ターキッシュアンゴラ。 ターキッシュアンゴラミックスの赤ちゃん (Sylpheed) 名古屋の猫の里親募集|ジモティー

【猫図鑑】ターキッシュアンゴラの性格・飼い方・毛色・値段・寿命など特徴を徹底解説!|ねここもり

ターキッシュアンゴラ

ターキッシュ・アンゴラ 英語名 Turkish Angora 原産国 トルコ 公認団体 CFA・TICA 毛種 長毛種 トルコに古くから伝えられる長毛のターキッシュ・アンゴラは、優雅で気高い貴婦人のような猫。 柔らかく手触りの良い被毛は、貴婦人がまとうコートのように輝きます。 そのすてきなターキッシュ・アンゴラを紹介します。 ターキッシュ・アンゴラの魅力 ターキッシュ・アンゴラは、やや細身で引き締まった筋肉を持っているのが特徴的。 四肢は細くスラっと伸びており骨格や胴は細長く、尻尾も細長で体長や体格と釣り合う長さをしています。 この体型はバレリーナに例えられ、そのエレガントな容姿はフォーリンタイプと呼ばれています。 耳は大きく直立しており、頭部は小さめでスムーズなクサビ形をしています。 頭頂部から額にかけては平ら、鼻筋は真っ直ぐで目はアーモンド形の大きな目をしているのでとてもキュートな印象を受ける顔立ちです。 毛色や目色は、多数の色が存在します。 きれいなオッドアイを持つホワイトのターキッシュ・アンゴラは、よくモデルとして使われています。 ちなみにターキッシュとは、「トルコの」という意味です。 これらはあくまで目安ですので、飼育環境や状況、個体により異なることがあります。 性格 「ターキッシュ・アンゴラ」は、神経質で繊細、気難しいお嬢様のような性格をしていますが、その反面、人懐っこく飼い主さんに忠実な面も持ち合わせています。 一見すると矛盾しているように見えるターキッシュ・アンゴラの性格ですが、「自分が気に入った飼い主にだけ心を許す」という猫らしい性格です。 そのため、多頭飼いをしている家庭や小さい子供が居る家庭では、ターキッシュ・アンゴラなどの気高い貴婦人のような猫は扱いにくいかもしれません。 しかし、その気難しいお嬢様が気を許してくれた瞬間、飼い主はターキッシュ・アンゴラの虜になってしまうでしょう。 優雅で気高く、スタイリッシュな体型の美しいターキッシュ・アンゴラは、人々を魅了させる猫です。 大きさ くさび型の頭部に付け根の広い大きな耳はとがっていて、少しつり上がったアーモンド形の丸い目をしています。 筋肉質で中型のフォーリンタイプでしっぽは長くふさふさとしており、幅の狭い胸元は飾り毛に囲まれています。 被毛は素晴らしい手触りの長毛のシングルコートです。 目の色は多様で、青、緑、琥珀、オッドアイなどが存在し、すべてが認められています。 体重 2. 5~5㎏ 毛色の種類 白い毛色が有名ですが、あらゆる毛色が認められています。 ほとんどの被毛がオーバーコート(上毛)で、アンダーコート(下毛)が少ないシングルコート。 とても柔らかく、絹のようにしなやかに輝き心地よい手触りです。 迎え入れ方、価格相場 愛猫の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護猫などさまざまな方法があります。 例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。 またスキンシップが好きな人にもおすすめです。 ポイント(2)誤食につながるような細かいものは片付けて 猫の健康のためにも、屋内飼育がおすすめです。 猫は基本的に夜行性の動物なので、日中は寝て過ごすことが多いため、安心して寝られるスペースを用意してあげましょう。 また、猫は上下運動を好むので、猫タワーを設置したり、上っても大丈夫な場所を部屋に作ってあげたりするといいですね。 