ジョーカーズミッツァイル。 【デッキ】赤青ジョーカーズミッツァイル

【デュエマの歴史】《BAKUOOON・ミッツァイル》の歴史【振り返り】

ジョーカーズミッツァイル

デッキ概要 3、4ターン目までにジョーカーズを4体展開し、《夢のジョー星》を絡めながら《BAKUOOON・ミッツァイル》の着地を狙う。 仮に《夢のジョー星》がなくとも、《パッパラパーリ騎士》が捲れれば1マナ増えるので《BAKUOOON・ミッツァイル》の着地が可能。 一度ミッツァイルさえ着地してしまえば、後は《ツタンメカーネン》、《ゴッド・ガヨンダム》、《パッパラパーリ騎士》でリソースの拡張が可能で、2体目のミッツァイル着地の難易度はそれほど高くない。 最後は大量展開からの《ジョジョジョ・マキシマム》や、《次元の嵐 スコーラー》の着地によって安全なフィニッシュを目指す。 仮に大量展開に失敗しても、《ジェイ-SHOCKER》から3,4を宣言することで同型やシータミッツァイルを封殺出来る。 また無限改造デッキで登場した《ザパンプ》、《水筒の術》、《無限合体 ダンダルダBB》らも非常に強力。 特に《無限合体 ダンダルダBB》は墓地・手札を問わずに呪文を撃つことが可能で、《「本日のラッキーナンバー!」》の採用が自然と行えるようになった。 デッキ解説・補足 ・基本的な動きは概要に書いた通り。 ・パーツを集めるために撃つルーターと、マグナを起動するためのルーターがあるため、マナにはあまり置きたくない。 《海底鬼面城》はパーツを集めるのに優秀なカードに違いないが、相手に《「本日のラッキーナンバー!」》を引かせる場合もあるため、設置した場合は最速でのチェインを狙いたい。 具体的には《音奏 プーンギ》等の呪文メタクリーチャーの他、同型戦でも相手の《花美師ハナコ》、直近で増加している《ヤッタレマン》採用型に対して役割があるため、減らしたくないカードである。 ・《回収 TE-10》はチェインさえしてしまえば一度使ったマグナ、ジョー星を回収できるため《次元の嵐 スコーラー》の着地に繋げやすく、加えてルーターで《ジョジョジョ・マキシマム》を切ることも肯定される。 ・《ジェイ-SHOCKER》は環境的に非常に強力で、チェインの失敗やリーサルを組めなかった場合でもコスト3,4をJトルネードすることでシータミッツァイルや同型戦での行動を大きく制限出来る。 《オケ狭間 寛兵衛》と《バリスイトーヨー》は選択になるだろう。 ・《無限合体 ダンダルダBB》の登場により、更に強力なデッキへとグレードアップ。 ・2コストの初動枠として《「本日のラッキーナンバー!」》と相性の良い《Wave All ウェイボール》の採用も見られるようになった。 《ザパンプ》とは選択になるだろう。 想定される主な対面について ・対赤白 不利。 《音奏 プーンギ》、《イオの伝道師ガガ・パックン》といったカードを除去するためにも、《フンバ・フライ・ダイ》のキープが必要となる。 ・対赤単 五分。 《トムのゼリー》(採用されているなら《オケ狭間 寛兵衛》も)と、《フンバ・フライ・ダイ》を引いているかが鍵となる。 いずれかをプレイ出来れば3ターンにリーサルを組まれる機会は少なくなるため、返しのターンでミッツァイルの着地が狙える。 ・対シータミッツァイル 有利。 先に動き出せるため、基本的には有利。 デッキの本来の動きを通すことが基本となる。 繰り返しにはなるが、大量展開に失敗しても《ジェイ-SHOCKER》や《無限合体 ダンダルダBB》が動けば返しのターンの相手の行動を大きく制限出来る。 《「本日のラッキーナンバー!」》と《Wave ウェイブ》で3ターン以上耐えられた場合は割り切り。 ・対カリヤドネ 微有利。 速度勝負になるため、早期に展開することが鍵となる。 相手の《「本日のラッキーナンバー!」》の「3」宣言に対しては、予め作っておいた盤面でシールドを叩くことで対応する。 ・対ハンデス 不利。 ハンデスや《「本日のラッキーナンバー!」》によって行動を制限されるため、対カリヤドネと同様に、可能な時に出来る限り展開しておくのが基本となる。 ナンバーを撃たれた後に、《テック団の波壊Go!》は割り切ってシールドを攻撃しにいくケースが多い。 《トムのゼリー》があると《テック団の波壊Go!》を撃たれた際に手札を増やすことが可能。 相手のラッキーナンバーは必ずしも毎ターン続く訳ではないので、最後まで諦めないことが肝要。

