林家 こん 平 現在。 林家こん平 病気・多発性硬化症とは?笑点メンバーが現在も支えに!

林家こん平事務所 公式ホームページ

林家 こん 平 現在

当法人・林家こん平事務所は2014年5月22日に設立登記を致しました。 設立日は当法人の名称である、落語家・林家こん平が設立10年前に生まれて初めて病院に入院した日であります。 「芸人はTVに出なくなれば名前が消えていく」と余多の方から言われましたが、命に及ぶ危機に遭いながらも、多くの方々に支えて頂き、一般社団法人の名とともに、生き吹き返すことが出来ました。 「チンチン電車の日」である2014年8月22日(当法人理事林家こん平が倒れてから10年目)にスタートした都電落語会。 都電落語会の開催とともに、元気に快方に向かう理事・こん平の姿は弊社社団の事業理念である、文化と福祉のコラボレーションであり、笑いがもたらす免疫効果を配信しております。 これからは、個人・企業・法人の皆様に積極的に主旨ご賛同をいただき、当法人を支えて頂けましたら幸甚です。 目的 落語による「笑い」と介護講演を融合させた新しい講演会のスタイルを展開。 介護というと大変さや辛さが滲み出てしまいがちですが、全国に笑いを届けてきた元気印のこん平の介護生活はパワフルでした。 娘である私達や弟子も思わず笑ってしまうエピソードなど 鞄の中は溢れすぎてしまいました。 「既に若干の余裕もありません(笑)」 詳しくは「チャランポラン闘病記」(講談社)に記載されています。 病気で塞ぎ込みがちな患者さんや介護によってご苦労されているご家族や介護従事者の方々に夢や希望、生きる喜びなどをお届けして参ります。 笑いにによる健康促進、リハビリ効果。 講演のご依頼 件名に「介護講演依頼」と記載し、下記のメールアドレスにお送りください。 ご不明な点がございましたら、へご連絡くださいませ。 都電落語会 故郷・新潟を愛したこん平が第2の故郷・東京の地域で伝統芸能継承・地域活性化を願い、企画致しました。 都電落語会とは、2014年8月22日、チンチン電車の日よりスタートし、毎月1回都電を貸し切りにし、都電に揺られながら、伝統芸能である落語を味わう、新たな移動型の寄席です。 そしてこの企画は、TV、雑誌、新聞等のメディアにも注目をされております。 また、今までの都電落語会には、笑点でおなじみ、三遊亭小遊三師匠、荒川区の観光大使、三遊亭好楽師匠、三遊亭円楽師匠、春風亭昇太師匠、林家たい平師匠と出演をしております。 また教育の側面で子供向け落語の開催や、オリンピック・パラリンピックに向けて外国人向けの英語落語なども行いました。 また、この8月22日は奇しくも10年前にこん平が倒れた日でもあります。 現在も闘病の中、毎月この都電落語会にも乗車し、回数を経ることに快方に向かっております。 そしてこの都電落語会からパラリンピックへとの目標で、闘病されている方々やご家族の皆様にも、勇気や希望を送っていければと願っております。 都電荒川線沿線4区地域活性化協議会(荒川区、北区、豊島区、新宿区、東京都交通局)の協力名義を頂戴し、開催している都電落語会を新たな観光名物としてお引き立てください。 また、この地域活性化にご賛同し、ご協賛やイベント運営にご協力をして頂ける個人、法人企業様も募っております。 詳しくはコチラを御覧ください。 文化庁 「日本博」イノベーション型プロジェクト.

次の

林家たま平の高校大学(学歴)や落語の実力は?家系図が凄い!父は林家正蔵で母は?【ノンフィクション】|エンタメになる!

林家 こん 平 現在

林家しん平は1974年に初代林家三平に入門し、落語家として歩み始めました。 現在も落語家として活躍していますが、それ以外にも映画監督や脚本家など幅広い分野で活動しています。 師匠である初代林家三平が亡き後は、林家こん平の下に移籍をしています。 林家しん平は落語家としての実力は折り紙付きで、かなりの実力者として知られている方です。 林家しん平は一般的な古典落語から新作落語、即興落語までを一人でこなせるだけでなく、落語の中にもアニメや流行など最新のものをうまく取り入れることができるまさに「天才」です。 落語と言えばどちらかというと年配世代のイメージが強いかもしれませんが、林家しん平は若者の心も上手く掴み、落語が幅広い世代に愛されるようになりました。 このように、離婚会見で海老名香葉子は林家しん平サイドに立ち、桂木文を侮辱するような発言をしています。 しかしそんな辛い離婚会見の間、桂木文は何も発言せず黙ってじっとしていたそうです。 今時なら「モラハラ」として訴えられるのではないかというレベルの発言なので、桂木文には同情の声が多数寄せられたそうです。 ちなみに、この海老名香葉子は落語家の初代林家三平の妻の女性です。 海老名香葉子の子供は海老名美どり、タレントの泰葉、九代目林家正蔵、二代目林家三平という4人の子供がいます。 海老名香葉子は落語の名家の妻に相応しい女性として評価されているものの、前述したような離婚会見など、たまに行き過ぎた発言で炎上してしまうこともあったと言います。

次の

林家たま平の高校大学(学歴)や落語の実力は?家系図が凄い!父は林家正蔵で母は?【ノンフィクション】|エンタメになる!

林家 こん 平 現在

かつて「こぶ平」を名乗っていた時代はテレビタレントの印象が強かったが、今や古典落語にも取り組み、新作を得意とした父・三平(享年54)とは、異なる芸で観客を魅了している。 正蔵には3人の子供がいる。 彼らもまた正蔵と同じ道を歩む決心をしたようだ。 「正蔵さんの25才の長男は2013年に父の下へ入門し、翌年『たま平』の名で前座に上がりました。 2017年には二ツ目に昇進しています。 そして最近、次男も入門したんです。 現在、大学生の彼は将来を決めるタイミングで、落語家として歩む覚悟をした。 父親冥利に尽きることには違いないが、実は、伝統芸能を受け継ぐ一家の宿命ともいえる問題が迫っているという。 世襲問題だ。 「林家の大名跡といえば正蔵で、次いで三平がありますが、正蔵の弟の2代目三平(49才)にも、元女優で妻の国分佐智子(43才)との間に3才になる息子がいます。 当時を知る落語関係者が明かす。 「こぶ平時代に襲名の打診があった時、てっきり父の三平を継ぐのかと思っていたそうです。 しかし、提案されたのは正蔵でした。 正蔵と三平の所属事務所に聞くと、「(次男は)まだ見習いの身分なので、話せることは何もありません」と答えるのみだった。 もともと林家の止め名は正蔵だけだったが、先代・三平は自ら名前を大きくし、林家の大看板にのし上げた。 正蔵と三平の息子たちが自力で大名跡を作り、親族トラブルを回避できれば、これ以上の親孝行はないだろう。

次の