達人 類語。 「達人」に関連した英語例文の一覧と使い方

達人(たつじん)の類語・言い換え

達人 類語

そうすると、ときには 「1色ずつ見ると綺麗なのに、組み合わせるとイメージと違う」 「試着して買ったはずのスカートが、クローゼットの中の服と相性があまりよくない」 ・・・など、カラーコーディネートの「困った!」体験をしたことはありませんか? 色には、相性のいい組み合わせとそうではないものがあります。 センスがいい人、素敵な感覚を持った人は、色のコーディネートが上手なのです。 色使いのセンスを上げるには、 色の持つ心理的メッセージや、色の分類方法、表しを学ぶことが大切です。 これらを身に付ければ、色を上手に組み合わせ、思い通りに使いこなせます。 今回は、誰が見ても「素敵な色選び!」と思われるような、配色方法をお教えします。 色の分類方法には様々な種類がありますが、大別すると、 色名で分類するものと、色を数値や記号で表して体系化した 表色系があります。 たとえば、ひとくちに「ピンク」といっても、さまざまなピンク色がありますよね。 色名で分類すると「ローズピンク」「サーモンピンク」「オーキッドピンク」「コーラルピンク」などで表されます。 また、表色系は色の住所録のようなもので、それぞれのピンク色には各々に当てはまる記号や数値があります。 色を大きく分類すると、 パープルやオレンジなど、彩のある「有彩色」と、 白・黒・グレーという彩のない「無彩色」とに分けられます。 有彩色には以下のように、色相・明度・彩度の3つの要素があります。 色相・・・色みや色合い 明度・・・明るさの度合い 彩度・・・鮮やかさの度合い 無彩色には色相と彩度はなく、明度のみがあります。 色相 色相は赤や黄色、青といった 色合いの違いをいいます。 たとえば、 1)晴れた日の空のような水色 2)海の色のような青 3)夜空のような紺色 ・・・これらはすべて同じ「あお」の色相です。 色相の中で、似た色同士を隣りにし、虹の配列のように「赤、オレンジ、黄色、みどり、青緑、青、赤紫・・・」と、段階的に色みを変化させて丸く並べたものを、 色相環といいます。 色相環では、 向かい合った色同士の組み合わせを補色といいます。 たとえばオレンジと青、黄緑と紫、といった組み合わせが補色です。 補色の2色は色相差が最も大きく、お互いの色みを引き立たせる色です。 明度 明度とは 色の明るさの度合いです。 白に近い明るい色ほど明度が高く、黒に近い暗い色ほど明度が低くなります。 パステル系のピンク色やクリーム色は明度が高く、ダークな紺やモスグリーンは明度の低い色です。 白・黒・グレーのモノトーンは、明度のみの要素です。 彩度 彩度は 色の鮮やかさの度合いです。 はっきりとしたオレンジ色など、華やかで強さを感じる色ほど彩度が高く、やわらかなベージュなど、ソフトな色落ち着いた色は彩度が低いです。 白、黒、グレーのモノトーンには彩度はありません。 明度と彩度を組み合わせた色の雰囲気をトーン(色調)といいます。 これは、色の印象やイメージを具体的に伝えやすい効果があります。 たとえば、薄いピンクや薄い黄緑色。 これらは、色相は違いますが、明度や彩度が近いので、 「薄い」という共通のイメージを持ちます。 トーンを用いると、 相手に自分のイメージを伝えやすいだけでなく、 つくりたい雰囲気やイメージを、言葉のキーワードから表現しやすいです。 複数の色を統一したイメージで表したいときも、トーンを使うと綺麗にまとまります。 赤、青、黄色・・・色から連想されるイメージを知る 色にはそれぞれ、多くの人に共通して感じられる連想イメージがあります。 