ダーク フルード デッキ。 ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード(シークレットレア)|遊戯王カード通販の俺のターン

ブラッキー&ダークライGXのデッキレシピのまとめ9選!!《ポケカ》

ダーク フルード デッキ

自分の墓地のサイバース族モンスターの種類(儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く。 3 :相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にする。 この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、 このカードはもう1度続けて攻撃できる。 効果は3つあり、 1つ目は このカードのリンク召喚に成功した場合に発動する効果で、自分の墓地のサイバース族モンスターの種類 (儀式・融合・S・X)の数だけこのカードにカウンターを置く効果。 3つ目は 相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動 でき、その発動を無効にする効果で、この効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、このカードはもう1度続けて攻撃できると言ったものです。 サイバース族の種類を参照とする効果ですが、全ての種類を召喚出来るようにデッキを組むとなるとまず構築難易度が上がります。 加えて、このカード自体のリンクが5であり、フィールドの効果モンスター3体以上と言う点でこのカードの効果を最大限に生かすとなると 召喚条件の難易度と重なります。 まずこのカードをリンク召喚しようと考える場合、 メインモンスター5体でリンク召喚と言うのはあまりにも現実味がありません。 もしこのカードをリンク召喚したいと考えるのであれば、 墓地に落ちたリンクモンスターを蘇生させ、そのモンスターと残りの2体を素材にするなど工夫が必要です。 サイバース族の種類ですが、前述でも解説した通り、全ての種類を混ぜてデッキを組むとなると、デッキ構築難易度が上がる上に、召喚法4種類のサイバース族を墓地に送らなければならない為、効果をフルで使うとなるとそれなりの労力を要しますり もっともサイバース族デッキでリンク召喚以外の召喚方法でで採用されやすいのは「サイバース・クロック・ドラゴン」が1番使いやすく、強力であり、仮に「サイバース・クロック・ドラゴン」が破壊されても「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」にカウンターを乗せることが出来るので、無駄がありません。 最悪、 「サイバース・クロック・ドラゴン」のみの採用しただとしても 「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の攻撃力を2500上げることが出来るのでバトルフェイズの間攻撃力が5500になれます。 3つ目の効果は相手がモンスターの効果を発動した時、このカードのカウンターを1つ取り除いて発動でき、その発動を無効にしこの効果をこのカードの攻撃宣言時からダメージステップ終了時までに発動した場合、 このカードはもう1度続けて攻撃できる効果も強力ですが 、攻撃力が2500下がる上に、立て続けに攻撃出来る効果も限定とされ相手がそれを分かっていて効果を発動してくるのかも正直微妙な所です。 もしこのカードをフルに使いたいのであれば、ただ単にサイバース族デッキに入れるだけでは無く、専用構築にしこのカードをフルに使いたいのであれば、 エクストラデッキから直接墓地に送る方法が必要になって来るでしょう。 スポンサーリンク 「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」と相性の良いテーマデッキやカードは? 「転生炎獣」デッキ サイバース族・炎属性テーマであり、5月15日時点ではシンクロ召喚以外の全ての 「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の条件を満たすモンスターが存在します。 現在出ている種類のカードはどれも長所があり、デッキに無理せず入れられる性能を持っている上に、 「転生炎獣」自体蘇生手段や展開力の高いテーマなので、リンク5である 「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」をリンク召喚しやすく、フィニッシャーとして役に立ってくれます。 当サイトでは「転生炎獣」のデッキレシピを紹介しております! 2018-12-07 00:54 轟雷帝ザボルグ エクストラデッキから一気に8枚カードを墓地に落とせるので、儀式以外の 「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」に必要なサイバース族の種類を墓地に送ることが出来ます。 オーバーキル感は否めませんが、専用デッキで構築してみるのもありだと思います! スポンサーリンク 「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の評価は?まとめ! 初のリンク5モンスターということもあり、そのインパクトは凄まじいものだと正直思いました! 効果も率直な脳筋であり、うまくいけばそのターンに決着をつけられるだけのパワーはあります。 しかし、何も考えずにエクストラデッキに入れられるカードではないのが正直な所です。 全ての召喚方法を使うとなると遊作みたいにロマンはありますが、やはり 事故率は高くなります。 そういった意味ではある種のロマンカードだなっという意見が正直な所ですが、脳筋デッキは大好きなので、このカード専用でデッキを組んでみたいと思って1人ニヤニヤしてます 「笑」 又こちらでは脳筋モンスターの特集をしておりますのでよろしければこちらもどうぞ! 登録していただけると最新情報がいち早く手に入ったり、LINEでしか聞けない情報が手にはいつかも!! そしてLINEアット登録者様限定で「こんな記事があったら嬉しい」という声や「こんな記事を書いてくれ!」と言う声を送って頂ければ、内容次第では記事になるかも知れません!! 例「現在の「シーラカンス」を使ったデッキを紹介して!」 「昔のカードの考察をして欲しい!」 「遊戯王のこのネタについて記事にして!」 と言う声を気軽に送ってください!! こちらの企画はLINEアット登録者様限定で行なっていくつもりなので、その様な要望がある方は是非是非登録よろしくお願いします! 最近の投稿• 今週の人気記事一覧!!•

