おっかない の 由来。 ケレン味(外連味)の意味とは?語源(由来)は歌舞伎?使い方(例文)や類語も!

ケレン味(外連味)の意味とは?語源(由来)は歌舞伎?使い方(例文)や類語も!

おっかない の 由来

— 2017 7月 25 12:29午後 PDT 今回はそんな珈琲という漢字の由来について、そもそも珈琲という漢字はいつ頃に誰がつけたのか、そしてどんな意味が隠されているのかについて、書いていこうと思います。 珈琲は宇田川榕菴が考えた そもそもコーヒーが日本に伝わったのは江戸時代の頃でした。 当時日本は鎖国をしていて、オランダなどの一部の国としか貿易をしていませんでしたが、オランダがカステラなどと一緒にコーヒーを伝えたと言われています。 それまで日本ではコーヒーそのものが存在しなかったので、当然それに合わせた日本語を新しく作成する必要が出てきました。 コーヒーの当て字としては「可非」「可否」「黒炒豆」などがあったのですが、どれもパッとせずに定着しませんでした。 そんな中で蘭学者の宇田川榕庵がコーヒーの漢字として「珈琲」が良いのではないかと提案して、それが一番しっくりとくるということで、結果的にコーヒーの漢字は珈琲になりました。 そう言われてみると何かそれっぽく見えて来ます。 珈琲はなんとなくただの当て字だと思っていましたが、実は裏にはこのような由来があったのです。 この珈琲という文字を考案した宇田川榕庵という人は、この他にも酸素、水素、窒素というった日本語も作ったとのことです。 — 2017 7月 26 3:52午前 PDT 漢字を作るという作業は論理性と創造性の両方が求められるかと思いますが、珈琲という漢字を作った宇田川榕庵は間違いなく天才であると言えます。 余談ですが、宇田川榕庵の出身地である岡山県津山市には「榕庵珈琲」という宇田川榕庵から名前をとったカフェがあるそうです。 興味がある人はぜひ一度行ってみてください。 喫茶という漢字は鎌倉時代に中国から伝わったお茶を飲む習慣のことをもともとは意味していました。 この意味が拡大していき、お茶に限らずコーヒーやジュースなど他の飲み物でも、とりあえず何かを飲むことを喫茶と呼ぶようになっていきました。

次の

「おっかない」は東京の方言?東京語・東京弁・共通語・標準語の違いとは

おっかない の 由来

おっかないの意味と語源 おっかないは【恐ろしい・怖い】という意味で使われる東京弁です。 おっかないは東日本の広い範囲で使われている言語ですが、西日本では使われません。 おっかないは北海道でもよく使われる言語ですが、北海道の方言ではありません。 東京の方言(東京語)の下町言葉(東京弁)が東日本に広く浸透した言語です。 用例 「あそこのお化け屋敷は、すごくおっかない」 「今度の先生は、おっかないらしいぞ」 「とてもおっかない夢をみた」 おっかないの語源は、古語の「おほけなし」が変化したとする説が有力です。 「おほけなし」は、【身の程知らずだ・身分不相応だ・恐れ多い】という意味で使われていた古語です。 「おほけなし」が「おっけなし」、「おっかなし」、「おっかない」と変化したとする説です。 「おっかない」の「ない」は接尾語で、形容詞・形容動詞の語幹などの性質・状態を表す語に付いて、その意味「怖い」を強調します。 東京語と東京弁と共通語の違い 東京語とは「東京における東京人の使う東京の方言」で、山の手言葉と下町言葉に分かれます。 東京弁とは、江戸時代から庶民が日常生活で使っていた言葉がもとになっている、東京語の下町言葉です。 共通語とは、東京の都市部で使われている山の手言葉がもとになった、全国どこでも通じる言葉です。 東京が誕生したのは、『江戸』が『東京』に名称変更なった1868年9月です。 その後1869年に都が京都から『東京』に遷され、東京は首都としての役割を担います。 江戸が東京になる前、江戸城近辺とその西側の高台(山の手)で生活する大名や武士が使う言葉と、海や川に近いところに発達した地域(下町)で生活する庶民が使う言葉には違いがありました。 東京弁とは幕末から明治初期にかけて、下町で生活する職人や商人などの庶民が使っていた言葉が由来になっている『下町言葉』です。 明治大正時代に日本の文化の中心は、江戸文化の伝統を引き継ぐ首都東京の下町にありましたが、関東大震災(1923年)を契機として、下町文化は衰え首都東京の山の手文化がこれに変わります。 東京語のうち日本の文化の中心になった山の手の『山の手言葉』は、教科書の口語文のもとになり、共通語として全国に浸透します。 山の手の代表的な地域は、麹町・芝・麻布・赤坂・四谷・牛込・本郷・小石川などです。 「~でございます」「~かしら?」「ごきげんよう」など気取った感じの言葉が『山の手言葉』です。 下町の代表的な地域は、上野・台東区浅草・深川・墨田区・江戸川区などです。 「ひ」を「し」と発音したり、「おっかない」「べらぼう」「やぼよう」など癖の強い言葉が『下町言葉』です。 共通語と標準語の違い 1948年(昭和23年)国立国語研究所が設立され、ここから共通語と標準語を区別する考えが誕生します。 共通語の定義:「全国どこでも通じるような言葉」「国内に方言差があっても意思を通じ合うことのできる言語」であり、共通語の母体は、日本語の場合、首都東京の言葉である。 標準語の定義:「なんらかの方法で国として制定された規範的な言葉」 共通語は標準語のように必ずしも規範性を持たず、実用的・現実的なものである。 (『日本語学研究辞典』. 「標準語」「共通語」より一部引用) 標準語は、全国に一つしかない、理想的な言語で、共通語は実際に全国的に通用している言語です。 標準語は、音韻・語彙・語法など全ての面で日本語の規範として用いられる言語です。 教育・法令などの公用語として用いられる言語です。 共通語は、自然に存在して全国で用いられる言葉で、規範性はなく、国民全員に通用する言語です。 まとめ おっかないという言葉を私自身ここ数十年使っていないように思います。 子供のころはよく「おっかない」を使っていましたが、ある年齢をすぎたころから「おっかない」より「怖い」を使うようになった気がします。 なぜか「おっかない」という言葉の響きに子供っぽさを感じてしまい、使うのが恥ずかしくなったのかも知れません。 香川の方言「くろみ」、富山の方言「きときと」、宮城の方言「ぺろ」、愛媛の方言「ぽんし」、長崎の方言「ちんちょか」、使うのにはちょっと勇気が必要です。