次の

デュエルマスターズについてのしつもんです

ジョーカーズミッツァイル

超天篇第1弾 ~登場~ 2019年3月30日に超天篇第1弾「新世界ガチ誕!超GRとオレガ・オーラ!! 」が発売されました。 当時は全国大会2018で優勝を果たした【緑ジョラゴン】を中心に【チャンジザドンジャングル】や【赤白轟轟轟】といったデッキがメインの環境でした。 《BAKUOOON・ミッツァイル》は新ギミックである GRを強力に使えるカードとして、そして前環境で猛威を振るった 《Dの牢閣 メメント守神宮》への回答としてデザインされたものと思われます。 恐らく 最低でも今後1年は使い続けるカードだろうな、と当時は思いました。 そんなミッツァイルは新たな切り札として、 【赤白轟轟轟】に搭載されていきます。 デッキには新たに《KAMASE-BURN! 4月に行われた GP8thでは、 【赤白メタリカミッツァイル】を使用した デデンネが見事優勝。 その後GWからは赤白に《Dの牢閣 メメント守神宮》を採用した 【赤白ミッツァイル】が大躍進を果たします。 轟轟轟による速攻プラン、メメントによる盤面制圧プラン、《音奏 プーンギ》+《イオの伝道師ガガ・パックン》による呪文メタビート等、取れるプランが非常に多彩なのが特徴で、トリガーの枚数も多く攻守共に隙の少ないデッキでした。 それにしてもGRゾーン、今振り返ってみると可愛いカードたちですね。 超天篇第2弾 ~さらば轟轟轟、そして忍び寄るJの鼓動~ 2019年6月22日に超天篇第2弾「青きC. と漆黒の大卍罪」が発売されます。 轟轟轟を失った赤白は、新弾の《MANGANO-CASTLE! 》に活路を求めた構築が生まれた他、新弾の《Wave All ウェイボール》を使った赤青、赤白青のミッツァイルなども作成されていきました。 ただこれらは環境で爆発的な支持を集めたわけではありませんでした。 また一方で環境的には《ガヨウ神》を殿堂で失ったジョラゴンの衰退が激しく、《ゴッド・ガヨンダム》や《パッパラパーリ騎士》といった優秀なGRクリーチャーを獲得したもののそれを大量に展開するだけのデッキ的な余力は残っていませんでした。 優秀なGRクリーチャーを使えるジョーカーズ、そしてGRクリーチャーを大量展開出来る《BAKUOOON・ミッツァイル》。 その出会いは必然だったのか、両者を合わせた 【赤緑ジョーカーズミッツァイル】がここで登場します。 後に当然のように行われる「 GRを12枚全て使い切る」「 並べたGRをミッツァイルで破壊して再度使い回す」「 GRゾーンの順番を固定出来るようになる」「 盤面に平然とミッツァイル数体が並ぶ」などという えげつない行為はこのデッキの完成から端を発します。 また《夢のジョー星》による山札の掘削やGRをジョーカーズに固めるギミックなどは、後の 【赤青ジョーカーズミッツァイル】にその要素を引き継ぐことになります。 また7月20日には『絶対王者!! デュエキングパック』が発売され、程なく 【赤白サンマックス】が登場しますが、このデッキはミッツァイルというよりも《MANGANO-CASTLE! 》+《S級原始 サンマックス》に重きを置いたデッキであるので、ここでは省略します。 天災の襲来 ~雌伏の刻~ 【赤緑ジョーカーズミッツァイル】の天下はそれほど長くは続きませんでした。 2019年8月9日に「SSS!! 侵略デッドディザスター」が発売。 その後わずか1週間で環境は 【アナカラーダムド】一色となります。 特にミッツァイルは盤面を並べるデッキである都合上、《虹速 ザ・ヴェルデ》+《SSS級天災 デッドダムド》の餌食になりやすく、常に劣勢を強いられることとなります。 