生理早めるツボ。 生理がちょっと遅れた時の民間療法は?

生理を早めたいときに知っておきたいこと

生理早めるツボ

月経を早める方法として確実なのはピルを飲むこと 月経を早めたいとき、一般的なのは「ピル」を利用する方法。 確実なのは中用量または低用量ピルを使うことですが、黄体ホルモン剤だけでも移動は可能です。 受験や修学旅行などに重ならないよう、小学生や中学生も生理を遅らせたい場合もあるでしょう。 若年者でも初経を迎えていればピルの服用は可能ですし、何度かまたは連続で服用しても害はありません。 ピル以外で生理を早める方法……市販薬・食べ物・漢方・運動などは効果なし 今のところ、ピルや黄体ホルモン以外の市販薬で、生理を早めることはできません。 食べ物や漢方やツボのようなものもありませんし、運動をしても早めることはできません。 生理を早めたいときのピルの種類・料金の目安 中用量ピルでも低用量ピルでも生理を早めることは可能ですが、ホルモン量が多いほど確実です。 生理を早めることができる中用量ピルは「プラノバール」。 低用量ピルの種類としては「トリキュラー」「アンジュ」「ラベルフィーユ」「マーベロン」「ファボワール」「ルナベルLD」「フリウェルLD」があります。 続けて飲むことを考えると気になるのが料金。 ピルの料金の目安は以下のとおり。 プラノバール: 3000円~5000円(病院によって設定が異なる)• トリキュラー・アンジュ・ラベルフィーユ・マーベロン・ファボワール:1シートの相場は2000~3000円(病院によって設定が異なる)• ルナベルLD:治療の目的で使う場合は1シート1700円くらい(自費だとその3倍)• フリウェルLD:治療の目的で使う場合は1シート1100円くらい(自費だとその3倍) 生理を早めたいときに失敗しないピルの飲み方 ピルを飲むタイミングを間違うと生理を早めきれないので注意 中用量ピルなら月経5日目まで、低用量ピルなら月経3日目までに服用を開始し、10日間以上は服用してください。 できれば14日以上服用できた方がより確実です。 月経を来させたい日の3~4日前で服用を中止します。 飲み始めが月経5日目以降だったり、トータルの服用日数が10日未満だったりすると失敗することがあるので注意が必要です。 ピルを飲むときに注意すべきこと・副作用 喫煙者や肥満や片頭痛がある人はピルを飲むことができません。 その代わり、病院では「ノアルテン」という黄体ホルモンの薬を処方してもらうことができます。 生理を早める目的でピルを飲んだとき、考えられる副作用は、他の目的でピルを飲んだ時と同じ。 多いのは吐き気・嘔吐・頭痛・むくみなどのマイナートラブルです。 通販でピルを買うことや個人輸入でピルを入手することも可能ではありますが、全て自己責任になるので危険。 特に、「ピル服用の禁忌」に自分が当てはまっているかどうかの判断ができず、飲んではいけない人が服用すると重篤な副作用を引き起こす可能性があります。 また、きちんと届くかどうか、届いた薬剤が本物かどうかなど薬剤そのものの安全性も全く分からないので危険は常にあると考えた方が賢明です。 ピル以外の薬局の市販薬で、生理を早めることはできないので、自己判断で購入することはやめましょう。 今はフレックス服用と言って、ピルを連続服用して年間の月経回数を3~4回に減らせるようになっています。 継続的にピルを飲んでいれば都合のよい時に月経を来させることができるので便利ですし、ピンポイントで中用量ピルを使うより日頃から超低用量ピルを使っていた方が負担は少なくて済みます。 月経に振り回されるのではなく、ピルを上手に使って賢く自分の人生をコントロールしましょう。

