大阪 居酒屋 コロナ。 新型コロナ:大阪知事、居酒屋の営業延長案 基準達成で1~2時間 :日本経済新聞

新型コロナ:大阪府、休業要請を段階的解除 独自3基準を達成 :日本経済新聞

大阪 居酒屋 コロナ

全面禁煙となり灰皿を片付ける居酒屋の店主=1日未明、東京都新宿区 飲食店などに原則禁煙を義務付ける改正健康増進法が1日、全面施行された。 東京都新宿区歌舞伎町の飲食店では、同日午前0時とともに店内から灰皿が下げられる光景が見られた。 歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で16年続く居酒屋「ばるぼら屋」。 店舗面積は100平方メートル以下で、同法では例外的に喫煙が認められるが、より厳しい都条例が適用され、全面禁煙となる。 店の壁は、やにと油で茶色く染まり、17ある席はどこに座っても灰皿に手が届く。 「吸えなくなったら二度と来ない」と常連客に告げられたという店主笠井正美さん(65)は「影響は不安だが、煙を嫌って入店しない人もいる。 実は禁煙にしたかったので、いい機会になった」と打ち明けた。 「禁煙店になった」。 午前0時を回ると、笠井さんは複雑な表情を浮かべながら、「従業員のためにも」と店の扉に禁煙のステッカーを貼り、13個あった灰皿を片付けた。 今後、一服したい人には店を出て敷地内で吸ってもらうという。 一方、「4月より全席禁煙」の貼り紙がある串焼き店では、日付が変わった後も都内の男性会社員(30)がたばこをふかしていた。 「居酒屋で吸えるのが最後と思うと感慨深い」と漏らし、「路上でも吸えない。 増税して1箱1000円払ってでも吸いたい」とやけ気味に話した。 男性従業員(25)は「新型コロナウイルスの影響で、ただでさえ客が減っているのに追い打ちだ」とうなだれた。

次の

【新型コロナ】緊急事態宣言、大阪・京都・兵庫で解除。東京ほか5都道県は25日にも判断

大阪 居酒屋 コロナ

全面禁煙となり灰皿を片付ける居酒屋の店主=1日未明、東京都新宿区 飲食店などに原則禁煙を義務付ける改正健康増進法が1日、全面施行された。 東京都新宿区歌舞伎町の飲食店では、同日午前0時とともに店内から灰皿が下げられる光景が見られた。 歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で16年続く居酒屋「ばるぼら屋」。 店舗面積は100平方メートル以下で、同法では例外的に喫煙が認められるが、より厳しい都条例が適用され、全面禁煙となる。 店の壁は、やにと油で茶色く染まり、17ある席はどこに座っても灰皿に手が届く。 「吸えなくなったら二度と来ない」と常連客に告げられたという店主笠井正美さん(65)は「影響は不安だが、煙を嫌って入店しない人もいる。 実は禁煙にしたかったので、いい機会になった」と打ち明けた。 「禁煙店になった」。 午前0時を回ると、笠井さんは複雑な表情を浮かべながら、「従業員のためにも」と店の扉に禁煙のステッカーを貼り、13個あった灰皿を片付けた。 今後、一服したい人には店を出て敷地内で吸ってもらうという。 一方、「4月より全席禁煙」の貼り紙がある串焼き店では、日付が変わった後も都内の男性会社員(30)がたばこをふかしていた。 「居酒屋で吸えるのが最後と思うと感慨深い」と漏らし、「路上でも吸えない。 増税して1箱1000円払ってでも吸いたい」とやけ気味に話した。 男性従業員(25)は「新型コロナウイルスの影響で、ただでさえ客が減っているのに追い打ちだ」とうなだれた。

次の

居酒屋は生活に必要、バーは主に遊興目的…大阪府の線引きに「納得できない」 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

大阪 居酒屋 コロナ

府は10日、休業要請の対象施設として遊興施設や運動施設、劇場などを示したが、商業施設については「生活必需品の販売やサービスを行う店舗」を対象外とするだけで、業種の詳細は示されていなかった。 府が設置しているコールセンター(06・4397・3299)には、「カラオケ喫茶は休業要請の対象になるか」「学習塾を開いてもいいか」などの問い合わせが殺到。 14日も403件の休業要請に関する相談が寄せられた。 このため府は、要請開始と同時に、対象施設の詳細版を公表。 東京都と同様、「サービスの提供や物品が生活の維持に必要か」「屋外で営業するなど密閉空間でないか」を線引きの基準とした。 商店街で営業を続ける古書店(14日午後、大阪市北区で)=枡田直也撮影 府が公表した施設一覧では、家電量販店や花屋、文房具店などを休業要請の対象外とする一方、ペットショップや玩具店、ネイルサロン、学習塾などは対象とした。 カラオケ喫茶は、カラオケをしなければ喫茶として営業可能という。 ただし、広さ1000平方メートル以下の施設は協力依頼にとどめ、100平方メートル以下の施設は感染防止策を徹底すれば営業可能とした。 「的外れ」「納得できない」 府の示した一覧表では、書店と銭湯が対象外、古書店とスーパー銭湯が対象となるなど、類似の業種で判断が異なるケースがある。 担当者は、「現在の情報を入手できる書店に対し、古書店は趣味的な要素が強い。 銭湯は生活維持に必要だが、スーパー銭湯は岩盤浴など風呂以外のサービスを提供する設備がある」と説明。 「線引きは難しいが、感染拡大防止のためご理解をいただきたい」とする。 中古書の販売大手「ブックオフ」では、緊急事態宣言の対象地域では大規模店舗を全面休業とし、店舗面積が小さい一部店舗などでは営業を継続。 長時間の滞在を控えるよう求める放送を流すなどの対策をとった。 学校の休校で児童書などの販売は増えているといい、担当者は「娯楽のない自粛生活の中で商品を求める人がいる一方、休業要請も大切で、適切に対応したい」と語った。 大阪市北区の天神橋筋商店街で古書店を経営する40歳代男性は、「新品同様の本も扱うので一般の書店とあまり変わらず、線引きは的外れ」と首をかしげた。 レンタル大手「TSUTAYA」の一部店舗では、要請対象のDVDレンタル店と、対象外の書店のスペースが混在。 このため大阪府内の直営店では、レンタルを主力とする店舗は休業し、複合店舗は書店を中心に営業していくという。 経済的理由から休業要請に従わない店舗もある。 玩具店は要請の対象だが、大阪・日本橋では、14日も営業を続ける店舗があった。 オーナーの男性(49)によると、1日の売り上げが平常時の数%にまで落ち込んでおり、「今の状況で『おもちゃが生活に必要』と言えないが、従業員の生活も大事。 家賃や給料を補償してくれれば休めるのだが……」とこぼした。 飲酒可能な店舗でも対応が分かれる。 府は居酒屋を含めた飲食店について、午前5時から午後8時の間は営業を認める一方、バーは休業要請の対象とした。 「食事が取れる居酒屋は生活に必要だが、バーは主に遊興目的」というのが理由だ。 大阪市北区のバーを休業しているオーナー男性(49)は「バーでも食事はできるので、府の線引きは納得できない」と話した。 あわせて読みたい•

次の