連想イメージとは、 感情や抽象的なイメージ、身の回りの具体的なものなどです。 このように色の心理的効果を上手に使うと、相手に伝えたい思いや、見られたいイメージを視覚的に伝えやすくなります。 色を選ぶ際には、なりたいイメージや伝えたい意味を込めるのもオススメです。 上手に色を組み合わせるにはコツがあります。 配色のルールを知ると、イメージが描きやすくなったり、センスよく見せたり、目的に合わせた色使いができます。 まずは代表的な2つの配色方法を紹介します。 類似する色同士をまとめる「まとまり配色」と、対比させてコントラスト感をつくる「メリハリ配色」です。 まとまり配色 似た色同士をまとめる配色です。 色相が近い色、同じ色調(トーン)の色は、なじみがよく、まとまりのよい配色になります。 同一色相配色 同じ色相で、明度や彩度を変化させた配色です。 統一感が出やすく、色のもつメッセージ性を最も伝えやすい配色です。 類似色相配色 似通った色相同士を組み合わせる配色です。 少し変化がありつつ、共通性もある、まとまりのよい配色です。 同一トーン配色 同じトーンでの配色です。 色相が異なっても、共通するキーワードでまとまります。 トーンの持つイメージがそのまま伝わりやすいです。 類似トーン配色 隣り合うトーン同士を組み合わせた配色です。 少し動きが出つつ、まとまる組み合わせです。 イメージを大きく変えずに、変化をつくれます。 メリハリ配色 反対の色相や、色調(トーン)が異なる色同士を組み合わせます。 メリハリのきいた配色効果が得られます。 対象色相配色 色相の差が大きく、異なるイメージの色の配色です。 動きがあり、印象に残りやすい配色がつくれます。 補色色相配色 色相環上で、補色となる2色の配色です。 強い対比効果があり、はっきりとしたコントラストがつくれます。 対象トーン配色 トーン(色調)に大きく変化をつける配色で、明度と彩度が違い、コントラストが生まれます。 対象トーン配色は、以下の3通りの方法があります。 アクセントカラー 「まとまり配色」は統一感をつくれる一方で、ぼんやりと曖昧な印象になってしまうことがあります。 そんなときに投入したいのが、アクセントカラー。 配色をスッキリと見せてくれます。 アクセントカラーは、色相環で元の色の反対にある色を置くと、配色全体が引き締まります。 セパレーション 「メリハリ配色」はコントラストをつくり強い印象を与えます。 しかし、彩度の高い色同士を組み合わせると、見にくくなる場合があります。 そんなときは 中和してくれるセパレートカラーを投入しましょう。 強い配色を引き離し、スッキリと見えやすくする効果があります。 カラーコーディネートの黄金バランス 「色を組み合わせるといっても、どんな色を、どのくらい使えばいいかわからない!」 そんなときにオススメの、カラーコーディネート配分があります。 最もバランスのよいカラーコーディネートの配分は、70:25:5といわれています。 こうすると、視覚的にも心地よい、バランスのとれた配色がつくりやすくなります。 多くの色を組み合わせる際、「バラバラでまとまらない」「調和していない」と感じたら、色の組み合わせだけでなく、 構成色の面積や、配置順にも注目しましょう。 面積比を変えるだけでスッキリとして、見えやすくなるケースもよくあります。 もっとセンスアップ! もっと自分に似合うカラーを取り入れたいと思ったら、まずをしてみましょう。 自分が似合うシーズンカラーが春夏秋冬のどれなのか、すぐにわかります。