ダムドの一強とも言える環境が続き、従来の赤白系統は姿を消していきます。 こうしてミッツァイルは暫くは雌伏の時間を過ごすことになるのでした。 発売されてしまいます。 ではここで、ジョルネードの主な収録カードを確認していきましょう。 一瞬指名手配犯リストかなんかと間違えそうですが、要はこれだけの強力なカードが世に放たれたんですね。 そして何より環境に多大な影響を与えたのが 【シータミッツァイル】の登場です。 新弾のパワーカードを惜しみなく投入されており、 GP9thの開始前の時点で環境を掌握しました。 特にこれまでのミッツァイルデッキとの大きな違いは「 盤面を作っておく必要がない」という点にあります。 というのも、《Wave ウェイブ》+《知識と流転と時空の決断》で4体盤面に並ぶので、 盤面0からもで即座にミッツァイルを着地させることができるようになりました。 さらにミッツァイルから出た《天啓 CX-20》で引いた2枚目のミッツァイルで再展開……などといった犯罪行為が日常的に横行しました。 ハンデスなどにも強く、《知識と流転と時空の決断》、《Wave ウェイブ》、《DROROOON・バックラスター》、《スゴ腕プロジューサー》などトップから引いて解決出来るカードが多量に積まれているのもポイントです。 弱点であったダムドを克服したのみならず、有利にすらなったんですよね。 いやー、下野して力を蓄えるってやべーんですね。 そういうわけで、 ミッツァイルは環境のトップに返り咲きます。 それでも、この時はまだ強力な対抗策がありました。 それが 《「本日のラッキーナンバー!」》による「4」宣言です。 GRクリーチャーがコスト4に固まっているため、デッキの構造上生まれる必然的な弱点です。 そしてこのナンバーを上手く使える 【青黒カリヤドネ】が、最終的にGP9thで頂点立っています。 そういった意味では、この時はまだ一応のバランスは取れていたのですが……。 万軍と全能の叡智 ~もう終りで~す~ GP9thも終わった2019年10月19日、「必殺!! マキシマム・ザ・マスターパック」が発売されました。 発売されてしまいました。 このパックそのものが強力というわけでもなかったのですが、入っていてはいけないものが2種類ありました。 が、何よりの問題はマグナの方でした。 まず素が6コストということで、ブースト2回から撃てるもっとも強力なカードということで、当然のように【シータミッツァイル】に採用されていきます。 そして「そのターン中に手札を捨てた分だけコストが2下がる」などという訳の分からない効果により、1コストのルーターと合わせれば最速3ターンで撃つことが出来るのが、このカードです。 はい、もうお分かりですね。 最速3ターンキルが可能な 【赤青ジョーカーズミッツァイル】が誕生してしまいました。 「最速3ターン」というと「よっぽど上ブレればの話でしょ」となりがちですが、このデッキに於いては結構な割合(3割くらい)で3ターンキルが可能であり、そうでなくとも4ターン目にはほぼほぼミッツァイルが着地するというのが基本的な動きです。 トリガーケアに関しても《ジェイ-SHOCKER》が非常に強力で、とりあえず「4」をJトルネードさえしておけば大凡負けなかったんですよね。 「【赤青ジョーカーズ】はデザイナーズデッキ」なんて話もまことしやかに囁かれましたが、 まーそんな訳はない。 そして何より問題だったのは、この赤青とシータが同時に環境に存在したことです。 例えば、赤青はハンドコンボギミック的な要素があるため【ドロマーハンデス】系統のデッキには比較的不覚を取ります。 ですが、シータはハンデスには負けません。 もしミッツァイル以外のデッキでミッツァイルに勝つためには、赤青とシータに同時に勝てなければいけません。 