地震予知 予言。 【地震予知ミシェル】2020は震度8の南海トラフ発生で東京オリンピックが中止?

木村藤子2020年の地震予知の予言・占いの評判はどうなのか!?

地震予知 予言

引用: 青森県むつ市の、本物の霊能力を持つという家庭に生まれます。 木村藤子さんは地元ではその霊能力から• 『木村のカミサマ』• 『蛇のカミサマ』 と言われいるようです。 20代前半で霊能力が強くなり、人の未来が手に取るようにわかるようになりました。 そのような状況で結婚生活にも支障が出て、 死を考えるほどの状態だったようです。 人間がこういう能力をもって生まれても、子どもの頃はその力は高いようですが、大人になるにつれて無くなっていく人が大半です。 『蛇のカミサマ』と言われる理由 木村藤子さんが『蛇のカミサマ』と言われる理由は、地元で全長5メートル、胴回り30cmの巨大な蛇が脱走した事件に関係します。 そのときに見事な透視能力を発揮。 大蛇を捕まえるのに協力されたと言われています。 それで『蛇のカミサマ』と呼ばれるようになりました。 今までの有名な予言内容 木村藤子さんがされた今までの有名な予言内容は、• 飯島愛さんの死を予言• 蛇の予言:出現する時間や場所を正確に感じる• 地震の予言:16日の日曜日に津波を伴う大きな地震が来る このような予言の内容があります。 上の2つは有名な予言ですね。 では地震の予言についてはどのような内容なのか詳しくみていきましょう。 スポンサーリンク 地震予言の出どころは不明 地震予言されたことになっていますが、この出どころはハッキリしていないのです。 青森の木村藤子さん(金スマに出ていた霊能者?) が、16日の日曜日に津波を伴う大きな地震が来ると予言しているそうです。 地元の新聞に載っていて、4月11日地震が来ると予言していたそうで、1ヶ月ずれていましたがまんざらハズレでもない様な気もします。 16日(日)と言えば今年は10月です。 chiebukuro. yahoo. しかし木村さんは地震などの災害については予言をあまりしないようで、真意はどうなのでしょうか。 2020年の木村藤子の地震予言 木村藤子さんがされたと言われている地震予言を、2020年に当てはめてみました。 今まで毎年のように、16日が日曜日に当たるときには大きな地震が発生するのではないかと言われていました。 2020年は、 2月16日(日)と、8月16日(日)がそうです。 この時期になるとドキドキしてしまいそうですが、もしもの時に備えての準備だけはしておきたいですね。 また、予言から考えて津波が来るほどの大きな地震というと、近年言われているのが 南海トラフ巨大地震です。 南海トラフ巨大地震とは、東海、東南海、南海の3つの地域で同時に発生する「連動型地震」。 西日本全域に、東日本大震災を超える甚大な被害をもたらすと考えられています。 ここ最近では西日本では次のように連続して大きな地震が起き南海トラフの前兆かと言われていますので警戒しておきたいですね!• 2016年4月14日:熊本地震• 2016年10月21日:鳥取県中部地震• 2018年4月9日:島根県西部地震• 2018年6月18日:大阪北部地震• 2019年1月3日:熊本県熊本地方地震 スポンサーリンク 占いでの評判 蛇の事件で全国的に有名になってから、全国各地から木村さんに鑑定をお願いするべくたくさんの人々が来られています。 しかし 当たるという意見は4割ほど。 「性格を当てられた」 「その日の体調によって透視能力に違いがある」 「抽象的な回答をされる」 「欲が出来てきて、もう能力が無くなっている」 「相談者の顔色で言い当てている」 などの評判がありました。 毎日の体調にもよると思いますが、なかなか当てるというのは難しいようですね。 欲が出てきたら透視能力が発揮されにくく、ますます的中率が低くなってしまうのではないかと思います ーー; まとめ 木村藤子さんの予言や占いについて紹介しました。 透視や予言は、大半の人間がこの能力はないですので予言できるという方が注目されます。 予言は当たればそれはそれで恐いですが、つい気になってしまいますよね。 この予言を少し意識していざというときの為の準備をしてみるのもいいかもしれません。 木村藤子さんはご自宅で鑑定をされています。 予約できる電話番号や鑑定料、予約するときの注意点などをまとめてみました。 木村さんの透視能力を体験してみたい、気になる!と思われる方はご覧ください。 スポンサーリンク.

次の

木村藤子2020年の地震予知の予言・占いの評判はどうなのか!?

