のろいカビゴン 調整。 【S1最終101位】鈍行ミミカビ【剣盾シングル】

【ポケモン剣盾】キョダイカビゴンの型紹介!①はらだいこ②のろい③のろいねむカゴ④とうせんぼうTOD【カビゴン育成論】

のろいカビゴン 調整

高い特防と「とつげきチョッキ」によって特殊アタッカー対して非常に強く、真っ向から勝負をすることもできます。 対フェアリー。 ダイマックス時は防御を上げられる点も優秀。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 有利な相手には、ノーマル技やサブウェポンで攻めていくこともできます。 「まもる」は、カビゴンの高い耐久力と合わせることで、相手のダイマックスターンを消費させる他、相手の出方や道具の確認にも有効です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 ノーマル技が半減される、鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 弱点をついて倒しやすい「ナットレイ」などのポケモンに効果的。 「あくび」による対面操作後に、交代先の飛行タイプなどに有効。 キョダイマックスカビゴンの育成論 基本型 性格 わんぱく 努力値 HP244 攻撃12 防御252 実数値 HP266-攻撃132-防御128-特防130-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイスチル) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) 「キョダイマックスカビゴン」は、キョダイマックス技「キョダイサイセイ」により、 きのみを最大3回まで回収することができます。 ダイマックス中に回復しつつ攻撃できる数少ないポケモンなので非常に強力です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 フィラのみリサイクル型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 素早さ4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防130-素早さ51 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 回復量が多い 「フィラのみ」などの混乱実を、「リサイクル」で何度も使いまわしながら戦う、持久戦を基本とした型です。 専用技の「キョダイサイセイ」によって、攻撃しつつ回復するといった立ち回りができます。 ただし、「キョダイサイセイ」は確立で木の実を回収する効果であるため、余裕のある場合は「リサイクル」でHPを回復しましょう。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 攻撃上昇の補助技。 HPを半分にする代わりに攻撃を最大まで上昇させる。 使用するときはHPの努力値を228にすると、使用後すぐにきのみが使える。 残りの努力値は攻撃へ。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カゴのみねむる型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 特防4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防131-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 「のろい」で攻撃と防御を上げたあとに、回復手段として「ねむる」を採用しています。 「ねむる」使用後は、「カゴのみ」で即座に目を覚まし、HPを全回復して戦うことが可能です。 火傷などの状態異常にも強い点が、「ねむる」採用のメリットでもあります。 火傷の影響を受けない点が優秀。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カビゴンの役割と立ち回り 高耐久の物理アタッカー 「カビゴン」は高いHPと特防を持つ、高耐久の物理アタッカーです。 高い耐久を生かした受けポケモンとして戦うことも、攻撃を耐えつつ攻撃を上げて物理アタッカーとして戦うこともできるポケモンとなっています。 「フィラのみ」を始めとした、HPを回復できる木の実を持たせると、HPを回復しつつ攻撃できるので、非常に継戦力の高いポケモンです。 「トリックルーム」下のエースとして優秀 「カビゴン」は、素早さの種族値が低いので、「トリックルーム」下で多くのポケモンに先制して行動できます。 「ミミッキュ」で「トリックルーム」を使用した後に、カビゴンが先手で「のろい」を使い、防御と攻撃を上げる立ち回りが強力です。 カビゴンと相性の良いポケモン カビゴンが苦手な格闘技に強いポケモン 「カビゴン」が、格闘技に強いタイプのポケモンと相性が良いです。 格闘が無効に出来るゴーストタイプや、半減に出来る毒やフェアリータイプなどと組み合わせると、安全に交代する動きが出来るようになります。 そのため、その技を覚えられるポケモンでカビゴンが活躍できる場を作り出し、相手のポケモンをカビゴンで倒し切るという戦い方をすることができます。 弱点は格闘のみのため、弱点をつきにくいものの、弱点でなくても大ダメージを与えることは可能です。

