梅田村事件。 梅田で起こった「梅田村事件」

梅田村事件 大阪ダイヤモンド地区の再開発を振り返る

梅田村事件

景気回復しているらしい昨今、東京・名古屋・大阪といった大都市では軒並みオフィス空室率も過去最低水準であるとも報じられ都心のオフィス不足が深刻化しているらしい。 特に大阪の都心部は企業にとって引っ越し先も探せず経済活動にも悪影響を及ぼすレベルだとの話。 リーマンショックの頃と比べたら大違いっすね… で、今回やってきたのは大阪・キタの都心「梅田」の一画、JR大阪駅から徒歩10分もいかない場所にある御堂筋沿い。 ここには御堂筋と新御堂筋が分岐する「梅新南交差点」がございます。 この御堂筋沿い、毎朝毎夕のように大勢のスーツ姿のサラリーマンが行き交う、大阪市内屈指のホワイトカラー地帯。 JRや阪急などで梅田に辿り着いた勤め人が地下鉄の電車賃をケチるためにとぼとぼと歩いて淀屋橋やその先の船場のオフィス街に通う日常風景が見られる。 ラッシュ時に異常に混雑する御堂筋線にひと駅ぶんだけ乗る手間や電車賃を考えれば財布のためにも健康のためにも悪い事ではない。 その道すがらにある、大阪を代表する一大飲食街「北新地」。 その東側は御堂筋に面しており、北新地にごまんとある高級クラブとはおおよそ無縁そうな、電車賃をケチるしがない仕事帰りの勤め人がせわしなく行き交う横で煌々とネオンサインを灯している。 ビル裏手の地下駐車場入口も見事に塞がれて車も停める事すらできません。 まあなんというもったいない物件なのでしょう。 元々ここには「梅田東映会館」という映画館が建っていたが、2002年4月に閉館(E-MAに入居する梅田ブルク7が後継の映画館になっている)、土地を所有する不動産会社「大洋リアルエステート」(以後、T社)から50年賃借契約の上、T社の親会社であるシンガポール法人と三菱地所との共同出資により鹿島建設の施工によって2010年6月にこのビルが建てられた。 しかしT社の親会社と三菱地所の間でトラブルが発生、肝心のテナント入居ができなくなり、鹿島建設は建設工事費用の支払いを受けられず、当のT社自身も賃料収入の回収も行えなくなった。 ビル建設のため共同出資で立てられた特定目的会社も倒産。 そしてビルの周囲はフェンスで塞がれ一切出入りもできず、このような物々しい看板がどでーんと立て掛けられ、ただならぬ異様さを醸し出している。 敷地にはネコくらいしか出入りもできない。 で、土地所有者であるT社が設置したヤケクソ気味な看板によると「急告!!このビル投げ売り 最低価格1万円以上」との表題で、支援者提供のイラストを添えてビル売却の意思を示している。 月光仮面風の「正義の味方」が悪者キャラ「悪徳明治三百代言」に怒りの鉄拳をBAGOooN!と一発喰らわせている図。 「三百代言」とは訴訟などで当事者ではないのに示談でしゃしゃり出てくる第三者を意味する言葉だが相手方の弁護士を罵る時にも使う。 T社が言うところの「明治三百代言」からはT社代表に対して「首をはねられ海に沈められる」などと脅迫を受けている旨も記されており、いささか穏やかではない。 もあって色々と主張を行っているので詳しくはそちらを見てもらおう。 現在T社は共同出資者だった三菱地所をはじめ、建設工事を担当した鹿島建設、それに三井住友銀行や大和証券など複数の会社を相手取り訴訟を行い、10年以上にわたる長い戦いを続けている模様。 373• 108•

