もしも アフィリエイト。 アフィリエイト初心者に ASP もしもアフィリエイトをおすすめする6つの理由

カエレバ導入でもしもアフィリエイトの破壊力を思い知らされた|ちかどころ

もしも アフィリエイト

もしもアフィリエイトを経由するメリット・デメリット ここでは、 Amazonと 楽天を使用する物販アフィリをする場合を考えて「もしもアフィリエイト」という両者を仲介できるASPを取り上げていきます。 他のASP 「A8. net」等の大手も仲介可能ですが、紹介料率が本家より低いので除外して考えます。 面倒かもしれませんが、「 利益」に関わる事項なので最後まで読み、理解してから登録リンク貼り変えをすることをおすすめします。 Amazonともしもアフィリエイトの 紹介料比較 まず初めに誰もが確認する、利益の部分「紹介料」を確認していきます。 もしもアフィリエイトを通した場合と、直接Amazon・楽天で提携した場合を比べていきます。 もしもアフィリエイトを通してAmazonと提携した場合 念のため両方のデータを書き出しました。 目を凝らし比べてみたと思いますが、そうです。 Amazonに関しては紹介料はどちらもまったく同じです。 もしもアフィリエイトのW報酬制度 もしもアフィリエイトでは報酬の10%を上乗せしてくれる「W報酬制度」というものがあります。 残念ながらAmazon. jpは対象外ではありますが、楽天や他提携先の売り上げの10%上乗せはかなり大きいです。 楽天アフィリエイトともしもアフィリエイトの比較 まず、楽天アフィリエイトは結構複雑で、一概に比べるのは難しい。 簡単に説明します。 楽天と直接提携した場合の紹介率 楽天アフィリエイトにおける紹介率(楽天内では料率という名称)は、Amazonのジャンル分けとは違い、各ショップが設定出来るためその率が違います。 そしてパートナー(アフィリエイター)の「料率ランク」というものが存在します。 Sランク:1億以上• Aランク:1000万以上 1億未満• Bランク:100万以上 1000万未満• Cランク:5万以上 100万未満• Dランク:5万未満 以上のように、前月の売り上げ額によってランク付けされます。 相当売り上げる猛者でない限りランクを上げるのは困難は金額のように見えますが、C〜Bあたりまでなら、真剣に取り組めば個人でも不可能な数字ではありません。 そして、料率はショップごとに異なりますが、基本的には「1%」が多いですが、中には5%〜50%なんてのもいろいろあります。 そして、ランクが上がればその%が上がる仕組みになっています。 また、仮に料率が1. 「一生懸命説明文書いて、料率高いとこ選んだのに!」と思っても、消費者は安いところで買うのが常であり、楽天のcookieは30日有効なので違うページで買われる可能性もより上がる、というような場合もあるのです。 複雑かつ面倒です。 もしもアフィリエイト経由で楽天と提携した場合の紹介率 固定で「1%」です。 固定です。。。。。 1%です!!! ここは憶測ではありますが、「もしもアフィリエイト」さんはお小遣い程度を稼ぐ個人アフィリエーターの大きな見方で、それを束ねることで「もしも」さんの売上額が増えて料率ランク(売り上げランク)が高くなる+料率の差額も発生する、ここで利益を多く上げているのではと思います。 「素晴らしい」と見るか、「損だな」と見るかは、 アフィリエーターの稼ぐ金額やスタイルで大きく変わってきます。 もしもアフィリエイトに登録すると審査が特になくボタン一つですぐに楽天と提携が出来ます。 Amazonもボタン一つで提携申請できますが、審査期間を要します。 ここは一つのポイントです。 何故かと言うと、面倒な事を全て排除してくれるので 「もしも」さん側は楽天で稼ぎたいから、そのようなハードルを下げもしもに登録するメリットとしているのが理由ではないかと推測します。 また、 AmazonはW報酬対象外なのに対し、 楽天ではW報酬対象になっている事も 一つのポイントです。 (詳細は下記で) A8. netは紹介料率でマージンを抜く、もしもアフィリエイトは楽天の紹介料の差とランクを一気に上げる事により利益を上げる。 