助ける 敬語。 「助力」の意味とビジネスでの使い方、類語、敬語・謙譲語、英語表現を解説

『助ける』の敬語表現「ご尽力」と「お力添え」の意味と使い方|助けるの丁寧語・謙譲語・尊敬語

助ける 敬語

「ご助力いただけると幸いです」という表現についてですが、これは先述しましたように、多くのビジネスシーンで使われている最も「頻繁に扱われる敬語表現」となる場合があります。 特にビジネスシーンではこの「幸いです」という表現は尊敬語表現・謙譲語表現のどちらでも使うことができ、さらに最上級に近い敬語表現として認められるため、いろいろな敬語表現との組み合わせによって使われます。 ・今回のプロジェクトにご助力いただけると幸いです。 ・少しでもご参加、ご助力いただくことができましたら幸いです。 ・ぜひ、わが社からもご助力させていただくことができましたら幸いです(ご助力させてもらえる機会をいただけたら)。 のおかげ 「ご助力」と「お力添え」の違いについてですが、「お力添え」という言葉は基本的に「ご助力」の代わりに言い換えられる言葉となります。 意味合いの違いとしてはほとんどありませんが、「ご助力」の意味合いには基本的に「実践的に(具体的に)何をして助力とするか」について決まっており、「力添え」の場合は「まだ具体的に何をして助力とするか」については決まっておらず、それでも何らかの助けになるために働くという意味合いがあります。 ・貴社のために弊社は、経済支援の形でご助力をさせていただきます。 ・貴社がお立ち上げになられましたご企画促進におきまして、今後とも何かとお力添えをさせていただきます。 このように、「お力添え」という言葉の意味合いには、「ご助力」と言う場合よりも「具体性に欠けるニュアンス」があります。 「ご助力」の言い換え 「ご指導ください」という表現は「話者が一方的に相手からの指導・協力・助力を得たい」という姿勢が強く、そのため「相手から話者に対して何らかの力添えをしてもらう」といった表現はほとんどありません。 ・経済的支援につきまして、ぜひどのようにすればよいかのご指導をいただけたら幸いです。 「ご指導」という言葉を使う際には、あらかじめ「指導」に関する付属的表現が決まっているため、それらの特定の表現方法を先に学んでおくことが大事となるでしょう。 「ご助力」の読み方 「ご助力」という言葉を英語に直す場合は、まず「助力」や「支援」という言葉に該当する英語表現・英単語を調べるとよいでしょう。 それぞれの単語の用法に配慮した上で、以下のようにピックアップされます。 ・assistance(助力、助け、補助、ご助力) ・help(助ける、手助け、手伝い、ご助力) ・support(補佐、サポート、対応、ご助力) ・cooperation(協力、連記、合力、ご助力) ・save(救う、救助する、助ける、ご助力) ・aid(助ける、補助する、ご助力) ・relief(救援、応援、ご助力) ・backing(後援、助け、ご助力) ・fostering(助成、助ける、ご助力) ・rooting(応援、補佐、ご助力) 「ご助力」の英語表現と意味(1) 先でご紹介しました「ご助力」の英語表記を参考にして、「ご助力」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・I'd appreciate your help with this project. 「今回のプロジェクトにつきまして、ぜひご助力をいただけたら幸いです。 」 ・I am happy if I can receive your support during the company launch. 「会社立ち上げにおいて、ご助力を受けることができれば嬉しいです。 」 ・I would be pleased if you give us the opportunity to help you. 「ご助力させていただけるご機会を与えてくだされば幸いです。 」 「ご助力」の英語表現と意味(2) 先述しました「ご助力」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「ご助力」の意味を含めた例文をご紹介します。 ・We would like to make economic support in this project promotion plan. 「今回の事業促進プランにおきましての経済的なご助力をさせていただければと存じます。 」 ・We will do our utmost to help you with environmental facilities Instead, I'd appreciate it if you can do a lot of the promotion of many of the books we are publishing. 「環境設備にまつわるご助力を差し上げます代わりに、ぜひ弊社が出版している多くの単行本の宣伝を大々的にしていただけると幸いです。 」 「ご助力」の英語表現と意味(3) 先述の具体的な「ご助力」の英語表現に引き続き、今度はいろいろな場面で使われる「ご助力」の例文をご紹介します。 ・The word "help" is basically replaced by the word "support", and there are subtle differences from the meaning of the word "assistance". 「「ご助力」という言葉は基本的に「支援」という言葉に置き換えられ、「力添え」という言葉の意味合いとは微妙な違いが見られます。 」 ・The word "help you" used in the business scene basically refers to the meaning of aid. 「ビジネスシーンで使われる「ご助力いたします」という言葉は基本的に援助の意味を指します。 」 「ご助力」の正確な意味と用法をマスターしましょう いかがでしたか。 今回は「ご助力」の意味と使い方・敬語・例文・読み方|ビジネスメールと題して、「ご助力」の意味と使い方・敬語・例文・読み方についての正確な情報のご紹介をはじめ、いろいろな場面で使われる「ご助力」の用例をご紹介しました。 「ご助力」という言葉はビジネスシーンでもいろいろな場面で使われる言葉としてありますが、基本的には「支援します」や「協力します」といった、その話者と相手のどちらでも使うことができる言葉・表現となります。 しかし、「お力添え」などの「ご助力」のさまざまな言い換え表現を使う場合には、それぞれの言葉との微妙な意味合いの違いが見られるため、しっかり場面・状況に応じた正確な言葉の使い分けをすることが大切です。