次の

知ってる?生理痛をやわらげるカラダのツボ

生理早めるツボ

累計6万件施術。 妊産婦さんは年間3500件施術。 柔道整復師(国家資格)取得後、大学院にて研究を行い、整形外科勤務を経て整体院開院。 施術したアスリートが世界一や日本一に輝き、現在はマタニティを専門としな... 女性なら少なからず、「自分で生理のタイミングをコントロールできたらいいのに」と思ったことはありますよね。 旅行やイベントなどがあるときは特に、そう思いませんか?トイレにも困りますし、生理痛で調子が悪いと嫌なので、楽しみにしている予定に生理日は重なってほしくないもの。 「生理が早く来てほしい」という人に、今回は、生理を早めるツボとその他の方法をご紹介します。 生理を早めるには? 生理を早めるためには、まずは自分の生理周期を把握し、安定させることが大前提です。 個人差はありますが、正常であれば25~38日周期で生理が来ます。 生理の周期が人によって異なるのは、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンの分泌期間と量に違いがあるからです。 また、ホルモンバランスは体調や環境の変化などで左右されやすく、特に異常はなくとも生理が数日遅れることはあります。 まずはホルモンバランスを整えて生理周期を安定させることができれば、生理不順で遅れがちな生理を早く呼び寄せることができるのです。 関連記事 生理を早めるツボがあるって、本当? 生理を早める方法として、効果が期待できるものの一つに「ツボ押し」があります。 人間の体には様々なツボがありますが、なかには、血のめぐりを促すことで、子宮や卵巣の機能を整えるツボもあります。 ここでは、生理を早めることが期待できるツボについて、代表的な2つをご紹介します。 血海(けっかい) 子宮周辺の血流を改善する働きがあるツボ、「血海」。 膝のお皿の上に人差し指をあてて、指3本分上がったところにあります。 ちょうど太ももの内側辺りです。 ツボの押し方 太ももに対し、上から垂直にツボを押しましょう。 「3秒押して3秒離す」を20回ほど繰り返します。 生理痛のときは、左の血海にしこりが生じやすくなり、押すと響く感覚が起こることもあります。 その場合は、重点的にほぐすようにしてください。 関連記事 三陰交(さんいんこう) 女性にとって万能のツボといわれている「三陰交」は、生理痛などにも効果的です。 足の内くるぶしから指4本分くらい上のあたりで、すねの内側の少しくぼんだ部分(骨と筋肉の境目辺り)にありますよ。 三陰交は、三陰(足の太陰脾経、足の少陰腎経、足の厥陰肝経)の三つが交わるツボです。 婦人の三里ともいわれ、生理痛、生理不順、不妊、更年期障害、冷え性など女性特有の症状を改善してくれるツボですよ。 ツボの押し方 ツボを刺激するときは、両手の親指を重ねてツボに当て、痛すぎない程度に深く押してください。 押し込みが浅いと効果があまり得られません。 1セット10~20回くらいを、できれば朝晩やりましょう。 三陰交を少し硬めのブラシなどでこすったり、温めるのもいいですよ。 関連記事 ツボ押し以外でも、生理が早める方法は? ツボ押しは、子宮まわりの血流を良くすることで遅れがちな生理を早めたり、生理周期を安定的に保つ効果があるといわれています。 体が冷えてしまうと、血流が悪くなりホルモンの分泌が乱れて、生理周期が整いにくくなります。 ツボ押しに加えて、体を温める習慣をつけることで、よりその効果を高めましょう。 体を内側から温める まずは、食べ物に注意して、内臓から体を温めてあげてください。 血行を良くしてくれるといわれるにんじん、レンコン、ゴボウ、ショウガなどを摂取するのがおすすめです。 体を外側から温める 外から体を温めることも重要です。 カイロや腹巻、半身浴などで骨盤周辺を温めるようにし、体を冷やさない服装を心掛けるようにしましょう。

次の

生理を早める 3つの方法

生理早めるツボ

ツボ刺激は、自分でもできて、副作用の心配もなく、おススメのセルフケアです。 体にやさしい治療法と思われがちですが、押すとすぐトラブル改善に働く即効性の高いツボも多いので、不調を感じたら積極的に取り入れてほしいもの。 そこで、今回は婦人科系の不調に効果的なツボをご紹介します。 経絡のめぐりをよくするツボ押しのメカニズム そもそもツボとは何でしょうか。 中国の医学において、人の体の中には「気・血・水」という、人が生きる上で必要な流れがあるとされています。 気はエネルギー、血は血液、水は体液の流れ。 これら全身を巡る体内の流れを「経絡(けいらく)」と呼びます。 そしてこの経絡上にあり、気や血が出入りするポイントを「経穴(けいけつ)」といいます。 これが一般にいわれる「ツボ」なのです。 体内の臓器に直接手を触れることはできませんが、ツボを刺激することで、経絡を通じて体内の状態を改善するのがツボ治療なのです。 婦人科系のツボ「三陰交」 人間の体にあるツボの数は、WHO(世界保健機構)が認定しているものだけで現在、361あり、中医学で発見されたツボは1000以上あるともされています。 その中で、婦人科系の不調に効果的なのが「三陰交(さんいんこう)」と呼ばれるツボです。 三陰交は、足の内くるぶしの骨から指4本分上で、すねの骨のキワにあります。 ここに親指を当て、残りの指で足をつかむようにしましょう。 骨のキワに沿って、親指でそのあたりをまさぐると、痛みなどの刺激を感じるところがあります。 それが「三陰交」です。 三陰交には、肝・腎・脾の3つの経絡が交わっている場所という意味があります。 東洋医学で「肝」は、筋肉や血液をつかさどるところ。 また「腎」は生命力の根源とされ、水分代謝の役割をしているところとされています。 そして「脾」は消化器のことをいい、体に栄養を補給する重要な働きを担っているとされています。 この重要な3つの経絡が交わっているのが「三陰交」。 そのため、ここを押すだけで多くの不調の改善効果に働いてくれる、万能のツボといわれているのです。 ツボの押し方は、まず5秒くらいかけてゆっくりと息を吐きながら静かに押し、息を吸いながらゆっくり離していきます。 これを左右3回ずつ、毎日行うのがおすすめです。 万能のツボである三陰交は、冷えやむくみの改善、生理痛の緩和、骨盤内の血流アップ、陣痛促進など、女性に役立つさまざまな効果が期待できます。 不調のときはもちろん、ふだんからこのツボを刺激することで、悩みの解消に働いてくれるでしょう。 下腹部の重苦しさには「血海」のツボを 生理痛で腰や下腹部に重苦しい痛みを感じるという人に、もう1つお教えしたいツボがあります。 それが、「血海(けっかい)」と呼ばれるツボ。 血海は、ひざのお皿の内側から、指3本分上にあります。

次の