太陽 を 抱く 月。 太陽を抱く月感想は面白い?評価を口コミ評判でまとめてみた

太陽を抱く月

太陽 を 抱く 月

chosunonline. html? 太陽のような存在感を持つ世子イフォン(ヨジング)と聡明で心優しいホヨヌ(キムユジョン)は、恋に落ち結婚を約束します。 ところが、婚礼を目前にヨヌが原因不明の病にかかり、亡き人となってしまいます。 ヨヌがこの世を去り、ヨヌの代わりに世子嬪の座についたのは、政権を狙うユンデヒョンの娘のボギョン(キムソヒョン)でした。 そして、8年の時が流れ・・・ 若くして王となったフォン(キムスヒョン)は、ボギョン(キムミンソ)を正妃としながらも、突然亡くなったヨヌのことが忘れられず、心を閉ざしていました。 ある夜、護衛官のウン(ソンジェリム)とお忍びで出かけたフォンは、山でヨヌに瓜二つの巫女(ハンガイン)に出会います。 その巫女に、ウォルと名付けるフォン。 実は、そのウォルこそが8年前になくなったヨヌだったのです。 しかし、ヨヌは過去の記憶を亡くしていたため、フォンの事も覚えていません。 違う形で再会したふたり。 vap. wordpress. 初めてヨヌに会った日から恋に落ちますが、ヨヌは謎の死を迎えてしまい、ファンは笑顔を失ってしまいます。 亡くなった後も一途にヨヌのことを想っていて、陰謀渦巻く宮中で、不可思議なヨヌの死を解き明かそうと奮闘します。 曲がった事が嫌いで、強い意志と度胸を持ち合わせています。 キム・スヒョンのプロフィール 1988年2月16日生まれ。 2007年のドラマ『キムチチーズスマイル』で俳優デビューを果たし、2011年のドラマ『ドリームハイ』でブレイクしました。 そして、この『太陽を抱く月』で韓国のゴールデングローブ賞と呼ばれる「百想芸術大賞」で最優秀男優賞を受賞し、韓国トップスターの地位を不動のものとしました。 2005年、8歳の時に映画『サッド・ムービー』で子役デビューを果たすと、多くの作品に出演し、天才子役と呼ばれるまでに。 この『太陽を抱く月』に出演した2012年にはMBC演技大賞男子子役演技賞を含む4つの賞を受賞しています。 2015年には『オレンジ・マーマレード』に主演し、KBS演技大賞を新人男優賞を受賞。 子役のイメージを払拭し、現在は実力派俳優として活躍しています。 blog. so-net. ヨヌは聡明で心優しく、ミナ王女の学友に選ばれ、さらに世子嬪となります。 謀略により死の呪いをかけられますが、朝鮮最高の巫女ノギョンの計らいで命は助かったものの、過去の記憶を亡くしてしまいます。 ヨヌの子供時代を演じたキムユジョンですが、今まで演じてきた成人役者の中で、ハンガインとの演技の呼吸が1番あったと語っています。 ハン・ガインのプロフィール 1982年2月25日生まれ。 高校時代、ニュース番組でインタビューされたのをきっかけに、2度のスカウトを経て2002年に『太陽の誘惑』でデビュー。 2005年、当時23歳の時に、人気絶頂の時に俳優のヨンジョンフンと電撃結婚し、今では2児の母でもあります。 キム・ユジョンのプロフィール 1999年9月22日生まれ。 2003年4歳のときにクラウン製菓のCFを通じ、芸能界デビュー。 その後、数々の映画やドラマに出演し、「国民的名子役」として活躍しています。 2016年に初の成人役として主演した『』で、多くの賞を受賞。 子役としてのイメージを脱却し、成人女優として認められ、今後の活動が大注目されています。 html フォンとミナの異母兄。 政治には興味がなく、自由奔放に生きています。 小さい頃からヨヌのことが好きで、ヨヌが望むなら、身分を捨ててでも一緒になりたいと願っていました。 ヨヌの生き写しのウォルに出会い、ウォルを愛するようになります。 そして、何よりもウォルが大切だと全力で守り支えます。 チョン・イルのプロフィール 1987年9月9日生まれ。 2006年、映画『静かな世界』で俳優デビューすると、同年出演したドラマ『思い切りハイキック』で大ブレイクしました。 今まで青春スター俳優と言われていたチョンイルでしたが、この作品での演技が評価され「真の俳優」と認められるようになりました。 