次の

『助ける』の敬語表現「ご尽力」と「お力添え」の意味と使い方|助けるの丁寧語・謙譲語・尊敬語

助ける 敬語

では次は「助けてください」という敬語の使い方についてお話しします。 敬語の種類は? 敬語は謙譲語、尊敬語、丁寧語の三種類に分類されるということをまずは覚えておきましょう。 丁寧語は目上の人と話す時に、敬意を払って「です」や「ます」を使って話す言葉を意味します。 謙譲語は目上の人に対して自分が何かをする時に自分自身のことを控えめに表現する言葉を指します。 そして尊敬語は目上の人の動作を表現する時に使います。 「助けてください」という言葉は、「助ける」+「ください」という組み合わせによって成り立っていますので、敬語の中では丁寧語に分類されます。 使い方 「助けてください」という言葉は敬語に分類されますから、決して間違った言葉ではありません。 しかし「助けてください」という言葉のうち、相手の行動を指している「助ける」という言葉が敬語になっていません。 ですから、「助けてください」という言葉は丁寧語であっても尊敬語ではないため、目上の人に使う言葉としてはあまりおすすめできません。 もちろん目上の人であっても、親しい間柄であれば、「助けてください」という敬語を使うのも良いでしょう。 ですが、目上の人に話す場合は「助けてください」という表現がベストではないということを覚えておくことも大切と言えます。 メールでの使い方 「助けてください」という敬語は相手の力を借りたいことをシンプルに示しますので、もちろんメールでも使える言葉です。 ただし少しフランクな印象を与えるということはきちんと覚えておきましょう。 メールではもちろん相手の顔が見えませんから、メールの文面を読んで相手がどのような反応をするか知ることができません。 だからこそメール内ではきちんと丁寧な敬語を使うことがより大切になってきます。 メールで「助けてください」という敬語を使う際は、自分から見た相手の立場や関係性をもう一度きちんと認識してから使うようにしましょう。 ビジネスでの使い方 ビジネスの場では「助けてください」という言葉ではなく別の敬語表現を使うのが良いでしょう。 近しい先輩や同僚などに対してであれば、もちろん「助けてください」という表現を使うのは問題ありません。 しかし取引先や上司に「助けてください」という言葉を使うのは失礼な印象を与えてしまうに違いありません。 ビジネスの場では言葉により丁寧さが求められますので、敬語の使い方をしっかりと覚えましょう。 「助けてください」を敬語表現する時の例文 「助けてください」を敬語表現する時は「助ける」という言葉をきちんと敬語に言い換えるべきでしょう。 「助ける」の言い換えとその例文についてお話しします。 ご協力 「ご協力をお願いいたします」という言葉を耳にする機会も多いでしょう。 「協力」は目的に向かって力を合わせ努力することを意味します。 「ご協力」は、「協力」という言葉の頭に「ご」をつけることで敬語となった言葉です。 ご協力という言葉を使った例文としては以下のような表現が挙げられます。 ・〇〇の実現に向けて、ご協力をお願いいたします。 また、ご協力は「助けてください」という意味だけでなく、相手の行動を制限する時にも使うことができる言葉です。 電車やバスの中で「一人でも多くの方が座席を利用できますよう、ご協力をお願いいたします。 」といった注意書きを見かけることもあるでしょう。 柔らかい表現で、相手の言動を制限する場合は「ご協力」という言葉がとてもふさわしいと言えるでしょう。 ご支援 「ご支援のほどよろしくお願いいたします」という言葉も「助けてください」という意味で使える言葉です。 「支援」とは「 苦境にある人を 力を添えて助けること」を意味します。 その「支援」の頭に「ご」をつけた言葉が「ご支援」ということになりますので、相手に「助けてください」という旨を伝える際にはぴったりの言葉でしょう。 ご支援という言葉を使った例文としては、選挙の際によく聞くこのフレーズが挙げられます。 ・皆様の温かい一票をどうか〇〇に投じてください。 ご支援のほどよろしくお願いいたします。 また、ご支援という言葉はビジネスメールなどにも常套句として頻繁に登場します。 経済的、物理的な協力関係がない場合でも社交辞令として「いつもご支援を賜りまして、私共一同心から感謝しております。 」と文頭につけたり、「今後とも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。 」と文末につけることが多いと言えます。 お手伝い 「お手伝いいただければ大変ありがたいです。 