エルレイド 種族値。 エルレイド|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモンGO】エルレイドのおすすめ技と最大CP&弱点

エルレイド 種族値

図鑑説明 のびちぢみする ひじの かたなで たたかう。 い めいしゅ。 れいぎ ただしい。 だれかを ろうと したとき ひじをのばし かたなの ように へんか させて しく たたかう。 あいての かんがえを びんかんに キャッチする のくを もつため に こうげきが できるのだ。 のが「めざめいし」を使うことでなんとに覚めた。 時代から一変してが付いた上、のように変化する肘を生かしたのとなった。 のの攻撃と特攻を入れ替えるとそのままエルレイドになる。 はひるむと素さがする ふくつのに変化。 しかし等に対するひるみとしてもあまり機しないなである。 せいしんなら良かったのだが。 は せいぎの。 これも役立たない訳ではないが、等倍の悪技をわざわざ受けに行く機会も多くないのでと言えばである。 覚える技は撃系や三色などのものが大幅に増え、全てのに技で抜群を取れるので攻撃範囲に困ることはまずない。 しいのの使い手である。 さらに系統の持ち味である豊富な補助技も兼ねそろえているためにパッと見でを読まれる事はそうないだろう。 1の芸達者である。 エルレイドにさせると、時代に習得可だった特殊技や補助技をはじめとするいくつかの技が習得できなくなる。 特にの存在は大きいので石の。 野生の捕獲に役立つ「みねうち」「さいみんじゅつ」「ちょうはつ」「くろいまなざし」を全て同時に覚える事が出来る数少ないでもある。 ちなみににおける対応数が禁止級のを除けば最も多い。 限定のエルレイドが登場したため、対のは前にも増してのが強くなってしまった。 当然のも存在するので今後も彼らには是非オス同士色々と頑って欲しいところである。 では、ミツルのに抜。 でミツルが連れていたがだったから、を使う要としてとするから等諸説ある。 そして、からやや遅れて も獲得した。 は 上の方で「せいしん」ならよかったと書いたからか「せいしん」となった。 元々「ふくつの」を持っているエルレイドに怯み技が飛んでくることは多くないので、このが活きるのも多くはないだろう。 一応、「」や「いわなだれ」といった怯み技が重宝される以上では有用かもしれない。 特に「せいしん」で怯まずに「おにび」や「みちづれ」を使うことができる重な存在となる。 豊富な補助技を怯まずに使えるというと解釈するか、そのためにを割く価値はないと判断するかはである。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

エルレイド (えるれいど)とは【ピクシブ百科事典】

エルレイド 種族値

メガエルレイド やいばポケモン ぜんこくNo. 475 高さ 1. 6m 重さ• 4kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Gallade タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 20で『ラルトス』から進化• 30で『キルリア』から進化• 【メガシンカ】エルレイドナイト• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 第6世代までは、変化技は防げない Lv. 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 投げつけた道具はなくなる。 『ほのお』タイプには無効。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 自分が場を離れると効果は消える。 ただし、PPが0になると解除される。 なお、Zワザは影響を受けずに使うことができる。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 道具を持っている場合は失敗する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 もう1度使用すると元に戻る。 USUM New! 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 USUM New! 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 USUM New! USUM New! 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。