これを満たしうるのはせいぜい【青黒カリヤドネ】くらいで、ヤドネ自体も赤青にはお世辞にも有利とまでは言えませんでした。 (これ、元ネタは超人戦隊バラタックってアニメの 最終回のサブタイトルです) また追討ちのように11月16日には「ガチヤバ4!無限改造デッキセットDX!! 」が発売。 《無限合体 ダンダルダBB》を手にしたことにより、両ミッツァイルは最終形態へと移行します。 この辺りからミッツァイルに対する明確なヘイトも目立つようになり、YouTubeにはミッツァイルに対する怨嗟の声が溢れ、サムネにミッツァイルを入れると動画の再生数が露骨に落ちる(というか、対戦動画自体の再生数が落ちる)という現象も起こっています。 みんな気付いてるんですよね。 どんなデッキを紹介しても「 でもそれミッツァイルに勝てなくね?」という。 これは《Wave ウェイブ》軸のシータミッツァイル。 こっちは《グレープ・ダール》+《エモG》型のシータミッツァイル。 こちらは最終形態の赤青ジョーカーズ。 この辺りのリストの解説は、本ブログにも記事が残っておりますので、そちらも参考にしてみてください。 ・ ・ さらばミッツァイル! とはいかず…… さすがにやらかしたと思ったのか、或いは本格的なユーザー離れが現実的になってきたのか。 2019年12月19日のコロコロチャンネルの配信おいて 《BAKUOOON・ミッツァイル》の殿堂が発表されました。 ちなみに当時、エリア戦で 《BAKUOOON・ミッツァイル》のプロモが配られている時期でもありました。 最低でも今後1年は使うだろうと考えていたカードが、 まさかの1年も保たないという結果に終わってしまいました。 とはいえこの発表は流石に好意的に受け取るユーザーが多く、公式サイドもホッと胸を撫で下ろしたことでしょう。 こうして2020年1月1日の新殿堂施行をもってミッツァイルは1枚制限となりましたが、それでも相変わらず使われ続けております。 ご存じ 【4cデイヤーループ】ですね。 このデッキにおいてはデイヤーの5枚目として、そして貴重なSA生成カードとして大きな役割を担っております。 というわけでミッツァイル、まだ現役です。 さて先日、クリエイターズレターにて「GRは失敗だった」というニュアンスのことが記載されていました。 いや、まあ それはみんな知ってるんですよ。 一時のユーザー離れを招き、プロモーションカードとして配っているカードを殿堂させざるを得なかったわけで。 これは決して成功だったとは言いにくいでしょう。 ですが現実として、《BAKUOOON・ミッツァイル》は生まれました。 そういう意味では「何故ミッツァイルを刷ってしまったのか」、より正確には「 何故ミッツァイル刷った後に天啓やマリゴルドを刷ってしまったのか」「何故ヨミジが生まれてしまったのか」といった、開発メカニズムが知りたかったんですよね。 そして今後同じ過ちを犯さないために、どういった対策を導入するのかという点も含めて発表して欲しかった、というのが個人的な本音でした。 まあこの辺りは企業秘密になってしまうかもしれないので、リリース出来ない内容なのかもしれません。 そもそもクリエイターズレターのリリース自体が、かなり勇気ある決断だったとは思っています。 これは予想ではありますが、今夏の新殿堂にてある程度GRクリーチャーの殿堂或いはプレ殿が発表されるのではないでしょうか。 というわけで、《BAKUOOON・ミッツァイル》の歴史でした。 《BAKUOOON・ミッツァイル》の歴史はまさにGRの歴史で、1年間の環境の変遷やデッキ開発の動き、そしてGRクリーチャーの変化などを読み取っていただければ幸いです。

