汚 部屋 から の 脱出。 汚部屋から脱出するために私の汚部屋を包み隠さず公開します【画像あり】

二世帯住宅、暗黙のルールをなくし親エリアの片付け開始

汚 部屋 から の 脱出

汚部屋を片付けるのに必要な行動は、• モノを減らす• 収める• 掃除する この3つのステップだけなんです。 ですが、この3つのステップをごっちゃに考えてしまう人は、ゴミ屋敷になりやすい傾向がありと思います。 実際、私もこの3つのステップを合わせて考えていて、なかなか汚部屋からの脱出に時間がかかりました。 捨てる・収める・掃除するは別で考えるべきであり、カテゴリー・部屋ごとなどスペース単位で行っていくのが成功のポイントです。 例えば、「一部屋を掃除する」と決めたら、まずは「捨てる」に専念。 そして収める。 全部収めったら掃除。 完璧を求めるとうまくいきません。 まずは「キレイに場所に収めること」ここを目標に進めていくのがベターです。 なぜかというと、私もアレコレ片付けについて失敗してきたから。 個人的な意見ですが、汚部屋までいった場合は、 とにかく全部屋なんとなくスッキリ!気持ちいい! をまず実感するのがリバウンドなしで汚部屋脱出をする近道だと体験から私は思います。 汚部屋の片付けSTEP1 モノを減らす 汚部屋住人の場合は、まずここが難しいかと思います。 ですが、汚部屋住人はここが一番のポイントです。 なぜかというと、汚部屋の最大の原因は、「スペースに物が収まっていない」こと。 なので、「スペースにものを収める」のが一番のポイントになってきます。 ということは「スペースに収まる量」にものを減らさないといけないわけです。 こちらの記事は、物がなかなか捨てられない場合の対処法について書いています。 まずは、「断捨離」に慣れることが必要かと思います。 これは個人的な意見ですが・・・ 「モノ」はそんなに多くないのに片付かない。 という場合、家のサイズ自体合ってない可能性もあります。 そんな場合は、引っ越しを検討するのも一つの手 ただ、「今の家にこのまま住む」のであれば、「家のサイズに合わせたモノの量」にする必要があります。 どうしても難しい場合は、レンタルスペースなどを検討するのも一つの手。 ですが、まずは、片付けをしてみて本当に収まらないか?と考えてやってみることが大事かと思います。 収納が増えたからといって、片付けのコツが分からない限り、汚部屋にリバウンドする可能性大。 汚部屋の片付けSTEP2 収める 汚部屋のモノが片付いたら、「モノを収める」ことが必要になってきます。 汚部屋は、収まるぐらいまで断捨離に成功すれば、ほぼ成功したも同然! ただ、始めは上手く行かないと思います。 なので、ざっくりカテゴリーを分けて、カテゴリー内であればOK! ぐらいで進めていくのが、汚部屋掃除を挫折しないコツです。 汚部屋住人の収納のコツ 収納が多すぎる家の場合は、収納を減らすべきだと思います。 でも逆もあって、収納が少ないと、モノの量が見極められない人は汚部屋になる可能性があります。 我が家の場合は収納が少なかったので、どんどんどんどん山積み化されてきました。 収納が少ない場合は、収納を増やすことも必要。 自分に適した、収納の数にすること。 収納家具を買わなくても、しばらくは衣装ケースやダンボールでも乗り切れます。 モノを減らすことに慣れたら、収納も必要なくなりますよ。 収納のコツについても別の記事にまとめてます。 私自身、やり始めると止まらないので、一箇所一箇所、丁寧に掃除していました。 でも丁寧にすればするほど、ゴールが遠ざかるばかりなんです。 汚部屋住人の掃除のコツは八分目! 掃除は習慣的にしないといけないことなので、キレイにすることに全力を注ぎすぎると、次のサイクルがまわってきてしまいます。 ゴミ屋敷の場合、すべての汚部屋掃除が終わっている場合は、汚部屋卒業しているということなので、掃除にポイントを置いてもいいかと思いますが、 掃除に着目しすぎて他の部屋に手が回らなくなるという悪循環が生まれる可能性があります。 なので、一回目は、少し気になる部分があっても、八分目にしておくことが挫折しないポイントです。 掃除を楽にする方法は別の記事でまとめています。 汚部屋の掃除・片付けはどこから手をつける? 全部いきなりやろうと思わず、玄関・廊下・トイレなどの小さいスペースから進めていくのがおすすめです。 私の場合、まずはトイレからスタートしました。 トイレだったら、荷物もそんなにないですし、きちんと掃除すれば、汚部屋の片付けより早く終わるので、トイレから手をつけました。 例えば、受験勉強で、いきなり10冊のテキストを終わらせろ。 と言われたら、げんなりします。 でも1冊ずつだったら、なんとかがんばろう。 と思いませんか? 小さな成功体験を積むことにより、やる気がどんどんアップします。