このようにどこかを通すとそれなりのメリットとデメリットが存在するのです。 もしも・楽天・ Amazon支払い条件などの詳細比較 紹介料の説明をしましたので、そこでのマージンの差がどのようになるか大まかに理解出来たと思います。 さて、支払い関係や条件等一気に比較していきます。 楽天に関しては少し複雑です。 かなりトリッキーなので少し補足します。 手間だと思う方もいるかもしれませんが、まず 楽天銀行口座を開設する必要があります。 (報酬支払いの前月末まで口座開設が完了している場合)• (報酬支払いの前月末まで口座開設が完了していない場合)• 100万売り上げたら翌月にランクも上がります。 これが手元に入るキャッシュ収入になります。 しかしここでも問題があります。 楽天キャッシュを換金するにあたり、楽天プレミアムというものに入会する必要があり、それは楽天のクレジットカードを作って、 年会費3,900円 税込 を支払う必要があります。 いちいち面倒くさいです。 楽天さん。 月間成果報酬が10万ポイントになれば全額現金化可能と書いてますが、ここでも問題が。 弊社のサイト審査を通過した方 3. 審査通過後、所定の本人確認書類及び同意書を期限内にご提出いただいた方 報酬10万円ってかなりですよね。 しかもそれが3ヶ月。 もう、ここまでされると手軽には出来ませんね。 「企業のみを相手にして個人は相手にしない」というようなスタンスに見て取れます。 それを踏まえて考えた時にどちらがいいのかという事にもなってきます。 もしもW報酬込みの利益比較 【楽天で10万売り上げた仮定で1%だった場合】 3000pt分は抜きで考えた場合です。 10万はだいたい2500円を月50個くらい。 10万だとランクが上がるので、翌月、仮に楽天が平均2%だったら• もちろん企業対企業なのでAmazonと「もしも」には何かしらのマージンなど利益が発生しているかと思いますが、以上を踏まえて表面上だけで見たとしても Amazonではアフィリエイター側に金銭的メリットがあるのに対し、 楽天では金銭的ではなく作業的メリットがあるのが分かります。 もしもアフィリエイトは情報系のアフィリエイトなども色々あり、私個人としては登録しておいて損は無いおすすめASPです。 考察 検索してサイトを見て回ると「もしもアフィリエイトにすべき」と皆同じように口を揃えて言いますが、実際は全てがそうではありません。 まぁ、紹介料目当てでしょう。 広告を全部張り替えて疲れた〜と書かれている方も見受けられますが、Amazonメインまたは、物販アフィリに力を入れていない、楽天の売り上げをそこまで見込んでいない方なのだと思われます。 楽天でお小遣い程度の微々たる収入しか見込んでいない場合• Amazon収入が多く楽天はカバーする程度• 細かいのが面倒で、売り上げが落ちてもまとめてくれた方がいい• 広告数は少ないが、他にも広告をまとめて載せたい このような場合は、もしもアフィリエイトにするべきでしょう。 「素晴らしい」「初心者の向け」「個人アフィリエイター向け」という見方をする場合はこのような理由で、「もしも」をおすすめする理由は正しくなります。 楽天とAmazonを一括にまとめて受け取る事ができ、管理も簡単、現金化のハードルが低い、などの理由で 初心者、ライトアフィリエーターには向いています。 なので物販アフィリで Amazonだけ見れば「もしもアフィリエイト」の登録は必須でしょう。 もし本腰をいれて楽天でも稼ぎたい、長い目で見て稼げるようにしたいと考えた場合はかなりの損なので、手間を惜しまずやれる方は 楽天は楽天で提携した方がよいでしょう。 とにかく楽天は面倒なのがお分かりかと思います。 楽天の為にSEOを頑張ってサイトを作り上げても疲れるだけ、とも言えます。 簡単に言えば「真剣にパートナーしてくれなきゃ、まともな報酬出さないよ」ってことですね。 以上を踏まえた上で、次はAmazonや楽天、もしもアフィリエイトの登録方法から、両方を同時に使う為に使用する「カエレバ」の説明をしていきます。

