いんす た 検索。 弁理士ナビ

楽天ウェブ検索

いんす た 検索

検索(けんさく、: search)とは、データの集合の中から目的のデータを探し出すことである。 また、目的のデータが存在しないことの確認行為も含まれる。 古くは図書館の所蔵物を探し出したり、辞書の項目を引いたりといった人手で行うのが主だったが、コンピューターの発達により、テキスト文字列の検索(、)、画像データの検索()、音声データの検索()など、大規模かつマルチメディアの情報に関する検索技術が発展した。 さらにの発展との普及に伴い、分散保管されているデータに対する検索技術が研究されている。 ファイルの内容に対してを行う機能も検索と呼ばれる。 また、要人警護など高レベルの警備が求められる場所において、警察犬や潜水士などを動員して不審物の有無を確認する作業を検索と呼ぶ事がある。 歴史 [ ] 日本ではコンピュータ技術の発達により1970年代に「システム」が始まり、言葉としての「検索」は次第に広く使われ始めた。 英語の文化圏では言葉としての「検索」は犬のに見るように「探しだす」を意味する「 retrieval」や「 retrieve」として古くから使われている。 日本語における言葉「検索」の意味合いと使用例において大まかに次の様な変遷が見られる。 主に日本語。 意味合い [ ]• (1998年11月改訂)第5版までは、「検索」の意味として単に「調べさがすこと」、用例として「索引で語を検索する」と書かれている。 このころまでは、一冊または複数冊の本の中に記述される事柄を探すことが、言葉としての「検索」の主な使われ方であった。 一般的な言葉として馴染まれ使われていたのは、「検索」より、むしろ単に「見つける」、「探す」、「探索」といった言葉であった。 検索した結果、目的とする言葉が見つからなければ、他の本を手にとって調べてみることになる。 このことはコンピュータによるが行える現代においても、図書館や本屋において誰しも試みることである。 一方、図書館では蔵書に対して「目録カード」や「カード目録」などと呼ぶ大から大程度のカードから所要の本を探し出したが、このような検索はと呼ばれ、現在でもコンピュータなどによる情報検索と併用されている。 広辞苑第6版(2008年1月改訂)では、「検索」の意味として「データの中から、必要な事項をさがし出すこと」とし、コンピューターの中のデータや、紙やに記録されたデータの中から探し出す、現在の検索への意味合いへと変化が見られる。 用例は変わっていない。 (なお、広辞苑5版から6版が出るまでの10年間にも、別の出版社から毎年刊行されている「」には「」などの用語の解説はあった。 ただし、「検索」という言葉そのものの解説はない。 ) 英語 [ ] 「検索」という言葉の意味を日本語と英語で比較すると、「」に対応する英語は「 information retrieval」であり、「検索」は「retrieval」である。 retrieval( )の形は retrieve であるが、意味合いとしては、 英語の retrieve には日本語の「検索」の持つ「特定の情報の集合から(広辞苑の定義における『データの中から』)探し出す」ということは必ずしも含まれない。 日本語の検索が現代のカードやコンピュータなどにより探し出す事に限定した意味合いへと変化していることがわかる。 [ ] 使用例 [ ] 日本 [ ]• 日本語を対象としたコンピュータの文書やに終始する中での言葉や句の検索は、「検索」の機能を備えた1978年9月にが発表した世界初の日本語ワードプロセッサに始まり、その後などのワードプロセッサや1983年のの元となる用日本語ワープロソフト「JS-WORD」などが開発され市場に出されたことより、コンピュータを使った「検索」とはどのような意味か、どのように速くて便利なものかをコンピュータのの立場で体感できることとなる。 1983年には米国で作られたを日本でも一部の者が使い始めたが、これにも表内の検索やLotus 1-2-3独自のによる検索の機能を備えていた。 1989年にはを用いて遠隔地からの情報を探し出す「」の検索サービスが開始された。 これは新聞・雑誌記事、企業情報、特許、科学技術、図書、人物プロファイルなど、さまざまな分野の情報を扱ってきた。 これは膨大なデータや情報を「検索」によって見つけられることを示した日本での実例の始まりであった。 その後、の通信技術向上による速度向上とサービスの多様化によってパソコン通信による「G-Search」の検索は2005年9月にサービスを終え、インターネットを介したものとなっている。 その手法は欧米でも2010年以降として生かされている。 2019年4月29日、警視庁は天皇陛下退位の前に皇居周辺を一斉検索したと、各メディアが報じた。 情報検索 [ ] 詳細は「」および「」を参照 情報検索 : information retrieval は、広義には、あらかじめ蓄積されている情報の中から必要な情報を探し出すことを指し 、しばしば検索と略される。 情報科学においては、文書(あるいは画像や音声)集合の中からユーザーの要求にもっともよく適合する文書を取り出すシステムのことを 情報検索システムと呼ぶ。 情報検索システムにおいては、本来形式化されていないユーザーの要求をコンピュータで取り扱えるようにするために検索モデルが設定される。 たとえば、は、文書にを与えて、問い合わせとして与えられたキーワード集合と索引の重複の度合いから目的の文書を探し出す検索モデルであり、 は、問い合わせとして与えられた文字列やパターンに完全に一致する部分を文書集合から探し出す検索モデルである。 文字列探索と全文検索 [ ] 詳細は「」を参照 情報科学における探索 : search とは、いくつもの候補を列挙し、それぞれをひとつずつ評価していくことによって、最適解を得る手法を指す。 探索に用いられるとは、問題の性質や構造によって異なる。 たとえば、やの探索に用いられる、 ランダムアクセスが可能なデータ構造が使える状況でソート済みの入力に対して用いられる、 よいハッシュ関数が作れる場合に用いられるなどがある。 脚注 [ ]• Charles T. Meadow 1967年. 2008年11月19日閲覧。 Charles T. Meadow IBM社 ; 渡辺茂監, 高地高司・笹森勝之助訳 1970年. 日本経営出版会. 357p. 2008年11月19日閲覧。 図書館機構• 駒場図書館• 、pp. 3-7。 参考文献 [ ]• 北研二、津田和彦、獅々堀正幹『情報検索アルゴリズム』共立出版、2002年。 『情報検索の基礎』情報科学技術協会 編集、日外アソシエーツ、1995年。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