次の

【S1ダブル最終9位】竜舞ドラパキッス&鉢巻ウインディ

のろいカビゴン 調整

お知らせ:ウルトラサンムーンの教え技でリサイクルを習得したので、厳選が一気に楽になりました! --------------------- 2世代、および3世代において一世を風靡したのろいカビゴンが数世代ぶりに本気を出したようですぞ^^ ご存じのとおり。 ドサイドンを使ったことがある人だとこれがどのくらいの硬さか想像できるでしょう。 のろいを積んでない状態で、特化メガボーマンダのすてみタックルを52. イアの実の回復があるので、超火力のメガボーマンダですら、対面からなら余裕で起点にできます。 特化バシャーモの飛び膝を81. のろいを一回積んだ状態であれば、格闘ポケモンを返り討ちにすることもできます。 ASメガルカリオのインファイトを72. 現環境を圧巻する控えめスカーフカプ・テテフのサイキネを44. リサイクル連打でサイコフィールドを切らして回復や積みの起点にしていきましょう。 珠カプ・コケコの10万を42. 以上のように、単に積み技+高速回復を有しているだけでなく• 物理・特殊共にかなり安定した耐久値• 能動回復 リサイクル 以外にも、一回切りの体力50%オート回復の存在 などにより、起点にできる範囲が極めて広いことから、居座りアタッカーとして確固たる地位を占めるに至ったわけであります^^ のろいカビゴンの欠点 ここまで読んで、「のろいカビゴン最強じゃん!」と思ってくれた人へ。 こんなにスペックが高そうなポケモンなのに、カビゴンのレートでの使用率は全ポケモン79位と決して高くはなく、強化したにもかかわらず立ち位置は中堅で前作から変化なし。 これが意味するのは、こいつには色々と欠点があり、思考停止で使って最強!というポケモンではないということです。 この型の欠点について順に説明していきます。 毒と火傷に弱い 状態異常を搭載した耐久ポケを基本的に突破できません。 火力インフレの進みすぎで最近耐久ポケ自体がやや下火であることはむしろこいつにとっては追い風。 耐久ポケ入りのパーティに対しては、耐久ポケに強いポケモンとの同時選出が必須です。 耐久ポケ対策の例• 滅びメガゲンガーやゴチルゼル等でサイクルカットして倒す• カプ・レヒレのミストフィールドのサポートでカビゴン自身が耐久ポケをのろいの起点にできるようにする• テッカグヤに対し有効打に乏しい 攻撃範囲上の問題です。 宿り木持ちのテッカグヤを突破するのは基本的に困難と捉えておいたほうが良いです。 アンコール、ちょうはつ、トリック、はたきおとすに弱い アンコールに弱いのは居座りアタッカーの宿命ですね。 挑発持ちに関しては、ゴツメアローが激減したのがかなりの追い風。 今の挑発持ちはコケコ、レヒレ、ゲンガー辺りが多くまだこちらからの技が通りやすいです。 トリックも減少傾向。 メガストーンZストーンの搭載率考えると当然の流れでしょうか。 一番厄介なのははたきおとす。 これを食らってしまうと木の実を一切リサイクルできなくなります。 居座り命のこいつにとってこれは機能停止レベルです。 持っている相手も分かりにくく、霊獣ランドロス、マンムー辺りからの不意のはたきおとすには注意が必要です。 役割範囲が不明瞭+火力に乏しい=サイクル戦に向かない そもそもの性質の問題です。 はっきり言ってこのカビゴンはサイクル戦に向いていません。 いくら数値に恵まれているとはいっても耐性にあまりに乏しいため、後出しから役割を持てる範囲が狭いためです。 