イ・ミノのプロフィール 1993年6月28日生まれ。 1998年、ドラマ『順風産婦人科』でデビューしました。 2018年には活動名をイミノからイテリに改名し、映画『アナスタシア』で特別出演としてハリウッド進出も果たしています。 bsfuji. html 権力欲の強い父親ユンデヒョンによって王妃の座に。 幼い頃から、フォンに想いを寄せています。 夫フォンからは拒絶され、そんな中でウォルの存在を知り、嫉妬に狂うようになります。 後半での、キムミンソ演じるボギョンのヨヌの存在におびえる狂気じみた演技が、切なさとかわいそうな悪役として視聴者から同情を引きました。 キム・ミンソのプロフィール 1984年3月16日生まれ。 1999年に、ガールズダンス音楽グループ『ヒャンギ(香気)』で歌手として芸能界デビュー。 2008年、ドラマ『愛してる』の端役で芸能界に再デビューを果たしました。 2018年には一般男性と結婚し、新婚生活をアメリカで過ごすとして、芸能活動はしばらく休止しています。 キム・ソヒョンのプロフィール 1999年6月4日生まれ。 6歳から端役で数々のドラマに出演し、2008年『伝説の故郷』で正式デビューを果たします。 この『太陽を抱く月』で注目されるようになり、キムユジョンと並び、次世代の大女優として期待されている若手女優のひとりです。 輝くような美貌と秀才さから、成均館時代では儒生たちの憧れの的でした。 宮廷を歩けば、女官達がうっとり見とれてしまうほど。 子供時代を演じたイムシワンが役にはまりすぎたため、大人になったヨムを演じたソンジェヒは、出演当初酷評を受けました。 ソンジェヒもかっこいいのですが、イムシワンが美しすぎたのかもしれませんね。 ソン・ジェヒのプロフィール 1979年12月11日生まれ。 2004年に広告モデルをきっかけに芸能界に入り、『太陽を抱く月』で、俳優としての地位を固めました。 海兵隊出身であることから、「強く男らしいイケメン俳優」のイメージがあります。 2017年に女優のチソヨンと結婚しています。 イム・シワンのプロフィール 1988年12月1日生まれ。 2010年に韓国アイドルグループ「ZE:A」のボーカルとしてデビューしました。 本作品『太陽を抱く月』で、俳優デビューを果たし一躍有名に。 2014年の『』で主役に抜擢され、たくさんの賞を受賞し、俳優としての地位を確立しました。 フォンの護衛官で、朝鮮最高の雲剣。 フォンに忠誠を誓い、どんなときでも命がけで守っています。 ヤンミョングンとヨムと親友関係にあります。 ソン・ジェリムのプロフィール 1985年2月18日生まれ。 2009年パナソニックの広告モデルとしてデビュー。 この『太陽を抱く月』で、その魅力ある風貌と、口数が少ないながらも存在感溢れるウンをクールに演じブレイクしました。 イ・ウォングンのプロフィール 1991年6月27日生まれ。 イビョンホンのマネージャーの目に留まり、俳優を道を歩みはじめます。 『太陽を抱く月』のオーディションで、見事合格。 俳優デビューを果たします。 その後も数々の大物俳優と共演を果たし、『』や『ジャグラス』などにもメインキャストとして出演しています。 天真爛漫でおてんば。 幼い頃からヨムに恋心を抱いている為、将来はヨムと結婚したいと父である成祖にワガママを言い一蹴されます。 その幼い恋心を政権を掌握したい大妃に利用されてしまいます。 ナム・ボラのプロフィール 1989年11月27日生まれ。 2005年に、11人兄弟の長女として人気バラエティー番組の出演がきっかけで芸能界デビューを果たします。 この『太陽を抱く月』を始め、『サメ~愛の黙示録~』や『ずっと恋したい』『私の心キラキラ』などが代表作です。 チン・ジヒのプロフィール 1999年3月25日生まれ。 2003年のデビュー作『黄色いハンカチ』で子供とは思えない演技力と存在感で大成功を収めます。 2009年の『明日に向かってハイキック』で知名度が一気に上がり、同年MBC放送芸能大賞で「子役賞」を受賞。 現在、ドラマだけでなくバラエティー番組でも活躍しています。