次の

戦後のドサクサ、関西アウトローの系譜…大阪駅前ビルと忘れ去られた「梅田村事件」

梅田村事件

大日本ドケチ教 経典 「もったいない、もったいない、もったいない」 と3回唱えれば、ご利益がある 吉本 晴彦(よしもと はるひこ) 生誕:1923年9月30日 死没:2017年5月30日 JR大阪駅前の円筒形の高層ビル「大阪マルビル」(大阪市北区)の運営会社の元会長。 大阪マルビルは吉本氏所有の土地に、昭和51(1976)年に開業。 高さ約120メートルの建物の最上部に、全国初のリング式電光表示盤によるニュース速報を掲示し、「電光ニュースのマルビル」として名物となった。 1989年7月アメリカの有力経済誌フォーブスは、恒例の「世界の富豪・そのランキング」を発表します。 バブルの全盛期、日本人はベスト10になんと6人も入ります。 大日本ドケチ教の吉本さんは、資産70億ドル、世界第8位に輝きました 吉本晴彦さんの生家は梅田の地主で、学徒動員されたり、中国で終戦を迎えた経験を持っています。 1954年に不動産会社「吉本土地建物」を設立。 1976年に、大阪マルビルを管理する「株式会社大阪マルビル」の社長を務めました。 現在は、息子の吉本晴之さんが社長を務めています。 吉本晴彦さんといえば祖父の彦太郎さんに「どケチ道」を仕込まれて、「ドケチ」として有名で、元サントリー副会長の故・鳥井道夫氏、森下仁丹社長だった故・森下泰氏とともに「大阪の三ケチ」と呼ばれていました。 ビル内のホテルの稼働率は高かったようですが、特徴的なビルの形状のため建設費が高く、借金の返済負担が経営を圧迫していました。 その後、バブル期の絵画や不動産投資の失敗などもあって、会社は2004年に産業再生機構の支援を受けて大和ハウス工業の子会社となっています。 大日本ドケチ教とは? 「もったいない」を信条とする「大日本どケチ教」を設立して教祖に就任しています。 大日本どケチ教とは、「もったいな」を信条とする団体です。 宗教法人ではなく、吉本氏なりのユーモアのあふれるパフォーマンスでした。 昭和48年に「大日本どケチ教」を設立。 「ケチとシブチンは違う。 ケチは無駄な金を出さず、出すべきときにはスパッと出す」が持論でした。 吉本晴彦会長は、自らドケチ教の教祖と名乗り、ドケチ教を広めるべく事務所の蛍光灯は半分しか点灯しないとか、エレベータ-設置の一階分のお金をケチって最上階の会長室には階段でしか行けないとか、いろいろ逸話のある人でした。 「ケチのケは経済のケでチは知恵のチであり、無駄な金(死に金)は使わないが必要なお金(生き金)は惜しみなく使う」 と、意味が込められているようです。 大日本どケチ教の考えは広まっていて、あの高須クリニックの高須院長も信者でした。 とにかく価値あるものを大切にする。 必要な時には、ケチって貯めたお金を綺麗に出す。 ~(「はじめに」より) 彼は、「ケチとシブチンは違う」とも説かれていて、「出すべきお金はいくらでも出す。 この宗教には、お経もあります。 「もったいない、もったいない、もったいない」 と3回唱えれば、ご利益があります。 法律をつくった!吉本さんの半生 吉本晴彦さんは、1923年9月江戸時代から資産家として有名な吉本家の一人息子として生まれました。 一族は、大阪梅田の3000坪の大地主でした。 吉本さんは、3才のとき父に、10才のとき母に先立たれます。 その後は、祖父が彼を育てます。 祖父は、ケチではありましたが暖かい人でした。 13才の時、祖父も次の言葉を残し、他界します。 「お前は、子供の身で財産を引き継ぐけど、自分の金だと思ったらあかん。 ご先祖様から引き継いだ資産は、ケチになって大切に扱い、お前の子供にそっくり引き継ぐのだよ」 悲劇は、そこから始まります。 吉本さんの後見人になった叔父は、膨大な財産に目が眩みます。 14才の時、吉本さんはリンパ腺炎にかかりますが、途中で医者が来なくなります。 叔父は、食べ物もくれません。 吉本さんは、衰弱して意識が朦朧とします。 不審に思った吉本さんが、やっとの思いで医者を訪ねると・・・恐るべき事実が露見します。 叔父は、医者に「子供は直ったから来なくていい」と嘘をついていました。 吉本さんは叔父の殺意を看破します。 医者の薬で、吉本さんは回復します。 14歳にして人間の欲の怖さを知った瞬間でした。 1940年、彼は、同志社予科に入り一人暮らしを始めます。 叔父は、娘と結婚するように迫りますが、吉本さんはきっぱりと断ります。 叔父が仕送りをしてくれないので、大金持ちでありながら、学費を稼ぐために吉本さんは働きました。 太平洋戦争の最中の1943年9月30日、彼はついに叔父から財産を取り戻します。 この日は、満20才の誕生日。 法律上、後見人が必要なくなり、自由に財産を支配することが出来るようになったのです。 しかし、その喜びもつかの間でした。 召集令状で、中国へ。 1945年、大阪大空襲・・・吉本家の家屋は全て焼失します。 そして、終戦。 故郷に戻ってきた、吉本さんは、年末のある日、衝撃を受けます。 やっとの思いで取り戻した吉本さんの土地に在日朝鮮人や無法者達がバラックを建てて、居座ってしまったのです。 昨日までは空き地だったのに、たった一日でバラックは出来上がってしまいました。 しかも、官公庁は今日から年末の休みに入ります。 土地は、暴力団がらみの悪意ある者に計画的に占有されたようです。 吉本さんは、建設会社の労働者60人を率いて、不法占拠のバラックを襲い、強引に撤去します。 土地を取り戻した後、警察に出頭します。 これが梅田村事件です。 バラックの住人は、建造物損壊罪で吉本さんを告訴します。 一審は、吉本さんが敗訴。 しかし、事件から4年後、控訴審で、原判決は破棄され、吉本さんは正当防衛による無罪を勝ち取ります。 また、この事件を契機に、不動産侵奪罪が刑法にくわわることになりました。 1973年、複雑な権利を関係を整理して、吉本さんは梅田の土地全体を更地にすることに成功します。 そして、この年、吉本さんは、大日本ドケチ教を旗揚げしたのでした。 その後、更地になった土地に丸ビルを建設。 名実ともに、事業家として成功します。 1989年にはフォーブスの選ぶ世界の金持ちランキングで8位に記録されました。