地震予知 予言

7月9日朝早く、茨城県南部でM4. 7の地震が発生、最大震度4を観測。 この地震情報を見た時、『これじゃない。 予想規模に達してない。 さらにデカい規模の地震が来る。 』そう思いました。 そして今もなお、東北太平洋沖、南関東沖、東海沖、東北内陸、関東内陸、甲信越内陸、東海内陸などが騒いでいる状況。 いつ大地震が発生しても不思議じゃないです。 今、投稿内容を書き込んでる最中にも大地震が発生するんじゃないかと震えながら書き込んでます。 猛烈な胸騒ぎとグワングワン感は続いてます。 7月13日 前後3日間くらい M6. 0〜7. 5前後、あるいはM6. 0を少し下回る規模の地震が発生する可能性あります。 予想震源地は東北太平洋沖、関東沖、東海沖、日向灘辺り。 予想震源地 内陸型 は東北、関東、甲信越、東海辺り。 北海道も嫌な感じします。 7月13日頃〜遅くても8月末頃まで M7. 5〜8. 8以上 最悪M9. 0〜9. 6程度 の震災級・大震災級の地震が発生する可能性『大』 予想震源地は東北太平洋沖、南関東沖、東海沖辺り。 予想震源地 内陸型 は東北、関東、甲信越、東海辺り。 7月20日前後、梅雨が明ける予想が出てます。 梅雨が明けた後はより一層の警戒が必要かと思います。 そして今年、火山噴火や気象災害、地震 津波 などにも厳重警戒かと。 驚くような衝撃的なニュースが報じられるかも知れません。 スポンサーリンク まず先に前回のご投稿 5日 にあった 「 7月6日〜7月11日前後、M6. 0〜7. 0前後の地震」に対応した地震が起きていないので、今回の予知と合わせると、非常に強い地震が7月16日頃までに2度発生する可能性がありそうです。 そして、前回のご投稿にもあったように8月末までに大震災級の大地震ということですが、今回は地震の規模がより詳細になっていて、最悪な場合は M9. 6の巨大地震ということですから、東日本大震災よりも大きな地震になる可能性があります。 そして気になるのは、 「 驚くような衝撃的なニュースが報じられるかも知れません」ということで、これは地震や噴火とは関係がない全く別のことが起こるということでしょうか? この点をもう少し詳しく教えて頂ければと思いますっ! 体感があまりに酷く、ずっと横になってる状況です。 落ち着いたり、酷くなったり…の繰り返しです。 今までにない体感で、お酒を多量摂取して歩けないような感覚です。 しかし、そんな体感があるのに…TEC値 全電子数 にも連日異常反応が出てるのに…それに対応する地震が発生していません。 よくよく考えたら 『前線が地震の発生を妨げてるんじゃないか?』と心の中で思いました。 『だとすれば梅雨明け以降に地震の発生がずれ込むかもしれない。 』あくまで私の予想ですが…前線が地震の発生を妨げてる可能性は十分考えられます。 この考えが正しければ、 梅雨明け後 7月20日頃以降 M6. 0〜7. 5前後の地震が1回もしくは複数回発生する事になります。 そして、 8月末頃までにM7. 5〜8. 8以上 最悪M9. 0〜9. 6程度 の大規模地震が発生する流れになるかと思います。 今年は『驚くような衝撃的なニュース』が報じられるかも知れません。 これは大規模地震、大規模噴火、気象災害 台風、豪雨、豪雪など などです。 9月以降も大規模地震や大規模噴火が発生するかも知れません。 とても嫌な予感がするのです。 スポンサーリンク 地震の発生と台風の関連性は聞かれます。 梅雨前線については聞いたことがないのですが、共通点としてはどちらも「低気圧」が関係しているという点で、もし台風や梅雨前線に地震の発生を抑え込む作用があるとするなら、低気圧が地殻に作用しているのかも知れません。 前回のご投稿でも 「 梅雨明け後により一層警戒」とおっしゃっていましたし、梅雨が明ける来週以降は十分に注意したいと思います。 それから、前回のご投稿にあった 「 驚くような衝撃的なニュース」という件ですが、地震や災害関連のニュースということなので、これまでには起こらなかったような災害が起きてボクたちが驚くことになるということなのかも知れません。 そして、9月以降にも大地震や大噴火を感じているということで、そうなると、8月末までに起こるという震災級の大地震が起きた影響で、大規模な余震が発生したり火山の噴火が起こるということが推測されます。 前回の富士山の大噴火 宝永大噴火 1707年 は、南海トラフ巨大地震の49日後でした。 また現在、噴火活動が激しい状態となっている西之島は、東日本大震災をきっかけとして火山活動が高まりました。 引き続き、 幌筵さんの予知に大注目&検証していきます。

次の

【未来人】令和2020年の予言まとめ!地震や東京五輪はどうなる??

