、お前のやるべきことをやってくれよ。 サンちゃんを呼び出して、サンちゃんに気持ちを告げ、パンジーの下へと急ぐ。 「俺がバッター、お前が三塁ランナーだっただけだよ」 ジョーロを見送りながら、サンちゃんはそっと言葉を呟く…。 図書室に着くと、ホースがパンジーに思いを告げている所だった。 「予想通りだな。 俺を抜きに随分盛り上がってるじゃねーか」 何をしに来たのと怒るパンジーだったが、ジョーロが来てくれた事に喜び、頬を赤く染める。 「三色院菫子は、てめーには渡さねぇって言ってんだよ!!」 力いっぱい叫ぶジョーロに、トキメキを隠せないパンジー。 しかし、パンジーとサンちゃんが付き合うと言った時は、本当に驚きました。 ジョーロが肩を落として、自分が無能だと思ってしまうのも無理がないと思います。 その後の、サンちゃんの言葉が…凄く良いアドバイスだったのも、涙が出そうになりました。 ジョーロが自分で気づかないとダメだから、サンちゃんは…あえてこのような伝え方をしたのでしょうね。 ホースの弱点を突きながら、しっかりとパンジーに思いを告げていましたね。 あのような言われ方をしたら、好きな相手じゃなくても落ちてしまいますよ……。 なんだかんだ、ジョーロはパンジーの事が大好きですね! そして、パンジーを賭けた闘いが始まるという所で…終わりました。 今回で、『俺を好きなのはお前だけかよ』は最終回でした……。 ちょっとまって!!こんな…続きが気になる終わり方で終わらないで!? 皆さん、そう思ったはずです。 筆者もそうです。

次の