次の

ケレン味(外連味)の意味とは?語源(由来)は歌舞伎?使い方(例文)や類語も!

おっかない の 由来

おっかないの意味と語源 おっかないは【恐ろしい・怖い】という意味で使われる東京弁です。 おっかないは東日本の広い範囲で使われている言語ですが、西日本では使われません。 おっかないは北海道でもよく使われる言語ですが、北海道の方言ではありません。 東京の方言(東京語)の下町言葉(東京弁)が東日本に広く浸透した言語です。 用例 「あそこのお化け屋敷は、すごくおっかない」 「今度の先生は、おっかないらしいぞ」 「とてもおっかない夢をみた」 おっかないの語源は、古語の「おほけなし」が変化したとする説が有力です。 「おほけなし」は、【身の程知らずだ・身分不相応だ・恐れ多い】という意味で使われていた古語です。 「おほけなし」が「おっけなし」、「おっかなし」、「おっかない」と変化したとする説です。 「おっかない」の「ない」は接尾語で、形容詞・形容動詞の語幹などの性質・状態を表す語に付いて、その意味「怖い」を強調します。 東京語と東京弁と共通語の違い 東京語とは「東京における東京人の使う東京の方言」で、山の手言葉と下町言葉に分かれます。 東京弁とは、江戸時代から庶民が日常生活で使っていた言葉がもとになっている、東京語の下町言葉です。 共通語とは、東京の都市部で使われている山の手言葉がもとになった、全国どこでも通じる言葉です。 東京が誕生したのは、『江戸』が『東京』に名称変更なった1868年9月です。 その後1869年に都が京都から『東京』に遷され、東京は首都としての役割を担います。 江戸が東京になる前、江戸城近辺とその西側の高台(山の手)で生活する大名や武士が使う言葉と、海や川に近いところに発達した地域(下町)で生活する庶民が使う言葉には違いがありました。 東京弁とは幕末から明治初期にかけて、下町で生活する職人や商人などの庶民が使っていた言葉が由来になっている『下町言葉』です。 明治大正時代に日本の文化の中心は、江戸文化の伝統を引き継ぐ首都東京の下町にありましたが、関東大震災(1923年)を契機として、下町文化は衰え首都東京の山の手文化がこれに変わります。 東京語のうち日本の文化の中心になった山の手の『山の手言葉』は、教科書の口語文のもとになり、共通語として全国に浸透します。 山の手の代表的な地域は、麹町・芝・麻布・赤坂・四谷・牛込・本郷・小石川などです。 「~でございます」「~かしら?」「ごきげんよう」など気取った感じの言葉が『山の手言葉』です。 下町の代表的な地域は、上野・台東区浅草・深川・墨田区・江戸川区などです。 「ひ」を「し」と発音したり、「おっかない」「べらぼう」「やぼよう」など癖の強い言葉が『下町言葉』です。 共通語と標準語の違い 1948年(昭和23年)国立国語研究所が設立され、ここから共通語と標準語を区別する考えが誕生します。 共通語の定義:「全国どこでも通じるような言葉」「国内に方言差があっても意思を通じ合うことのできる言語」であり、共通語の母体は、日本語の場合、首都東京の言葉である。 標準語の定義:「なんらかの方法で国として制定された規範的な言葉」 共通語は標準語のように必ずしも規範性を持たず、実用的・現実的なものである。 (『日本語学研究辞典』. 「標準語」「共通語」より一部引用) 標準語は、全国に一つしかない、理想的な言語で、共通語は実際に全国的に通用している言語です。 標準語は、音韻・語彙・語法など全ての面で日本語の規範として用いられる言語です。 教育・法令などの公用語として用いられる言語です。 共通語は、自然に存在して全国で用いられる言葉で、規範性はなく、国民全員に通用する言語です。 まとめ おっかないという言葉を私自身ここ数十年使っていないように思います。 子供のころはよく「おっかない」を使っていましたが、ある年齢をすぎたころから「おっかない」より「怖い」を使うようになった気がします。 なぜか「おっかない」という言葉の響きに子供っぽさを感じてしまい、使うのが恥ずかしくなったのかも知れません。 香川の方言「くろみ」、富山の方言「きときと」、宮城の方言「ぺろ」、愛媛の方言「ぽんし」、長崎の方言「ちんちょか」、使うのにはちょっと勇気が必要です。

次の