在宅ワーク 年末調整。 内職・パートの掛け持ちでの年末調整について

在宅ワークをするなら知っておきたい税金のこと!年末調整ってなに?

在宅ワーク 年末調整

年末調整って何? 在宅ワークでも必要? まず、「年末調整とは何か」から簡単に。 雇用されている人なら、年末に上司から「年末調整するから自分でかけてる保険とかない?」という話をされませんか? 収入に応じて課税される所得税は、給料から自動的に天引きされます。 各人の生活状況に応じた控除は無視しているので、年末に「私はこれだけ保険料を払いました」と申告することで、払いすぎている所得税を返してもらえるのです。 この手続きのことを年末調整といいます。 年末調整が必要になるのは、雇用されている人だけです。 年末調整は雇用主の義務でもあります。 専業フリーランサーには関係がありませんが、アルバイトやパートなど「従業員」である人は雇用主に年末調整してもらいましょう。 多くの人は払いすぎているので、お金が戻ってきます。 主な控除対象は• 基礎控除• 配偶者控除• 配偶者特別控除• 扶養控除• 障害者控除• 寡婦(寡夫)控除• 勤労学生控除• 社会保険料控除• 生命保険料控除• 地震保険料控除• 小規模企業共済等掛金控除• 住宅ローン控除 など。 Wワークの人の確定申告方法 さて、ではパートをしながら在宅ワークや、Wワークの確定申告をする方法について。 手元に源泉徴収票と、副業の報酬の明細や経費を準備してから行ってください。 そもそも年末調整は、1~12月の給料から取りすぎた所得税等を還付する手続きになります。 で、従業員からの控除申請で計算しなおした結果、確定した所得税等をお知らせするのが「源泉徴収票」です。 雇用側は1月31日までに税務署に通知しなくてはならないので、1月中にはもらえます。 確定申告の白色申告にはAとBがあり、 パートをしている人はAを使います。 専業在宅ワーカーはBです。 書類をもらってきたら、所定の欄に数字を書いて源泉徴収票と一緒に提出をします。 白色申告の場合、帳簿の提出は不要です。 記入する書類は「第一表」と「第二表」がありますが、順番は第二表から。 第二表の書き方 ポイントとなる部分を赤色の数字で示しました。 今回は「パート主婦の副業の確定申告」のつもりで説明しますので、扶養控除など端折る部分があります。 ご了承ください。 1は所得の内訳を書きますが、メインのものも含めて書いてね。 勤め先がある場合は、源泉徴収票の数字を書き写します。 ライティングやブログでの収益が事業所得に当たる場合も上の欄に。 雑収入の場合は下の欄になります。 事業所得と雑収入の線引きははっきりしておらず、税務署の判断でさえケースバイケースですが、事業所得の条件は継続性、安定性、職業として認知されている、事業として時間をかけて行っている、となっていますので参考までに。 2は、住民税をメインの勤務先から天引きするか、自分で払うかを選ぶところ。 