次の

ジョーカーズミッツァイル

ジョーカーズミッツァイル

はじめに 《BAKUOOON・ミッツァイル》が無制限だったころ、環境には無数の 《BAKUOOON・ミッツァイル》デッキが溢れていました。 そんな中、決定版・最終形と言える活躍を見せたコンボデッキが【赤青ミッツァイル】です。 現在では 《BAKUOOON・ミッツァイル》《「本日のラッキーナンバー! 」》の殿堂入りにより3、4ターン目に安全なフィニッシュを決める安定性は多少失われましたが、ドロー性能をさらに高めることで「それらのキーカードが1枚でも回る」と言えるほどにまでリペアを遂げました。 大量のドローで殿堂入りのキーパーツに辿り着き、一瞬で致死打点とトリガー封じを揃える爆発力を持つこのデッキ。 かつて一世を風靡したデッキの現代版と呼ぶにふさわしいこのデッキについて、詳しく解説していきます! 【赤青ミッツァイル】とは 【赤青ミッツァイル】は、 《ザババン・ジョーカーズ》、 《メラメラ・ジョーカーズ》の2枚からなる軽量ディスカード(手札を捨てるカード)を使用して 《"魔神轟怒"万軍投》を2マナ、ないし1マナでプレイ。 現れたGRクリーチャーの能力で手札やマナを増やしながら、 《夢のジョー星》でさらにリソースを拡充、タップしたクリーチャーを 《BAKUOOON・ミッツァイル》で破壊して能力を再度使い、無駄なく高速でデッキを掘り進めながら場を展開し、 《ジョジョジョ・マキシマム》、《「本日のラッキーナンバー!」》などで相手の受け札を無効化して殴り切る高速コンボデッキです。 《BAKUOOON・ミッツァイル》が殿堂入りしていることから往時の安定感は失われましたが、うまくいけば3ターン目にはフィニッシュを決める事が可能であることは変わらずその爆発力は健在であるといえます。 最低限必要なのはその2枚なのですが、その後スムーズに動き続けていくために、 《夢のジョー星》、 《BAKUOOON・ミッツァイル》も抱えておきたいところです。 」》で捨てるためのジョーカーズカードも必要となり、手札は1枚でも多くほしいところです。 《海底鬼面城》を展開できればアクセスできるカードが増え、3ターンフィニッシュのハードルがぐっと下がります。 是非ともプレイしたいカードです。 「相手にも手札を与えてしまう 《海底鬼面城》は、自分の方が損するから使いたくない」 そう考える方がいます。 確かにこのカードは両者のドロー枚数を同じだけ増やし、そして自分は 《海底鬼面城》を使うために手札1枚と1マナを使っているので、純粋な損得で言えば自分が損をするカードです。 仮に「ロマノフワンショット」が「墓地に落とすパーツを集め、山札を掘り進める」ためにこのカードを採用し、「ジョラゴンジョーカーズ」相手にプレイした場合、その増えたリソースで何度も 《ポクチンちん》を出され、自分の首を絞める結果にしかならないでしょう。 手札を激しく消費することも、多くのコンボパーツを集める必要性もないようなデッキでは、このカードは輝きません。 このカードは、増えた手札を相手以上に有効利用できる場合のみ使うべきカードなのです。 では、このデッキにおいてはどうか。 《"魔神轟怒"万軍投》などで捨てるカードが必要であり、 《夢のジョー星》、 《BAKUOOON・ミッツァイル》を如何に早く引くかが勝負に直結し、3ターン目の手札状況が大きくものを言う。 間違いなく、このデッキと相性最高のカードです。 先攻の場合は、あらゆるデッキに対して1ターン目にプレイすべきカードです。 (相手のデッキがわからない状況であれば、展開するメリットのほうがはるかに大きいです) 後攻の場合も張るべきケースが多いですが、【赤単ブランド】のような1ターン目からクリーチャーを展開する速攻デッキに対してだけはプレイするべきではありません。 1ターン目に出たクリーチャーによって即座に城が破壊され、しかも残すか否かの選択権が相手にあるためです。 手札状況が芳しくなければ残され、十分パーツがそろっていれば割られるでしょう。 こちらにうまみが全くありません。 1ターン目に展開されなかった場合も、続くターンのシールドブレイクができないために3ターン目の 《GIRIGIRI・チクタック》が機能せず、相手からするとビッグアクションを起こしにくくなるため、このカードはプレイせずに相手にリソースを与えないほうが良いことが多いです。 プレイするにしても、動き出す直前のターンに張るとリスクを最小限に抑えられてよいです。 しかしこれはあくまで、3ターン目にもプレイ 「できる」というものであり、決してプレイ 「しなければならない」という類のものではありません。 相手のデッキ次第では、4ターン目まで待つという選択肢も十分にあり得ます。 《ゴッド・ガヨンダム》のマナドライブが達成できていない、手札にそのあとに続くパーツもないという状況でこのカードをプレイしても、息切れすることにしかなりません。 ちなみに、3回GR召喚する中で2枚採用しているGRクリーチャーが出る確率は45.5%、 《パッパラパーリ騎士》と 《ゴッド・ガヨンダム》の両方が出る確率はわずか18%です。 勝負に出なければならない場合というのはもちろんありますが、それほど切羽詰まっていないのに、無理に3ターンスタートを狙うことはありません。 状況をよく見てから、どうするべきか決めましょう。 《ザパンプ》なしで 《"魔神轟怒"万軍投》をプレイする場合ですが、残るマナのことを考えると、 《ザババン・ジョーカーズ》 《メラメラ・ジョーカーズ》のうち、どちらか1枚はプレイして必要コストを軽減しておきたいところです。 これらのカードの2枚目は、コスト軽減に寄与するわけではなく、あくまで手札入れ替えの効果しか果たさないので、無理に使う必要はありません。 (3ターン目は動かないほうが良いのは、 《ゴッド・ガヨンダム》の効果が起動しないためです) 《BAKUOOON・ミッツァイル》召喚前に2枚目の 《"魔神轟怒"万軍投》を使えるとGRクリーチャーの回転率が大幅に上がり、さらなる勢いで山札を掘り進めることができます。 最終盤面ではいくらか余ったマナが出るので、それを使って呪文使用回数を稼いで 《次元の嵐 スコーラー》で安全な追加ターンを得たり、《「本日のラッキーナンバー!」》 《ジョジョジョ・マキシマム》を使い相手の抵抗力を封じたりながら一気に攻め切ります。 ここで複数回呪文が使われるため、呪文メタクリーチャーが1体でもいるとその立ち上がりは著しく重くなります。 なので 《音奏 プーンギ》などはこのデッキに対して極めて有効です。 ただし、呪文を使わずに軽量クリーチャーを並べて 《夢のジョー星》を絡めながら 《BAKUOOON・ミッツァイル》を出されることで突破されることもあるため、過信は禁物です。 《正義の煌き オーリリア》がいれば 《夢のジョー星》も止まるので、連鎖展開に対してはかなりの抑止力となります。 まとめ かつて環境のトップに立ち、圧倒的な爆発力と速度をもって相手を圧倒した【赤青ミッツァイル】は、 《BAKUOOON・ミッツァイル》が殿堂入りした今もリペアによって十分に活躍可能です。 環境の主流が移り変わり警戒されなくなった今こそ、【赤青ミッツァイル】の使い時なのかもしれません。 次々にカードを紡いでいく快感を、ぜひあなたの手で体感してみてください!.

次の