次の

汚部屋脱出の準備と、初めての汚部屋脱出。(わたしが汚部屋から脱出するまで12)

汚 部屋 から の 脱出

…ごめんね、おばーちゃん…。 きれいにするから…!!!!! 1階の汚部屋 まず見ていくのは1階の汚部屋たちです。 基本的に1階は友人たちが、たまーーーーーーに来たりするときに掃除をしたりしていたので、まだきれいだと思います。 おへやん的には、汚部屋じゃないと思っているのですが…この感覚がきっとズレているんだろうな…。 玄関の現状 我が家の玄関の現状は、こんな感じ。 下駄箱の上には様々な荷物が。 でもまぁ、まだまともですかね。 1階和室の現状 1階にある和室の現状はこんな感じ。 正直、この部屋は我が家の中で一番きれいな部屋となっています。 しっかり畳も見えるし、物も少ないし。 いざ何かがあって人がうちに入ってしまった時に、緊急避難先としてここの部屋だけは確保しておこうという意識があったからです。 いや、汚いだろうwww きっと普通の感覚の人は、汚いって思うんだろうな。 キッチン&ダイニングの現状 さて、次はキッチン&ダイニングの現状です。 こうやって客観的に見ると分かるんですが、やっぱり無駄に物が置いてあるんですよね。 キッチン周りを拡大するとこんな感じ。 シンクやガスコンロは一応きれいに使っていると思われます。 自炊は結構するんでね! だがしかし、やっぱり物が多い…。 ダイニングテーブルの上はこんな惨状に。 一度物を置いてしまうと積み重ねても全然気にならなくなってくる不思議。 洗面所の現状 お次は洗面所! まぁ、とりあえずは大丈夫でしょうか。 1階は人踏み入れ可な空間なので、必要最低限のレベルは確保しています。 その必要最低限のレベル設定が狂っているというのは認めます…! お風呂の現状 次は洗面所の隣のお風呂の現状です。 お風呂はとりあえずゴミらしきものは置いてありません。 シャンプー類も直置きに見えますが、一応気を遣ってちょっと高さのある網の上には乗せています。 ただ、水垢やらなんやらの掃除はまともにしたことがないので、きれいとは程遠いであろうとは思ってますけどね。 1階トイレの現状 トイレの写真とかアップしていいのかよく分かりませんが、とりあえずこんな感じです。 私は基本的に2階を住処にしているので、あまり1階のトイレは使いません。 だからそんなにゴミも落ちていないと思ったら…。 まぁ、申し訳程度には落ちていますよね…(落胆) 階段の現状 では、2階に向かっていきましょう! 手すり部分になぜかベッドシーツやら服やらが引っかかってますが。 階段上には特に物はありませんが、ほこりがやばい。 私が通っている場所だけきれいになってるのが良くわかるかと! 掃除しなきゃな…って思わされますね。 さぁ、そろそろヤバめの写真になってきました。 2階はここ数年、私以外に誰も足を踏み入れていない超プライベートゾーンです。 2階の汚部屋 さて、続きましては2階の現状になります。 2階は人を踏み入らせていないので、汚部屋化が激しいです。 2階和室の現状 まずは、2階の和室から。 こうやって見ると我ながら引きますね…。 すでに和室なんだか何部屋なんだか判断不能です。 本当はこの部屋が一番日当たりがいいので、カーテンを開けて日を取り入れたいところですが、こんな惨状なのでカーテンは年中閉めたままです。 今日は天気がいいからカーテンを開けよう! これ、夢ですね。 2階洋室の現状 そして2階の洋室。 ここが私が毎日生活をしている部屋になります。 細長い部屋なので部屋の両端から写真を撮りました。 今ももちろんこの部屋でこの文章を書いているんですが…なかなかに汚いですよね…。 本当に写真で見ると余計ひどく見えます。 いや、実際にひどいんですけどね。 これがきれいになったらどれだけスッキリするんだろうと妄想することは多々ありますが、今までそれを実現させたことはありません。 2階トイレの現状 最後に2階のトイレの現状です。 一時期、床一面にトイレットペーパーの芯をため込んでいたのですが、さすがにまずいと片付けたことがあります。 再度そんなことにならないようにプラスチックの入れ物を置いたようですが、そもそもちゃんとゴミ箱に捨てに行けってやつですよね(入れ物の中から飛び出しているのもあるし…)。 そもそも他の部屋があんな状態なので、一体どこに捨てればいいのかが分からなく、トイレに溜め込んでしまうのだと思います。 汚部屋公開まとめ いかがだったでしょうか。 1人暮らしのくせに何部屋もある家に住んでしまっているがために、掃除する範囲が広くてなかなか手が出せなかった汚部屋片付け。 こうやって改めて冷静に眺めてみると、やっぱり異常な部屋に住んでいるなと痛感します。 今のままの部屋でももちろん住めるのですが、やっぱりきれいな家に住んでみたい!!.