住民税の金額が跳ね上がることで「副業しているな」ということがバレてしまうため、 副業を秘密にしていたいなら「自分で納付」にチェックを。 3は控除の申告欄です。 メインの勤務先の社会保険料は「源泉徴収のとおり」と記して、源泉徴収票にある金額を。 自分で支払った生命保険がある場合もここに書きます。 第一表の書き方 左側は、あなたが受け取った金額について。 右側は、あなたが支払う金額について書いていきますよ。 1にはメイン・副業ともに、何も引かれていない金額を書きます。 2は実際の手取りを。 3は第二表にも書いた、差し引かれた社会保険料や自分で支払った生命保険料を書きます。 4は税金の計算です。 所得の合計から控除される金額を引いたものが、今回の課税される金額です。 1,000円未満は切り捨て。 35と36は電卓で計算してみてください。 34より36の数字が大きければ、還付金ということ。 5は雑所得・一時所得の源泉徴収額を書きます。 ややこしい。 非常にややこしいですね。 そういう時は、クラウド会計ソフトでお任せしてしまいましょう。 無料で使えるフリープランがあります。 仕訳件数が限られているので、合計金額で書類を作りましょう。 いやもうどうにもわからんわ、という場合には税理士に相談できるサービスもあるので利用してみてください。 ちなみに確定申告時期の無料相談系は激混みするのでご注意を。 税務署に電話してもいいけど、出てきた税理士さんが超早口で全然理解できなかったのは私です。 まあ、こういうこともあるよって話で…。 脱税のペナルティは重いので、しっかり確定申告しましょう! Wワークは勤務先にバレる? 就業規則で副業を禁止している会社はたくさんあります。 また、ナイトワークなどちょっと人に知られたくない仕事をしている、という人もいますよね。 そういう人にとって気になるのが 「会社に内緒でやっている副業はバレることがあるのか」ということ。 マイナンバーが施行されたときに、マイナンバーからバレるのではという噂がありましたが、 マイナンバーから副業がバレることはありません。 たとえ「源泉徴収するのにマイナンバーがいるんだよね」と副業先に言われ、提出したとしても、このことが本業の会社にバレるということはないのでご安心を。 バレるとしたら、住民税からです。 住民税は本業の給与引き落としにすることが一般的ですよね。 住民税は本業副業関係なく、あなたの稼ぎに対しかかるもの。 「本業は本業の給与から」「副業は副業の口座から」というように、ばらばらに請求してもらえず、まとめて本業の給与口座から引き落としになります。 だから、 住民税を給与引き落としにしていると、人事総務の人が「この人、うちの稼ぎにしては妙に住民税高いなあ」と気づく可能性が。 ここから副業がバレるのですね。 それを回避するのが、上でも紹介したように、確定申告で住民税を「自分で納付」にチェックを入れることです。 副業がバレたくない場合は、住民税は自分で納付するようにしましょう。