地震予知 予言

Contents• 未来人の予言1:2020年8月開催の東京五輪について 漫画AKIRAで東京五輪の開催中止が予言されていたり、イルミナティカードでもコロンの流行、そしてそれに伴う東京五輪の開催危機の暗示と、あまり良くない予言が目立つ2020年東京オリンピック。 こちらの詳細は文末の関連記事をご覧くださいませ。 そんな不穏な予言が目立つ中、未来人の予言にはこのようなものも・・・ 未来人原田の予言する2020年東京五輪 かつて熊本地震や、2020年東京五輪の開催を予言したと言われている 2058年から来た未来人原田。 彼の予言によると、東京五輪の開催は滞りなく行われるものの、 いくつかの国が参加をボイコットすると予言しています。 引っかかるのが「 ボイコット」という言葉。 もしコロンが原因であるならば、「 棄権」「 不参加」といったほうがしっくりする気がします。 ボイコットであるならば、思い出されるのは、1980年のモスクワ五輪。 スポーツと政治の問題が大きく話題となりました。 未来人原田の言葉の意味を考えるのであれば、それは 政治的な衝突が起きることを示唆しているのかもしれませんね・・・ 2062年から来た未来人の予言する2020年東京五輪 東北沖地震を的中させたことで知られる、 2062年から来た未来人。 彼は2020年東京五輪の開催を以下のように予言しています。 「 東京オリンピックは成功する。 開会式より閉会式が感動的だ」 ・・・予言??笑 と言うかは置いておき、2020年東京五輪の開催は問題ないということでしょうか。 未来人原田の唱えた出場国問題については触れていません。 しかし、予言の一文からはそれ以上の意味は見出せないので、もしかしたらボイコットした国があるのかもしれませんね・・・ とにかく、閉会式が感動的らしいので、録画の準備はしておきましょう!笑 他にも色々な予言がありますが、 未来人の声を参考にすると、2020年東京五輪の開催自体は問題なさそうです。 スポンサーリンク 未来人の予言2:2020年8月に地震が起きる? 2020年に地震が起きると言う予言は、未来人のものはありませんでした。 しかし、 気になる予言が二つありましたので、そちらをご紹介します。 2020年東京で直下型地震が起きる? 一つは イルミナティカードと言われる、未来が次々と現実になると言われる不思議なカードの予言。 これまでに、911やペンタゴンのテロ、さらには311を的中させてきたり、未来を予言するカードとして注目を集めているのですが、その中には 東京都で直下型地震を暗示しているのではないかと取れるカードが存在します。 こちらがそのカードで、その解釈は諸説ありますが、ここでは簡単に有名な説を。 右上に描かれている時計台は、銀座の一等地として有名な 和光時計台。 それに酷似していると、かねてより話題となっています。 その時計台が、何か爆破のような形で破壊されています。 この原因は諸説あるのですが、その一つが東京を襲う直下型地震であると言うもの。 そして、 カードに登場する人物の服やネクタイなどを5色がオリンピックの5色エンブレムと配置は異なりますが、合致しています。 つまり、 東京五輪開催期間中に直下型地震が東京を襲うと言うものです。 もちろん、これには諸説ありますし、こじつけ感もあるのですが、過去に数多の予言を的中させてきたイルミナティカードの一つの可能性として、覚えておいても損はないと思います。 こちらについては、下記の記事で詳細を記載しています。 この予言も数年前から話題となっており、16日の日曜日が来る度に話題となるのですが、これまでは的中せず。 しかし、2020年に16日の日曜日が実現するのは、 2月16日(日)と8月16日(日)の2日間です。 ですが、ここで先ほどのイルミナティカードのイラストに書かれた人物のカラーがオリンピック、いや、パラリンピックの5色を表すのであるとしたら、8月16日と言う日付はまさにドンピシャのタイミングでやってきます。 と言うことなので、 2020年8月16日の日曜日、パラリンピックの真っ最中とはなりますが、もしかしたら、カードのイラストが実現してしまうかもしれません・・・ ・東京オリンピックのすぐ後くらいからある2カ国が衝突 ・2カ国はどちらもアジア ・日本が大きく関わっている ・日本が相手国の態度にブチギレ と言う内容のもの。 色々と情報を集めてみると、アジア2カ国での戦争ではありませんが、 アメリカと中国の戦争から第三次世界大戦に発展するのではと危惧する情報は多く、過去に多くの予言を的中させている ミステリー雑誌『ムー』でも、その内容を取り上げています。 となると直下型地震が原因ではなく、もしかしたら 戦争が原因で銀座の和光時計台が襲撃され、パラリンピックどころの騒ぎではなくなる・・・かもしれませんね。 感動を迎えるはずの東京五輪直後に、第三次世界大戦の勃発。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 過去に地震などを的中させてきた未来人ですが、果たして2020年以降の日本はどういった未来が待ち構えているのでしょうか。 もちろん、、、予言が的中しないことに、越した事はないですが。 今後の動向にも注目してみましょう。 また、関連記事も合わせてご確認してみてくださいね。

次の