次の

汚部屋の脱出方法を紹介!二度と繰り返さないための手順も

汚 部屋 から の 脱出

1:汚い部屋を写真に撮ろう! 毎日過ごしている部屋は見慣れてしまい、実際は汚いのに、あまり気にならなくなってきます(笑)。 でもキレイな部屋で暮らしたいなら、まずは現状を客観視することが大事です。 私は部屋の写真を撮って初めて「これはヤバイ…」と危機感を持つことができました。 2:「嫌だ」「不便だ」と思っていることを書き出そう 私は本当に面倒くさがりなので、使った物を元に戻すのが苦手。 ものすごく簡単で、ものすごく近くに戻すんであれば元に戻しますけど、ちょっとでも面倒なことは(例えばレジ袋をたたむとか)だんだんやらなくなって、部屋が散らかっていきます。 だからとにかく簡単にしないと、また散らかる!と思いました。 そんなわけで、自分が普段家で過ごしていて、「これが面倒だな」「嫌だな」「不便だな」と思うことを書き出すところから始めました。 洗面台までドライヤーを取りに行くのが面倒くさい• レジ袋が収納場所からあふれていて気分が沈む• 子供の書道セットが床に横たわっているのがイヤだ• 必要な紙袋をすぐ探し出せないのが不便 などなど、書いていたらキリがないくらいありました(笑)。 でもこれが非常に大事な作業だったと思います。 便利で使いやすくて、しまいやすくて、見た目がまあまあ好きな状態にしないと、断捨離してもまた散らかって、汚部屋に逆戻り。 だから、遠回りに見えてこれが一番「散らからない家」への近道です。 問題を一つずつ真剣に考えて解決して行きました。 そしたらだんだん家がキレイになっていきました。 3:汚部屋の一番の原因を突き止める!私の場合は子供部屋 ウチの場合、家の真ん中、一番目立つところに、子供のおもちゃをドーンと置いてました。 子供のおもちゃは色がカラフルで形が揃っていないので、それでなくても汚く感じます。 それに家の真ん中に物が置かれていることによって、空間をさえぎり狭く感じる原因にもなってました。 4:子供部屋改造と同時に自分の夢も叶えてみた 私のささやかな夢「壁を水色にしてみよう!」ということも、子供の机やら洋服の棚を移動するにあたってやってみました。 これまで家は「食べて寝るだけ」だと思っていましたが、キレイな部屋にして愛着をもって住むために、カワイイも少しだけ追い求めることに。 5:その他もろもろ、一歩踏み出したらどんどん進む 本当に面倒くさがりの私ですけど、やっているうちに部屋を片付けることがとても楽しくなっていました。 これまでの汚かった状態が思い出せないくらいです(笑)。 汚部屋から脱出するために必要なことは、まず一歩を踏み出すこと。 試しに写真を撮って、自分の家の中でイヤなところや面倒なところを書き出してみてください。 築40年なので、間取りも昔風だし、変な出っ張り(ヘリとか柱)があちこちあるのですが、それでも片付ければ、自分なりのカワイイ部屋が出来るんだなと。 少なくとも毎朝起きた時の気分が全然違います。 片付けようかな…と思っているアナタ!頑張ってください。 クリックで模様替え情報がたくさん見られます!.

次の