次の

太陽を抱く月 相関図 キャスト あらすじ

太陽 を 抱く 月

『太陽を抱く月』は韓国で2012年1月4日から3月15日に全20話が放送され、最高視聴率46. 李氏朝鮮の架空の時代を舞台に描かれたファンタジーロマンス史劇です。 原作は韓国で100万部以上のベストセラーとなった人気小説。 若き王と、記憶を失って巫女として生きる女性とのせつない愛の物語です。 ドラマのサントラを手掛けたのは、2009年から2年連続で大鐘賞映画祭の音楽賞を受賞した音楽監督キム・ジュンソク。 また、OST界の大御所と名高い女性歌手のLYnや歌手のフィソンがOSTに参加。 さらに歌声に定評のある主演のキム・スヒョンもOST「あなたひとり」を歌っています。 それでは、さっそく気になるあらすじを見ていきましょう。 時は朝鮮王朝時代。 民衆思いの成祖(アン・ネサン)が国を統治する中、運命に導かれるように出会った若き男女がいた。 太陽のように温かい世子・イ・フォン(ヨ・ジング)と、太陽を見守る月のような少女ホ・ヨヌ(キム・ユジョン)。 二人は互いに惹かれ合い、恋に落ちる。 一方、フォンの異母兄である陽明君(イ・ミノ)もヨヌに思いを寄せていた。 ヨヌは世子濱に選ばれるが、その裏で大妃ユン氏(キム・ユンエ)とその甥ユン・デヒョン(キム・ウンス)は勢力の拡大をもくろみ陰謀を企てていた。 呪いをかけられ原因不明の病にかかったヨヌはそのまま命を落としてしまう。 それから8年後、陰謀渦巻く宮中で孤独に戦う王イ・フォン(キム・スヒョン)。 ヨヌを失った悲しみから、王妃ボギョンには見向きもせず心を閉ざしていた。 ある日、フォンは療養のため出かけた山でヨヌに似た巫女(ハン・ガイン)に出会う。 ソン・ジェヒ 1979年12月11日生まれ。 185㎝、O型。 2004年の広告モデルをきっかけに芸能界入り。 2006年、映画『モノポリー』で俳優デビュー。 多くのドラマや映画で活躍する一方、バラエティ番組にも出演しています。 2017年に女優チ・ソヨンと結婚。 主な出演:ドラマ『ロードナンバーワン』『愛してよかった』『太陽を抱く月』『それでもあなた』『ホジュン〜伝説の心医〜』『私だけのあなた』『家族なのにどうして?〜ボクらの恋日記〜』『全てうまくいく』『僕は彼女に絶対服従〜カッとナム・ジョンギ〜』『不滅の恋人』『バベル〜愛と復讐の螺旋〜』 映画『イブの誘惑』『サランバンの選手とお母さん』『キングコングを持ち上げる』『スター:輝く愛』『ファイナリー』『雪海』 ヨ・ジング 1997年8月13日生まれ。 177cm、O型。 2005年、8歳の時に映画『サッド・ ムービー』で子役デビュー。 以降も映画や『イルジメ<一枝梅>』など話題のドラマに多数出演し、天才子役と呼ばれました。 主演級俳優へと成長した今も活躍が期待される若手俳優の一人です。 主な出演:ドラマ『オレンジ・マーマレード』『サークル 〜繋がった二つの世界〜』『王になった男』『絶対彼氏。 』『ホテルデルーナ』『ひと夏の奇跡〜Waiting for you』『テバク〜運命の瞬間(とき)〜』『根の深い木』『幻の王女チャミンゴ』 映画『Sad Movie』『ヒヤツガル』『ファイ〜怪物を飲み込んだ子〜』『ペクプロ』『私の心臓を撃て』 キム・ユジョン 1999年9月22日生まれ。 161㎝、O型。 2004年にソウル牛乳の広告でデビュー。 数々のドラマや映画で主人公の子ども時代を演じる子役として活躍。 現在は演技だけでなくその美貌も注目される人気女優の1人です。 『太陽を抱く月』の撮影当時は12歳。 主な出演:ドラマ『雲が描いた月明かり』『アングリー・マム』『ひとまず熱く掃除しろ』『秘密の扉』『メイクイーン』『氷点』『人生よ、ありがとう』『姉さん』『いい加減な興信所』『ニューハート』『強敵たち』『イルジメ<一枝梅>』『風の絵師』『カインとアベル』『善徳女王』『タムナ〜Love the Island』『天使の誘惑』『トンイ』『ロードナンバーワン』『九尾狐(クミホ)伝〜愛と哀しみの母〜』『欲望の炎』『かぼちゃの花の純情』『階伯』『黄金の虹』 キム・ソヒョン 1999年6月4日。 165㎝、O型。 6歳の頃から演技活動を始め2008年のドラマ『伝説の故郷 - わが子をつれて』で正式デビュー。 以後、数々のドラマや映画で子役として活躍し、主演級女優へと成長しました。 若き王と記憶を失くした巫女というそれぞれの役柄を魅力的に演じています。 また人気俳優のチョン・イルが2人と三角関係になる重要な役どころを熱演。 胸が締め付けられるほどのせつない恋心を見事に表現しています。 また、若き王を取り巻く友人たちとの友情も見どころ。 彼らの華麗なアクションシーンにも注目です。 幼少時代には、時代劇ドラマ『イルジメ<一枝梅>』で主人公の幼少期を演じたヨ・ジングとキム・ユジョンが再び共演。 大きな話題になりました。 他にもイム・シワンやキム・ソヒョンなど人気スターが豪華出演。 彼ら若手俳優たちの好演がドラマを大ヒットに導いた要因とも言われています。

