ほう へ いかん。 江東区・斎場・玉泉院玉法会館・ぎょくせんいんぎょくほうかいかん

東方紅

ほう へ いかん

平安中期 10世紀後半 ,でに準じて着用された略式の装束。 奈良時代や平安初期のではを着用していたが 《》 ,平安中期になると,朝服から束帯(そくたい)が成立,発展し,これが正装となった。 束帯は,,(ほう),表袴(うえのはかま),大口袴(おおくちのはかま),石帯(せきたい),それに(はんぴ),(したがさね),(あこめ),(ひとえ)などで構成されていた。 しかし庭上の立礼のような場合にはこの正装で厳重にを正して動作できたものの,やがてのが整備され,の殿上ですわったり,たちあがったり,また身軽な事務的な活動をするようになると,束帯は不便であるため,この束帯から表袴,大口袴を,(さしぬき)の袴,下袴にかえ,石帯を略して腰帯(ようたい)をつけ,半臂,下襲,衵などを省いたものが,衣冠となった。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説 公家 くげ 男子の服装の一種。 天皇は用いないが、平安時代以来の準正装で、束帯の略装として用いられた。 束帯が昼 ひ の装束といわれるのに対して、衣冠は宿直 とのい 装束ともいわれる。 鎌倉時代になると、宮中出仕のときにも用いられるようになった。 その構成は束帯より半臂 はんぴ 、下襲 したがさね 、石帯 せきたい を省き、表袴 うえのはかま のかわりに指貫 さしぬき をはく形式で、冠 かんむり 、袍 ほう 、袙 あこめ (略すこともある)、単 ひとえ 、指貫、沓 くつ である。 束帯や布袴の袍と同様に位袍であるが、通常は帯剣することがなく、闕腋 けってき の袍は用いられない。 また着装に石帯を用いないため、それにかわる絹の帯で腰を締めることにより、その衣文 えもん や着装姿は束帯と異なる。 なお、衣冠は朝服の変化形式の装束であるため、かならず冠をかぶる。 [高田倭男].