次の

ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード【ウル】

ダーク フルード デッキ

手札2枚くらいでサイバースマジシャンを墓地に送りながらダークフルードを出せるのはどんなテーマor手順があるのか教えて下さい 補足9枠といいましたがキメラフレシアを入れ忘れていたので10枠です。 まとめると2枚くらいの手札でサイバースマジシャンを墓地に送り、EXモンスターを5体 ダークフルード入れて6体 以下でダークフルードを出すということでお願いします 両方を同じターンに出すというのは少し難しいかもしれません。 ただ、ダークフルードだけならば簡単なので一応その展開例を出しておきます。 手札ドラコネット ドラコネットを通常召喚しドラコネット効果で守護竜ユスティアをリクルート ドラコネットとユスティアで星杯の神子イブをシンクロ召喚。 神子イブの効果で、星遺物の守護竜をサーチ。 星遺物の守護竜効果で、ユスティアを蘇生。 神子イブとユスティア二体でハリファイバーをリンク召喚。 ハリファイバーと神子イブの効果で、星杯の妖精リースとジェットシンクロンをリクルート。 リース効果で星杯の守護竜をサーチ。 星杯の妖精リースとジェットシンクロンでサイバース・インテグレーターをシンクロ召喚。 墓地の星杯の妖精リース効果で手札の星杯の守護竜を墓地へ送ってリースをサルベージ。 墓地の星杯の守護竜の効果で自信を除外してユスティアを蘇生。 ユスティアとハリファイバー二体でスリーバーストショット・ドラゴンをリンク召喚。 墓地のジェットシンクロン効果で手札のリースを墓地へ送って自身を特殊召喚。 自分フィールドのスリーバーストショット・ドラゴンとジェットシンクロンとサイバース・インテグレーターでFWDダークフルードをリンク召喚プラス1ドロー。 エクストラ:星杯の神子イブ、ハリファイバー、サイバース・インテグレーター、スリーバーストショット・ドラゴン、FWDダークフルード... 計5枚 一応出すことは可能ですが儀式を墓地へ送ることは難しいです。 やってやれないようなデッキはサラマングレイトや轟雷帝ザボルグを採用した儀式軸やそれ専用のデッキであれば出すことは難しくありません。 サラマングレイトデッキではシンクロ以外の全ての種類が揃っているので出せないこともありませんが、毎回出せるといよりかはフィニッシャーという扱いになると思います。 個人的な見解としてはズァークとはかみ合いが薄いように思います。