次の

【ポケモン剣盾】エルレイドの入手方法【ポケモンソードシールド】

エルレイド 種族値

【良いところ】• エルレイドは攻撃種族値が高く火力があります。 さらなる攻撃力UP手段として「つるぎのまい」「ビルドアップ」を習得できます。 エスパー技に耐性のある鋼・悪タイプも「インファイト」で効果抜群がとれます。 エルレイドは特防種族値が割と高いです。 特殊技なら弱点を突かれてもそうそう落ちません。 耐久無振りのエルレイドは、 ・特攻特化リザードンの「エアスラッシュ」で79. 7~93. ゲンガーは最速にするためおくびょうが多いので性格補正無しで計算、個体値はVを仮定 耐久無振りでもタイプ一致の弱点攻撃をこれだけ耐えるので、特殊耐久はそこそこ安定していると言えるでしょう。 エルレイドに効果抜群である飛行、ゴースト特殊技の威力が低いというのもポイントです。 ただ、耐久無振りエルレイドの場合、特攻全振り性格補正無しサンダースの「10まんボルト」でも中乱数2 個体値はVを仮定 と、確定数だけで言うならあまり過信しない方がいいかもしれません。。 「さいみんじゅつ」「あやしいひかり」「おにび」「みちづれ」など、個性的な補助技を覚えることができます。 「さいみんじゅつ」「あやしいひかり」で相手の攻撃回数を減らし、その間に「つるぎのまい」を積むこともできます。 ハートゴールド・ソウルシルバーではタマゴ技に「アンコール」が追加されたので、相手が積み技を使ってきたらその技を「アンコール」で縛り、その隙に「つるぎのまい」を積みましょう。 【悪いところ】• 物理耐久がなく、素早さもそこまで早くありません。 相手が物理アタッカーだと、「きあいのタスキ」や「さいみんじゅつ」がないとキビシイです。 素早さは激戦区の80族なので、調整が難しいです。 そこまで気にしなくてもよいと思いますが、メインウェポンのエスパー技と格闘技がどちらも、ミカルゲ・ヤミラミに無効です。 相手がこれらのポケモンに交換してきたら、単純なフルアタエルレイドでは基本的に勝てません。 エルレイドの型 性格 : いじっぱりorようき 努力値: 攻撃252、素早さ252、HP6 耐久・素早さは調整でも可 持ち物: こぶしのプレート、いのちのたま等火力UP系orラムのみ メイン: インファイト、サイコカッター サブ技: じしん、れいとうパンチ 補助技: つるぎのまい、さいみんじゅつorおにび、あやしいひかり エルレイドは元々攻撃力が高いですが、「つるぎのまい」でさらなる決定力を得ます。 エルレイドは物理耐久はないので、なるべく特殊アタッカー相手に出しましょう。 一度「つるぎのまい」を積めれば、相手が物理アタッカーでも、エルレイドより遅ければ先制で突破しやすいです。 「つるぎのまい」1回使用後の「インファイト」では、エルレイドがようきならHP振りメタグロス超低乱数1、いじっぱりなら中乱数1という感じです。 個体値はVを仮定 場に出したら「さいみんじゅつ」や「あやしいひかり」で相手の行動を制限しつつ、「つるぎのまい」を積みます。 相手が物理アタッカーに交換してくると読んだら、「おにび」でもOKです。 相手の特性「こんじょう」には注意 エルレイドの「さいみんじゅつ」で相手を眠らせたままにすれば、「つるぎのまい」を3回積めることもありますが、催眠は嫌われることも多くあまりオススメはできません。 特殊耐久は無振りでも結構あるので、相手が特殊アタッカーなら「あやしいひかり」でも十分だと思います。 技構成は、「つるぎのまい」「インファイト」「サイコカッター」「選択肢」という感じです。 つるぎのまいを積めるだけ積んだら、あとは「インファイト」と「サイコカッター」で攻めるのみです。 【物理フルアタ型】 性格 : いじっぱりorようき 努力値: 攻撃252、素早さ252、HP6 耐久・素早さは調整でも可 持ち物: こぶしのプレート、いのちのたま等火力UP系orこだわりスカーフorきあいのタスキ メイン: インファイト、サイコカッター サブ技: じしん、ストーンエッジ、かみなりパンチ、れいとうパンチ、ほのおのパンチ、リーフブレード、つじぎり、かげうち 補助技: なし エルレイドは優秀なサブウェポンを数多く覚えるので、サブウェポンの多さを生かしてフルアタにしてみました。 「インファイト」と「サイコカッター」を入れると残りスペースが2つなので、仮想敵に合わせてサブウェポンを決めましょう。 「サイコカッター」は入れなくてもよいです。 サブウェポンはいろいろあるので、パーティの天敵を狩れるものを揃えたいところです。 持ち物とサブウェポンを変えることにより、倒せる相手が変わります。 自分より速い物理アタッカー相手にはキビシイので、特殊アタッカーOR自分より遅い物理アタッカー相手に出します。 また、素早さを補うために「こだわりスカーフ」を持たせて、弱点を突ける相手に出していくという使い方もあります。 攻撃全振り・性格補正無し「じしん」でHP振りジバコイルを確1。 攻撃全振り・性格補正無し「ストーンエッジ」で耐久無振りギャラドスを「いかく」込みで確2。 攻撃全振り・性格補正無し「かみなりパンチ」で耐久無振りギャラドスを「いかく」込みで確2。 「いかく」がなければ確1。 攻撃全振り・性格補正無し「れいとうパンチ」で耐久無振りガブリアスを高乱数1。 攻撃全振り・性格補正無し「ほのおのパンチ」でHP振りハッサムを中高乱数1。 攻撃全振り・性格補正無し「リーフブレード」でHP振りラグラージを確1。 攻撃全振り・性格補正無し「リーフブレード」でHP振りミロカロスを確2。 防御特化ミロカロスは確3。 攻撃全振り・性格補正無し「つじぎり」で耐久無振りゲンガーを低乱数1。 攻撃全振り・性格補正ありでも中高乱数1。

次の