留守番させるときは、入って欲しくない場所には行けないよう制限し、誤食につながるような細かいものなどは片付けておきましょう。 ポイント(3)年齢と目的に応じたフードを与えて 主食には、フードと水のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養食を与えましょう。 一般食は、栄養バランスよりも食いつきを重視しているため、主食には不向きです。 フードのパッケージの裏に 総合栄養食と記載されているものを選んで。 猫は、成長や年齢ごとに必要とされる各栄養素の量が異なります。 「子猫用」「成猫用」「シニア猫用」「体重管理用」など、 年齢と目的に応じたフードを与えましょう。 また、猫はもともと飲水量が少なくても生きていける体の構造ですが、そのぶん、結石症や腎臓病にかかりやすいので、なるべく水分を摂らせるよう注意しましょう。 ポイント(4)1日に5~10分以上は遊んであげて 人とのコミュニケーションは大好き。 お気に入りのおもちゃを使うなどして、 1日に最低でも5~10分以上は集中して遊んであげましょう。 また、猫は高いところに上る習性があり、屋内という限られた空間でも、立体的な上下運動をさせるようにして。 猫ができるだけ自由に活動できるよう、猫タワーを置く、タンスや棚をうまく配置して高いところに行けるなどの工夫を。 ポイント(5)こまめなブラッシングが大切 ターキッシュ・アンゴラのような長毛猫には、定期的なお手入れが欠かせません。 月に2回程度のペースでシャンプーをすることをおすすめしますが、多くの猫は水に濡れることを嫌います。 きれいな被毛を保つためにシャンプーは必要ですが、無理やりシャンプーをしてしまうと、飼い主さんとの信頼関係にひびが入ってしまう可能性もあるため、少しずつ水に慣らしていくことから始めましょう。 まとめ 1600年代初期、自然繁殖によってトルコに自生していたターキッシュ・アンゴラを、トルコの行商人が「アンカラ・キャット」という名前でフランスに運びました。 それがヨーロッパの上流階級の間で話題になり、珍重されるようになります。 その頃は「アンカラ猫」というトルコの首都の名前が付けられていました。 その後、「アンカラ・キャット」は、フランスからイギリスへ渡ったことで「ターキッシュ・アンゴラ」と名前を変え、一般の人々にも愛されるようになります。 イギリスでは、長毛猫の王様といわれる「ペルシャン」の繁殖に取り入られ、純粋なターキッシュ・アンゴラが減少する事態が起きます。 その頃のヨーロッパでは、ペルシャンは「アンゴラ猫」と呼ばれており、上流階級の人々に「最高の愛玩動物」として広まっていました。 さらに、その頃勃発した第2次世界大戦により、ペットの飼育は後回しにされたため、ターキッシュ・アンゴラは絶滅の危機に直面します。 しかし、1960年代になると、トルコの首都アンカラの動物園に保護飼育されていた、つがいのターキッシュ・アンゴラを、アメリカのブリーダー「リーザ・グリード」がアメリカに運び、「オリジナル血種繁殖計画」を実行に移します。 ターキッシュ・アンゴラの純血種を守ろうとしたのは、アメリカ人でした。 1973年になるとトルコ原産のターキッシュ・アンゴラに繋がる血統を持つ猫に限って、CFA(THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC. )で公認されるようになりました。 ターキッシュ・アンゴラに関する記事 監修 高野八重子先生 CFAオールブリード国際審査員。 サンフラワーキャットクラブセクレタリー、 ヤマザキ動物専門学校において「ネコ学・審査とグルーミング」の講義を担当。 著書に「猫の教科書」(緑書房 高野賢治氏との共著)、「猫の手入れがわかる本」(誠文堂新光社)などがある。