次の

もしもアフィリエイト経由で楽天アフィリエイト自己購入してしまった話

もしも アフィリエイト

ダブル報酬制度 なんといっても、「もしもアフィリエイト」の最大の特徴は、 です。 ダブル報酬制度というのは、通常の報酬に加算されて、報酬確定時に「10%ボーナス」が加算されて銀行口座に振り込まれます。 ちょっと、言葉ではわかりづらいので図に書いてみました。 例えば、通常のASPなら、通常報酬が10万円なら振り込み時も10万円が支払われます。 けれども、「もしもアフィリエイト」なら、10万円の通常報酬があったとしたら、振り込み時には10%プラスされての11万円が振り込まれます。 他のASPに、全く同じ報酬額の広告があったら、「もしもアフィリエイト」の広告を貼った方が、それだけで1割報酬が上がります。 これが実際に受け取ってみると、実に嬉しいです。 実際、とある「クラウド会計ソフト」などは、A8ネットなどで、「有料会員登録獲得一件につき1000円」なんですけど、もしもアフィリエイトでも同じく1000円になっています。 ASPの貼り付けるリンクを変えるだけで、これまで獲得してきた報酬より10%増が見込めることになります。 楽天やAmazon広告報酬でも10%増 このダブル報酬は、楽天やAmazonの報酬が入っても、10%プラスされます。 特に楽天は、報酬は売上金額の1%に収束します。 仮に楽天アフィリエイトで1万円の報酬を得ているとしたら、広告をもしもアフィリエイトのものにすることで、1万1000円と10%増を見込めます。 残念ながら、現在は報酬が改定されてAmazonにダブル報酬制度は適用されなくなりました。 ただし、楽天はダブル報酬の対象です。 サイトにあった広告を提案してくれる 「もしもアフィリエイト」には、自動マッチングツールというものがあります。 Google検索結果からの広告提案 それは、もしもアフィリエイト側で「サイトに合った広告」を以下のように提案してくれます。 広告の提案だけなら、他のASPでも普通にあります。 けれど、「もしもアフィリエイト」の提案は、「様々なキーワードのGoogleの検索順位」を裏付けとして、広告の提案がなされています。 僕自身は、Googleのキーワードランキングチェックは、で行っています。 2018-11-29 23:44 GRCは、自分の想定の範囲内のキーワードチェックをするのには便利です。 けれど、もしもアフィリエイトの「自動マッチング」ツールは、「自分の想定していなかった意外な上位キーワード」とともに広告を提案してくれるので、「おっ!うちのサイト、こんなキーワードで上位に表示されているのか!ならこの広告を貼ってみよう」なんて判断が、とてもしやすいです。 メールで定期的に広告提案が来る また、わざわざ「もしもアフィリエイト」のサイトに行って、チェックする必要もなく、メールにて定期的に「サイトにマッチするキーワードから想定される広告」を知らせてくれます。 これが、結構良い「気づき」になります。 自分の想定外の上位キーワードを知ることができて、「もしもアフィリエイト」の広告を貼るとか貼らないとかは関係なく、記事を書くきっかけになったりするなんてこともあります。 操作が簡単 「もしもアフィリエイト」は、サイトの作りもとても簡単です。 サイト表示や検索が早い とりあえず広告を探すときは、サイト上に必ずある検索ボックスにキーワードを入力して検索すれば、何とかなるようになっています。 そして何より、検索などのスピードが早いというのも地味に嬉しいです。 大手のASPだと、中には検索が重たくて、「待っている時間がもどかしい」なんてサイトもたまにあります。 もしもアフィリエイトは、検索スピードは、大手に比べてかなり早くできていると思います。 どこでもリンク機能が便利 また、これもかなり嬉しいのが、提携サイトのどのページへもリンクを貼れる「どこでもリンク」機能があることです。 この「どこでもリンク」は、提携先のサイトであれば、どの場所でもリンクを貼ることができます。 例えば、いろいろな商品を売っているサイトであれば、商品の個別ページに直接アフィリエイトリンクを貼ることができます。 ですので、購入行動までの導線を短くすることで、成約率を高めることができるようになります。 インターフェースも以下のようにいたってシンプルです。 「リンク先URL」と「リンクテキスト」さえ入力すれば、手軽に「好きなページへのテキストリンク」を作成できます。 「もしもアフィリエイト」では、この「どこでもリンク」機能を使うことができる提携サイトが、かなり多いです。 ただ、「もしもアフィリエイト」の「どこでもリンク機能」が、最も使いやすく、動作も軽いので気に入っています。 もしもアフィリエイトの難点 これだけ「もしもアフィリエイト」への良いところを書いてきたので、難点も挙げておこうと思います。 それは、やはり大手の やに比べれば、広告数は少ないです。 ただ、逆に大手ASPには無いのに、「もしもアフィリエイト」にはある広告も多数存在しています。 ですので、いろいろなASPと契約しながら、広告の存在を調べつつ、同額報酬であれば、「もしもアフィリエイト」でアフィリエイトリンクを作成するというのが、少しでも収益パフォーマンスを上げるには良いと思います。 実際に僕もそのようにしています。 たまに報酬額が少なくなっている広告もあるので、そこらへんはよく広告を吟味する必要があると思います。 まとめ 以上のことから「 」は、中堅ASPとしては、最もオススメできるサービスだと思います。 ここにしかない広告も結構あるので、大手ASPとあわせて、提携しておいて損はないと思います。 あとやっぱり、ダブル報酬制度は振り込まれた時の嬉しさというか、お得感は格別です。 振り込みメールが来て、通常報酬額の10%ボーナスが加算された振り込み額を見ると、つい口元が緩んでしまいます。 というわけで、「少しでも報酬アップを図りたい」という場合は、とりあえずもしもアフィリエイトで広告を探してから、他のASPで探してみることをおすすめします。 サイト.