」という言葉も「助けてください」と同じ意味で使える言い回しです。 「手伝う」は「他人の仕事を助けてうまくいくように力を添えること」を意味します。 お手伝いという言葉を使った例文としては、以下のような表現が挙げられます。 ・この仕事を午前中に終わらせなければいけませんので、お手伝いいただけますか? このように、「助けてください」という言葉は色々な方法で言い換えることができます。 「ご協力」「ご支援」「お手伝い」はとても便利な言葉ですが、さらに丁寧な「助けてください」の言い換えがあります。 目上の人にはできるだけ丁寧な言葉で話すべきです。 次はより丁寧な「助けてください」の言い換えについてお話しします。 さらに丁寧な「助けてください」の別の敬語表現 「お力添え」や「ご尽力」という言葉を聞いたことがあるでしょう。 この二つが、さらに丁寧な「助けてください」の言い換えです。 自分よりかなり目上の人に話す時は、「お力添え」か「ご尽力」を使うのがふさわしいでしょう。 ご尽力 「ご尽力」は「助けてください」を丁寧に表す時に使える便利な表現です。 「ご尽力」は「目標に向かって力を出し尽くす」「努力」するという意味を持ちます。 ビジネスシーンでも積極的に使える言葉です。 ビジネス上で「努力」という言葉を使うシーンがあった場合、「努力」ではなく「尽力」という言葉を使った方が、きちんと敬語を使うことができる人だという印象を相手に与えることができるでしょう。 ご尽力と尽力 「尽力」には「ご」をつける場合とつけない場合があります。 意味はどちらも同じですが、「ご尽力」は相手に対して使う言葉で、「尽力」は自分に対して使う言葉です。 ですから、「ご尽力」の使い方は「ご尽力いただきありがとうございました。 」や「ご尽力を賜り、感謝しております。 」となります。 「尽力」は自分に対して使う言葉ですから「尽力させていただきます」や「尽力いたします」といった使い方が正しいと言えます。 よくある間違った「尽力」表現 「尽力を尽くします」という言葉を思い浮かべる人もいるでしょう。 しかしこの表現は間違いです。 「尽力」という言葉自体が「力を尽くす」という意味を持っているのにもかかわらず、さらに「尽くします」をつけてしまうと「力を尽くすように尽くします」という重複表現になってしまいます。 「尽力を尽くします」ではなく「尽力いたします」が正しい使い方です。 きちんと理解して正しい敬語を使いましょう。 お力添え 「力添え」は「助ける」の敬語表現です。 「お」をつけることで目上の人にも使える敬語となり、「お力添えいただきありがとうございます。 」と言った表現で使える言葉です。 お力添えという言葉には「手助け・協力」などの意味があり、ビジネスシーンでも使える便利な言葉です。 自分が相手のために何かをする時には基本的には使えない言葉ですから、きちんと覚えておきましょう。 「お力添え」という言葉を使って相手に「助けてください」という時は、「何卒お力添えいただきますよう、よろしくお願い申し上げます」や「〇〇様のお力添えをいただきたく、ご連絡いたしました。 」といった言い方で使うのが正しいと言えます。 「力添え」と「尽力」の違い 「尽力」は「努力すること」を意味するのに対し、「力添え」には「努力」という意味はありません。 ですから、「力添え」は単純に「助ける・協力」という意味だと覚えておくのが良いでしょう。 相手にかなりの努力をして助けてほしい時は「ご尽力」、単にサポートしてほしい時は「お力添え」を使うのが正しいと言えます。 細かな意味の違いはありますが、両方とも「助けてください」と言いたい時に使える言葉ですから、ビジネスシーンでも積極的に使用しましょう。 丁寧すぎると逆に失礼になる場合も? いかがでしたでしょうか。 今回は「助けてください」という言葉の敬語表現についてお話ししました。 フランクに「助けてください」というのも良いですが、相手の立場によって使い分けることが大切だということがお分かりいただけたでしょう。 少し目上の人には、少し丁寧な「ご協力いただければ幸いです。 」や「ご支援のほどよろしくお願いいたします。 」もしくは「お手伝いよろしくお願いいたします。 」を使ってみましょう。 さらに丁寧さが必要なビジネスシーンでは、「ご尽力いただければ幸いです。 」「お力添えをよろしくお願いいたします。 」と使ってみましょう。 敬語を正しく使うことは、相手を敬い失礼のない態度で接するためにとても大切です。 敬語をすぐにきちんと把握するのはとても難しいことだと言えるでしょう。 敬語で話さなければいけないシーンがいつ訪れても良いように、日頃から正しい表現を使う努力が大切と言えます。