次の

ターキッシュアンゴラの価格帯はどれぐらい?購入先はどこ?|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

ターキッシュアンゴラ

ターキッシュアンゴラ(アンカラ猫) ターキッシュアンゴラ(アンカラ猫)は大変に愛情深い、エレガントな猫です。 現在では 非常に希少で、トルコでは国宝と呼ばれるほど。 美しい見た目と飼いやすさから日本でも人気があります。 ・原産国:トルコ ・公認団体:CFA、FIFe、WCF、TICA ・毛種:長毛種・シングルコート ・毛色:白・黒・青・赤・クリームなどのソリッド、キャリコ、バイカラー、タビーなど ・目の色:青、緑、アンバー、グリーンゴールド、オッドアイ ・体の大きさ:ミディアムサイズ、2. 5kg~5kg ・寿命:13年~18年 ターキッシュアンゴラの歴史 ターキッシュアンゴラは、 大変歴史の古い猫種の一つです。 現在のトルコの首都アンカラの近くの山岳地帯から出てきた猫で、アンゴラという名は昔のアンカラの呼び方に由来しています。 厳しい冬の寒さに適応するために、長くしなやかで美しい被毛を手に入れたのでしょう。 一説によると、ターキッシュアンゴラの祖先は、タタール人によって飼いならされたマヌルネコだといわれています。 ヨーロッパでは1620-1625年の間に、フランス人がこのエレガントな猫に魅了され、母国に持って帰って繁殖させ、広まっていきました。 中世では マリー・アントワネットにも愛された猫といわれています。 17世紀にはイタリアでもターキッシュアンゴラの協会が作られ、現在でも活動が続いています。 しかし1900年代初期には、ターキッシュアンゴラはペルシャの繁殖プログラムで無差別に使用され、別の品種となって事実上姿を消しました。 長年、長髪の猫はすべて「アンゴラ」と呼ばれていたのです。 そこで、トルコ政府はアンカラ動物園と協力して、ブルーとアンバーの目を持つ純白のアンゴラ猫を保護するための飼育プログラムを開始しました。 また、1962年にはアメリカの軍人がターキッシュアンゴラの雄雌を持ち帰り、繁殖させながら増やしていきました。 現在でも、ヨーロッパやアメリカではこのターキッシュアンゴラの繁殖を続けています。 現在では 猫血統登録団体に猫種として公認され、純粋なターキッシュアンゴラ猫が絶滅しないよう、コントロールされています。 ターキッシュアンゴラの特徴 ターキッシュアンゴラは、 シルクのような艶のある白く細い毛並みで、シングルコートです。 尾の被毛は長めです。 細く長い毛が一旦絡んでしまうと、ブラッシングしてもなかなか解けないので、ブラッシングは細めに行う必要があります。 1週間に1〜2回、細かい歯の櫛やスリッカーブラシでコーミングするのがおすすめです。 ターキッシュアンゴラといえばホワイトというイメージがありますが、 最近では色付きも人気。 レッド、クリーム、ブラック、ブルー、シルバー、べっ甲、キャリコ、ダビーなど、さまざまな色とパターンが公認されています。 目はアーモンド型で丸いのが特徴。 目は、一般的にブルーですが、グリーンや左右の色が違うオッドアイなど、 あらゆる色が認められています。 頭はくさび型で中型、鼻は長めです。 耳は左右の間隔が狭く、頭上に耳が付いているような感じで、三角にピンっと立っていてエレガントな印象を受けます。 身体は筋肉質で、2. 5㎏~5㎏くらいの中型猫です。 ターキッシュアンゴラの性格 自由気ままな性格で、束縛されることを特に嫌がります。 遊ぶことも大好きで、高いところに上ったり、紐にぶら下がったり、細いところを歩き回ったりと、とにかく色々なことに興味を持つ猫。 行動派で好奇心が強い猫なので、運動が出来る環境を整えてあげることが大切です。 人間にもすぐに慣れて、気を許した人間と遊ぶのを好みます。 フレンドリーで社交的な性格で、遊び心と愛情深さもあるので、家族の良き仲間になってくれるでしょう。 ターキッシュアンゴラは日本でも手に入る?価格は? ターキッシュアンゴラは原産地である トルコでも大切に守られている希少種なので、日本ではなかなか手に入れにくいのが現状です。 一般的なペットショップなどではあまり見かけないので、ブリーダー・キャッテリーから購入するのがいいでしょう。 数は少ないですが、ターキッシュアンゴラ専門のブリーダーやキャッテリーもいるようです。 価格は 30万円~が相場です。 そもそも希少なために保護されることも少なく、里親募集の情報もほとんどありません。 どうしても見つからなければ輸入するという選択肢もありますが、費用負担が増えることと、取引トラブルのリスクがある点には留意しましょう。 山岳地帯に生存し、古い歴史を持つ種です。 中世には既に名が知られていました。 絶滅危機にあったヴァン猫は、現在はヴァン猫研究センターの下でコントロールされ、数も増えているようです。 貴重な猫で 現在トルコからの持ち出しは禁止になっています。 ヴァン猫のなかにはターキッシュヴァンという種類もありますが、こちらは混ざってできたもので、純粋なヴァン猫とは区別されます。 ターキッシュヴァンは身体も真っ白ではなく、頭上と尾に色が付きます。 こちらも珍しい種類です。 ヴァン猫の特徴 白を基調とした体色はターキッシュアンゴラと似ていますが、ヴァン猫は子猫の時に、頭上(耳の傍)に 1つか2つ黒い斑点が見られます。 この斑点は生後1~2か月後には自然に消えます。 目の色は左右違うオッドアイか、青色または琥珀色です。 細い絹のような毛並みを持ち、ライオンのように堂々と歩く姿は、見るものに華麗な印象を与えます。 3㎏~4㎏くらいの中型猫です。 ヴァン猫とアンゴラ猫は大変よく似ていますが、よく観察すると違いがわかります。 顔の形は、ヴァン猫は丸く、アンゴラ猫はくさび型で耳がやや中央についています。 目は両方共にアーモンド形ですが、アンゴラ猫のほうが丸みを帯びています。 毛並みはヴァン猫のほうがアンゴラ猫より短いです。 ヴァン猫の性格 ヴァン猫は、 猫には珍しく水遊びが大好きで、泳ぎも得意です。 頭も良く、何か教えると取得能力も高いといわれています。 狩りも得意で、好奇心が旺盛。 人が好きな猫で、表現力も豊かで、嫉妬心も強いです。 街中やレストランなど至るところで可愛らしい猫たちと触れ合うことができます。 イスタンブールで、歩道の段差に肘を掛けるふてぶてしい姿で話題になった猫「トンベリ」が亡くなったときには銅像が建てられたほど、トルコでは猫が愛されているのです。 最近では、 猫目当てでトルコを訪れる方も増えています。 猫好きにはたまらないトルコに旅行するなら、安全・安心なツアープランをご提供する、ターキッシュエア&トラベルにぜひご相談ください。

次の

トルコ原産の珍しい猫!?ターキッシュアンゴラを徹底解説!