次の

もしもアフィリエイトの9つのメリット・デメリット【まとめ】

もしも アフィリエイト

かなりメリット多いと感じています。 「かんたんリンク」を使用する際に各ネットショッピングのアフィリエイトと提携する必要がありますが 『 』は 審査の厳しいAmazonにも通りやすいメリットがあります。 「かんたんリンク」の使い方 カード型リンクの作成方法 Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングと提携が済んだ状態という前提で説明させて頂きます。 『もしもアフィリエイト』のトップ画面より「かんたんリンク」に入ってもらいます。 「かんたんリンク」画面でキーワードを入れます。 キーワードに「アフィリエイト」を入れて試してみます。 目的の商品が出てきたら商品の上でクリックして下さい。 これで商品リンクの出来上がりです! 下記に表示されたように、かんたんにリンクを作ることができます。 ショッピングでは表示されないケースがありますのでこの時点で楽天・Yahooボタンをクリックしてチェックして下さい。 Amazonでは商品ページが出ますが 楽天とYahoo! ショッピングでは商品検索ページが出ます。 下記のような画面が出れば問題ありません。 こちらで 「かんたんリンク」の作成から貼り付けは完了です。 反映しているか念のためプレビューでチェックして下さいね。 楽天・Yahooで検索画面が出ない場合の対応方法 楽天やYahooで検索画面が出ないケースがあります。 Amazonでの商品名が複雑になっている時に比較的、起きやすいようです。 商品が検索できないと 商品が表示されませんので修正する必要があります。 商品名の頭に所にカーソルを持っていくと 鉛筆マークが出てきますので、クリックすると商品名が変更可能となります。 ) 楽天・Yahooボタンを押し商品検索ページが出ましたら問題ありません。 「かんたんリンク」のデザイン変更 次に 「かんたんリンク」のデザイン変更を説明させて頂きます。 easyLink-box div. easyLink-info p. easyLink-box div. 不明点に関しては、たまに問合せをすることがありますがレスポンスも早く助かっています。 「かんたんリンク」は、物販のアフィリエイトを考えている特に初心者の方におすすめです。

次の