居座りやすくするために火力を犠牲にしている点がさらに拍車を掛けています。 組み合わせ例 以上の欠点を踏まえて、具体的にどのようなパーティで用いると強いかということについて考えていきます。 まだあまり発見できていないので随時追加していきます。 パターン1「毒菱パーティ」 例: 本育成論のカビゴン+• カビゴンは高火力技を受けると回復がギリギリで、急所等で押し切られてしまうことが多いのがネックですが、毒びしサポートがあると回復しているだけで相手にダメージを与えられるので、有利な状況に持っていきやすいです。 毒びしパではまもみが役 上の例ではボルトロス もエースという立ち位置なので、3体の選出の中に方向性の異なるエースを2枚持てることが動きやすさのポイントになってきます。 パターン2「レヒレカビ軸パーティ」 単体で見てカビゴンと比較的相性の良いポケモンの一つに カプ・レヒレがいます。 先述の通り、ミストフィールドのサポートによりカビゴンが耐久ポケに居座りやすくなる。 またレヒレ自身も耐久ポケへの遂行能力に秀でているため、耐久ポケに厚い組み合わせと言えます。 格闘に耐性があるのも魅力です。 レヒレは一般的な型でもいいですし、カビゴンへの補助を重視するならグランドコートを持たせたり、壁技を覚えさせるのもありかもしれません。 これの補完についてはまだ色々と試している段階です。 電気、草、テッカグヤが重いのでめざ炎メガフシギバナ等が挙がりますかね。 いよいよ型の考察に移ります。 おんがえし メインウエポン、確定。 のしかかりとからげんきは火力が大幅に落ちて打ち合いに弱くなり、すてみととっておきはデメリットが辛いので消去法でおんがえしです。 のろい 居座りエースとして活躍できる。 コンセプトにつき確定。 リサイクル 高速回復を可能にする。 コンセプトにつき確定。 サブウエポン• じしん サブウエポン筆頭候補。 基本的にはこれ。 ゲンガー、ギルガルド、メガルカリオ、ドリュウズ、バンギラス、バシャーモ、Aガラガラ等打ちたい相手が非常に多い。 唯一の欠点はテッカグヤに通らないこと。 ほのおのパンチ テッカグヤ・ナットレイ・ハッサムに通る技。 過去作の教え技限定なので、近いうちに使えなくなる点にくれぐれも注意。 ワイルドボルト、ヘビーボンバー、かみくだくは範囲が狭すぎるため候補外。 調整例 H244A28B236 わんぱく 266-134-126- -130-50• メガボーマンダは2段階上げてから攻撃が基本。 7 特化メガボーマンダのすてみタックル:52. 0 ASメガグロスのアームハンマー:57. 4 ASガブリアスの逆鱗:37. 9 特化鉢巻カイリューの逆鱗:62. 3 特化メガガルの捨て身:49. 0 特化リザXのフレドラ:52. 0 特化アロガラのフレドラ:58. 1 特化ドリュウズのZ地震:62. 3 AS珠ゲッコウガのけたぐり:77. 3 バシャーモの飛び膝耐えを必須ラインとして、さらに物理耐久を高めた感じです。 襷フェローチェの飛び膝の乱数ができるだけ良い値となるよう調整。 急所に注意• 2 17. 1 CSメガルカリオの波動弾:67. 6 CSおくびょう霊獣ボルトロスのZ気合玉:81. Aは地震の火力で調整しているため、炎のパンチを採用する場合は変えてもいいかもしれません。 メイン技の火力が落ちるとタイマン性能がすごく怪しくなるのでできればおんがえしの方を勧めたいですね... 