銀レウス 弱点。 【モンハンワールド:アイスボーン】リオレウス希少種/銀レウスの弱点・素材・攻撃パターン

【モンハンワールド:アイスボーン】リオレウス希少種/銀レウスの弱点・素材・攻撃パターン

銀レウス 弱点

今回は 金銀レウスレイアの対策装備をご紹介します。 防具は EXテオを3種用いるので、 まだ作成できていない方は、まずテオから討伐しにいきましょう。 では、さっそく装備のご紹介・・・と言いたいところですが、 まずは 銀レウスを狩猟するうえでの 「必須スキルとあれば便利なスキル」を紹介しておきます。 気絶無効• まず、 火耐性が20以上ないと、怒り時の地面に残るブレスで乙りますw あのブレスはしばらく地面にエフェクトが残り、 その中にいるだけで 継続的なダメージ(熱ダメージ無効では防げない)を受けてしまいます。 そして更に 火属性やられにもなるので、そのダブルダメージで体力がゴリゴリ削られますw 一応 火耐性50でも挑んでみましたが、継続ダメージはやはり防げませんでした(ダメージ量はかなり軽減できる) また、レウス・レイア希少種は肉質が硬いので、 心眼があったほうが弾かれモーション事故が減ります。 気絶無効と 毒無効(耐性2以上)は被弾した時のハメられ事故防止スキルです。 連続攻撃が激しい上に威力が高いので、特に気絶してしまうとほぼ乙ってしまうのでw さて、スキル説明はここまでに装備紹介にうつります。 匠の護石• 耐熱の装衣• 転身の装衣 ースキル一覧ー• 見切り7• 弱点特攻3• ガード性能3• 爆破属性強化2• 熱ダメージ無効• 火耐性1• 力の解放1• 攻めの守勢1• ガード強化(抜けてましたw• (マルチ時はひるみ軽減) スロットに余裕を持たせてこれらのスキルです。 装備防具は全て火耐性が高い(合計火耐性値14)ので、 火耐性1スキルを付けるだけで火耐性が20になります。 ー装飾品一覧ー• (マルチ時はひるみ軽減) 空スロットはご自由にどうぞ。 そして 匠珠を2つ付けていますが、なくても大丈夫ですw 心眼が付いていれば白ゲージだろうと何だろうと弾かれません。 しかし、もしどちらもの装飾品も所持していない方でも問題ないです。 が、作れていない場合は初期が白ゲージ以上であればどの武器でもOKです。 ースキル一覧ー• 見切り7• 毒耐性3• 体力増強3• 弱点特攻3• ガード性能3• 爆破属性強化2• 熱ダメージ無効• 火耐性1• 力の解放1• 攻めの守勢1 金レイアの場合は 毒攻撃頻度が高い(サマーソルト祭りw)ので 毒無効があると非常に便利です。 毒耐性2でも目に見えて毒ダメージ量が減少(緩やかになる)するので、毒無効までは付けなくていいかもしれません。 あと、 レウスと違ってガード強化は必要ないです。 ー装飾品一覧ー• 心眼珠 空スロットはご自由にどうぞ。 レウスとレイアはメイン攻撃が大きく違いますが、それ以外はあまり変わりません。 いや、体感レウスの方が降りてこないかもしれませんがw なので、装備もスキルも似たような構成になってしまいました(てへぺろ いやしかし現状 達人芸+匠5が強いのでテオ3種はにどうしてもデフォルト装備となってしまいます。 達人芸や業物がないと紫ゲージの維持が困難なので・・・ 何かほかにも選択肢が増えるといいのですが、 とりあえず 10月10日に配信されるラージャンの防具に期待ですね! では、おつかれろんり~!.