次の

太陽を抱く月 16話 動画

太陽 を 抱く 月

韓国ドラマ 太陽を抱く月 相関図 キャスト あらすじ 相関図とキャストを配信!TBSチャンネルで放送予定で視聴率は46. 見逃した放送や続きの気になる方に楽しんで頂きたいとおもいます。 人気のドラマといえば 黄金のポケット・ トッケビなどですが、そんな人気ドラマや俳優情報なども配信していきます。 すべての韓ドラのあらすじを全話一覧から各ストーリー分けしながら配信していくつもりです。 管理人がオススメする放送予定などの韓国ドラマも公式動画をまじえ紹介しています。 各ドラマのあらすじ、ネタバレを口コミありでお届けしていきます。 世子イ・フォン キム・スヒョン と心優しい少女ホ・ヨヌ ハン・ガイン の2人は結ばれるはずでした。 けれども権力争いの渦に巻き込まれ2人の運命は狂ってしまう。 時が経ち運命の歯車は再び動き出すのだがそれと同時に過酷な恋の始まりでもあった…。 過酷な運命を背負う2人の姿や隠謀渦巻く世界をドラマチックかつファンタジックに描いた新感覚の物語。 スター子役のキム・ユジュンや人気美少年たちが好演技を魅せ序盤を大いに盛り上げることになった。 また、若手のイケメン俳優陣たちが顔を揃え物語に彩りを与えた。 キム・スヒョン イ・フォン役 世子 王 急逝したヨヌへの恋しさを抱いたまま王位に就いた。 初恋相手のヨヌを想い続けヨヌを失ってからは 笑顔が消え心を閉ざしてしまう。 異母兄のヤンミョンを慕い、ヨヌの兄ヨムは師であり友人である。 ハン・ガイン ホ・ヨヌ ウォル 役 巫女、イ・フォンの初恋の相手 ホ・ヨンジェの娘でヨムの妹。 学識もありとても賢い。 フォンが初恋の相手で恋に落ちるが急に亡くなる。 けれども、過去の記憶を失いつつも巫女ウォルとして生きていた。 王となったフォンの前に偶然現れ、心奪われていく。 チョン・イル 陽明 ヤンミョン 君役 成祖の側室の息子、イ・フォンの異母兄 フォンの異母兄で王位継承権を持つ。 ヨヌに思いを寄せ愛するようになる。 王位よりも父の愛情よりもウォルの心の中の太陽でありたいと思っており、ウォルだけはフォンに譲る事は出来ないと考える。 そのため、権力争いの渦に巻き込まれフォンと対立する。 キム・ミンソ ユン・ポギョン役 イ・フォンの妻、王紀 大妃の側近ユン・デヒョンの娘。 亡くなったヨヌの代わりに王紀となった。 王室の地位に恋しているため自分に関心を示さない フォンを恨むことなく、微笑みを浮かべている。 野心家の女性である。

次の