現環境鬼火を撃ってくる相手はORASの頃よりは多少減っている気がしますし アロー、水ロトム、スイクンがいないため 、撃ってくるとしてもガラガラやゲンガーなどからげんきの通らない相手が多いので。 どくどくは氾濫していますね。 からげんきにももちろん良いところはあるので、一応考察しておくに越したことはないですかね。 コメントありがとうございます。 しかしこれ、中々育成難易度高いですね。 だから王冠使いたいがためにゴンベをカビゴンに進化させてリゾートにレベ上げ放置させたら自動技覚えでリサイクルが消え、カビゴン状態だとウロコで思い出させることができないことが発覚し、ゴンベ状態でリゾート放置すればいいことに気づきませんでした。 投稿者さんはショーダウンで使用したのでしょうか? それとも実際のレートで使用できるようにすごい特訓までして育成したのでしょうか? それならば育成お疲れ様です。 次回の育成論も楽しみにしております。 情報量少なくて申し訳なかったです。 実は、この育成論を書いた時はshowdownだったのですが、その後実機でも作りました。 自分は個体値妥協しました。 かなり内容を変えたのでよければ見てください。 コメント現在S5です。 非常に詰ませ性能が高く、自分は両刀メガマンダ、どくみがドランと組ませて使用しています。 非常に使いやすく、のろいでメガルカ、メガバシャを見れたりメガボーマンダに対しても後出しできるなどかなり強力です。 これからも使わせていただきます。 毒守ドラン・マンダとの組み合わせなかなか相性良さそうですね。 ちなみに、バシャを選出しない場合でも鈍足型として使うこともできます。 さらに言えばバシャに対してポリ2やカグヤは出しにくいですし、バシャの苦手なレヒレやアシレーヌが後出しされやすいのでその後にカビゴンに交換することで受けも可能です。 確かにカビゴンは補完として優れている点も多く、バトンバシャの繋ぎ先の一つとして有力候補に挙がるかもしれませんね。 この型は大活躍してくれたから沢山の人に使ってほしいので。 HPが偶数なのは木の実を発動させやすくするためです。 どちらも普通に読んでればわかることです。 ちゃんと論を読んでからコメントしましょう。 なのでAはその余りであり、特に積極的な調整先がいないのではないでしょうか。 憶測ですが、この振り方に有意義な意味があればそれこそ記載されているでしょうし まあ余りなら余りでそう書くべきと言われればその通りではありますが… 偶数調整について、記述こそされていませんが、さすがに論の肝である「くいしんぼう」の特性くらいは初心者と言えど対戦をする身なのでしょうから自分で調べるべきだと思います。 特性の欄から解説に飛べますし くいしんぼうの効果を見た上でまだ偶数にする意味がわからないとの声が多ければ記載するべきでしょうね。 ここのサイトはよく初心者が〜などという要望がよく散見されますが、それは論を書き直すのは投稿者であることを配慮してのコメントなのでしょうか? 初心者の意見を代弁したつもりで言っているのかもしれませんが、初心者の方が本当に必要な情報ならばご自身で要望を出されるでしょうし、必要以上に配慮した結果本文が冗長になっては閲覧者にとっても読みづらくなり、何より投稿者への負担にもなり得ます。 本当にそれらは初心者が必要とする情報なのか?ということを投稿者側への配慮と擦り合わせてから要望を出すべきだと私は思います。 もしかしたら荒れてしまうかもしれないので、これ以降私からのコメントは控えさせていただきます。 長文失礼しました。