次の

「助かります」は間違い!目上の方への正しい敬語表現は?

助ける 敬語

「お手伝い」の敬語表現について説明する前にご存知の方も多いと思いますが、簡単に敬語について説明します。 敬語は大きく分けて「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の三つに分類することができます。 「尊敬語」は目上の方に使い、「謙譲語」は自分や身内(目下の人)に主に使います。 そして「丁寧語」は誰に対しても使えます。 敬語について 尊敬語 謙譲語 丁寧語 使用方法 目上の人に使う 相手を立てるときに使用 自分がへりくだり、相手をたてる 相手に対して丁寧に話す言葉 使う相手を問わない 行為をする人 自分が相手に対して 相手をたてるために自分がへりくだる 問わない 例文(する) なさる、される いたす します (聞く) お聞きになる 拝聴する、うかがう 聞きます 以下の記事は「この間」の言葉について解説しています。 タイトルは「「この間」」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】」です。 こちらの記事では敬語だけでなく類語も紹介しています。 あわせてご覧くださいね。 関連記事をご覧いただいた後は、「手伝う」の敬語表現についてご覧ください。 つづいて謙譲語ですが「する」の謙譲語「いたす」を足して「お手伝いいたします」、もしくは「お手伝いさせていただきます」です。 謙譲語の「お手伝いさせていただきます」の表現を使用するときはどのような場合なのでしょうか。 文化庁の【敬語の指針】によると【させていただくといった敬語の形式は、基本的には自分側が行うことを、相手又は第三者の許可を受けて行いそのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合に使われる】と記載があります。 そのため「お手伝いさせていただきます」の表現を使う場合は上記の背景があることが前提です。 何かを手伝う際に「お手伝いさせていただきます」の表現を使いたいけれど、「お手伝いいたします」どちらの表現を使用すればよいか迷ったときは「お手伝いいたします」の表現でも構いません。 「お手伝いいたします」でも相手への表敬の意は変わりません。 「手伝う」尊敬語の表現について つづいて「お手伝いいたします」は自分が相手を高めるために敬意をもってへりくだる使い方をします。 例・自分(私)「課長先ほどのプロジェクトのお手伝いをいたします」こちらは先ほどの「させていただきます」の表現でもよいです。 例・「課長先ほどのプロジェクトのお手伝いをさせていいただきます」といった使い方です。 丁寧語の使い方ですが、こちらは誰に使うか問いません。 ですので目上の人でなくても、初対面の相手、自分より年上の方、丁寧な表現を述べたいときに使うと良いでしょう。 例・「こちらの掃除のお手伝いをします」などです。 丁寧語は日常で使っている方も多いと思いますので一番なじみがあるでしょう。 「お手伝い」の敬語の例文について 敬語の使い方でも少し例をあげましたが、詳しく「手伝う」の敬語の例文を紹介します。 繰り返しになりますが、尊敬語は敬意をはらい、相手を高めますので改まった場面で使用することが多いです。 例・「A先生はB先生の作業のお手伝いをなさっています」「C博士はD教授のお手伝いをなさっています」などといった表現です。 つづいては「お手伝いいたします」の例文です。 例・「私はこの作業のお手伝いをいたします」「このプロジェクトは重要ですので、お手伝いさせていただきます」というように、こちらは自分がへりくだることで相手への敬意を表します。 最後に「お手伝いします」の例文です。 丁寧語は日常生活の中で使いやすい言葉です。 目上の方だけでなくあらたまった間柄の方にも使えます。 また初対面の人にくだけた表現は使えませんので丁寧語を使いましょう。 例・「こちらの片づけのお手伝いします」「手が空いているのでお手伝いします」といった形です。 