次の

「達人」に関連した英語例文の一覧と使い方

達人 類語

そうすると、ときには 「1色ずつ見ると綺麗なのに、組み合わせるとイメージと違う」 「試着して買ったはずのスカートが、クローゼットの中の服と相性があまりよくない」 ・・・など、カラーコーディネートの「困った!」体験をしたことはありませんか? 色には、相性のいい組み合わせとそうではないものがあります。 センスがいい人、素敵な感覚を持った人は、色のコーディネートが上手なのです。 色使いのセンスを上げるには、 色の持つ心理的メッセージや、色の分類方法、表しを学ぶことが大切です。 これらを身に付ければ、色を上手に組み合わせ、思い通りに使いこなせます。 今回は、誰が見ても「素敵な色選び!」と思われるような、配色方法をお教えします。 色の分類方法には様々な種類がありますが、大別すると、 色名で分類するものと、色を数値や記号で表して体系化した 表色系があります。 たとえば、ひとくちに「ピンク」といっても、さまざまなピンク色がありますよね。 色名で分類すると「ローズピンク」「サーモンピンク」「オーキッドピンク」「コーラルピンク」などで表されます。 また、表色系は色の住所録のようなもので、それぞれのピンク色には各々に当てはまる記号や数値があります。 色を大きく分類すると、 パープルやオレンジなど、彩のある「有彩色」と、 白・黒・グレーという彩のない「無彩色」とに分けられます。 有彩色には以下のように、色相・明度・彩度の3つの要素があります。 色相・・・色みや色合い 明度・・・明るさの度合い 彩度・・・鮮やかさの度合い 無彩色には色相と彩度はなく、明度のみがあります。 色相 色相は赤や黄色、青といった 色合いの違いをいいます。 たとえば、 1)晴れた日の空のような水色 2)海の色のような青 3)夜空のような紺色 ・・・これらはすべて同じ「あお」の色相です。 色相の中で、似た色同士を隣りにし、虹の配列のように「赤、オレンジ、黄色、みどり、青緑、青、赤紫・・・」と、段階的に色みを変化させて丸く並べたものを、 色相環といいます。 色相環では、 向かい合った色同士の組み合わせを補色といいます。 たとえばオレンジと青、黄緑と紫、といった組み合わせが補色です。 補色の2色は色相差が最も大きく、お互いの色みを引き立たせる色です。 明度 明度とは 色の明るさの度合いです。 白に近い明るい色ほど明度が高く、黒に近い暗い色ほど明度が低くなります。 パステル系のピンク色やクリーム色は明度が高く、ダークな紺やモスグリーンは明度の低い色です。 白・黒・グレーのモノトーンは、明度のみの要素です。 彩度 彩度は 色の鮮やかさの度合いです。 はっきりとしたオレンジ色など、華やかで強さを感じる色ほど彩度が高く、やわらかなベージュなど、ソフトな色落ち着いた色は彩度が低いです。 白、黒、グレーのモノトーンには彩度はありません。 明度と彩度を組み合わせた色の雰囲気をトーン(色調)といいます。 これは、色の印象やイメージを具体的に伝えやすい効果があります。 たとえば、薄いピンクや薄い黄緑色。 これらは、色相は違いますが、明度や彩度が近いので、 「薄い」という共通のイメージを持ちます。 トーンを用いると、 相手に自分のイメージを伝えやすいだけでなく、 つくりたい雰囲気やイメージを、言葉のキーワードから表現しやすいです。 複数の色を統一したイメージで表したいときも、トーンを使うと綺麗にまとまります。 赤、青、黄色・・・色から連想されるイメージを知る 色にはそれぞれ、多くの人に共通して感じられる連想イメージがあります。 連想イメージとは、 感情や抽象的なイメージ、身の回りの具体的なものなどです。 このように色の心理的効果を上手に使うと、相手に伝えたい思いや、見られたいイメージを視覚的に伝えやすくなります。 色を選ぶ際には、なりたいイメージや伝えたい意味を込めるのもオススメです。 上手に色を組み合わせるにはコツがあります。 配色のルールを知ると、イメージが描きやすくなったり、センスよく見せたり、目的に合わせた色使いができます。 まずは代表的な2つの配色方法を紹介します。 類似する色同士をまとめる「まとまり配色」と、対比させてコントラスト感をつくる「メリハリ配色」です。 まとまり配色 似た色同士をまとめる配色です。 色相が近い色、同じ色調(トーン)の色は、なじみがよく、まとまりのよい配色になります。 同一色相配色 同じ色相で、明度や彩度を変化させた配色です。 統一感が出やすく、色のもつメッセージ性を最も伝えやすい配色です。 類似色相配色 似通った色相同士を組み合わせる配色です。 少し変化がありつつ、共通性もある、まとまりのよい配色です。 同一トーン配色 同じトーンでの配色です。 色相が異なっても、共通するキーワードでまとまります。 トーンの持つイメージがそのまま伝わりやすいです。 類似トーン配色 隣り合うトーン同士を組み合わせた配色です。 少し動きが出つつ、まとまる組み合わせです。 イメージを大きく変えずに、変化をつくれます。 メリハリ配色 反対の色相や、色調(トーン)が異なる色同士を組み合わせます。 メリハリのきいた配色効果が得られます。 対象色相配色 色相の差が大きく、異なるイメージの色の配色です。 動きがあり、印象に残りやすい配色がつくれます。 補色色相配色 色相環上で、補色となる2色の配色です。 強い対比効果があり、はっきりとしたコントラストがつくれます。 対象トーン配色 トーン(色調)に大きく変化をつける配色で、明度と彩度が違い、コントラストが生まれます。 対象トーン配色は、以下の3通りの方法があります。 アクセントカラー 「まとまり配色」は統一感をつくれる一方で、ぼんやりと曖昧な印象になってしまうことがあります。 そんなときに投入したいのが、アクセントカラー。 配色をスッキリと見せてくれます。 アクセントカラーは、色相環で元の色の反対にある色を置くと、配色全体が引き締まります。 セパレーション 「メリハリ配色」はコントラストをつくり強い印象を与えます。 しかし、彩度の高い色同士を組み合わせると、見にくくなる場合があります。 そんなときは 中和してくれるセパレートカラーを投入しましょう。 強い配色を引き離し、スッキリと見えやすくする効果があります。 カラーコーディネートの黄金バランス 「色を組み合わせるといっても、どんな色を、どのくらい使えばいいかわからない!」 そんなときにオススメの、カラーコーディネート配分があります。 最もバランスのよいカラーコーディネートの配分は、70:25:5といわれています。 こうすると、視覚的にも心地よい、バランスのとれた配色がつくりやすくなります。 多くの色を組み合わせる際、「バラバラでまとまらない」「調和していない」と感じたら、色の組み合わせだけでなく、 構成色の面積や、配置順にも注目しましょう。 面積比を変えるだけでスッキリとして、見えやすくなるケースもよくあります。 もっとセンスアップ! もっと自分に似合うカラーを取り入れたいと思ったら、まずをしてみましょう。 自分が似合うシーズンカラーが春夏秋冬のどれなのか、すぐにわかります。