次の

【MHWI】最短3分!リオレウス希少種の『銀火竜の靭尾』を効率よく集める方法【アイスボーン攻略】

銀レウス 弱点

攻撃パターン 動き 威力 属性 追加効果 突進 ハンターに向かって突進してくる。 若干の追尾性能を持つ。 リオレイアの突進と同じ。 攻撃終了時、バックジャンプブレスをすること尾が多いので注意。 疲労状態のときは、あまりバックジャンプブレスには繋がらない。 噛みつき 首をねじって噛み付く。 モーションが大きく、威力は小さい。 尻尾回転 おなじみの180度回転、2回攻撃。 リオレウス希少種は時計回りと反時計回りの 両方に回すので、注意が必要。 また、閃光玉で混乱させているときは何回も回すことがある。 火の弾ブレス 正面に向かってブレスを吐く。 火弾そのもの、爆発時の風圧、爆発後の熾火にそれぞれ 当たり判定があり、火弾>爆発>熾火の順で威力ある。 バックジャンプブレス ブレスを吐きながら後ろに向かって飛ぶ。 出が早く、回避するのは困難。 リオレウス原種と違い、疲労していない場合は高確率で使用する。 滑空突進 滑空しながら突進してくる。 疲労時は突進後、倒れこむ。 拘束攻撃 空中で二回はばたき、キックをして、命中したら捕食する。 最後に火の弾ブレスを吐く。 拡散ブレス 着弾後に拡散するブレスを発射する。 発射前の鳴き声で判別可能。 怒り時に使用頻度が上昇。 空中ブレス 単発又は3発の火炎ブレスを吐く。 3発のほうが多い。 正確に狙ってくるため真下にいても気が抜けず、 3発の場合は拘束攻撃に派生する事もあるため スタミナの残量には気を配っておく必要がある。 毒爪キック 原種と同様に単発のみの場合と、攻撃後に大きく回り込む動作のあと拘束攻撃に 派生する2パターンがある。 単発の場合は離陸後に大きく後ろに下がる 予備動作があるので、離陸したあと上方向を注視していれば避けられる。 当たると毒&確実に気絶。 強襲に当たれば吹っ飛ぶので 拘束攻撃に派生しても拘束される事はない。 気絶、毒 ダイビング 飛びながらエリアの周りを1周した後、猛スピードで滑空突進してくる。 バインドボイス(地上) 咆哮(小)。 怒り状態になった時に使用する。 同時にバックジャンプブレスを使用し、 避けるのは困難。 バインドボイス(空中) 咆哮(小)。 飛行時に使用。 隙が少なく、すぐに攻撃してくる。 リオレウス希少種攻略方法 行動パターン 最初はエリア~にいることが多い。 HPが減ると~に逃げ、~で眠る。 移動エリア:~、~、~。 共通項目 リオレウス希少種の頭は非常に硬く、ダメージが通りにくいので、 体を狙ったほうが速く討伐できる。 切断属性の攻撃の場合、斬れ味が白であっても、頭を攻撃すると弾かれてしまいます。 打撃属性は切断とは逆で、切れ味ゲージが青色なら頭部は弾かれず、尻尾は白色でも弾かれます。 頭部の破壊は大タル爆弾G2x2と大タル爆弾x2で丁度破壊出来るので、罠と併用しましょう。 リオレイア希少種よりも多く飛ぶ傾向があり、尻尾切断に時間がかかります。 また、なかなか一つの場所に留まらず、よく動き回ります。 この立ち回りでバックジャンプブレスを喰らう確率は大きく下がります。 また、いつでも リオレウス希少種の尻尾のほうへ回避行動がとれるように意識して動きましょう。 部位破壊ですが、頭は罠にかけて爆弾で破壊したほうが無難です。 翼爪は懐に飛び込む際に翼の付け根辺りを狙うことで、難しいですが破壊可能です。 尻尾の切断は転倒中くらいしか狙えず、ダメージを蓄積させることも難しいので狙わないほうが無難です。 大剣 太刀 スラッシュアックス 双剣 ハンマー 頭は硬いですがスタンまでの耐性値は低く、斬れ味ゲージ白なら弾かれません。 2,3回縦3を入れればスタンします。 頭を攻撃してスタンさせたら 脚を攻撃していきましょう。 ランス ガンランス 狩猟笛 ライトボウガン 無属性の弾と属性弾では弱点が異なるため使い分ける必要があります。 それぞれの弱点箇所、無属性弾では足を、属性弾、特に電撃弾では頭や翼を狙ってください。 特に足を狙う場合は転倒も狙えるので、積極的にいきましょう。 空中でホバリングしているときは、ブレスがよく飛んでくるので、全力回避するくらいの 立ち回りで良いです。 弱点は足なのでオトモをおとりにするのも良いでしょう。 脚に電撃弾を撃つだけで、討伐できる速さがグッと縮まります。 ヘビィボウガン ライトボウガンと同じく弾によって狙う場所を変えていきましょう。 武器は峯山龍砲、王牙砲撃【山雷】、パッチペッカー辺りがお勧めです 弓.

