東松山 コロナ 死亡。 パンデミック認定の新型コロナ、死亡リスクは男性の方が高い?

埼玉)台風19号、2人死亡17人負傷 浸水1千戸超:朝日新聞デジタル

東松山 コロナ 死亡

何をもって新型コロナは「終息した」と言えるのか。 過去のパンデミックの場合は(写真:issei Kato/ロイター) 新型コロナウイルスのパンデミックは、いつ、どのようにして終わるのだろうか。 歴史学者によると、パンデミックの終わり方には2通りあるという。 1つは医学的な終息で、罹患率と死亡率が大きく減少して終わる。 もう1つは社会的な終息で、病気に対する恐怖心が薄れてきて終わる。 「感染症の終息はとても混沌としている」 「『いつ終わるんだろう』と人々が言う場合、それは社会的な終息を指している」と、ジョンズ・ホプキンス大学の医学史学者、ジェレミー・グリーンは言う。 つまり、病気を抑え込むことによって終わりが訪れるのではなく、人々がパニック状態に疲れて、病気とともに生きるようになることによっても、パンデミックは終わるということだ。 ハーバード大学の歴史学者、アラン・ブラントは、新型コロナウイルスでも同様のことが起こっているという。 「経済再開の議論を見る中で、いわゆる『終わり』は医学的なデータによって決まるのではなく、社会政治的なプロセスによって決まるのではないかと、多くの人が思っている」。 エクセター大学の歴史学者、ドラ・バーガは言う。 「(感染症の終息は)とても混沌としている。 過去の例でも、終息の理由がなかなか明確には説明できない。 流行の終息は誰のためなのか、誰が終わりを宣言できるのか、なかなか見えてこない」。 2014年、アイルランド王立外科学院のスーザン・マリーは、アイルランド農村部の病院のフェローだったときに、その状況を目の当たりにした。 その頃までに、西アフリカでは1万1000人以上がエボラ出血熱で死亡していた。 エボラ出血熱は感染力が強く、致死率も高いおそろしい病気だ。 流行は収まりつつあり、アイルランドで患者は確認されていなかった。 しかし、人々の恐怖は明らかだった。 「街中でも病院でも、みな不安に駆られていた」と、マリーは近ごろ『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に発表した論文で述べた。 「肌の色がそういう色であるだけで、バスや電車のほかの乗客から、怪しまれるような視線を向けられた。 咳を1度でもしようものなら、周りから人が遠ざかっていった」。 アイルランドで恐怖だけが続く中、WHO(世界保健機関)はエボラ出血熱の流行は終わったと宣言した。

次の

埼玉)台風19号、2人死亡17人負傷 浸水1千戸超:朝日新聞デジタル

東松山 コロナ 死亡

県などが同日までに確認した陽性者は428人(チャーター便帰国者含む、さいたま、川口市含まず)で、52人が既に回復し退院している。 死亡した男性について、県は居住地や感染経路などを「遺族の同意が得られていない」として公表していない。 また今後、集団感染が発生した施設などで死者が出た場合にも公表しないとしている。 既に集団感染が発生している所沢市の明生病院では13日、医療従事者ではない所沢市在住の委託職員の50代女性の感染が判明した。 同病院での感染者は17人目。 所沢市ではほかに20~50代の会社員男性3人が感染し、同市の感染者数はさいたま市に次ぐ多さの60人となった。 現在、自宅で療養して入院を待つ感染者は208人。 県は14日以降、軽症の入院患者からさいたま市のアパホテルに移す予定だが、具体的な日時や人数は明らかにしていない。 同日には県外の福祉施設に勤める春日部市の20代女性、狭山市の外国籍の50代会社員男性らの感染が判明した。 12日までに、県は明生病院から3月31日に90代男性患者を受け入れた後に院内感染が発生した所沢ロイヤル病院で4人が、所沢市内で障害者向けの福祉サービスを提供する皆成会で10人の感染が確認されたとして、集団感染が発生しているとみている。 また、これまでに感染確認された鶴ケ島市の20代男性、三郷市の20代女性が勤務していた歯科医院では12日に新たに30代歯科医師の男性も感染した。 12日に県などが発表した感染者は40人だった。 川口市によると、新たに感染が確認されたのは50代の市保健所職員男女2人と保育園児の女児の3人。 さいたま市によると、感染が判明したのは市内の50代の男性2人。 いずれも症状は落ち着いており、感染経路は調査中。

次の

埼玉で新型コロナウイルス(新型肺炎)受入病院はどこ?診察前の注意点も!

東松山 コロナ 死亡

何をもって新型コロナは「終息した」と言えるのか。 過去のパンデミックの場合は(写真:issei Kato/ロイター) 新型コロナウイルスのパンデミックは、いつ、どのようにして終わるのだろうか。 歴史学者によると、パンデミックの終わり方には2通りあるという。 1つは医学的な終息で、罹患率と死亡率が大きく減少して終わる。 もう1つは社会的な終息で、病気に対する恐怖心が薄れてきて終わる。 「感染症の終息はとても混沌としている」 「『いつ終わるんだろう』と人々が言う場合、それは社会的な終息を指している」と、ジョンズ・ホプキンス大学の医学史学者、ジェレミー・グリーンは言う。 つまり、病気を抑え込むことによって終わりが訪れるのではなく、人々がパニック状態に疲れて、病気とともに生きるようになることによっても、パンデミックは終わるということだ。 ハーバード大学の歴史学者、アラン・ブラントは、新型コロナウイルスでも同様のことが起こっているという。 「経済再開の議論を見る中で、いわゆる『終わり』は医学的なデータによって決まるのではなく、社会政治的なプロセスによって決まるのではないかと、多くの人が思っている」。 エクセター大学の歴史学者、ドラ・バーガは言う。 「(感染症の終息は)とても混沌としている。 過去の例でも、終息の理由がなかなか明確には説明できない。 流行の終息は誰のためなのか、誰が終わりを宣言できるのか、なかなか見えてこない」。 2014年、アイルランド王立外科学院のスーザン・マリーは、アイルランド農村部の病院のフェローだったときに、その状況を目の当たりにした。 その頃までに、西アフリカでは1万1000人以上がエボラ出血熱で死亡していた。 エボラ出血熱は感染力が強く、致死率も高いおそろしい病気だ。 流行は収まりつつあり、アイルランドで患者は確認されていなかった。 しかし、人々の恐怖は明らかだった。 「街中でも病院でも、みな不安に駆られていた」と、マリーは近ごろ『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン』誌に発表した論文で述べた。 「肌の色がそういう色であるだけで、バスや電車のほかの乗客から、怪しまれるような視線を向けられた。 咳を1度でもしようものなら、周りから人が遠ざかっていった」。 アイルランドで恐怖だけが続く中、WHO(世界保健機関)はエボラ出血熱の流行は終わったと宣言した。

次の