次の

達人(たつじん)の類語・言い換え

達人 類語

「手練れ」の言葉の使い方 「手練れ」という言葉はどのような場面で使えばよいでしょうか。 「手練れ」には 「武芸や技芸などの道に熟達している」という意味がありますから、武芸や技芸をしている場面で使う事が多くなります。 現在では剣道や柔道などの武道、さらには様々なスキルの高さを競い合うようなスポーツを見た時が、 「手練れ」という言葉を使うチャンスです。 特にベテランの武道家や格闘家が、熟達した技を使って相手を倒した時などに、 「あの人は手練れだ」などとつぶやいてみましょう。 また清々しいくらい異性の扱いが上手な人の事も 「手練れ」と呼ぶ事ができます。 そのようなプレイボーイや恋愛経験が豊富な女性を見た時に、悪い意味ではなく 「すごいスキルだ」と感じる時は、 「手練れ」と呼んでみましょう。 「手練」を使った言葉と解釈 最後に 「手練れ」を使った言葉、 「手練手管」という言葉の解釈を紹介します。 「手練手管」には 「手練れ」ではなく、 「手練」という言葉が使われていて、 「てれん」という読み方をします。 「手練」は 「手練れ」と比べると、悪いイメージで使われる事が多い言葉になります。 「手練」には、 「思い通りにするために、口先だけで人をだます」という意味があるからです。 「手練手管」には、 「口先で人をだまして操る」という意味があり、どちらかと言えば悪徳業者などが、悪い技巧を使って人の心を掴んだり操る時に使われる事が多いでしょう。 「手練れ」という言葉が武芸の達人などに使われているのとは、大きな違いとなります。

次の