次の

衣冠(いかん)とは

ほう へ いかん

ほうじ茶( 焙じ茶、ほうじちゃ)とは、日本のの一種であり、茶葉を焙(ほう)じて飲用に供するものを指す。 一般に、や、をしたものである。 ほうじ茶は独特の香ばしさがあり、苦みや渋みはほとんどなく、口当たりはあっさりしている。 刺激が少なく胃にやさしいため、食事中のお茶に向く。 ほうじ茶飲用の風習は、地方によってかなり相違がある。 上質な葉を選りすぐった高価なものもあるが、格はやより下位、一般にやなどと同位に位置づけられ、日本茶として高級な部類のものではないとされる。 しかし、ほうじ茶飲用の習慣が深く根付いているでは、上質なほうじ茶がの改まった席で供されることも珍しいことではなくなっている。 また、昔から病院に入院時の食事の際にほうじ茶が出ることが多い。 製法 [ ] 葉が赤茶色に変わるまで強火で焙じて作る。 の定める緑茶の表示基準では「ほうじ茶とは、煎茶や番茶などを強い火で焙って製造したもの」と定義されており、緑茶の1分類である。 今日の製法は、に京都において確立されたといわれる。 製茶業者は専用の大がかりな焙煎器を使用する。 家庭で茶葉を焙ずるには、一般的に(ほうろく、ほうらく)というなどの焙じ器が使われる。 簡易な方法としては、厚手の鍋やフライパンで代用することもできる。 少量を焙じるには「に茶葉を乗せ(あるいは懐紙で茶葉を包む)、熱源(炭・等)の上で細かくゆすりながら焙る」という方法もある(におけるほうじ茶の点前などで使われる手法)。 ただしこの場合、熱源の上に茶葉がこぼれる、懐紙を熱源に近づけすぎるなどの原因で発火するケースが少なくないため、周囲の環境に注意して行う必要がある。 種類 [ ] 厳密な区分ではないが、比較的知られたほうじ茶の種類を以下列挙する。 ほうじ番茶 [ ] これは名前のとおり、を焙じて飲用に仕上げた茶のことである。 ただし、番茶を焙じて飲用することが一般的な地方では、番茶=ほうじ番茶を指すことが多い。 京番茶 [ ] 京番茶という名前は日本全国的に知られるが、茶どころ南部を中心として生産され、日常飲用することが多いほうじ番茶のことを、「京番茶」と呼び慣わしている。 食生活の様式が欧米的なものへ移り変わったので以前のような傾向は減ってはいるようであるが、京都府およびあたりでは、1キログラム単位の大きな包装でよく店頭に並べられる。 焦げ香と言われる独特の燻したような焦げ香りを放つものが多いが、近年を用いた焙煎により、不均一な焦げから解放された「京番茶」が販売されている。 加賀棒茶 [ ] 茎茶(棒茶)をほうじたもの。 で主に生産される。 石川県では「棒茶」、「番茶」といえばこれを指すことが多い。 が発祥の地 とされ、石川県ふるさと食品認証食品に登録されている。 また、石川県では県内で焙煎された棒茶の認証基準(農安第1751号、19年10月22日)を制定している。 なお、茎ほうじ茶はお茶の生産地であれば日本各地で生産されているが、特に過去石川県のある製茶場が加賀棒茶をに献上したという経緯から「献上加賀棒茶」を製品化したため、加賀棒茶がより一般に名前が知られるようになった。 ただ、「献上加賀棒茶」は焙煎の度合いが浅いため、香りが甘く柔らかではあるが、一般的な焙じ茶に比べ渋みがやや強いという特徴を有する。 雁ヶ音ほうじ茶 [ ] 雁ヶ音ほうじ茶 これは、一番茶から茎(「」という)の部分だけを丁寧に選(よ)り取り焙じた茶である。 これは、 茎ほうじ茶あるいは 棒ほうじ茶という別な名称でも市場に出回っているが、実際には同じものを指している。 茶葉の部分ではなく茎の部分を焙じているので、より一層まろやかな香りを持っている。 ほうじ番茶より香りが良いのは、そのためである。 ほうじ煎茶 [ ] 一番茶や二番茶の上質な葉の部分を選りすぐり、これを焙じて作られた茶である。 原料とする茶葉の品質いかんによって、取り引きされる製品の値段には大きな開きがある。 上質なほうじ茶は、甘く独特の心地良い香りを持ち、その焙煎には高度な技術が必要とされる。 淹れ方 [ ] ほうじ茶は、や、(きゅうす)など、その地方や状況に応じて様々な器具で淹れられる。 のような方式で簡単に淹れられるように包装された商品もある。 ほうじ茶はかさばった形状だが乾燥していて軽いため、計量する時は他の日本茶に比べ大きめのスプーンを使うと良い。 出来るだけ熱い湯で淹れる方が良いとされる。 急須で淹れる場合、蓋をして30秒間程度で浸出される。 熱湯で淹れると1煎目で成分が出きってしまうため、淹れ直す場合は煎を重ねるより新たな茶葉に替えたほうが良い。 ほうじ茶を常飲する地方では、大きなで煮出す方法を取ることが多い。 北海道には冬期間、常時ストーブにかけてある薬鑵でほうじ茶を煮出し、それでを割って呑むという飲み方(番茶割り)がある。 なお、作り置きしたほうじ茶にはが含まれており、時間が経過するにしたがって変質、腐敗するので、作ったその日のうちに飲用する方が良い。 腐敗が進んだものを飲用すると、やの原因となる。 飲用やその効用 [ ] 焙ずることで苦味成分の(など)が壊れ、渋味や苦味が抑えられるので、口当たりは他のお茶よりもあっさりとしている。 京都のでは、食事中に供される茶がほうじ茶であることが珍しくない。 京都の料亭のでは、食後にとともにほうじ茶が出されることが多い。 様々な商品化 [ ] ほうじ茶用の茶葉だけでなく、入りの「」「」のラインアップなどとして、そのまま飲めるほうじ茶が販売されている。 がより少ないうえ香ばしいため、牛乳とブレンドしたほうじ茶もカフェチェーンや等で取り扱いが広がりつつある。 ほうじ茶のフレーバーはスイーツやアイスクリーム、更にはにも使われている。 の推計によると、ほうじ茶の市場規模は約320億円(2016年)と、2005年の16倍に増えた。 脚注 [ ]• 18,138-139• 2018年5月28日. 2019年3月20日時点のよりアーカイブ。 2019年3月20日閲覧。 2015年7月31日. 2019年3月20日時点のよりアーカイブ。 2019年3月20日閲覧。 『朝日新聞』朝刊2017年12月15日(経済面) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。 - - 青山・中村園Webサイトより、茶葉投入から焙じ工程を経て仕上げ工程までの説明。 - 一保堂茶舗Webサイトより、茶摘みから焙じ工程までの説明;含有成分にまで踏み込んで説明している。

次の

東方紅

ほう へ いかん

この記事の主題はウィキペディアにおけるを満たしていないおそれがあります。 目安に適合することを証明するために、記事の主題についてのを求めています。 なお、適合することが証明できない場合には、記事はされるか、に置き換えられるか、さもなくばされる可能性があります。 ( 2016年3月) 呈峰會館(ていほうかいかん)は、界の初の()の認可団体である。 正式名称は 特定非営利活動法人 呈峰會館(とくていひえいりかつどうほうじん ていほうかいかん)。 「呈峰 会館」及び「呈峰會 舘」は誤表記。 初代館長は近藤修匡、現在の館長は近藤真吏(第2代)。 現在は「道」における活動と共に、を目的とした「 組討道」と言われるを創設。 組討道は呈峰會館が「 登録第5272861号」を所持。 総本部は愛知県。 全域、()、()、に支部がある。 総本部:愛知県名古屋市一丁目12番4号• 三河本部(事務局):愛知県井内町西浦48-2 ホームページ: 脚注 [ ] [].

次の