次の

【最新版】フリーターの為の確定申告マニュアル!【完全攻略ガイド】 |転職鉄板ガイド

在宅ワーク 年末調整

主婦です。 パートと在宅ワークWワークの確定申告について教えて下さい。 現在主人の扶養家族で、在宅ワークで月に2万〜4万の収入があります。 (広告デザイン、WEB制作など) 会社側からは外注費として扱われ、課税はされていません。 在宅ワークの金額の内訳ですが、 1. ベースとして1万円(電気代やプロバイダー代を考慮した額) 2. 仕事にかかる用紙代、インク代など、その月に購入した金額 の合計が毎月振り込まれています。 経費の領収書は、会社へ渡しています。 そして、来月よりパートとして病院で働くことになりました。 月に8日勤務、 4万5千円(プラス交通費)ほどの収入になる予定です。 また、在宅の仕事での購入費が外注費にプラスされ振り込まれますが、それも収入と見られるのでしょうか? パート先への交通費も収入に入るのでしょうか? 色々と無知で申し訳ないのですが、どなたかご回答をお願い致します。 補足早々のご回答を本当にありがとうございました。 補足で質問させていただきたいのですが、雑収入で配偶者控除となってしまうと、主人の扶養から外れるということになるのでしょうか?(健康保険法上の扶養家族から) また、来年3月まではパートとして働く契約があるのですが、その後更新があるかは不明です。 その後病院でのパートをアルバイトへ雇用形態を変えた場合は、控除等どのように変わるのでしょうか? 確定申告は必要です。 1か所から給与の支払を受けている人で、 給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人に 該当します。 給与所得について パート分の収入についてですが、 交通費が別立てで支給されているなら、 それは収入とはみなされないはずです。 年間54万の場合全額が給与控除となり ゼロが給与所得金額です。 在宅ワークは パートも他にされているので 事業としての規模がないと思われるので 雑所得となります。 外注費にプラスされた材料費も収入に上げます。 その上でその材料費を経費として計上します。 領収書はコピーしておきましょう。 収入-経費の金額が 雑所得の金額になります。 給与所得金額がないので雑所得の金額が基礎控除の38万円を超える場合 配偶者控除から外れることになります。 参考 租税特別措置法第27条 (家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例)です。 この法律は、家庭の主婦が内職をする場合は 事業所得として経費は実額で控除するのに対して、 パートで働く主婦は給与所得として 一定の給与所得控除額を控除できるというアンバランスを 是正するために設けられています。 よって給与所得がある場合は適用されません。 給与所得がなく 事業規模で行う場合 この特例を受けられます。 この特例に該当する所得しかない人で、 その年の総収入金額が103万円以下の場合は、 総所得金額が103-65万=38万円 基礎控除額の38万円以下となりますので、 本人に所得税は課されず、また、扶養者の所得税額の計算上 配偶者控除あるいは扶養控除の対象となります。 適用を受けるためには確定申告が必要になります。 補足をみて 1、健康保険の扶養は 見込みの金額で判断します。 年間130万未満なので月108,300円を超えるようならば その時点で外れます。 しかし、失業した場合などは前月まで130万超えて 収入があったとしても失業手当をうけなければ (失業手当3,611円以下ならば扶養でいられます。 ) (判断される130万円のこの収入には失業手当も含みます。 ) 失業した日から扶養になれます。 2、夫の所得税法上の扶養とは 貴方の合計所得金額が38万円以下になります。 給与収入のみの場合 103万-65万(給与所得控除)=38万円 となり103万円以下ならば扶養となります。 雑所得がある場合は 給与所得と合算して38万円以下ならば扶養です。 配偶者控除が受けられない場合でも 配偶者特別控除(控除金額38万円から3万円) が別にあり 合計所得金額が 38万円超えた場合でも76万円未満の場合適用されます。 パートでもアルバイトでも 基準は変わりません。 合計所得金額で判断します。 パートで年間54万の収入、在宅で年間40万の収入ですと、 この場合の収入では、確定申告しても、所得税も住民税も課税されません。 税金は支払う必要はありません。 この確定申告をする時は必要経費として、家内労働者の必要経費の特例を適用します。 パートの給与所得は0になり、在宅の雑所得は29万になります。 従って、パート給与から所得税が天引きされているなら、 その金額は全額還付されて、あなたの所に戻って返って来ます。 今年はパートの年間収入は3ケ月分ですから、13万5千にしかなりませんから 同様に確定申告しても税金は課税されません。 この確定申告をする時はパートの給与所得は0になり、在宅の雑所得は2万5千になります。 パート給与で所得税が天引きされているなら、その全額が還付されて戻ります。 補足に対して、 配偶者控除はあなたの年間の両方の合計所得額が38万以下の時に 主人がその控除を受けられることになります。 主人の扶養から外れるのは、 あなたの両方の年間の合計収入が130万以上になる時に外れます。 その時は、自ら国民健康保険に加入して、その保険料を支払うことになります。 パートからバイトに変えても、配偶者控除は同じです。 何も変わりません。