弁理士ナビ

いんす た 検索

関連記事• その他の検索エンジン(日本)• MSN MSNは、 1995年からMicrosoftが運営するポータルサイトです。 ニュース、天気、マネー、スポーツ、ライフスタイル、自動車、動画など最新情報の提供から、Bing検索、メールの Outlook. com(旧 hotmail)など便利なサービスと連携するポータルサイトです。 Excite Exciteは、 話題のニュースや人気ブログ、翻訳や辞書、友達探し・婚活のサービス、格安プロバイダなどを展開する便利で安心のポータルサイトです。 芸能や音楽、料理や育児の情報も幅広く発信しています。 Infoseek楽天 Infoseek楽天は、 天気、検索、翻訳、ニュース、SocialNews、女性向けの楽天WOMANを展開するポータルサイトです。 BINGOやラッキーくじなど、楽天スーパーポイントが獲得出来るお小遣いコンテンツも充実。 livedoor livedoorは、 LINE株式会社が運営するポータルサイトです。 速報性に加え独自の切り口を誇る「ライブドアニュース」、日本最大のブログサービス「ライブドアブログ」ほか、厳選した情報をお届けします。 goo gooは、 NTTレゾナントが運営する安心・安全のポータルサイトです。 使えば使うほど、あなたの興味・関心、趣味・嗜好を学習し、限られた時間で効率よく「あなた専用」のポータルサイトとして必要な情報を収集することができます。 Fresh eye Fresh eyeは、 株式会社スカラコミュニケーションズが運営するポータルサイトです。 OCN OCNは、 NTTコミュニケーションズ株式会社が運営するのポータルサイトです。 検索やニュースなど通常機能に加え、会員コンテンツやインターネットプロバイダー「OCN」に関するサポート検索を備えている。 Biglobe Biglobeは、 ビッグローブ株式会社が運営するポータルサイトです。 検索やニュースなど通常機能に加え、会員コンテンツやBIGLOBEが提供するインターネット接続サービスに関するコンテンツも備えている。 Nifty Niftyは、 ニフティ株式会社が運営するポータルサイトです。 検索やニュースなど通常機能に加え、会員コンテンツやニフティが提供するインターネット接続サービスに関するコンテンツも備えている。 All About All About(オールアバウト)は、 生活総合情報サイトです。 その道のプロ(専門家)が、日常生活をより豊かに快適にするノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで、多彩なコンテンツを発信。 その他の検索エンジン(海外)• Baidu(百度) Baidu(百度)は、 中国で最も利用されてる検索エンジンで国内シェア率約80%を占めてます。 Googleが約2%であり、中国国内では圧倒的なシェア率であることがわかります。 バイドゥ株式会社が運営するポータルサイトで、人々に最も平等かつ便利な情報をオンラインで提供することをミッションとしてます。 Naver Naverは、 LINE株式会社が運営する韓国発祥のポータルサイトで、韓国国内ではGoogleに次いで25%のシェア率を誇る有名な検索エンジンである。 このポータルサイトを機に、2009年から日本でキュレーションプラットフォーム「Naverまとめ」サイトとして、展開されてる。 YANDEX YANDEXは、 Yandex社が運営するYANDEX検索システムです。 特にロシア国内では、ロシア語バージョンの検索エンジン(yandex. ru)が約45%のシェア率を誇り、Googleと1位、2位を争うほどの有名な検索エンジンです。 その他、トルコやウクライナなど世界的な地元に関連する検索と情報サービスを提供。 CocCoc CocCocは、 ベトナム企業「CocCoc」が運営するウェブブラウザです。 ベトナム国内では約4%のシェア率を誇り、圧倒的な差は否めないがGoogleに次ぐ検索エンジンシェアです。 近年ウェブブラウザのユーザー数が増え、検索エンジンのシェアも比例して伸びてることが考えられる。 DuckDuckGo DuckDuckGoは、 本社がアメリカにあるDuckDuckGo,Inc. (通称「DDG」)が運営する個人情報を収集しないプライバシーを重視した新たな志向の検索エンジンです。 GoogleやFacebookなどの大手による度重なる個人情報の流出により、今利用者が増加傾向で最も注目されてる検索エンジンの1つとなります。 まとめ.