次の

梅田湖が心霊スポットになったわけ、現場を散策してわかったこと。

梅田村事件

なんだか暑くなってくると 怪談話や 肝試しに興味が出てきませんか? 怖い思いをすると 一瞬でも ゾクッと寒くなりますもんね! そういうこともあって日本では昔から夏になると 心霊スポットに行きたがる若者が増えてきます。 日本にはたくさんの心霊スポットがあると言われていますが、 ホテル関西の308号室はご存知ですか? インターネットで「ホテル 関西」と検索すると、 「幽霊」「事件」などそれっぽいワードがたくさん出てきます。 心霊スポットに行ってみたいと思っているあなた! ホテル関西って 今でも実際に営業しているホテルなので 実際に泊まることもできるし 怪奇現象とか起きるなら最高に怖い肝試しじゃないですか? でも、ホテル関西では実際にどんな事件があったんでしょうか? ホテル関西で事件があった部屋番号は308というのは噂?施錠はしっかりと! 「ホテル関西」と調べると 確かに308号室と出てきますが 実際に何かあったわけではないようです。 ちなみにどんな噂があったかというと、• 夜眠っていると部屋のテレビの場所から音楽が聞こえてくる(電源OFFでも)• とつぜんペットボトルがつぶれる音がする• 部屋の隅からガサガサと音がしたが何もいない しかし事件などは無かったことから、噂に尾びれがついて広まったものと思われます。 ホテル関西自体は 梅田駅から徒歩10分と立地も良く、 ビジネスホテルなので低価格で泊まれるので 人気のホテルです。 そして入口、ロビー、部屋もとてもキレイ! コインランドリーや貸し会議室、wi-fiも完備しているため、かなり便利です。 朝食も厳選された食材、そして世界各国の料理も食べられるんです。 ベトナム料理やタイ料理まで。 宿泊施設として、普通に利用して大丈夫ですよ!むしろオススメです。 ただ、どのホテルでもそうですが 一度「もしかして?」と思い出すと どんどん 不気味に感じてしまいませんか? 古いホテルなら普通かもしれませんが、 床にあるシミなども色んな想像をしてしまいますし もし部屋に絵画がかけてあれば 裏に何か見てはいけないものが? などなど。 オシャレなダウンライトでさえ薄暗く、 なんだか 背筋がゾゾっとしてしまい 夜のシャワーが出来なくなってしまったり。 もし心霊スポットに興味があるのであれば、 何もなかったと知っていても実際に泊まることで 「もしかしたら怪奇現象があるかも?」 と色んな想像をして楽しむことが出来るかもしれませんね! ちなみに、世界にはギネスに認定された、とんでもない心霊スポットがあるんですよ。

次の