次の

【MHWアイスボーン】属性ライトボウガンのスキル構成について

銀レウス 弱点

2019年10月5日 2019年12月7日 皆様お疲れ様です!バリーです! 本日は 慣れていない方に向けて銀レウス攻略について書いてみようかと思います。 ご存じかとは思いますがまずは出現方法について。 導きの地の陸珊瑚地帯をレベル6に。 陸珊瑚にリオレウス希少種出現• 討伐or捕獲(捕獲がオススメ)• 捕獲すると特殊闘技場に出現• 龍結晶の地で痕跡を集めクエスト獲得 ざっくりとしていますがこういった流れです。 特殊闘技場に出すには捕獲が必要なので捕獲しましょう! 銀レウス(リオレウス希少種)について• 弱点は水属性• 弱点部位は翼、尻尾• 閃光1回目は約20秒• 麻痺は約8秒 モーションについて• 地上にいるときにしっかりとダメージをを与える• 空中にいるときは無理に攻撃をしない• モーションの誘発を狙う• 攻略にあったスキル構成• 特殊状態(ごうえん状態)の対処 では詳しく説明します。 まずソロプレイを前提として空中に飛ばれた時は回避に専念します。 一応確定で顔に攻撃チャンスがあるモーションがありますが、そこまで覚えるのは大変だと思いますで慣れてきたらで良いと私は考えます。 次にモーションの誘発についてですが、チャンスモーションとしてはブレス、踏みつけです。 とにかく予備動作がわかりやすいですし隙も大きいです。 ブレスはあまり引けない印象ですが踏みつけに関しては立ち回り次第でかなり頻度が多くなるかと思います。 その方法ですが基本的にリオレウスの足元付近にいることで誘発できます。 いやいや、そんなところにいたら噛みつき攻撃や回転攻撃の範囲内でしょ!と思われるかもしれませんがどちらも足元に判定はありませんのでご安心ください。 ここで気を付けたいのはバックブレスですがこのブレス、過去作品のものと違い判定がせまいです。 ですが足元(首寄り)にいると巻き込まれる事があるので予備動作はわかりやすいですが注意すべき攻撃になります。 上記の理由から足元付近での戦闘がオススメとなります。 特殊状態に関してですが、頭への攻撃によりダメージを与えることで解除が可能です。 特殊状態ではブレスの炎が残ったり範囲が変わったりと慣れるまでは厄介なので特殊状態1回目に関しては可能であれば解除していくのが良いかと思います。 戦闘の流れ(近接)• レウス片方の足に傷をつける• チャンスモーションや足元で攻撃をやり過ごし足にダメージを与えダウンをとる• ダウン時にダメージをしっかりと稼ぐ(特殊状態の場合頭を攻撃しても良し) シンプルに説明するとこのようになりますが、もちろん補足いたします。 まずあるあるとして、傷をつけにいき被弾。 ありますよね! 開幕に関してはぶっ飛ばし後にしっかり傷をつけていきましょう。 その他に関してはシビレ罠を調合で持ち込みモーション終わりにしかけましょう。 設置が早いので容易に拘束ができクラッチチャンスになります。 攻略が難しいという方は罠までしっかり使用していきましょう! 特殊状態の時にダウンがとれない事もあります。 その場合は罠を積極的に使用しても良いかと思います。 つづいてオトモの武器に関してですが麻痺がオススメです。 約8秒の拘束は大きいですよね。 流れ通りにダウンをとれていればオトモもはりつけるためしっかりと麻痺がでます。 閃光玉に関してですがこちらも有効です。 今作から耐性がつき効果がなくなってしまいますが1回目は地上に落ちるため効果的です。 回復や研石のために使うのではなくしっかりと攻撃に使用しましょう。 効果時間は約20秒あり3モーションほどが繰り出されます。 しっかりと対処していきましょう。 ポイントとして閃光玉を当てた直後と閃光状態が解除される瞬間は攻撃チャンスです。 空から落下し立ち上がるまでは無防備な状態になります。 解除の瞬間に関しても罠と同様に翼と首を上げ無防備になりますでしっかりと叩き込んでいきましょう。 