かしこまりすぎず、やわらかい表現で感謝の気持ちを伝えましょう。 メールの件名は相手にみてもらえるように「お手伝いいただきありがとうございました」「お手伝いのお礼のメール」などにしましょう。 以下は例文です。 件名・お手伝いいただきありがとうございました Aさんへ 今回は私のためにBについてお手伝いいただきありがとうございました。 ご協力いただいたおかげで無事に終えることができました。 お忙しい中お手伝いいただいたこと、本当に感謝しています。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。 めっきり冷え込んでまいりましたのでどうぞお体に気をつけてお過ごしください。 Cより 親しい相手とはいえ、丁寧語を使うなどして、くだけた文章になりすぎないように気をつけましょう。 とはいえ、難しくしすぎたりあらたまりすぎると感謝の気持ちが伝わりにくくなります。 感謝の気持ちを素直に、そのまま言葉にしましょう。 また文末には時候の挨拶を入れて、締めの言葉を添えましょう。 上記に加え、実際のエピソードを一文加えるとより親しみがわきますので上記の例文のままではなく「お手伝いいただいたときには、雑談もして作業がより楽しくなりました」「Aさんに会えて家族も喜んでいました」などそのときのエピソードを加え、メールがかしこまりすぎないようにするとより良いでしょう。 この場合礼儀正しい文章を送るよう心がけましょう。 親しい相手に送る際に「件名を相手にみてもらえるように」と説明しましたが目上の方に送るメールも注意が必要です。 例・「お手伝いのお礼」「お力添えいただきありがとうございました」などです。 また、お礼のメールは早めに送るとよいでしょう。 メールでのお礼が遅くなってしまった場合は「お手伝いのお礼が遅くなり申し訳ございません」と一文を添えて目上の方の厚意に対して配慮しましょう。 礼儀をわきまえるのは基本ですが定型文だけでまとめた文章などではなく感謝の気持ちを素直に伝えましょう。 以下は例文です。 件名・お手伝いのお礼 A様 先日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございました。 Bについてなかなか進まず苦慮していたところ、A様に助けていただきとてもうれしく思っております。 本当に感謝しております。 ありがとうございました。 本格的な寒さが近づく時節ですが、風邪など召されぬようどうぞご自愛ください。 今後もお力添えいただきますようよろしくお願い申し上げます。 C月D日 E山F郎 目上の方にも、厚意に対して感謝の気持ちを伝えることは礼儀ですが大げさな表現やまわりくどい表現は不自然に感じられます。 せっかくの感謝の気持ちがそのまま伝わらなくなってしまうことは避けたいですよね。 目上の方にメールを送るのは略式ですのでメールだと失礼な印象を与えてしまう場合には葉書や手紙を用いましょう。 お手伝いの敬語表現は相手によって使い分けましょう ここまでお手伝いの敬語表現・使い方・例文についてご覧いただきましたがいかがでしたか。 敬語は相手によって使い分けることが大切です。 敬語の基本【「尊敬語」は目上の方、相手を立てるときに使う、「謙譲語」は自分がへりくだることで相手を高める、「丁寧語」は丁寧な表現で使う相手を問わない】をまず覚えましょう。 現在はメールでの連絡が主流になってきています。 メールは手軽ではありますが、その中でも礼儀をきっちりとわきまえ、敬語を正しく表現しましょう。 メール・日常の会話・手紙のやりとりでもコミュニケーションが円滑にいくようになると良いですね。 最後に、以下の関連記事では【時候の挨拶】12月、1月の季節の挨拶と季語、手紙の書き出しについても紹介しています。 助けていただいたとき、お手伝いさせていただいた場合など、目上の人へのメールでのお礼はマナーとしては略式ですので、手紙などが適切な場合にはぜひ参考にしてください。

次の