ターキッシュアンゴラ

のターキッシュアンゴラ 被毛は繊細で、のように光沢があり、非常に柔らかく手触りが良いシングルコート。 アンダーコートはない。 頭部は緩やかな曲線のV字型。 目はつり目がちでアーモンド型。 目色は、ブルー、アンバー、グリーンゴールド、グリーン、がある。 耳は付け根が幅広く、両耳の付け根の間隔は狭く、頭部の高い位置に立った耳の先は尖っていて飾り毛がある。 横顔は鼻から目の上までラインと、目の上から頭頂部までのラインから成る。 ボディはバランスの取れた優美で繊細な骨格に、無駄のないしなやかな筋肉。 首は細長く、ボディも細く長いが猫(サイアミーズ)やオリエンタルのようなチューブ状ではなく、胴の中央が卵を細長くした様にオーバル型。 胸幅は狭く、前足より後ろ足がやや長く腰高。 コート(被毛)やボディの完成には3年程を要する。 オスはメスより大きく成長する。 鳴き声の音色は高い。 囁く様な鈴声からカン高い声まで個体により様々。 歴史 [ ] から進化した小型のが、により飼いならされたと推測されている。 純粋な原種は、の歴史には16世紀まで遡って記載があり、1900年代初期、猫の繁殖プログラムに取り入れられ、国外で ターキッシュアンゴラは姿を消した。 その後、長毛のが単に「アンゴラ」と呼ばれた時代が長く続く。 1950年代にの動物園で保存飼育されていた ターキッシュアンゴラがアメリカ軍人により渡米、1968年にアメリカの愛猫家の血統登録団体 に登録され繁殖が続き現在に至る。 「 最も古くから存在するネコの一種。 トルコで発生し、16世紀にヨーロッパへ、1950年代にアメリカへ持ち込まれた。 初期の ターキッシュアンゴラは中毛の白いであったと伝えられているが、数の減少を受けペルシャとの交配が行われた。 結果、頭数を安定させることには成功したものの、ターキッシュアンゴラ独特のスリムな体形が損なわれたため、現代ではシャムなどのフォーリンタイプのネコとの交配によってオリエンタルな雰囲気の漂う本来の体形を取り戻す為の活動が行われている」。 では猫やオリエンタルとの交雑を示す毛色(ラベンダー、チョコレート)や柄(ポインテッド)の猫は登録できない ことで示される通り、自然派生種であることを尊重し、のを元に他の猫種を入れずに繁殖されてきた。 猫、オリエンタルを始め、他の猫種を祖先に持つ猫は ターキッシュアンゴラとしては承認されない。 でもポインテッドパターン、カラーではチョコレート、ライラック、シナモン、フォーンは除外されている。 も同様にポインテッドパターン、カラーではチョコレート、ライラック、シナモン、フォーンは除外されている。 では全てのカラーとパターンを認めている。 当初はホワイトのみが に登録されていたが、現在は多様なカラーとパターン(ラベンダー、チョコレート、ポインテッドを除く)の ターキッシュアンゴラが作出され登録されている。 ターキッシュアンゴラとは、どちらもを発祥地とするが、気質、外観の特徴ともに大きく異なる。 これらの猫種を維持してきたブリーダーらの努力による長年の改良の結果、その差分は著しい進化を遂げた。 アメリカでは ターキッシュアンゴラ、または略称としてターキッシュ、ターキーと呼ぶ。 性格 [ ] 自由奔放で陽気、気ままで束縛を嫌う。 愛情深く遊び好きで活発。 ヒトにすり寄って甘え、肩に乗ることを好む。 飼育 [ ] 非常に繊細な毛質だが、アンダーコートのないシングルコートは、もつれにくく手入れはしやすい。 しかし非常に柔らかい毛質なので毛玉ができることもある。 毎日丁寧にコーミングして抜け毛を取り除く必要がある。 エレガントな外見に反して運動能力は高く、敏捷で高いところに登ることを好む。 成猫になると落ち着いてくるが、じゅうぶんに運動できる環境が望ましい。 ギャラリー [ ]•

次の