飛んでいる時間が絶対的に生まれるので慣れるまではこういった道具をしっかり使用し、攻撃を外す事なく稼げるときにダメージを稼ぐ!ここが大きなポイントになります。 空中にいるときはしっかりと回避に専念しましょう。 イライラしますよね(笑)ですがぐっとこらえましょう。 1発もらうと連続攻撃でもっていかれてしまう可能性が高まります。 それでも空中を飛び回りハンターを翻弄しながら波状攻撃を繰り出してくるレウス!あたってしまうこともあります。 基本的には横に移動するというより画面手前に移動しながら判定がありそうなタイミングで前転回避入力が安全かと思います。 スキル構成について モーションを理解し攻撃をしっかり当てられる方々はやはり火力盛り!ですよね! ですがまだ慣れていない!という方へのオススメスキルを書きたいと思います。 まず攻撃に火が多いので火耐性!といいたい所ですがつくならつけるか程度でネコで耐性飯を食うくらいで良いと思います。 まず持ち込みの秘薬で足らず回復Gまで飲む!という方は早食いをオススメします。 回復を飲んでいる間にチャンスモーションを逃しているようであれば早食いは火力に直結しますよ! なんとなくモーションもわかる。。。 という方は回避性能や回避距離を入れることをオススメします。 回避性能に関してですが地上での戦闘においてレウスが繰り出す攻撃は判定が薄いです。 戦闘の流れ上フレーム回避が必要になる場面もあり、その安定感を上げてくれます。 また回避距離に関しては足元を攻撃しているときに攻撃しすぎてしまった場合やバックブレスの際に範囲外に簡単に逃げることができるので非常に有効です。 判断に遅れると前転1回では回避できないことがありますよね。 そういった際のカバーに役立ちます。 その他の保護スキルはお好みになるとかと思いますが回避性能や距離に関しては積極的な保護スキルで火力に転じるので個人的には優先度高めになります。 プレイしていて楽しいですしね! 装衣は最初は転身、耐火。 慣れてきたら転身、不動、回避、強打あたりで良いと思います。 上記の事を気を付けながらプレイしていくと数回で楽に倒せるようになるかと思います。 ちなみに武器種やプレイスキルによって狙う場所や戦い方は変わってくると考えております。 まだ慣れていない状態でやるとしたら。。。 ということでひとまとめに近接は足を狙うとしています。 ですが慣れてくればほとんどの武器種は頭を攻撃し続けるスタイルで良いかと思います。 弓に関しては慣れていないときは翼を軟化させチャンスモーションで剛射あとは通常で翼をうっていればクリアは簡単です。 慣れている場合は頭を射撃すると正面を位置どれるため攻撃の見極めは必要ですがブレスやバックブレスなど弓にとって楽なモーションを誘発することができるのでクリアタイムが早くなります。 槌はもちろん頭で問題ありません。 踏みつけを誘発させしっかりスタンプを叩き込んでいきましょう。 慣れれば太刀はプレイした感じ頭から足にカウンターをしながら流れていく感じでしたが私のPSではいまいち掴みきれていません。 このように慣れてくると変わってきますが 最初は足元でチャンスモーションを引いていく!というのが一番重要になり、私の一番伝えたいポイントになります! ちなみに、皆大好き散弾ヘビィもプレイしましたが動き回られると軟化も解除され他の武器でいくより難しく感じました。 ただ火力に全振りしスタン麻痺拘束などがうまくいけば5分以内で終わることも何度かあったのでプレイしていて楽しくはなかったですが素材だけとにかく欲しい!という方はありだと思います。 以上銀レウス攻略になります。 素材で作成できる防具は弓やガンスなどで使用できる強力な防具ですし、武器も強力なものが多いので討伐していきましょう!立ち回りが変わっていくのはモンハンの楽しみですし閃光耐性は厳しいですが素材集め頑張りましょう! 次回は金レイアについてまとめてみたいと思います! MHWとは関係ありませんが、ポケモン実況はじめてみましたので、よかったら見てください!.

次の