次の

検索

いんす た 検索

関連記事• その他の検索エンジン(日本)• MSN MSNは、 1995年からMicrosoftが運営するポータルサイトです。 ニュース、天気、マネー、スポーツ、ライフスタイル、自動車、動画など最新情報の提供から、Bing検索、メールの Outlook. com(旧 hotmail)など便利なサービスと連携するポータルサイトです。 Excite Exciteは、 話題のニュースや人気ブログ、翻訳や辞書、友達探し・婚活のサービス、格安プロバイダなどを展開する便利で安心のポータルサイトです。 芸能や音楽、料理や育児の情報も幅広く発信しています。 Infoseek楽天 Infoseek楽天は、 天気、検索、翻訳、ニュース、SocialNews、女性向けの楽天WOMANを展開するポータルサイトです。 BINGOやラッキーくじなど、楽天スーパーポイントが獲得出来るお小遣いコンテンツも充実。 livedoor livedoorは、 LINE株式会社が運営するポータルサイトです。 速報性に加え独自の切り口を誇る「ライブドアニュース」、日本最大のブログサービス「ライブドアブログ」ほか、厳選した情報をお届けします。 goo gooは、 NTTレゾナントが運営する安心・安全のポータルサイトです。 使えば使うほど、あなたの興味・関心、趣味・嗜好を学習し、限られた時間で効率よく「あなた専用」のポータルサイトとして必要な情報を収集することができます。 Fresh eye Fresh eyeは、 株式会社スカラコミュニケーションズが運営するポータルサイトです。 OCN OCNは、 NTTコミュニケーションズ株式会社が運営するのポータルサイトです。 検索やニュースなど通常機能に加え、会員コンテンツやインターネットプロバイダー「OCN」に関するサポート検索を備えている。 Biglobe Biglobeは、 ビッグローブ株式会社が運営するポータルサイトです。 検索やニュースなど通常機能に加え、会員コンテンツやBIGLOBEが提供するインターネット接続サービスに関するコンテンツも備えている。 Nifty Niftyは、 ニフティ株式会社が運営するポータルサイトです。 検索やニュースなど通常機能に加え、会員コンテンツやニフティが提供するインターネット接続サービスに関するコンテンツも備えている。 All About All About(オールアバウト)は、 生活総合情報サイトです。 その道のプロ(専門家)が、日常生活をより豊かに快適にするノウハウから業界の最新動向、読み物コラムまで、多彩なコンテンツを発信。 その他の検索エンジン(海外)• Baidu(百度) Baidu(百度)は、 中国で最も利用されてる検索エンジンで国内シェア率約80%を占めてます。 Googleが約2%であり、中国国内では圧倒的なシェア率であることがわかります。 バイドゥ株式会社が運営するポータルサイトで、人々に最も平等かつ便利な情報をオンラインで提供することをミッションとしてます。 Naver Naverは、 LINE株式会社が運営する韓国発祥のポータルサイトで、韓国国内ではGoogleに次いで25%のシェア率を誇る有名な検索エンジンである。 このポータルサイトを機に、2009年から日本でキュレーションプラットフォーム「Naverまとめ」サイトとして、展開されてる。 YANDEX YANDEXは、 Yandex社が運営するYANDEX検索システムです。 特にロシア国内では、ロシア語バージョンの検索エンジン(yandex. ru)が約45%のシェア率を誇り、Googleと1位、2位を争うほどの有名な検索エンジンです。 その他、トルコやウクライナなど世界的な地元に関連する検索と情報サービスを提供。 CocCoc CocCocは、 ベトナム企業「CocCoc」が運営するウェブブラウザです。 ベトナム国内では約4%のシェア率を誇り、圧倒的な差は否めないがGoogleに次ぐ検索エンジンシェアです。 近年ウェブブラウザのユーザー数が増え、検索エンジンのシェアも比例して伸びてることが考えられる。 DuckDuckGo DuckDuckGoは、 本社がアメリカにあるDuckDuckGo,Inc. (通称「DDG」)が運営する個人情報を収集しないプライバシーを重視した新たな志向の検索エンジンです。 GoogleやFacebookなどの大手による度重なる個人情報の流出により、今利用者が増加傾向で最も注目されてる検索エンジンの1つとなります。 まとめ.

次の