次の

【S1ダブル最終9位】竜舞ドラパキッス&鉢巻ウインディ

のろいカビゴン 調整

7世代ではふるーるというHNで活動してました。 今回は剣盾シーズン1ダブルで 最終9位に残れた構築を紹介させていただきます。 構築経緯 シーズン中盤頃からドラパルト&トゲキッスの並びの汎用性が高く、とても強力な事に気づき、まずは くまさん の作成した並びを使わせていただきました。 この構築も非常に強力で、 瞬間3位まで伸ばせました。 しかし終盤になるにつれ、 弱保トゲキッスも認知されて誰にも弱点を突かれず、バークアウトや欠伸で凌がれる、ドラパルトが流星群1ウェポンの都合上なかなか選出出来ない、鉢巻ウインディ非考慮の立ち回りをたくさんされる等の点が気になりました。 これらを踏まえて、 ドラパルトをアタッカーにして選出率を上げる、鉢巻ウインディでイージーウィンを狙うのを目標とした ドラパキッス構築を組むことに。 残りは、ここまでの3匹で重い相手の砂パや雨パ、ダイジェットをするポケモンやアーマーガアの高速処理が可能な悪巧み 水ロトム 、ドラパキッスが呼ぶジュラルドンに見た目から強い ドリュウズ 、トリルパへの誤魔化しと低火力パーティへの詰め駒としてのろい カビゴン を採用して完成といった流れでした。 ゴーストダイブ:素で撃って相手のダイマックス等を凌ぐことも。 りゅうのまい:強い積み技。 これで重めなポケモンも無理矢理突破したりも出来る。 まもる:はがねのつばさとの選択枠。 私は後発で出すことも多かったのと、大切にしたかったのでこっち。 同速がそこそこ発生したのと、無理ではないもののアイアントが辛かったので素早さを中心に配分は再考の余地あり。 調整 HB:A特化ドリュウズの珠ダイスチル93. 味方攻撃のギミックも多い環境なので必須。 あくび:相手のダイマックスポケモンに撃ちたい。 詰めにも使える。 まもる:最終日にまもるに変更。 手助けも強かったが、この変更のお陰で最終日1敗で順位を上げれたので多分正解で、このポケモンが生きてるだけでも相手目線は面倒だと思います。 エアスラッシュ:スイッチトリルが増えてたのでこちらも最終日に変更。 マジカルシャインだと襷削りやこの指相手で輝くのでここはどちらでも強いです。 こうしないと脆すぎるので最低限必要。 C:わるだくみ10まんボルトで自分の調整のトゲキッスを87. S:準速ぺリッパー抜き わるだくみ:トゲキッスと合わせて積むことで制圧を狙う。 タラプアーマーガアやカビゴンを相手にする際にも有効に働く。 まもる:大切に扱いたかったので採用。 ただ、最終日は出したい構築にトリトドンがいることが多かった為、この枠は悪の波動にしてもいいかもしれない。 ドラパルトの次にダイマックスさせることが多くて、最終日以外はこのポケモンで崩壊するパーティもそこそこ多かったです。 調整 A:最低限の数値で、鈍い1積みで無振りドリュウズ、珠ダメ込で無振りアイアントをDDラリアット2発で落とせる HB:なるべくB方面を伸ばしたかったので余り全振り からげんき:すてみタックルと選択。 DDラリアット: 範囲も良く、相手の能力ダウン無視が非常に強力。 トリル誤魔化し枠であり詰ませ枠。 終盤はトリパ側も対策してたが、なんだかんだ便利なのでなかなか外せない。 選出と立ち回り 基本選出 先発: 後発:刺さってるポケモンから2匹 なるべくウインディ とウォッシュロトム を出したい ドラパルトをサポートして出来るだけ荒らす。 ドラパルトで荒らした後に鉢巻ウインディで締めたり、積んだドラパルトの横でカビゴンロトムも積んで圧をかける。 vs砂 先発: 後発: 1 ロトムをたくさんサポートして荒らした後、裏で詰める。 VSガチトリル 先発: 後発:刺さってるポケモンかクッションとして使えるポケモンを選出 ドリュウズのロックブラストでバタフリーを倒しながら、カビゴンでのろいを積んで頑張る。 バタフリーがいない場合はウインディロトムキッスあたりで時間稼ぎつつカビゴンで頑張る。 VSジュラルドン 先発: 後発:刺さってるポケモンから2匹選択 ドリュウズでジュラルドンを削って、裏で詰める。 さいごに 久しぶりのガチ対戦でしたが、なんとか数踏んで感覚を取り戻して 最終9位に残れました。 欲を言えば1位も狙いたかったのですが、最終日に非常に辛いパーティが増えてましたし、ここが今の自分の限界なのかなあという感じです。 まだ新作始まったばかりですし、もっと上を目指してまた頑張りたいと思います - -; レンタルチームID: 0000 0007 3CWN RL パーティ作成者 ふるほわ 動画投稿や配信もしていこうと思ってるので、もし宜しければ応援してくださると嬉しいです><• 運営代表であり病弱でもある。 体力づくりのためにランニングをしているが、実はそれが原因で体調を崩していることに気付いていない。 すきなパーティはレヒレグロス。 <主な実績> ゲーム部門WCS2018、WCS2019 Day1出場 関連する記事• 2020. 07 レンタルチームID:0000 0008 KLC6 VC 今回は2018年に世界大会でT […][…]• 2020. 03 レンタルチームID: 0000 0006 2539 6N 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構 […][…]• 2020. 05 目次 1. はじめに2. ダブルバトルの使用率2. トップ303. シリーズ5での新要素4. ピ […][…]• 2020. 17 目次 1. エースバーンの基本データ2. エースバーンの特徴2. 全ての攻撃技の威力が1. 5倍に […][…]• 2019. 26 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成3. アーマーガア3. トリトドン3. タル […][…].

次の