次の

{UR} CHIM

ダーク フルード デッキ

もくじ• 【デッキレシピ】 【メインデッキ】(40枚) 《モンスター》(28枚) ・バランサーロード (3枚) ・マイクロ・コーダー (3枚) ・レディ・デバッカー (2枚:準) ・クロック・ワイバーン (1枚) ・コード・ジェネレーター (1枚) ・ピカリ@イグニスター (3枚) ・アチチ@イグニスター (3枚) ・ドヨン@イグニスター (1枚) ・ブルル@イグニスター (1枚) ・ヒヤリ@イグニスター (1枚) ・ドシン@イグニスター (1枚) ・ウォーターリヴァイアサン@イグニスター(1枚) ・斬機アディオン (1枚) ・バックアップ・セクレタリー (1枚) ・ドットスケーパー (1枚) ・増殖するG (2枚) ・灰流うらら (2枚:準) 《魔法》(12枚) ・サイバネット・コーディック(3枚) ・サイバネット・マイニング(3枚) ・サイバネット・ヒュージョン(1枚) ・イグニスターAiランド (1枚) ・Aiドリング・ボーン (1枚) ・Aiラブ融合 (1枚) ・ワン・フォー・ワン (2枚:準) 【エクストラデッキ】(15枚) ・リングリボー (1枚) ・I:Pマスカレーナ (1枚) ・サイバース・ウィキッド (1枚) ・コード・トーカー (1枚) ・コード・トーカー・インヴァート (1枚) ・トロイメア・ケルベロス (1枚) ・トロイメア・フェニックス (1枚) ・エクスコード・トーカー (1枚) ・トランスコード・トーカー (1枚) ・ダークナイト@イグニスター (1枚) ・ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード(1枚) ・塊斬機ダランベルシアン (1枚) ・ウィンドペガサス@イグニスター (1枚) ・ダイプレクサ・キマイラ (1枚) ・サイバース・クロック・ドラゴン (1枚) 【カード紹介】 【メインデッキ】 ・バランサーロード 1000ライフポイントを払ってサイバース族の召喚権を1回増やすことができます。 また、除外されたときに手札からレベル4以下のモンスターを特殊召喚できます。 ・マイクロ・コーダー 手札から「コード・トーカー」リンクモンスターのリンク素材にすることができます。 リンク素材として墓地に送られたときに「サイバネット」魔法・罠を手札に加えることができます。 このデッキでは「サイバネット・コーデック」、「サイバネット・ヒュージョン」をサーチすることが多いです。 ・クロック・ワイバーン 召喚、特殊召喚に成功した時に攻撃力を半分にすることで、トークンを1体特殊召喚します。 このデッキではあまり効果を使わず、「サイバース・クロック・ドラゴン」の融合召喚のコストにすることが多いです。 ・コード・ジェネレーター 手札から「コード・トーカー」リンクモンスターのリンク素材にすることができます。 リンク素材として墓地に送られたときに攻撃力1200以下のサイバース族1体を墓地に送ることができます。 このデッキでは「アチチ@イグニスター」、「ドットスケーパー」を墓地に送って展開の補助に使います。 ・ウォーターリヴァイアサン@イグニスター このデッキでは特殊召喚はしません。 手札コストとして墓地に送り、「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」の効果、攻撃力上昇用に使います。 ・サイバネット・コーデック 「コード・トーカー」モンスターがリンク召喚された場合に、同じ属性のサイバース族モンスターをサーチできます。 このデッキの展開の要です。 初手に欲しいカードですね。 ・サイバネット・ヒュージョン サイバース族融合モンスターを融合召喚できます。 このデッキでは、「ダイプレクサ・キマイラ」、「サイバース・クロック・ドラゴン」の2種類を融合召喚できます。 【エクストラデッキ】 ・ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード リンク召喚された場合に墓地の儀式・融合・シンクロ・エクシーズモンスターの種類の数までカウンターを置きます。 その数まで相手のモンスター効果を無効化でき、カウンターの数だけバトルフェイズの間、攻撃力を2500上昇させます。 このデッキのエースモンスターで、このカードを召喚、維持することが勝ち筋です。 ・サイバース・クロック・ドラゴン このカード以外のモンスターを効果、攻撃の対象にさせなくできます。 このデッキの第2のエースカードです。 このカードと「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」を場に並べることで、強力な壁になります。 【このデッキの戦い方】 「レディ・デバッカー」+「サイバネット・コーデック」の2枚から以下のような盤面を作ることができます。 詳しくはの動画で(Youtube) さらに、「ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード」にはカウンターが3つ付与されていますので、モンスター効果を3回まで無効化できます。 【最後に一言】 今回のデッキ紹介はいかがだったでしょうか? 【IGNITION ASSAULT】発売から約1か月(登校日2019年11月2日)が経ち、新規で登場したテーマの研究が色々されていますが、今回私が紹介した「コード・トーカー@イグニスター」デッキも、皆さんのデッキ構築の何かの参考にしていただければ幸いです。 今後発売されるパックでも何か新しいデッキを考えてご紹介しようと思っていますので、ぜひ見に来ていただけると嬉しいです。

次の