次の

ダブルワークしているときの年末調整の方法|給与計算の基礎知識

在宅ワーク 年末調整

ダブルワークとは ダブルワークとは、2つの仕事を同時に掛け持ちして行うことを指すそうです。 多様性のある働き方や収入アップを目的として、ダブルワークをしたいと考える方もいるかもしれません。 実際にダブルルワークとはどのような働き方を指すのか、気をつけておくとよいポイントについて詳しく見ていきましょう。 ダブルワークの例 ダブルワークとはどのような働き方を指すのか、具体的な例についてご紹介します。 アルバイトの掛け持ち 一般的にダブルワークとは、どちらの仕事に対しても時間のかけ方に大きな差がなく、支払われる給与も同じくらいである働き方をいうようです。 そのため、勤務時間や日数などを調整しやすいアルバイトやパートなどの雇用形態でダブルワークをしている方もいるかもしれません。 アルバイトを掛け持ちする際は、無理のないスケジュールでシフトの調整を行うことも大切になってくるのではないでしょうか。 アルバイトと在宅ワーク アルバイトやパートなどを主な収入としながら、ダブルワークとして在宅ワークで収入を得る方もいます。 子育て中のママのなかには、通勤の必要がない在宅ワークに注目している方もいるかもしれません。 平日はフリーランスの仕事や派遣社員として働き、土日などの休日を使って在宅ワークするという例もあるようです。 クラウドソーシングなど、オンライン上で在宅ワーカーが受注できる仕事も増えているので、経験を生かした仕事やスキルアップを目指す方にあった仕事が見つけやすいかもしれません。 他にも、正社員として働くママのなかにも休日など空いた時間を使って別の仕事をするする方もいるようです。 正社員として働いている場合は、ダブルワークではなく副業と呼ぶことが多いようです。 ダブルワークで確認すること ダブルワークで収入を得る前に、注意しておきたいポイントについて確認しましょう。 正社員の場合 税金について 会社で税金の計算がされる正社員と違い、アルバイトやパートでダブルワークをする場合は、税金についても把握しておくとよいかもしれません。 一般的に、アルバイトなどで会社に雇用されている場合の収入は給与所得、在宅ワークなどフリーランスで働く場合の収入は事業所得となり、ダブルワークの年間収入が合計103万円を超えると国への税金として所得税の支払う必要とされています。 また、その年の給与収入が103万円以上150万円以下であれば配偶者控除、150万円以上201万6千円未満であれば配偶者特別控除の対象となるようです。 ダブルワークで収入を得る場合は、合計金額がいくらになるか計算して税金について気をつけておけるとよいですね。 年末調整ではなく確定申告が必要な場合とあわせてご紹介します。 年末調整の仕方 年末調整は、毎月の給与に応じて源泉徴収されている税額と、1年間の給与総額に定められる納税額の過不足を精算するための手続きとされています。 ダブルワークで2箇所から収入を得ている場合も年末調整を行うのは1箇所となるようなので、副業の所得が少なければ、確定申告でなくメインの収入を得ている勤務先に届出を提出し、年末調整の手続きをするとよいそうです。 確定申告が必要な場合 一般的に、給与の支払いを受けている方は勤務先での年末調整により納税が完了しますが、ダブルワークや副業などをして、メインの収入以外の所得合計が年間20万円を超える場合は確定申告が必要になるそうです。 自分で仕事を受注して在宅ワークをする場合は、個人事業主という形になるので忘れず確定申告を行うようにしましょう。 国税庁のホームページでは、インターネットで申告書が作成できる「確定申告書等作成コーナー」を設けているので、年末調整をせず初めて確定申告をするという方はチェックしてみるとよいかもしれません。 ダブルワークの雇用保険 雇用保険は、一般的に勤務先が手続きを取る義務があるようです。 ダブルワークをする場合の申請や、加入条件について見ていきましょう。 雇用保険とは 雇用保険とは勤務先で加入する保険で、失業した際に基本手当として受け取れる給付金もあるようなので、働く方にとって大切になってくる制度です。 ダブルワークをしていて2箇所の勤務先で雇用保険申請ができる場合も、どちらか片方のみでの申請となるようです。 雇用保険は、条件を満たしていれば勤務先での加入することが基本とされています。 加入条件 雇用保険にはアルバイトやパート勤務の方も加入することができるようで、31日以上引き続き雇用される見込みがあり、1週間あたりの労働時間が20時間を超えるといったことが条件とされています。 また、在宅ワーカーは個人事業主にあたるため、雇用保険の対象外となるようです。 ダブルワークをする在宅ワーカーの方で雇用保険に加入しない場合は、個人で国民健康保険や国民年金に加入することが必要になってくるでしょう。 iStock. ダブルワークとは収入や勤務時間が同じ場合に用いられることが多いようで、正社員の場合は副業と呼ばれるのが一般的のようです。 2箇所からそれぞれ収入がある場合も、年末調整や雇用保険の手続きは1箇所で行うことが基本とされています。 1年間の所得が20万円を超えると、自ら税金の申告をして確定申告を行う必要があるので、ダブルワークをする際はその点にも気をつけながら、理想にあった働き方ができるとよいですね。

次の