目の塗り方。 眼軟膏の使い方

【メイキング】自分流!目の塗り方【目イキング】

目の塗り方

そして、 解説しているレイヤーで使用している色を、左下のカラーサークルで表示しています。 どのレイヤーに描いているのか、レイヤーの位置関係や色、レイヤーのモードまで見れるようになっています。 Gペンやバケツツールがいいと思います。 作成したレイヤーを下のレイヤーでクリッピングします。 画像のように、まつげの下にべたっと塗ります。 (まつげから落ちる影です) ペンは濃い水彩筆をデフォルトで使っています。 濃い水彩筆は輪郭がぼやけているので、自然とそれっぽさが出ます。 Gペンのはっきりとした輪郭と使い分けるのが良いと思います。 まつげの影の縁を、 赤系の色で縁取ります。 ペンは濃い水彩筆です。 色が濃すぎた場合は、レイヤーの不透明度をいじって調節します。 不透明度は画像に示すバーを動かすことで調節できます。 描いた赤線の上半分を 「色混ぜツール」の「ぼかし」を使って、上へ向けてぼかします。 クリッピングはしないでください。 瞳の色のベース色をべた塗りします。 エアブラシで上側が濃くなるようにぼんやりと塗っていきます。 なんとなくで大丈夫です。 濃い水彩筆でまつげの下にがっつり影を付けます。 瞳の外側が濃くなるようにエアブラシで調節します。 目の一番濃い部分よりも、ほんの少しだけくらい色を使います。 通常レイヤーに塗るので、濃い色でないと明るくて目立ってしまうからです。 色はスポイトで「表示色を取得」を使えば選びやすいです。 スポイトの詳しい使い方は下の記事をどうぞ。 適当で大丈夫です。 このイラストも楕円ツールを使っています。 瞳の下半分をエアブラシで明るくします。 明るくしすぎたらレイヤーの不透明度で調整します。 濃い水彩筆で瞳孔周りに光を描きます。 濃い水彩筆で、上半分に大きくハイライトを入れます。 濃すぎた場合はレイヤーの不透明度を下げて調節します。 不透明度は画像のようにバーを動かすことで調整できます。 目の下半分にエアブラシで光を入れます。 目の左上と右下にハイライトを入れました。 このイラストは 光が左上からあたっている想定なので、左上にハイライトが入っています。 画像の例では濃い水彩筆で描きましたが、Gペンで描くのもハッキリして良いと思いますので、お好みでどうぞ。 注意 レイヤーを線画レイヤーの下に作成した場合 ハイライトのレイヤーを線画レイヤーの下に作成した場合、黒目のラインがハイライトで隠れずに見えてしまうので注意が必要です。 このようなレイヤーの位置関係については、下の記事で解説しています。

次の

9.キャラクターと目の塗り by ClipStudioOfficial

目の塗り方

そして、 解説しているレイヤーで使用している色を、左下のカラーサークルで表示しています。 どのレイヤーに描いているのか、レイヤーの位置関係や色、レイヤーのモードまで見れるようになっています。 Gペンやバケツツールがいいと思います。 作成したレイヤーを下のレイヤーでクリッピングします。 画像のように、まつげの下にべたっと塗ります。 (まつげから落ちる影です) ペンは濃い水彩筆をデフォルトで使っています。 濃い水彩筆は輪郭がぼやけているので、自然とそれっぽさが出ます。 Gペンのはっきりとした輪郭と使い分けるのが良いと思います。 まつげの影の縁を、 赤系の色で縁取ります。 ペンは濃い水彩筆です。 色が濃すぎた場合は、レイヤーの不透明度をいじって調節します。 不透明度は画像に示すバーを動かすことで調節できます。 描いた赤線の上半分を 「色混ぜツール」の「ぼかし」を使って、上へ向けてぼかします。 クリッピングはしないでください。 瞳の色のベース色をべた塗りします。 エアブラシで上側が濃くなるようにぼんやりと塗っていきます。 なんとなくで大丈夫です。 濃い水彩筆でまつげの下にがっつり影を付けます。 瞳の外側が濃くなるようにエアブラシで調節します。 目の一番濃い部分よりも、ほんの少しだけくらい色を使います。 通常レイヤーに塗るので、濃い色でないと明るくて目立ってしまうからです。 色はスポイトで「表示色を取得」を使えば選びやすいです。 スポイトの詳しい使い方は下の記事をどうぞ。 適当で大丈夫です。 このイラストも楕円ツールを使っています。 瞳の下半分をエアブラシで明るくします。 明るくしすぎたらレイヤーの不透明度で調整します。 濃い水彩筆で瞳孔周りに光を描きます。 濃い水彩筆で、上半分に大きくハイライトを入れます。 濃すぎた場合はレイヤーの不透明度を下げて調節します。 不透明度は画像のようにバーを動かすことで調整できます。 目の下半分にエアブラシで光を入れます。 目の左上と右下にハイライトを入れました。 このイラストは 光が左上からあたっている想定なので、左上にハイライトが入っています。 画像の例では濃い水彩筆で描きましたが、Gペンで描くのもハッキリして良いと思いますので、お好みでどうぞ。 注意 レイヤーを線画レイヤーの下に作成した場合 ハイライトのレイヤーを線画レイヤーの下に作成した場合、黒目のラインがハイライトで隠れずに見えてしまうので注意が必要です。 このようなレイヤーの位置関係については、下の記事で解説しています。

次の

【クリスタ】初心者向け!簡単で見栄えのいい目の塗り方【丁寧解説】|ゆうりブログ

目の塗り方

これがないと、ぼやけた感じになってしまいます。 まず中心に楕円っぽい丸を描いてください。 このように中心部分だけでもいいんですが、わたしの場合は大抵上の部分も塗ります。 中心に描いた楕円と同じ描画色で、画像の赤の点線のように山を描いて… 塗りつぶし。 白を選んで、目の上あたりにふたつくらい光を入れてみましょう。 下にも小さめの光をふたつ。 目に力が出ましたね! 基本の目はこれで完成です! ポイント 反射部分の描き込みは、瞳の色の濃い部分と薄い部分、どちらにもまたがる方が透け感が増して奥行きが出ます。 少し物足りないな…という方は、もう少し描き足しても構いませんので自分で調整してみてください。 わたしは小さな光をいくつか描き足してみました。 これで光の反射の描き込みは完了です! 目のフチの色を変えてみよう! やらなくてもいいのですが、より描き込んだ感が増すわりに、大した手間でもないので一緒に覚えてしまいましょう。 これで新規レイヤーに描いたものは目のフチレイヤーからはみ出すことがなくなりました。 クリッピングについてはこちらの記事で詳しく解説しています。 選ぶペンはエアブラシ。 どのエアブラシでも大丈夫ですが、今回は「 エアブラシ(標準)」を選択しました。 描画色ですが、いくつか選択肢があります。

次の